ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「小林凌大」の検索結果

「小林凌大」に関連する情報 2件中 1〜2件目

JRA競馬学校

馬の世話をしていた、1年生の小林凌大くんに、「どうしてジョッキーになろうと思ったのか」を聞いた。「競馬場で、大歓声の中で走ってるジョッキーがかっこいいと思って」と答えた。小林くんは、案内をしてくれていた、小林淳一教官の息子だった。小林教官は、重賞レースを3度制したこともある元ジョッキー。小林くんが騎手を志したのは、父の影響もあったというが、実際には、父以外のジョッキーがかっこよかったと言っていたという。親がジョッキーという生徒は他にもいて、岩田望来くんのお父さんは、現役のジョッキーで、数十億円の賞金を獲得したスタージョッキーだという。明らかになる競馬学校の実態とは?


ジョッキーを育成する、JRA競馬学校を探検。武豊騎手や藤田菜七子騎手など、中央競馬の騎手の9割以上を輩出している名門。全生徒は39人で、藤田騎手以来の女子生徒も在籍。前回、生徒たちの驚愕の身体能力にあ然としたチャンピオンコンビ。今週は、厳しい体重制限などストイックな生活に迫る。将来、数億円を稼ぐ騎手を目指す金の卵の凄さを、チャンピオンコンビの武井壮さん、内藤大助さんが、体を張って実証する。

競馬学校の生徒は、朝5時半に起床。午前中に馬による実技があるが、その合間に馬の世話がある。厩舎には競争用、乗馬用など約100頭の馬が飼育されていて、授業が終わると、馬の世話をする。元ジョッキーの小林淳一教官に案内してもらう。馬は暑さに弱いため、授業の終わりには必ず水浴びをさせる。芳賀天南さんと一緒に、内藤さんが、シャワータイムをお手伝いし、武井さんは、専用の器具を使い、お馬さんの水切りをしたが、終始腰が引けっぱなしだった。

水浴びの後は、ひづめのひび割れを防ぐ蹄油を塗って、終了。足の裏には蹄鉄がついているが、蹄鉄とは、ひづめがすり減らないように付ける、鉄製の器具。競馬学校には蹄鉄を作る装蹄所があり、専属の職人が毎日手作りで蹄鉄を作っている。鉄を打ったら、ひづめに合わせてサイズを調整する。550度の鉄を合わせるが、ひづめには神経がないので、平気だという。サイズが合ったら、釘を打って固定する。

馬の世話をしていた、1年生の小林凌大くんに、「どうしてジョッキーになろうと思ったのか」を聞いた。「競馬場で、大歓声の中で走ってるジョッキーがかっこいいと思って」と答えた。小林くんは、案内をしてくれていた、小林淳一教官の息子だった。小林教官は、重賞レースを3度制したこともある元ジョッキー。小林くんが騎手を志したのは、父の影響もあったというが、実際には、父以外のジョッキーがかっこよかったと言っていたという。親がジョッキーという生徒は他にもいて、岩田望来くんのお父さんは、現役のジョッキーで、数十億円の賞金を獲得したスタージョッキーだという。明らかになる競馬学校の実態とは?


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (2)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (2)