ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「山崎大輔」の検索結果

「山崎大輔」に関連する情報 28件中 1〜10件目

「山崎大輔」に関連するレストラン・飲食店

江戸前アナゴの多くは築地市場に卸される。「山五商店」店主の山崎大輔さんは、皮目の柔らかさなどが特徴と答えた。近年は数が減り珍しくなったという。「吉野鮨本店」の吉野正敏さんが買い付けに来た。毎日ここでアナゴを仕入れ、店でしめてもらってから持って帰ってすぐ仕込むという。

日本橋の「吉野鮨本店」は明治12年創業。店主は仕入れた江戸前アナゴを店に伝わるたれで煮込んで煮アナゴにした。切り身を炙ってから、砂糖なしの酸味をきかせたシャリと煮詰めで握りにしていただく。

 (寿司、魚介料理・海鮮料理)

山五商店

江戸前アナゴの多くは築地市場に卸される。「山五商店」店主の山崎大輔さんは、皮目の柔らかさなどが特徴と答えた。近年は数が減り珍しくなったという。「吉野鮨本店」の吉野正敏さんが買い付けに来た。毎日ここでアナゴを仕入れ、店でしめてもらってから持って帰ってすぐ仕込むという。


築地市場

江戸前アナゴの多くは築地市場に卸される。「山五商店」店主の山崎大輔さんは、皮目の柔らかさなどが特徴と答えた。近年は数が減り珍しくなったという。「吉野鮨本店」の吉野正敏さんが買い付けに来た。毎日ここでアナゴを仕入れ、店でしめてもらってから持って帰ってすぐ仕込むという。


「山崎大輔」に関連するグルメ情報

江戸前アナゴ

三國清三シェフのレストラン「オテル・ドゥ・ミクニ」は東京の四ツ谷にある。江戸前アナゴはウナギよりも繊細な味わいがあるといい、昆布とともに蒸してからグリルしたひと皿をふるまってもらった。バターなどで炒めたカリフラワーの上に乗せ、わさびや木の芽をつけて「江戸前アナゴのグリエ カリフラワーライス添え」とした。

三國清三シェフの江戸前アナゴ料理。2皿目はコンソメスープに焼いた骨や頭、昆布を入れてだしをとった。骨切りした身を昆布だしでゆがき、スープとともにいただく「江戸前アナゴのコンソメ仕立て」に。焼きアナゴの香り、あっさりとした身が同時に味わえる。

ここで江戸前アナゴの歴史を紹介。江戸時代からウナギの代用品として食べられたが、天ぷらや寿司のネタとして脂の乗りとあっさりとした味わいが注目され、人気の魚となった。東京湾は大小35の河川が流れ込み、エサとなるエビなどの甲殻類がよく育つことから旨味の強いアナゴが育つという。

江戸前アナゴの多くは築地市場に卸される。「山五商店」店主の山崎大輔さんは、皮目の柔らかさなどが特徴と答えた。近年は数が減り珍しくなったという。「吉野鮨本店」の吉野正敏さんが買い付けに来た。毎日ここでアナゴを仕入れ、店でしめてもらってから持って帰ってすぐ仕込むという。

日本橋の「吉野鮨本店」は明治12年創業。店主は仕入れた江戸前アナゴを店に伝わるたれで煮込んで煮アナゴにした。切り身を炙ってから、砂糖なしの酸味をきかせたシャリと煮詰めで握りにしていただく。

ふたたび三國清三シェフのレストラン「オテル・ドゥ・ミクニ」から、江戸前アナゴと東京の食材を使った地産地消料理を取材。シェフは2015年から東京ブランドアンバサダーに就任するなどし、東京の食材を広める活動をしている。2020年東京五輪に向けたレシピも考案中という。


三井物産

ロシア・サハリンで働く三井物産 山崎大輔さんのお宅を取材した。山崎さんは妻・優子さん、長女・直ちゃん、次女・円ちゃんの4人家族。山崎さんによると現地では仕事上は英語で話すが、細かい打ち合わせやプライベートではやはりロシア語が交わされており、ロシア語を勉強する毎日だ。この日もレストランでロシア語を使い注文したが苦戦していた。

三井物産 安永社長によると、現地語を話すことでコミュニケーションが取れ、信用が生まれると述べた。「商社マンの語学は習うより慣れろ」とのこと。

三井物産 安永社長に野望を聞くと「もっと稼いでちょうだい」と答えた。

CMのあとは三井物産 安永社長から素敵なお知らせが!


サハリンエナジー社

ロシアのサハリンにいる三井物産エネルギー第二本部 山崎大輔さんを訪ねた。山崎さんは6カ月前にサハリンに移住し出向先のサハリンエナジー社に勤務。この会社はガスプロム50%、シェル27.5%、三菱商事10%、そして三井物産が12.5%出資し共同運営している天然ガスビジネスの会社だ。ロシアは天然ガス埋蔵量世界第2位でサハリンと日本は近いので輸送費がかからない。そこで三井物産は天然ガスを採取して輸出するビジネスを手がけている。しかし注目を集める天然ガスは需要と供給のバランスが崩れる可能性があり綿密な打ち合わせが必要だ。続いて天然ガスを運ぶ工程を解説した。次にサハリンエナジー社の中央管制室に勤務するニキータ・パガマゾフさんを取材し天然ガスの量のコントロールなどの説明をしてもらった。


シェル

ロシアのサハリンにいる三井物産エネルギー第二本部 山崎大輔さんを訪ねた。山崎さんは6カ月前にサハリンに移住し出向先のサハリンエナジー社に勤務。この会社はガスプロム50%、シェル27.5%、三菱商事10%、そして三井物産が12.5%出資し共同運営している天然ガスビジネスの会社だ。ロシアは天然ガス埋蔵量世界第2位でサハリンと日本は近いので輸送費がかからない。そこで三井物産は天然ガスを採取して輸出するビジネスを手がけている。しかし注目を集める天然ガスは需要と供給のバランスが崩れる可能性があり綿密な打ち合わせが必要だ。続いて天然ガスを運ぶ工程を解説した。次にサハリンエナジー社の中央管制室に勤務するニキータ・パガマゾフさんを取材し天然ガスの量のコントロールなどの説明をしてもらった。


ガスプロム

ロシアのサハリンにいる三井物産エネルギー第二本部 山崎大輔さんを訪ねた。山崎さんは6カ月前にサハリンに移住し出向先のサハリンエナジー社に勤務。この会社はガスプロム50%、シェル27.5%、三菱商事10%、そして三井物産が12.5%出資し共同運営している天然ガスビジネスの会社だ。ロシアは天然ガス埋蔵量世界第2位でサハリンと日本は近いので輸送費がかからない。そこで三井物産は天然ガスを採取して輸出するビジネスを手がけている。しかし注目を集める天然ガスは需要と供給のバランスが崩れる可能性があり綿密な打ち合わせが必要だ。続いて天然ガスを運ぶ工程を解説した。次にサハリンエナジー社の中央管制室に勤務するニキータ・パガマゾフさんを取材し天然ガスの量のコントロールなどの説明をしてもらった。


三菱商事

ロシアのサハリンにいる三井物産エネルギー第二本部 山崎大輔さんを訪ねた。山崎さんは6カ月前にサハリンに移住し出向先のサハリンエナジー社に勤務。この会社はガスプロム50%、シェル27.5%、三菱商事10%、そして三井物産が12.5%出資し共同運営している天然ガスビジネスの会社だ。ロシアは天然ガス埋蔵量世界第2位でサハリンと日本は近いので輸送費がかからない。そこで三井物産は天然ガスを採取して輸出するビジネスを手がけている。しかし注目を集める天然ガスは需要と供給のバランスが崩れる可能性があり綿密な打ち合わせが必要だ。続いて天然ガスを運ぶ工程を解説した。次にサハリンエナジー社の中央管制室に勤務するニキータ・パガマゾフさんを取材し天然ガスの量のコントロールなどの説明をしてもらった。


三井物産

ゲストの三井物産株式会社代表取締役社長の安永竜夫さんを紹介。安永さんは2年前32人抜きの史上最年少の54歳で社長に就任。安永さんは、自分がやるべきことをやってきただけなどと話した。加藤さんは、みんなそう言うなどと話した。社員数は全世界で4万4000人だという。商社について、日本と世界を繋ぐ仕事などと話した。

オーストラリア西海岸パース中心部のビジネス街へ。金属資源本部の前田さんが働くオフィスは11人中三井物産の日本人社員は3人。ここでは鉄鉱石をオーストラリアから日本に輸出している。三井物産を含む3社が競合運営し年間約7000万トンを生産している。三井物産の役割の一つは現地と日本の製鉄会社を繋ぐ仲介役。電話のやりとりで出てきた足元とは今の価格のことだという。

もう一つのビジネスが鉄鉱石を掘ること。以前は現地の会社が掘ったものを買って日本に送っていたが、自ら採掘を手掛け始めた。現場へ行く前田さんに同行。採掘場のウエスト・アンジェラス鉄鉱山は年間3500万トンの鉄鉱石が採掘される。現場のトラックの燃料代は莫大な費用が掛かるのでいかに効率良く掘るか考えること、作業員の働く環境を整えること、鉄鉱石の品質チェックなどが重要。粒の小さな鉄鉱石は製鉄会社の高炉で使うと目詰まりを起こすことがあるので塊の鉄鉱石は高価な値段で売買される。鉄鉱石は貨物列車に積まれて400キロ離れた港へ輸送される。

前田さんは港でも仕事があるため移動。列車が港に到着すると、鉄鉱石はひっくり返して荷降ろしする。前田さんはシップローダーという操縦室に向かい操縦士から別の操縦席でエアコンが壊れていたという話を聞く。こうしたトラブルにも対応する。前田さんは、健康に関わるものにきちんと取り組む必要がある事業などと話した。パースのオフィスに戻ったらテレビ電話で改めてミーティング。

東京三井物産本社で安永社長の仕事を見学。午前7時50分に出社後すぐ社長室へ行き新しいプロジェクトの進捗状況などを確認。デスク近くの置物は、以前機械輸送システムの本部長を務めていたときのもの。午前9時、翌週の東南アジア出張の打ち合わせ。午前11時、日本経済新聞社の記者の取材を受ける。午後0時30分、三重出張のため東京駅へ。安永社長は、社長が動くのは大切などと話した。社員時代から自ら相手に会いに行くことを大事にしていた。これまで約70ヶ国に出張している。

安永社長が質問に答える。徹夜で交渉もしょっちゅうなどと話した。辛かった交渉は、イタリアに行って一回もイタリア料理を食べなかったことなどと話した。交渉で大切なのは相手のハートを掴めるかだと話した。何勝何敗かについて、千のうち三つできたら上等などと言っていたなどと話した。

ロシアのサハリンにいる三井物産エネルギー第二本部 山崎大輔さんを訪ねた。山崎さんは6カ月前にサハリンに移住し出向先のサハリンエナジー社に勤務。この会社はガスプロム50%、シェル27.5%、三菱商事10%、そして三井物産が12.5%出資し共同運営している天然ガスビジネスの会社だ。ロシアは天然ガス埋蔵量世界第2位でサハリンと日本は近いので輸送費がかからない。そこで三井物産は天然ガスを採取して輸出するビジネスを手がけている。しかし注目を集める天然ガスは需要と供給のバランスが崩れる可能性があり綿密な打ち合わせが必要だ。続いて天然ガスを運ぶ工程を解説した。次にサハリンエナジー社の中央管制室に勤務するニキータ・パガマゾフさんを取材し天然ガスの量のコントロールなどの説明をしてもらった。


検索結果の絞り込み