ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「屋久杉」の検索結果

「屋久杉」に関連する情報 288件中 1〜10件目

屋久杉

今回の舞台は明治〜昭和初期に海運業で発展した北海道小樽市。樺太との貿易が盛んであった大正時代に豪華客船で財を成した塩田安蔵の屋敷(現在は料亭)に開かずの金庫はあった。船で日本全国から銘木を取り寄せ屋敷を作った塩田。天井は部屋ごとに異なる木材が使われ、床の間には1本800万程度とされる黒柿が。次女が記した覚え書には藏に関する記述が残されている。


屋久杉

この動物学校では鳥のショーをやるために、鷹匠を目指している人たちもいて、ハリスホークという人にもよく懐く鳥を扱っているが、このハリスホークもいきなり手に据えることは出来ず、最初は手を木の代わりにするために、水の入ったコップをもちながら歩いても水が溢れないようにする訓練から始めるのだという。そして、それぞれ鷹匠になりたい理由についてかっこいい・学校祭でタカをかっこよく扱ってたのを見たからなどの声を学生は話していた。また、手懐けられたタカは笛とともに「トナー」と言いながら手をあげれば飛んできてくれるのだといい、安藤さんが挑戦してみるとタカが手にしっかりと止まっていたが、カズレーザーさんの手には止まろうとしなかった。


ウツクシハネゴケ

屋久島が梅雨入りした。白谷雲水峡へ到着した。迫力のある景色だ。屋久島は花崗岩からなる島。森の奥へ入っていく。江戸時代に作られた楠川歩道。屋久杉の切り株があった。生命力を感じる。雨で苔がきれいだ。650種類のコケが生息している。太鼓岩からは眺めがいい。


ヒノキゴケ

屋久島が梅雨入りした。白谷雲水峡へ到着した。迫力のある景色だ。屋久島は花崗岩からなる島。森の奥へ入っていく。江戸時代に作られた楠川歩道。屋久杉の切り株があった。生命力を感じる。雨で苔がきれいだ。650種類のコケが生息している。太鼓岩からは眺めがいい。


ホウライスギゴケ

屋久島が梅雨入りした。白谷雲水峡へ到着した。迫力のある景色だ。屋久島は花崗岩からなる島。森の奥へ入っていく。江戸時代に作られた楠川歩道。屋久杉の切り株があった。生命力を感じる。雨で苔がきれいだ。650種類のコケが生息している。太鼓岩からは眺めがいい。


楠川歩道

屋久島が梅雨入りした。白谷雲水峡へ到着した。迫力のある景色だ。屋久島は花崗岩からなる島。森の奥へ入っていく。江戸時代に作られた楠川歩道。屋久杉の切り株があった。生命力を感じる。雨で苔がきれいだ。650種類のコケが生息している。太鼓岩からは眺めがいい。


森林環境整備推進協力金

屋久島が梅雨入りした。白谷雲水峡へ到着した。迫力のある景色だ。屋久島は花崗岩からなる島。森の奥へ入っていく。江戸時代に作られた楠川歩道。屋久杉の切り株があった。生命力を感じる。雨で苔がきれいだ。650種類のコケが生息している。太鼓岩からは眺めがいい。


レンタル料

今回の旅の一番の目的は屋久杉と苔の森のトレッキング。山西惇さんが伺ったのは山歩き初心者にうってつけのお店「山岳太郎ショップ」。登山グッズのレンタルができる。今回のガイド内室紀子さんにレンタルするグッズを相談した。屋久島の山歩きは麓が晴れていても雨具は必須だという。トレッキングシューズは新品よりレンタル品の方が疲れにくいという。


山岳太郎ショップ

今回の旅の一番の目的は屋久杉と苔の森のトレッキング。山西惇さんが伺ったのは山歩き初心者にうってつけのお店「山岳太郎ショップ」。登山グッズのレンタルができる。今回のガイド内室紀子さんにレンタルするグッズを相談した。屋久島の山歩きは麓が晴れていても雨具は必須だという。トレッキングシューズは新品よりレンタル品の方が疲れにくいという。


屋久杉

屋久島は日本一雨が多い島で、豊富な雨が屋久杉を育んできた。1993年、日本で初めて世界自然遺産に登録された。西部林道は島内で唯一車で通行可能な世界遺産エリア。道路脇にはたくさんのヤクザルがくつろいでいた。道を進むと子どものヤクシカに出会った。

今回の旅の一番の目的は屋久杉と苔の森のトレッキング。山西惇さんが伺ったのは山歩き初心者にうってつけのお店「山岳太郎ショップ」。登山グッズのレンタルができる。今回のガイド内室紀子さんにレンタルするグッズを相談した。屋久島の山歩きは麓が晴れていても雨具は必須だという。トレッキングシューズは新品よりレンタル品の方が疲れにくいという。

屋久島が梅雨入りした。白谷雲水峡へ到着した。迫力のある景色だ。屋久島は花崗岩からなる島。森の奥へ入っていく。江戸時代に作られた楠川歩道。屋久杉の切り株があった。生命力を感じる。雨で苔がきれいだ。650種類のコケが生息している。太鼓岩からは眺めがいい。