ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「小森谷徹」の検索結果

「小森谷徹」に関連するその他の情報 259件中 1〜10件目

ATOM

人工知能(AI)を駆使し、相手に合わせて多才な会話ができる「鉄腕アトム」型のコミュニケーションロボット「ATOM」が完成した。漫画やアニメのキャラクターがモデルのAIロボットは過去に例がない。作者の手塚治虫さんの生誕90年を記念し企画された「ATOM」は身長 約44cm 体重 約1.4kg。二足歩行し、アニメの主題歌を歌い踊るほか、12人の顔と名前を認識して、あくび、くしゃみをする。これはネットを通じ有料のAIサービスにつなげば、会話相手の関心事を把握し、思い出も共有。旬の話題でも世間話ができる。(東京新聞)

「ATOM」が登場。小森谷徹が「ラジオ体操をやって」と声を掛けたが、反応を示さず、代わりに「最初ははじめましてですよね」と話した。その後「ラジオ体操をやって」と声を掛けたらラジオ体操をやった。また、落語の「時そば」を披露した。立川志らくは「林家三平よりはうまい」と毒舌だった。


老眼

広告の注意書きについて。消費者庁は各媒体の広告約500点の例外を示した例外型などの注意書き、打ち消し表示について初めて調査した。動画広告では打ち消し表示が2秒以下のものが最も多く、ネット広告では画面をスクロールしたりしないと出てこないケースも多かった。調査では動画広告で最大97.6%、ネット広告で最大94.2%の人が打ち消し表示を見落とした。商品の体験談で効果のない人が多数いる場合には、打ち消し表示がされていても景品表示法の違反になるおそれがある。立川志らくは老眼だとなおさら見えない、注意書きをでかくしてほしいなどとコメント。福本容子は、値段はわかれば買わないという選択肢があるが効果は使わないとわからないので問題が大きいなどとした。大谷昭宏は、割引の場合は踏み込んで教えてくれるかどうかなどと述べた。小森谷徹は、気づいたら消費者の側もどんどん申告するのが大事ですねなどとした。


毎日新聞

広告の注意書きについて。消費者庁は各媒体の広告約500点の例外を示した例外型などの注意書き、打ち消し表示について初めて調査した。動画広告では打ち消し表示が2秒以下のものが最も多く、ネット広告では画面をスクロールしたりしないと出てこないケースも多かった。調査では動画広告で最大97.6%、ネット広告で最大94.2%の人が打ち消し表示を見落とした。商品の体験談で効果のない人が多数いる場合には、打ち消し表示がされていても景品表示法の違反になるおそれがある。立川志らくは老眼だとなおさら見えない、注意書きをでかくしてほしいなどとコメント。福本容子は、値段はわかれば買わないという選択肢があるが効果は使わないとわからないので問題が大きいなどとした。大谷昭宏は、割引の場合は踏み込んで教えてくれるかどうかなどと述べた。小森谷徹は、気づいたら消費者の側もどんどん申告するのが大事ですねなどとした。


消費者庁HP

商品の広告などに書かれている注意書きを多くの消費者が見落としているという。広告で商品の効果などを強調する際には、例外や条件を示す注意書きを表示されている。例を街の人に見てもらうと、文字が小さい、作戦かななどと話した。消費者庁の調査では8〜9割が見落としていた。

広告の注意書きについて。消費者庁は各媒体の広告約500点の例外を示した例外型などの注意書き、打ち消し表示について初めて調査した。動画広告では打ち消し表示が2秒以下のものが最も多く、ネット広告では画面をスクロールしたりしないと出てこないケースも多かった。調査では動画広告で最大97.6%、ネット広告で最大94.2%の人が打ち消し表示を見落とした。商品の体験談で効果のない人が多数いる場合には、打ち消し表示がされていても景品表示法の違反になるおそれがある。立川志らくは老眼だとなおさら見えない、注意書きをでかくしてほしいなどとコメント。福本容子は、値段はわかれば買わないという選択肢があるが効果は使わないとわからないので問題が大きいなどとした。大谷昭宏は、割引の場合は踏み込んで教えてくれるかどうかなどと述べた。小森谷徹は、気づいたら消費者の側もどんどん申告するのが大事ですねなどとした。


パンダ

赤ちゃんパンダ誕生から1か月、体重8倍、体長2倍に成長し不安定な時期は乗り越えたという。小森谷徹が「シンシンが母のしての役割を出来るようできるだけ引き離さないように、身体測定も中々やらないようにしたのが良かった」など話した。(読売新聞)


読売新聞

赤ちゃんパンダ誕生から1か月、体重8倍、体長2倍に成長し不安定な時期は乗り越えたという。小森谷徹が「シンシンが母のしての役割を出来るようできるだけ引き離さないように、身体測定も中々やらないようにしたのが良かった」など話した。(読売新聞)


朝日新聞

森友学園問題についてトークを展開した。小森谷徹が「私だけ”トカゲの尻尾切り”をされるのは堪らん、というようなことも言いました」など話した。(毎日新聞/朝日新聞)


毎日新聞

森友学園問題についてトークを展開した。小森谷徹が「私だけ”トカゲの尻尾切り”をされるのは堪らん、というようなことも言いました」など話した。(毎日新聞/朝日新聞)

子育てアドバイザーの河村都さんが本を出版する。河村さんは孫ブルーを体験。昨年の夏初孫ができ、2世帯住宅に改築し同居に踏み切ったという。しかし「体力が持たない」「自分の時間がなくなる」といった不満があがった。世の中が祖父母に対して育児の期待が高いからこそ罪悪感を覚えてしまうとのこと。孫の面倒をみるのが好きという人は83%。一方で夏休みの孫バテに注意。孫と一緒に楽しく過ごせるのは2、3泊まででそれ以上だと3割程度しか楽しいと思わなくなるとのこと。孫の親への不満として「感謝が感じられない」「遠慮がなさすぎる」などがあるという。今は自治体から子育てガイドがでている。授乳や卒乳について自然とやるように促されている。また岐阜県のガイドブックには孫は子育ての代わりにはならないといったことがあげられている。(毎日新聞)


大阪府議会

森友学園問題についてトークを展開した。小森谷徹が「色々なことを仰ってましたが、昭恵氏とステーキなども食べたとおっしゃいましたね」など話した。(日刊スポーツ)


森友学園

森友学園問題についてトークを展開した。小森谷徹が「色々なことを仰ってましたが、昭恵氏とステーキなども食べたとおっしゃいましたね」など話した。(日刊スポーツ)

森友学園問題についてトークを展開した。八代英輝が「籠池さんを立件するのはある意味で当然だが、本丸とされる土地の値引き問題について近畿航空局などを立件しないのはいかにもアンバランス」など話した。