ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「富永美樹」の検索結果

「富永美樹」に関連する情報 470件中 1〜10件目

フジテレビ

今回の依頼者は元フジテレビアナウンサーの富永美樹。1998年にシャ乱Qまことと結婚し、今年20周年のおしどり夫婦。まことは現在木工アートにハマっており、作品が家の玄関などに飾ってあった。そして、冨永のクローゼットの中は、ウォークインクローゼットながら、ほふく前進しないと進めないほどの服の量。その数は150着以上、しかし着るのは手前に見えるものばかり。杉山は、両手を広げた程の約80着あれば1年間着回せるという。このクローゼットで、クローゼットスタイリストの整理テクニックがさく裂!


田主丸駅

撮影された国名を答えなさいと言う問題がでた。やくみつるが不正解。水上はカナダと答え正解した。アブラハム湖でアイスバブルが出来湖底の植物が放つメタンガスが凍ることでできる。幕が上がれると現れる四字熟語は何かという問題が出た。水上は溶溶漾漾と答え正解。水が静かにゆっくりと流れる様子だという。都道府県名をお答えくださいと言う問題が出た。富永美樹が島根県と答え正解した。彫刻の作品名を答えなさいと言う問題が出た。伊沢ははカレーの市民と答え正解した。建造物の名称を答えなさいと言う問題が出たがふたりとも不正解だった。撮影された国の名前を答えなさいと言う問題が出た。伊沢はブラジルと答え正解した。。東大王チームが勝利した。


由志園

撮影された国名を答えなさいと言う問題がでた。やくみつるが不正解。水上はカナダと答え正解した。アブラハム湖でアイスバブルが出来湖底の植物が放つメタンガスが凍ることでできる。幕が上がれると現れる四字熟語は何かという問題が出た。水上は溶溶漾漾と答え正解。水が静かにゆっくりと流れる様子だという。都道府県名をお答えくださいと言う問題が出た。富永美樹が島根県と答え正解した。彫刻の作品名を答えなさいと言う問題が出た。伊沢ははカレーの市民と答え正解した。建造物の名称を答えなさいと言う問題が出たがふたりとも不正解だった。撮影された国の名前を答えなさいと言う問題が出た。伊沢はブラジルと答え正解した。。東大王チームが勝利した。


「富永美樹」に関連する音楽・CD

どんなときも。

早書きバトル、最初の問題のジャンルは「音楽」。ここで春日がいきなり「監督チャンス」を使用。計3回のみ使える監督チャンスだが、監督に指名された人が入賞すると獲得ポイントが2倍になる。春日は富永美樹を指名し、冨永は見事1位で正解。ポイント2倍を獲得していた。


「富永美樹」に関連するグルメ情報

早生みかん

誰でも気軽に使える憩いの場を作ろうと奮闘しているまこと。この日はドームの骨組みとなる竹の加工・組立を行った。一方、富永美樹はいつもお世話になっている大家さんのみかん畑で摘果のお手伝い。採ったみかんを絞って作った摘花ジュースをまこと達に差し入れした。次週最終回。


「富永美樹」に関連するグルメ情報

ソウダガツオの冷やし出汁茶漬け

富永美樹が港町の保存食「なまり節」を使った絶品ご飯を調理。ほぐしたなまり節を冷や飯の上に乗せ、ネギ・みょうが・大葉などの薬味と叩いた梅を散らして冷たいカツオ出汁をかければ冷やし出汁茶漬けの完成。ちょうど良いタイミングでまことも帰宅。共に夕食を味わった。


「富永美樹」に関連するグルメ情報

ソウダガツオのなまり節

富永美樹が港町の保存食「なまり節」を使った絶品ご飯を調理。ほぐしたなまり節を冷や飯の上に乗せ、ネギ・みょうが・大葉などの薬味と叩いた梅を散らして冷たいカツオ出汁をかければ冷やし出汁茶漬けの完成。ちょうど良いタイミングでまことも帰宅。共に夕食を味わった。


「富永美樹」に関連するグルメ情報

なまり節

富永美樹が港町の保存食「なまり節」を使った絶品ご飯を調理。ほぐしたなまり節を冷や飯の上に乗せ、ネギ・みょうが・大葉などの薬味と叩いた梅を散らして冷たいカツオ出汁をかければ冷やし出汁茶漬けの完成。ちょうど良いタイミングでまことも帰宅。共に夕食を味わった。


「富永美樹」に関連するグルメ情報

ソウダガツオ

富永美樹が港町の保存食「なまり節」を使った絶品ご飯を調理。ほぐしたなまり節を冷や飯の上に乗せ、ネギ・みょうが・大葉などの薬味と叩いた梅を散らして冷たいカツオ出汁をかければ冷やし出汁茶漬けの完成。ちょうど良いタイミングでまことも帰宅。共に夕食を味わった。


「富永美樹」に関連するグルメ情報

ソウダガツオのなまり節

東京を拠点に生活しながら静岡県沼津市戸田に住み続けて3年の富永美樹・まこと夫婦。この日、富永は友人・宮崎さんの誘いで戸田港へ。初めての釣りに挑戦し、7匹のソウダガツオを釣り上げた。釣った魚は漁師町ならではの保存食「なまり節」に調理。魚を三枚には卸さず丸ごと茹でるのが宮崎さん流だという。富永はなまり節を使って夕食に竜田揚げを作った。