ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「小林潔」の検索結果

「小林潔」に関連する情報 38件中 1〜10件目

ASKAさんのブログ

去年11月に歌手・ASKAが覚醒剤取締法違反容疑で逮捕。当時の尿検査では「用意したお茶の代わりに入れた」など話していた。大きな謎となっているこの件の真相が本人の著書「700番 第二巻/第三巻」で明かされている。ASKAは前回逮捕で警察を信用できなくなっていたためお茶の提出を思いついたという。「スタジオのラックにスポイトがあったことを思い出した」「スポイトにお茶を吸わせ警察官に気づかれることなく採尿に臨んだ」「トイレに入った私は、素早くポケットからスポイトを取り出すと、それを一気にカップの底へ押し出した」などと著書では語られている。尿検査で陽性反応が出たことについては著書で「カギはスポイトにかつて覚醒剤を使用していた際検尿で使ったもの」「その中に、覚醒剤が付着したままだったとしたら…。そうか…それに反応したんだ…」など語っている。元麻薬取締官の小林潔氏によると「彼の一方的な言い分。ただ採尿の方法にミスがあった。その証拠品が証拠として認められない。これをもとに検察官は不起訴にした」など語る。尿検査で尿にお茶を入れたことについてASKAは自身のブログで「その行為が正しかったか誤りであったかは読んでくれた人の判断に任せたい」などと伝えている。


扶桑社

去年11月に歌手・ASKAが覚醒剤取締法違反容疑で逮捕。当時の尿検査では「用意したお茶の代わりに入れた」など話していた。大きな謎となっているこの件の真相が本人の著書「700番 第二巻/第三巻」で明かされている。ASKAは前回逮捕で警察を信用できなくなっていたためお茶の提出を思いついたという。「スタジオのラックにスポイトがあったことを思い出した」「スポイトにお茶を吸わせ警察官に気づかれることなく採尿に臨んだ」「トイレに入った私は、素早くポケットからスポイトを取り出すと、それを一気にカップの底へ押し出した」などと著書では語られている。尿検査で陽性反応が出たことについては著書で「カギはスポイトにかつて覚醒剤を使用していた際検尿で使ったもの」「その中に、覚醒剤が付着したままだったとしたら…。そうか…それに反応したんだ…」など語っている。元麻薬取締官の小林潔氏によると「彼の一方的な言い分。ただ採尿の方法にミスがあった。その証拠品が証拠として認められない。これをもとに検察官は不起訴にした」など語る。尿検査で尿にお茶を入れたことについてASKAは自身のブログで「その行為が正しかったか誤りであったかは読んでくれた人の判断に任せたい」などと伝えている。


ジュンク堂書店 プレスセンター店

去年11月に歌手・ASKAが覚醒剤取締法違反容疑で逮捕。当時の尿検査では「用意したお茶の代わりに入れた」など話していた。大きな謎となっているこの件の真相が本人の著書「700番 第二巻/第三巻」で明かされている。ASKAは前回逮捕で警察を信用できなくなっていたためお茶の提出を思いついたという。「スタジオのラックにスポイトがあったことを思い出した」「スポイトにお茶を吸わせ警察官に気づかれることなく採尿に臨んだ」「トイレに入った私は、素早くポケットからスポイトを取り出すと、それを一気にカップの底へ押し出した」などと著書では語られている。尿検査で陽性反応が出たことについては著書で「カギはスポイトにかつて覚醒剤を使用していた際検尿で使ったもの」「その中に、覚醒剤が付着したままだったとしたら…。そうか…それに反応したんだ…」など語っている。元麻薬取締官の小林潔氏によると「彼の一方的な言い分。ただ採尿の方法にミスがあった。その証拠品が証拠として認められない。これをもとに検察官は不起訴にした」など語る。尿検査で尿にお茶を入れたことについてASKAは自身のブログで「その行為が正しかったか誤りであったかは読んでくれた人の判断に任せたい」などと伝えている。


「小林潔」に関連する本・コミック・雑誌

去年11月に歌手・ASKAが覚醒剤取締法違反容疑で逮捕。当時の尿検査では「用意したお茶の代わりに入れた」など話していた。大きな謎となっているこの件の真相が本人の著書「700番 第二巻/第三巻」で明かされている。ASKAは前回逮捕で警察を信用できなくなっていたためお茶の提出を思いついたという。「スタジオのラックにスポイトがあったことを思い出した」「スポイトにお茶を吸わせ警察官に気づかれることなく採尿に臨んだ」「トイレに入った私は、素早くポケットからスポイトを取り出すと、それを一気にカップの底へ押し出した」などと著書では語られている。尿検査で陽性反応が出たことについては著書で「カギはスポイトにかつて覚醒剤を使用していた際検尿で使ったもの」「その中に、覚醒剤が付着したままだったとしたら…。そうか…それに反応したんだ…」など語っている。元麻薬取締官の小林潔氏によると「彼の一方的な言い分。ただ採尿の方法にミスがあった。その証拠品が証拠として認められない。これをもとに検察官は不起訴にした」など語る。尿検査で尿にお茶を入れたことについてASKAは自身のブログで「その行為が正しかったか誤りであったかは読んでくれた人の判断に任せたい」などと伝えている。

「700番 第二巻/第三巻」

Amazon.co.jp


産経新聞

ASKA不起訴の理由は「検査に用いた尿が本人のものと立証できなかった」ということ。厚生労働省、元麻薬取締官の小林潔氏によると、捜査対象者に採尿を求める場合、捜査員が立ち会ってその様子を写真撮影するのが原則で、採尿カップを持つ手と顔を写真に収めなければいけないという。こうした手順を踏んでいたのか今後検証が必要になる。(産経新聞)


週刊文春

今月2日、FRIDAYは成宮寛貴さんのコカイン使用疑惑を掲載。先月下旬に友人Aから情報を入手したとしているが、週刊文春も同じ頃に情報提供の電話が入るも、その後は電話は繋がらなかったという。今月3日には情報提供サイトにメッセージが入った。メールで接触すると、携帯電話に非通知で着信があり、他の出版社は100万円で情報を買おうと説明したという。また男は身元を聞かれると、「絶対に知られたくない」と話し、連絡は途絶えたという。果たしてFRIDAYと文春の情報提供者は同一人物なのだろうか。週刊文春はAの正体を知る関係者に聞いた所、金銭的に援助をしてもらい、親密だったが最近関係が悪化し暴露したという。そしてFRIDAYはコカインを要求したという肉声データを報道し、その日に成宮さんは引退した。

安藤さんはFRIDAYに載せられた写真が公表することを意図しない限りはこんな写真は普通撮らないと話した。A氏は麻薬及び向精神薬取締法違反で懲役7年以下になるとみられる。また今後の警察の対応として、また元麻薬取締官の小林潔氏は、情報提供者を割り出し、内偵捜査を開始した可能性はあるとみている。


FRIDAY

今月2日、FRIDAYは成宮寛貴さんのコカイン使用疑惑を掲載。先月下旬に友人Aから情報を入手したとしているが、週刊文春も同じ頃に情報提供の電話が入るも、その後は電話は繋がらなかったという。今月3日には情報提供サイトにメッセージが入った。メールで接触すると、携帯電話に非通知で着信があり、他の出版社は100万円で情報を買おうと説明したという。また男は身元を聞かれると、「絶対に知られたくない」と話し、連絡は途絶えたという。果たしてFRIDAYと文春の情報提供者は同一人物なのだろうか。週刊文春はAの正体を知る関係者に聞いた所、金銭的に援助をしてもらい、親密だったが最近関係が悪化し暴露したという。そしてFRIDAYはコカインを要求したという肉声データを報道し、その日に成宮さんは引退した。

安藤さんはFRIDAYに載せられた写真が公表することを意図しない限りはこんな写真は普通撮らないと話した。A氏は麻薬及び向精神薬取締法違反で懲役7年以下になるとみられる。また今後の警察の対応として、また元麻薬取締官の小林潔氏は、情報提供者を割り出し、内偵捜査を開始した可能性はあるとみている。


スポーツニッポン

逮捕前の尿検査で覚醒剤の陽性反応が出たが、容疑者がは一貫して否認している。きのうの家宅捜索でハードディスクやiPadやお薬手帳が押収されたが、覚醒剤や器具は発見されなかった。元厚労省麻薬取締官小林潔氏は「尿検査の陽性反応は一番確証が高く重要な100%の証拠」と話した。デーブ・スペクターは「自分のキャリアや体や周囲にもダメージを与えることは百も承知」と話した。深澤真紀「本人を攻め続けても同じことの繰り返し」と話した。


iPad

きのう家宅捜索が行われ、ハードディスク11台、iPad1台、「お薬手帳」1冊などを押収した。覚醒剤に結びつく道具は発見されなかった。容疑者は「自分は前回逮捕されてからクスリは見ていない。絶対にやっていない」と容疑を否認した。警視庁はASKA容疑者が覚醒剤を使用した時期は今月中旬から25日の間とみている。当時の容疑者のブログを見ると東京と福岡を往復している。

逮捕前の尿検査で覚醒剤の陽性反応が出たが、容疑者がは一貫して否認している。きのうの家宅捜索でハードディスクやiPadやお薬手帳が押収されたが、覚醒剤や器具は発見されなかった。元厚労省麻薬取締官小林潔氏は「尿検査の陽性反応は一番確証が高く重要な100%の証拠」と話した。デーブ・スペクターは「自分のキャリアや体や周囲にもダメージを与えることは百も承知」と話した。深澤真紀「本人を攻め続けても同じことの繰り返し」と話した。


スポーツニッポン

ASKA容疑者を乗せたタクシー運転手にインタビューした。乗ったときにちょっとなにかあるのかなと思いましたけど、それ以外挙動不審とかそんな感じはなかったと話した。治療の経緯として、おととし7月に保釈後千葉県内の病院に入院し、ダルクに入所した。今年1月都内の病院に入院した。5月に九州の病院に転院した。6月に退院し月1回の通院治療をしている。復帰への道のりとして、7月18日にブログを再開し、盗撮被害を訴えた。先月9日に福岡のライブに飛び入り参加し、はじまりはいつも雨など2曲を歌った。今月ブログで「ニューアルバム」完成間近と報告した。スポーツニッポンによると、「盗聴国家・日本」という著書を執筆していたと記事は伝えた。ASKA容疑者が薬物をやめられない理由について小林潔は「覚醒剤には精神的依存と肉体的依存がある。その両方に負けた」と話した。覚醒剤事犯の再犯率は64.8%。年齢別だと50代が一番高く83.1%である。


検索結果の絞り込み