ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「山崎夕貴」の検索結果

「山崎夕貴」に関連する本・コミック・雑誌 28件中 1〜10件目

「山崎夕貴」に関連する本・コミック・雑誌

現在、「なぜか、いつも夫は他人ゴト。」(サンクチュアリ出版)という書籍が話題を呼んでいる。妻がイラッとする夫の事例30項目と対処法を漫画で紹介した本で、例えば”頼んでいた家事を何一つしてくれなかった”という場合には、褒めちぎったり信頼してみせたりとプライドをくすぐって夫をコントロールすることが大事という。今回は、この議題について、おばたのお兄さんとの結婚を発表したばかりの山崎夕貴アナも交えて議論する。

話題の本「なぜか、いつも夫は他人ゴト。」(サンクチュアリ出版)の中から「夫の、”ごはんは妻が作ってくれるも”という考えが嫌。”このままこの人のご飯を作り続けて人生が終わるのか”と思うと憂鬱」というエピソードを紹介した。千秋は「そういうケースは私もイライラする。父母がそうだった。自分はそれが嫌だと思ったから、『普段は私が作るが、土日は夜しか作らない』と初期設定を決めた。すると、夫は休日にはごはんについて何も言わなくなった」と実体験を語り、山崎アナに対して「結婚生活は初期設定が大事だとおもう」と伝えた。また虻川美穂子は「朝、自分が忙しいのに夫がぼーっとしている。これが嫌だったので、『ぼーっとするならリビングではなく自室にいてほしい』と伝えた」と話し、新婚の横澤夏子は「何作る?では返してくれないので、今はどういう気持ち?と聞いて、そこから献立を考えようとするが、『食べたい気持ち』としか帰ってこないので収集がつかなくなる。献立を考えるのは本当に難しい」とコメント。この事例について、山崎アナは「料理が苦手だから深刻な事例。夫は料理が得意な人で、これまではよく振る舞ってくれたが、きのう『結婚を気にこれから料理はよろしくね』と言われてしまい焦っている」と述べた。ちなみに三木哲夫氏によると、家庭を切り盛りする主婦に聞いて一番多く出た悩みが、朝昼晩の献立考えることだという。カンニング竹山は「男は妻に自分の母親像をどうしても重ねてしまう。一番良いのは、夫が自分で料理を作るよう妻が上手く”教育”していくこと。そうしないと、年配になって、男一人で料理をつくる局面が本当に難しくなる」と語った。この事例について、「なぜか、いつも夫は他人ゴト。」は夫を料理に向かわせるためのいくつかの事例が載せてある。

お笑いタレント・おばたのお兄さんときのう入籍したばかりの山崎アナだが、「人の話を聞かない。何を頼んでも初耳のような顔をされる」という点にすでにイライラしているという。これについて、三木哲夫氏は「年をとるともっと聞かなくなる。おそらく聞いたほうがいい話と聞かなくていい話を自分の中で仕分けているのだとおもう」と述べ、結婚経験のある出演陣もこれに同意した。またカンニング竹山は「女の人の場合、話しの主軸以外に言わなくてもいいような話しをつけてくる場合がある」と述べ、設楽は「逆に、言いたいことが3つあるといいながら、1つで終えてしまうケースもある」と話した。このイライラポイントの解決法について、虻川はメモに書いておくことを提案。このほか、LINEで送るなどして証拠を残しておくことが大事と伝えた。ちなみに、こうしたケースの対処法について、「なぜか、いつも夫は他人ゴト。」には「ソファで休んでいるときは話しかけてはダメ」「話しかけるときは『ちょっといい』?」の2点を紹介している。何かに集中しているときは、夫は聞く耳を持っていない場合が多いという。

「なぜか、いつも夫は他人ゴト。」

Amazon.co.jp


「山崎夕貴」に関連する本・コミック・雑誌

続いては出版業界の進化。書籍の売り上げは減少する中、ハウツー本には景気のいい数字が書かれている。そんなハウツー本が売れるハウツーをスタジオの山崎夕貴アナが解説。テーマ、権威、テクニックを掛け合わせるのがヒットにつながるといい、中でもテクニックは「タイトルは6文字以内」「あえて長いタイトルをつける」「命令形タイトル」「疑問形タイトル」などがある。出演者は、B’zの曲のタイトルみたい、現代人は命令されたいのでは、「なぜ日本人は落合博満が嫌いか?」は名古屋で売れたなどとトーク。

「世界がもし100人の村だったら」

Amazon.co.jp


「山崎夕貴」に関連する本・コミック・雑誌

続いては出版業界の進化。書籍の売り上げは減少する中、ハウツー本には景気のいい数字が書かれている。そんなハウツー本が売れるハウツーをスタジオの山崎夕貴アナが解説。テーマ、権威、テクニックを掛け合わせるのがヒットにつながるといい、中でもテクニックは「タイトルは6文字以内」「あえて長いタイトルをつける」「命令形タイトル」「疑問形タイトル」などがある。出演者は、B’zの曲のタイトルみたい、現代人は命令されたいのでは、「なぜ日本人は落合博満が嫌いか?」は名古屋で売れたなどとトーク。

「チーズはどこへ消えた?」

Amazon.co.jp


「山崎夕貴」に関連する本・コミック・雑誌

続いては出版業界の進化。書籍の売り上げは減少する中、ハウツー本には景気のいい数字が書かれている。そんなハウツー本が売れるハウツーをスタジオの山崎夕貴アナが解説。テーマ、権威、テクニックを掛け合わせるのがヒットにつながるといい、中でもテクニックは「タイトルは6文字以内」「あえて長いタイトルをつける」「命令形タイトル」「疑問形タイトル」などがある。出演者は、B’zの曲のタイトルみたい、現代人は命令されたいのでは、「なぜ日本人は落合博満が嫌いか?」は名古屋で売れたなどとトーク。

「なぜ日本人は落合博満が嫌いか? (角川oneテーマ21 A 117)」

Amazon.co.jp


「山崎夕貴」に関連する本・コミック・雑誌

続いては出版業界の進化。書籍の売り上げは減少する中、ハウツー本には景気のいい数字が書かれている。そんなハウツー本が売れるハウツーをスタジオの山崎夕貴アナが解説。テーマ、権威、テクニックを掛け合わせるのがヒットにつながるといい、中でもテクニックは「タイトルは6文字以内」「あえて長いタイトルをつける」「命令形タイトル」「疑問形タイトル」などがある。出演者は、B’zの曲のタイトルみたい、現代人は命令されたいのでは、「なぜ日本人は落合博満が嫌いか?」は名古屋で売れたなどとトーク。

「長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい (健康プレミアムシリーズ)」

Amazon.co.jp


「山崎夕貴」に関連する本・コミック・雑誌

続いては出版業界の進化。書籍の売り上げは減少する中、ハウツー本には景気のいい数字が書かれている。そんなハウツー本が売れるハウツーをスタジオの山崎夕貴アナが解説。テーマ、権威、テクニックを掛け合わせるのがヒットにつながるといい、中でもテクニックは「タイトルは6文字以内」「あえて長いタイトルをつける」「命令形タイトル」「疑問形タイトル」などがある。出演者は、B’zの曲のタイトルみたい、現代人は命令されたいのでは、「なぜ日本人は落合博満が嫌いか?」は名古屋で売れたなどとトーク。

「服を買うなら、捨てなさい」

Amazon.co.jp


「山崎夕貴」に関連する本・コミック・雑誌

続いては出版業界の進化。書籍の売り上げは減少する中、ハウツー本には景気のいい数字が書かれている。そんなハウツー本が売れるハウツーをスタジオの山崎夕貴アナが解説。テーマ、権威、テクニックを掛け合わせるのがヒットにつながるといい、中でもテクニックは「タイトルは6文字以内」「あえて長いタイトルをつける」「命令形タイトル」「疑問形タイトル」などがある。出演者は、B’zの曲のタイトルみたい、現代人は命令されたいのでは、「なぜ日本人は落合博満が嫌いか?」は名古屋で売れたなどとトーク。

「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法」

Amazon.co.jp


「山崎夕貴」に関連する本・コミック・雑誌

聞く力

続いては出版業界の進化。書籍の売り上げは減少する中、ハウツー本には景気のいい数字が書かれている。そんなハウツー本が売れるハウツーをスタジオの山崎夕貴アナが解説。テーマ、権威、テクニックを掛け合わせるのがヒットにつながるといい、中でもテクニックは「タイトルは6文字以内」「あえて長いタイトルをつける」「命令形タイトル」「疑問形タイトル」などがある。出演者は、B’zの曲のタイトルみたい、現代人は命令されたいのでは、「なぜ日本人は落合博満が嫌いか?」は名古屋で売れたなどとトーク。


「山崎夕貴」に関連する本・コミック・雑誌

捨てる技術

続いては出版業界の進化。書籍の売り上げは減少する中、ハウツー本には景気のいい数字が書かれている。そんなハウツー本が売れるハウツーをスタジオの山崎夕貴アナが解説。テーマ、権威、テクニックを掛け合わせるのがヒットにつながるといい、中でもテクニックは「タイトルは6文字以内」「あえて長いタイトルをつける」「命令形タイトル」「疑問形タイトル」などがある。出演者は、B’zの曲のタイトルみたい、現代人は命令されたいのでは、「なぜ日本人は落合博満が嫌いか?」は名古屋で売れたなどとトーク。


「山崎夕貴」に関連する本・コミック・雑誌

伝え方が9割

続いては出版業界の進化。書籍の売り上げは減少する中、ハウツー本には景気のいい数字が書かれている。そんなハウツー本が売れるハウツーをスタジオの山崎夕貴アナが解説。テーマ、権威、テクニックを掛け合わせるのがヒットにつながるといい、中でもテクニックは「タイトルは6文字以内」「あえて長いタイトルをつける」「命令形タイトル」「疑問形タイトル」などがある。出演者は、B’zの曲のタイトルみたい、現代人は命令されたいのでは、「なぜ日本人は落合博満が嫌いか?」は名古屋で売れたなどとトーク。