ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「山本英明」の検索結果

「山本英明」に関連する情報 8件中 1〜8件目

「山本英明」に関連するグルメ情報

ゆめちから

8月下旬、ソバの花が咲いていた。以前6月の様子を番組で放送した時には畑には何もなかったが、福井県の農家・片岡仁彦さんが経営規模の拡大を狙ってソバを撒いていた。現在も福井での農業を続けていて、9月中旬にそのソバを収穫した。

今国内の食糧事情を一変させる新たなプロジェクトが動いていた。先月下旬、敷島製パンの盛田淳夫社長を地元の農業関係者が迎えた。社長は超熟を大ヒットさせ食パンのトップブランドに育て上げた人物で、北海道で国産小麦の新品種ゆめちからを育てようとしていた。ゆめちからは去年試験栽培を終え、この秋から北海道の農家で作付けが始まっている。その背景には、パンに使う強力粉の自給率はわずかに1%となっている国内事情がある。

敷島製パンの本社では開発スタッフが試作を重ねていた。一般的な小麦粉だとすぐ生地はちぎれるが、ゆめちからだとちぎれない。高光健太郎主任研究員は「ゆめちからは小麦本来の甘さが感じられるものだ」と話した。盛田淳夫社長は農家の道下公浩さんを訪ね、生産量を増やすよう働きかけ、試作パンの味も見てもらった。

ゆめちからは北海道農業研究センターで生まれた。西尾善太主任研究員は12年前から開発に携わってきたが、試験栽培の過程で小麦農家のカリスマ・勝部征矢さんに叱られていたという。勝部さんは電話帳片手に売り込みを始め、時にはゆめちからをタダで譲ることもあった。北海道のルスツリゾートの朝食会場では勝部さんの農場の小麦を使った食パンが作られるようになり、山本英明さんはゆめちからをきっかけに自前の製粉工場を建てた。


ルスツリゾート

8月下旬、ソバの花が咲いていた。以前6月の様子を番組で放送した時には畑には何もなかったが、福井県の農家・片岡仁彦さんが経営規模の拡大を狙ってソバを撒いていた。現在も福井での農業を続けていて、9月中旬にそのソバを収穫した。

今国内の食糧事情を一変させる新たなプロジェクトが動いていた。先月下旬、敷島製パンの盛田淳夫社長を地元の農業関係者が迎えた。社長は超熟を大ヒットさせ食パンのトップブランドに育て上げた人物で、北海道で国産小麦の新品種ゆめちからを育てようとしていた。ゆめちからは去年試験栽培を終え、この秋から北海道の農家で作付けが始まっている。その背景には、パンに使う強力粉の自給率はわずかに1%となっている国内事情がある。

敷島製パンの本社では開発スタッフが試作を重ねていた。一般的な小麦粉だとすぐ生地はちぎれるが、ゆめちからだとちぎれない。高光健太郎主任研究員は「ゆめちからは小麦本来の甘さが感じられるものだ」と話した。盛田淳夫社長は農家の道下公浩さんを訪ね、生産量を増やすよう働きかけ、試作パンの味も見てもらった。

ゆめちからは北海道農業研究センターで生まれた。西尾善太主任研究員は12年前から開発に携わってきたが、試験栽培の過程で小麦農家のカリスマ・勝部征矢さんに叱られていたという。勝部さんは電話帳片手に売り込みを始め、時にはゆめちからをタダで譲ることもあった。北海道のルスツリゾートの朝食会場では勝部さんの農場の小麦を使った食パンが作られるようになり、山本英明さんはゆめちからをきっかけに自前の製粉工場を建てた。


北海道農業研究センター

8月下旬、ソバの花が咲いていた。以前6月の様子を番組で放送した時には畑には何もなかったが、福井県の農家・片岡仁彦さんが経営規模の拡大を狙ってソバを撒いていた。現在も福井での農業を続けていて、9月中旬にそのソバを収穫した。

今国内の食糧事情を一変させる新たなプロジェクトが動いていた。先月下旬、敷島製パンの盛田淳夫社長を地元の農業関係者が迎えた。社長は超熟を大ヒットさせ食パンのトップブランドに育て上げた人物で、北海道で国産小麦の新品種ゆめちからを育てようとしていた。ゆめちからは去年試験栽培を終え、この秋から北海道の農家で作付けが始まっている。その背景には、パンに使う強力粉の自給率はわずかに1%となっている国内事情がある。

敷島製パンの本社では開発スタッフが試作を重ねていた。一般的な小麦粉だとすぐ生地はちぎれるが、ゆめちからだとちぎれない。高光健太郎主任研究員は「ゆめちからは小麦本来の甘さが感じられるものだ」と話した。盛田淳夫社長は農家の道下公浩さんを訪ね、生産量を増やすよう働きかけ、試作パンの味も見てもらった。

ゆめちからは北海道農業研究センターで生まれた。西尾善太主任研究員は12年前から開発に携わってきたが、試験栽培の過程で小麦農家のカリスマ・勝部征矢さんに叱られていたという。勝部さんは電話帳片手に売り込みを始め、時にはゆめちからをタダで譲ることもあった。北海道のルスツリゾートの朝食会場では勝部さんの農場の小麦を使った食パンが作られるようになり、山本英明さんはゆめちからをきっかけに自前の製粉工場を建てた。


「山本英明」に関連するグルメ情報

ゆめちから

8月下旬、ソバの花が咲いていた。以前6月の様子を番組で放送した時には畑には何もなかったが、福井県の農家・片岡仁彦さんが経営規模の拡大を狙ってソバを撒いていた。現在も福井での農業を続けていて、9月中旬にそのソバを収穫した。

今国内の食糧事情を一変させる新たなプロジェクトが動いていた。先月下旬、敷島製パンの盛田淳夫社長を地元の農業関係者が迎えた。社長は超熟を大ヒットさせ食パンのトップブランドに育て上げた人物で、北海道で国産小麦の新品種ゆめちからを育てようとしていた。ゆめちからは去年試験栽培を終え、この秋から北海道の農家で作付けが始まっている。その背景には、パンに使う強力粉の自給率はわずかに1%となっている国内事情がある。

敷島製パンの本社では開発スタッフが試作を重ねていた。一般的な小麦粉だとすぐ生地はちぎれるが、ゆめちからだとちぎれない。高光健太郎主任研究員は「ゆめちからは小麦本来の甘さが感じられるものだ」と話した。盛田淳夫社長は農家の道下公浩さんを訪ね、生産量を増やすよう働きかけ、試作パンの味も見てもらった。

ゆめちからは北海道農業研究センターで生まれた。西尾善太主任研究員は12年前から開発に携わってきたが、試験栽培の過程で小麦農家のカリスマ・勝部征矢さんに叱られていたという。勝部さんは電話帳片手に売り込みを始め、時にはゆめちからをタダで譲ることもあった。北海道のルスツリゾートの朝食会場では勝部さんの農場の小麦を使った食パンが作られるようになり、山本英明さんはゆめちからをきっかけに自前の製粉工場を建てた。


敷島製パン

8月下旬、ソバの花が咲いていた。以前6月の様子を番組で放送した時には畑には何もなかったが、福井県の農家・片岡仁彦さんが経営規模の拡大を狙ってソバを撒いていた。現在も福井での農業を続けていて、9月中旬にそのソバを収穫した。

今国内の食糧事情を一変させる新たなプロジェクトが動いていた。先月下旬、敷島製パンの盛田淳夫社長を地元の農業関係者が迎えた。社長は超熟を大ヒットさせ食パンのトップブランドに育て上げた人物で、北海道で国産小麦の新品種ゆめちからを育てようとしていた。ゆめちからは去年試験栽培を終え、この秋から北海道の農家で作付けが始まっている。その背景には、パンに使う強力粉の自給率はわずかに1%となっている国内事情がある。

敷島製パンの本社では開発スタッフが試作を重ねていた。一般的な小麦粉だとすぐ生地はちぎれるが、ゆめちからだとちぎれない。高光健太郎主任研究員は「ゆめちからは小麦本来の甘さが感じられるものだ」と話した。盛田淳夫社長は農家の道下公浩さんを訪ね、生産量を増やすよう働きかけ、試作パンの味も見てもらった。

ゆめちからは北海道農業研究センターで生まれた。西尾善太主任研究員は12年前から開発に携わってきたが、試験栽培の過程で小麦農家のカリスマ・勝部征矢さんに叱られていたという。勝部さんは電話帳片手に売り込みを始め、時にはゆめちからをタダで譲ることもあった。北海道のルスツリゾートの朝食会場では勝部さんの農場の小麦を使った食パンが作られるようになり、山本英明さんはゆめちからをきっかけに自前の製粉工場を建てた。


「山本英明」に関連するグルメ情報

ゆめちから

8月下旬、ソバの花が咲いていた。以前6月の様子を番組で放送した時には畑には何もなかったが、福井県の農家・片岡仁彦さんが経営規模の拡大を狙ってソバを撒いていた。現在も福井での農業を続けていて、9月中旬にそのソバを収穫した。

今国内の食糧事情を一変させる新たなプロジェクトが動いていた。先月下旬、敷島製パンの盛田淳夫社長を地元の農業関係者が迎えた。社長は超熟を大ヒットさせ食パンのトップブランドに育て上げた人物で、北海道で国産小麦の新品種ゆめちからを育てようとしていた。ゆめちからは去年試験栽培を終え、この秋から北海道の農家で作付けが始まっている。その背景には、パンに使う強力粉の自給率はわずかに1%となっている国内事情がある。

敷島製パンの本社では開発スタッフが試作を重ねていた。一般的な小麦粉だとすぐ生地はちぎれるが、ゆめちからだとちぎれない。高光健太郎主任研究員は「ゆめちからは小麦本来の甘さが感じられるものだ」と話した。盛田淳夫社長は農家の道下公浩さんを訪ね、生産量を増やすよう働きかけ、試作パンの味も見てもらった。

ゆめちからは北海道農業研究センターで生まれた。西尾善太主任研究員は12年前から開発に携わってきたが、試験栽培の過程で小麦農家のカリスマ・勝部征矢さんに叱られていたという。勝部さんは電話帳片手に売り込みを始め、時にはゆめちからをタダで譲ることもあった。北海道のルスツリゾートの朝食会場では勝部さんの農場の小麦を使った食パンが作られるようになり、山本英明さんはゆめちからをきっかけに自前の製粉工場を建てた。


「山本英明」に関連するグルメ情報

超熟

8月下旬、ソバの花が咲いていた。以前6月の様子を番組で放送した時には畑には何もなかったが、福井県の農家・片岡仁彦さんが経営規模の拡大を狙ってソバを撒いていた。現在も福井での農業を続けていて、9月中旬にそのソバを収穫した。

今国内の食糧事情を一変させる新たなプロジェクトが動いていた。先月下旬、敷島製パンの盛田淳夫社長を地元の農業関係者が迎えた。社長は超熟を大ヒットさせ食パンのトップブランドに育て上げた人物で、北海道で国産小麦の新品種ゆめちからを育てようとしていた。ゆめちからは去年試験栽培を終え、この秋から北海道の農家で作付けが始まっている。その背景には、パンに使う強力粉の自給率はわずかに1%となっている国内事情がある。

敷島製パンの本社では開発スタッフが試作を重ねていた。一般的な小麦粉だとすぐ生地はちぎれるが、ゆめちからだとちぎれない。高光健太郎主任研究員は「ゆめちからは小麦本来の甘さが感じられるものだ」と話した。盛田淳夫社長は農家の道下公浩さんを訪ね、生産量を増やすよう働きかけ、試作パンの味も見てもらった。

ゆめちからは北海道農業研究センターで生まれた。西尾善太主任研究員は12年前から開発に携わってきたが、試験栽培の過程で小麦農家のカリスマ・勝部征矢さんに叱られていたという。勝部さんは電話帳片手に売り込みを始め、時にはゆめちからをタダで譲ることもあった。北海道のルスツリゾートの朝食会場では勝部さんの農場の小麦を使った食パンが作られるようになり、山本英明さんはゆめちからをきっかけに自前の製粉工場を建てた。


敷島製パン

8月下旬、ソバの花が咲いていた。以前6月の様子を番組で放送した時には畑には何もなかったが、福井県の農家・片岡仁彦さんが経営規模の拡大を狙ってソバを撒いていた。現在も福井での農業を続けていて、9月中旬にそのソバを収穫した。

今国内の食糧事情を一変させる新たなプロジェクトが動いていた。先月下旬、敷島製パンの盛田淳夫社長を地元の農業関係者が迎えた。社長は超熟を大ヒットさせ食パンのトップブランドに育て上げた人物で、北海道で国産小麦の新品種ゆめちからを育てようとしていた。ゆめちからは去年試験栽培を終え、この秋から北海道の農家で作付けが始まっている。その背景には、パンに使う強力粉の自給率はわずかに1%となっている国内事情がある。

敷島製パンの本社では開発スタッフが試作を重ねていた。一般的な小麦粉だとすぐ生地はちぎれるが、ゆめちからだとちぎれない。高光健太郎主任研究員は「ゆめちからは小麦本来の甘さが感じられるものだ」と話した。盛田淳夫社長は農家の道下公浩さんを訪ね、生産量を増やすよう働きかけ、試作パンの味も見てもらった。

ゆめちからは北海道農業研究センターで生まれた。西尾善太主任研究員は12年前から開発に携わってきたが、試験栽培の過程で小麦農家のカリスマ・勝部征矢さんに叱られていたという。勝部さんは電話帳片手に売り込みを始め、時にはゆめちからをタダで譲ることもあった。北海道のルスツリゾートの朝食会場では勝部さんの農場の小麦を使った食パンが作られるようになり、山本英明さんはゆめちからをきっかけに自前の製粉工場を建てた。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (8)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (4)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (4)