ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「山崎夕貴」の検索結果

「山崎夕貴」に関連する情報 1240件中 21〜30件目

「山崎夕貴」に関連する音楽・CD

サンミュージックは1968年に故・相澤会長が設立。所属タレント第1号は森田健作。1970年代はアイドル全盛期、酒井法子さんの「碧いうさぎ」などがヒットした。90年代以降はトレンディードラマ黄金期で、桜井幸子さん、安達祐実さんらが活躍。今は2000年代以降のお笑いブームで、ダンディ坂野に続き様々な芸人たちが活躍。山崎夕貴さんは中学時代にダンディ坂野さんにファンレターを書いたことがあるといい、似顔絵を描いて送ったが返ってこなかったと語った。

「わたしの青い鳥」

Amazon.co.jp


「山崎夕貴」に関連する音楽・CD

サンミュージックは1968年に故・相澤会長が設立。所属タレント第1号は森田健作。1970年代はアイドル全盛期、酒井法子さんの「碧いうさぎ」などがヒットした。90年代以降はトレンディードラマ黄金期で、桜井幸子さん、安達祐実さんらが活躍。今は2000年代以降のお笑いブームで、ダンディ坂野に続き様々な芸人たちが活躍。山崎夕貴さんは中学時代にダンディ坂野さんにファンレターを書いたことがあるといい、似顔絵を描いて送ったが返ってこなかったと語った。

「碧いうさぎ」

Amazon.co.jp


サンミュージックプロダクション

サンミュージックグループ創立50周年記念式典が都内で行われ、所属タレント160人が集まった。1968年創立のサンミュージック。所属タレント第1号は森田健作。多くのスターを世に送り出してきたのが故・相澤会長。太川陽介さんは思い出として「当時はみんな親元を離れて上京してるから、会長の家にみんな居候していた」などと語った。サンミュージックの歩みは日本の芸能史そのもの。アイドルブームの中心にいたのは桜田淳子さん。演歌でもヒット曲を連発した。早見優さん・酒井法子さんも登場。相澤会長が最後にスカウトしたのはベッキーさんと言われる。90年代に始めたのがお笑い芸人育成で、所属第1号はダンディ坂野さん。その後も小島よしおさんなど独自の芸風を持つ芸人を輩出した。50年にわたり芸能界で人材を送り出し続けた同社だが、その秘訣は創業者から受け継がれた絆だった。

サンミュージックは1968年に故・相澤会長が設立。所属タレント第1号は森田健作。1970年代はアイドル全盛期、酒井法子さんの「碧いうさぎ」などがヒットした。90年代以降はトレンディードラマ黄金期で、桜井幸子さん、安達祐実さんらが活躍。今は2000年代以降のお笑いブームで、ダンディ坂野に続き様々な芸人たちが活躍。山崎夕貴さんは中学時代にダンディ坂野さんにファンレターを書いたことがあるといい、似顔絵を描いて送ったが返ってこなかったと語った。


「山崎夕貴」に関連する音楽・CD

サンミュージックグループ創立50周年記念式典が都内で行われ、所属タレント160人が集まった。1968年創立のサンミュージック。所属タレント第1号は森田健作。多くのスターを世に送り出してきたのが故・相澤会長。太川陽介さんは思い出として「当時はみんな親元を離れて上京してるから、会長の家にみんな居候していた」などと語った。サンミュージックの歩みは日本の芸能史そのもの。アイドルブームの中心にいたのは桜田淳子さん。演歌でもヒット曲を連発した。早見優さん・酒井法子さんも登場。相澤会長が最後にスカウトしたのはベッキーさんと言われる。90年代に始めたのがお笑い芸人育成で、所属第1号はダンディ坂野さん。その後も小島よしおさんなど独自の芸風を持つ芸人を輩出した。50年にわたり芸能界で人材を送り出し続けた同社だが、その秘訣は創業者から受け継がれた絆だった。

サンミュージックは1968年に故・相澤会長が設立。所属タレント第1号は森田健作。1970年代はアイドル全盛期、酒井法子さんの「碧いうさぎ」などがヒットした。90年代以降はトレンディードラマ黄金期で、桜井幸子さん、安達祐実さんらが活躍。今は2000年代以降のお笑いブームで、ダンディ坂野に続き様々な芸人たちが活躍。山崎夕貴さんは中学時代にダンディ坂野さんにファンレターを書いたことがあるといい、似顔絵を描いて送ったが返ってこなかったと語った。

「りばいばる アイドル編 早見優」

Amazon.co.jp


「山崎夕貴」に関連するイベント情報

サンミュージックグループ創立50周年記念式典

サンミュージックグループ創立50周年記念式典が都内で行われ、所属タレント160人が集まった。1968年創立のサンミュージック。所属タレント第1号は森田健作。多くのスターを世に送り出してきたのが故・相澤会長。太川陽介さんは思い出として「当時はみんな親元を離れて上京してるから、会長の家にみんな居候していた」などと語った。サンミュージックの歩みは日本の芸能史そのもの。アイドルブームの中心にいたのは桜田淳子さん。演歌でもヒット曲を連発した。早見優さん・酒井法子さんも登場。相澤会長が最後にスカウトしたのはベッキーさんと言われる。90年代に始めたのがお笑い芸人育成で、所属第1号はダンディ坂野さん。その後も小島よしおさんなど独自の芸風を持つ芸人を輩出した。50年にわたり芸能界で人材を送り出し続けた同社だが、その秘訣は創業者から受け継がれた絆だった。

サンミュージックは1968年に故・相澤会長が設立。所属タレント第1号は森田健作。1970年代はアイドル全盛期、酒井法子さんの「碧いうさぎ」などがヒットした。90年代以降はトレンディードラマ黄金期で、桜井幸子さん、安達祐実さんらが活躍。今は2000年代以降のお笑いブームで、ダンディ坂野に続き様々な芸人たちが活躍。山崎夕貴さんは中学時代にダンディ坂野さんにファンレターを書いたことがあるといい、似顔絵を描いて送ったが返ってこなかったと語った。


諏訪東京理科大学

諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授が監修する脳活Johnny!今回は『指定されたものを数えて』というクイズに山崎夕貴が答える。『婦という文字はいくつあるか?』というクイズが出題された。答えは7つ。続いて『この夫婦のイラストはいくつあるか?』という問題が出題された。正解は4つ。山崎夕貴は2問とも間違えた。山崎夕貴は夫に「出来なかったよ…。」とコメントした。


Twitter

サングリアで乾杯して2軒目スタート。尾崎世界観が溜め込んだ世間への不満と周囲の人へのイライラをぶっちゃける。やってます感、できます感を出すやつが嫌い、Twitterで曲ができないとつぶやくやつが嫌いと話した。坂上忍はマネージャーのため息が腹立つ、山崎夕貴はメイクさんの態度にイライラすると話した。また尾崎世界観はいちいち音にうるさい。


「山崎夕貴」に関連するグルメ情報

サングリア

サングリアで乾杯して2軒目スタート。尾崎世界観が溜め込んだ世間への不満と周囲の人へのイライラをぶっちゃける。やってます感、できます感を出すやつが嫌い、Twitterで曲ができないとつぶやくやつが嫌いと話した。坂上忍はマネージャーのため息が腹立つ、山崎夕貴はメイクさんの態度にイライラすると話した。また尾崎世界観はいちいち音にうるさい。


「山崎夕貴」に関連するイベント情報

ロシア サッカーワールドカップ

こども園でのわいせつ行為のニュースで小倉が「保育士の数を増やすとか補助金を投入しないと」と述べた際に古市は「小倉さんもたまにはいいこと言うじゃないですか」と発言。小倉はこの発言をセーフとし、もっと建設的なコメントをしないとと反省したと話した。番組に古市がいるのは凄くいいこと、炎上覚悟でこれからもどんどん言ってほしいとも小倉は話している。山崎夕貴は自身へのひどい言葉として、すっぴんが落ち武者みたいと言われたなどのエピソードを紹介した。古市は発言後のネットの反応などは特に気にしていないとのこと。


HARRY WINSTON

ジェジュンは日本と韓国で二股されていた。友人の助言を受けるも彼女を信じていると言い続けフラれた。その彼女にHARRY WINSTONの時計を買ってあげたという。それに山崎夕貴はとりあえず欲しいからOKした可能性があると指摘した。ジェジュンは山崎夕貴は一度もプレゼントをもらったことがないからその気持ちがわからないと発言。さらに今は彼女はいらない、結婚は10年後くらい、そういう時は泣くなどと話した。また城田優はジェジュンがモテないのは優柔不断が原因だと証言した。ジェジュンはメニューを選べないと語る。