ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「山崎夕貴」の検索結果

「山崎夕貴」に関連する情報 1235件中 1〜10件目

東京スカイツリー

出演者らが挨拶し、中学3年生のときはどんな感じでしたかと尋ねられた山崎夕貴アナは、暗黒時代です、メガネをかけて太っていましたなどと答えた。


キッズ@nifty

出演者たちにも漢字を書いてもらった。前園さんは、自転車で四国をまわったという。いろんな人と接したとのこと。ボーズさんは「逆」と書いた。松本さんは「何」だという。瑠麗さんは「満」だとのこと。組織として向かない人間だとわかったとのこと。武田鉄矢さんは「働」と書いた。山崎夕貴さんは「太」という。太ったとのこと。松本さんは興味ないという。東野さんは「終」だという。寂しいとのこと。小学生が選ぶ漢字は1位「恋」2位「災」3位「楽」だという。人は、わるいことばかりを思い出してしまうという武田鉄矢さん。武田さんはくよくよしても大丈夫な人だと瑠麗さんがいう。男性は女性化し、女性は男性になることが中年だとのこと。男は中年以降、人を育てるようになる。


Instagram

出演者たちにも漢字を書いてもらった。前園さんは、自転車で四国をまわったという。いろんな人と接したとのこと。ボーズさんは「逆」と書いた。松本さんは「何」だという。瑠麗さんは「満」だとのこと。組織として向かない人間だとわかったとのこと。武田鉄矢さんは「働」と書いた。山崎夕貴さんは「太」という。太ったとのこと。松本さんは興味ないという。東野さんは「終」だという。寂しいとのこと。小学生が選ぶ漢字は1位「恋」2位「災」3位「楽」だという。人は、わるいことばかりを思い出してしまうという武田鉄矢さん。武田さんはくよくよしても大丈夫な人だと瑠麗さんがいう。男性は女性化し、女性は男性になることが中年だとのこと。男は中年以降、人を育てるようになる。


イヌ

伊藤利尋は「今日の脳活Johnny!では、山崎さんはパンダと名前を言えば良かったのに『ニヤーニャー』という鳴き声をしてしまった。」等とコメントした。山崎夕貴は「一生懸命トライした精神を誉めて欲しい。」等とコメントした。デーブ・スペクターさんがパンダの鳴きマネを披露した。


パンダ

伊藤利尋は「今日の脳活Johnny!では、山崎さんはパンダと名前を言えば良かったのに『ニヤーニャー』という鳴き声をしてしまった。」等とコメントした。山崎夕貴は「一生懸命トライした精神を誉めて欲しい。」等とコメントした。デーブ・スペクターさんがパンダの鳴きマネを披露した。


サイ

今日は、今夜7時から放送される『2018 FNS歌謡祭』に出演する山崎育三郎さんに出題してもらう。『これから動物のイラストが出てくる。色がピンクだったら名前を、水色だったら鳴きマネをして下さい。』という問題が出題された。山崎夕貴が挑戦したが、何回かミスしてしまった。


ヒツジ

今日は、今夜7時から放送される『2018 FNS歌謡祭』に出演する山崎育三郎さんに出題してもらう。『これから動物のイラストが出てくる。色がピンクだったら名前を、水色だったら鳴きマネをして下さい。』という問題が出題された。山崎夕貴が挑戦したが、何回かミスしてしまった。


ウシ

今日は、今夜7時から放送される『2018 FNS歌謡祭』に出演する山崎育三郎さんに出題してもらう。『これから動物のイラストが出てくる。色がピンクだったら名前を、水色だったら鳴きマネをして下さい。』という問題が出題された。山崎夕貴が挑戦したが、何回かミスしてしまった。


諏訪東京理科大学

今日は、今夜7時から放送される『2018 FNS歌謡祭』に出演する山崎育三郎さんに出題してもらう。『これから動物のイラストが出てくる。色がピンクだったら名前を、水色だったら鳴きマネをして下さい。』という問題が出題された。山崎夕貴が挑戦したが、何回かミスしてしまった。


「山崎夕貴」に関連するイベント情報

MGC

服部勇馬選手が、福岡国際マラソンで優勝した。ぐっときたという山崎夕貴アナ。千葉真子さんが登場した。気温は20度あったのでコンディションはよくなかった。35キロをすぎるまでは完走できないのではないかといつも思っていたという千葉真子さん。服部選手の愛称はプリンスだという。箱根駅伝では区間賞をとった。今年は、マラソンで2時間8分30秒以内で走ると抱負を綴っていた。MGCの出場権を獲得した。東京オリンピックへ向けての大会だ。MGCからは、2人に出場権が与えられる。3人のうちの2枠が出場することになる。以前は、選考が不透明だった。明確な選考になった。

服部勇馬選手のライバルたちを紹介する。設楽悠太選手、井上大仁選手、大迫傑選手などだ。設楽悠太選手は日本記録を出し1億円を獲得した。大迫傑選手も日本記録を更新し、1億円獲得。マラソンには2つの我慢があると千葉さんがいう。前半にはペースを抑える我慢。後半は粘りの我慢だという。経験値が大切なスポーツだ。服部選手は、軽い前傾姿勢だ。上半身でリードしながら進むフォームだ。まだまだ時間を縮める可能性がある。35キロからのペースアップがすばらしかったという。26年間、日本には男子マラソンでメダルがない。