ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「山本雪乃」の検索結果

「山本雪乃」に関連する情報 118件中 1〜10件目

「山本雪乃」に関連するグルメ情報

とろろごはん

パイプの中に入っていたのは、山菜の王様であるジネンジョだ。ジネンジョの栽培にはこのパイプが欠かせないという。42年前までは、ジネンジョは畑で栽培できず山で自生したものを収穫するしかなかったという。そんな中、1970年代に政田さんの祖父である俊雄さんが王様育成パイプを考案した。俊雄さは、栄養分のある土ではジネンジョが育ちにくいことに気付き、パイプの中に栄養のない土を入れることでジネンジョが山で育つ環境を再現して成功した。今では年間20万本売れるヒット商品となった。とろろごはんを試食した山本雪乃は「ジネンジョの風味が残っていて、何杯でも食べられる。」等とコメントした。


「山本雪乃」に関連するグルメ情報

ジネンジョ

パイプの中に入っていたのは、山菜の王様であるジネンジョだ。ジネンジョの栽培にはこのパイプが欠かせないという。42年前までは、ジネンジョは畑で栽培できず山で自生したものを収穫するしかなかったという。そんな中、1970年代に政田さんの祖父である俊雄さんが王様育成パイプを考案した。俊雄さは、栄養分のある土ではジネンジョが育ちにくいことに気付き、パイプの中に栄養のない土を入れることでジネンジョが山で育つ環境を再現して成功した。今では年間20万本売れるヒット商品となった。とろろごはんを試食した山本雪乃は「ジネンジョの風味が残っていて、何杯でも食べられる。」等とコメントした。


クレバーパイプ

パイプの中に入っていたのは、山菜の王様であるジネンジョだ。ジネンジョの栽培にはこのパイプが欠かせないという。42年前までは、ジネンジョは畑で栽培できず山で自生したものを収穫するしかなかったという。そんな中、1970年代に政田さんの祖父である俊雄さんが王様育成パイプを考案した。俊雄さは、栄養分のある土ではジネンジョが育ちにくいことに気付き、パイプの中に栄養のない土を入れることでジネンジョが山で育つ環境を再現して成功した。今では年間20万本売れるヒット商品となった。とろろごはんを試食した山本雪乃は「ジネンジョの風味が残っていて、何杯でも食べられる。」等とコメントした。


政田自然農園

パイプの中に入っていたのは、山菜の王様であるジネンジョだ。ジネンジョの栽培にはこのパイプが欠かせないという。42年前までは、ジネンジョは畑で栽培できず山で自生したものを収穫するしかなかったという。そんな中、1970年代に政田さんの祖父である俊雄さんが王様育成パイプを考案した。俊雄さは、栄養分のある土ではジネンジョが育ちにくいことに気付き、パイプの中に栄養のない土を入れることでジネンジョが山で育つ環境を再現して成功した。今では年間20万本売れるヒット商品となった。とろろごはんを試食した山本雪乃は「ジネンジョの風味が残っていて、何杯でも食べられる。」等とコメントした。

ジネンジョのとろろスープを試食した出演者達は「フワフワで美味しい。」等とコメントした。クレバーパイプ自然薯用を使うと、家庭でもジネンジョを簡単に栽培出来る。


「山本雪乃」に関連するレストラン・飲食店

パイプの中に入っていたのは、山菜の王様であるジネンジョだ。ジネンジョの栽培にはこのパイプが欠かせないという。42年前までは、ジネンジョは畑で栽培できず山で自生したものを収穫するしかなかったという。そんな中、1970年代に政田さんの祖父である俊雄さんが王様育成パイプを考案した。俊雄さは、栄養分のある土ではジネンジョが育ちにくいことに気付き、パイプの中に栄養のない土を入れることでジネンジョが山で育つ環境を再現して成功した。今では年間20万本売れるヒット商品となった。とろろごはんを試食した山本雪乃は「ジネンジョの風味が残っていて、何杯でも食べられる。」等とコメントした。

 (居酒屋、ふぐ、懐石・会席料理)

「山本雪乃」に関連するレストラン・飲食店

山口県の名物といえばトラフグだが、今の旬はマフグだ。東京・浜松町にある『別邸 福の花 浜松町店』では、マフグ料理を楽しめる。まふくたたきを試食した島谷ひとみは「香ばしい香りがして美味しい。」等とコメントした。今回のワンダふるさとは山口県だ。

まずは、『金色のきらめき!お金になる山?』。 お金になる山とは一体どういうことなのか?早速、山口市で調査を開始した。情報によれば、お金になる山は、山口県美祢市にあるという。地元の田村さんに案内してもらった。山奥へ進むこと1時間10分。目の前には、黄金色の花畑が!田村さんによると、これはミツマタという植物の花で、木の皮は紙幣の材料として使用されているという。山口県では室町時代から、ミツマタを原料にした徳地和紙が作られてきた。ミツマタの木の皮は繊維が細かく耐久性に優れている。ミツマタは明治12年に紙幣の原料として採用された。ミツマタが咲き誇るこの山は、まさにお金になる山だ。

続いては『誰が作った?岩国の極小芸術品。』。小さな芸術品を探しに、錦帯橋で有名な岩国市へ向かった。情報を基に、岩国石人形資料館へ向かった。この資料館の横田勲さんが見せてくれたのは、1・5cm程の大きさの石人形だ。石人形は江戸時代から岩国で愛されていて、人の形に見える。中には、石人形の大名行列もある。作者は別の場所にいるという。横田勲さんの息子の横田太陽さんが、錦帯橋が架けられている川へ案内してくれた。横田太陽さんは川の中に入り、川の中から石人形を発見した。横田太陽さんによると、これはニンギョウトビケラという虫が幼虫の時に作った巣なのだという。

続いては、『誰でも簡単! 王様育成パイプ』。山本雪乃が王様育成パイプが作られているという山口県柳井市へ向かった。情報を基に、ある会社へやって来た。王様を育てるパイプは、土の中に埋まっているという。抜いてみると、土の中から長いパイプが出現した。

 (居酒屋、ふぐ、懐石・会席料理)

六本木駅

ここで研究助手の山本雪乃が京子さんの働きぶりに密着。夜にお客さんからきた問い合わせのメールに丁寧に返信。さらに物件を深夜に内見できるということで山本研究員が所望する物件を内見。


和田京子不動産

今年で88歳を迎える和田京子さんは東京・小岩で売買専門の「和田京子不動産」を営んでおり、年商は5億。きっかけは7軒連続60年のワケあり住宅地獄。これまで水が出ない住宅やトイレが使えない住宅などに住んでいて不動産会社などに怒りを覚えていた。

不動産屋になろうと決心した京子さんは実務を覚えるため就活を始めたが職歴がないため断念し「京子不動産」を立ち上げた。すると開業日から電話がバンバン鳴る事態に。これはIT業界経験者の昌俊さんが客がバカスカ釣れる最強のHPを自作していたため。しかし、京子さんは自分の名前を名乗るのが恥ずかしいあまり無言電話で対応してしまった。

京子さんが立ち上げた「和田京子不動産」が年商5億円達成した理由は「お客さんに融通が利きまくる」。毎日24時間営業、仲介手数料無料としていたが同業者からの締め出しという問題を抱えていた。同業者の嫌がらせで2年間契約ゼロの無収入、孫は手取りの8割を京子さんに渡し生活を切り詰めていたため痩せ細っていった。さらに24時間営業の弊害として睡魔との戦いがあり平均睡眠時間は3時間だった。京子さんは寝ないためベッドを捨てたと話した。

ここで研究助手の山本雪乃が京子さんの働きぶりに密着。夜にお客さんからきた問い合わせのメールに丁寧に返信。さらに物件を深夜に内見できるということで山本研究員が所望する物件を内見。


平昌国際放送センター

高木美保選手らスピードスケートの選手が生出演。高木菜那選手は2つ目の金メダル獲得したことについて「スピードスケートの最終種目で金メダルを獲れたことをうれしく思う。金メダルは重い。みんなで獲った金メダルもあるし価値のある金メダルになった。」と話した。

前回はキム・ボルム選手に負けてしまったことについて高木菜那選手は「今回は最後まで後ろについて、最後の最後でスプリントをかけることを心がけていた」などと話した。

佐藤綾乃選手は転倒するトラブルがあったことについて「少し肘に痛みはあるが大丈夫。自分で見るとひどい、対応しきれなかった」などと振り返った。

パシュートについては「オランダと競っていることについては分からない、ゴールしないと結果がわからない」と高木美保が話した。日本の一糸乱れぬ滑りがについて「練習は300日以上共に共にして、練習だけでなく合宿や私生活で同じ時間を過ごすという時間の積み重ねがあり、その時間は度の国にも負けないという自信があり、絶対に勝つという強い気持ちで挑んだ。」などと高木美保選手が話した。

共同生活のなかで喧嘩はしないと高木菜那選手らが答えた。共同生活のルールについて菊池選手はチームと相談し「それぞれの個性が強いので、いい所も悪い所も受け入れながら、目標に向かって過ごしていく。ルールというのは特に無いが楽しくがんばれるためのチームにするところ。男性の好みは全然違う」などとはなした。

合宿をインタビューしていた山本雪乃が準決勝からバトンを繋いで決勝を違う景色でみて泣いたことについて「いままでレースで泣いたことが無かった。自分自身でもここまで取り乱すほどの喜びは生きてきて無かった。振り返ってみるとこんなに嬉しかったのだと思う。」などと菊池選手が答えた。

高木家ではあまりスケートの話をしないことについて「スケートの話をしないというのは技術の面やスケートの深い面についてで、頑張ったねとかいう話はたくさんするので父親にも母親にも兄にもオリンピックでのことを伝えたいと思っている。」などと高木美保選手が答えた。

ファンの方へ高木美保選手が「今回たくさんの応援やサポートのお陰でこの4人だけでなく、みなさんと一緒に戦えたオリンピックだった。応援ありがとうございました」とメッセージを送った。


「山本雪乃」に関連するイベント情報

ピョンチャン五輪

大菅小百合さんに話をうかがう。マススケートについて「マススケートは練習をしない。日頃の練習で想定しながらやっている。」と解説した。高木菜那さんが2つ金メダルを獲ったことについて「単純にスゴイと思う。体が小さい選手なので世界と戦うには大変だと思っていたが、そういったことを感じさせない滑りだった。」と話した。カーリング女子などのチームワークについては「パシュートのメンバーなどは年間で300日ほど一緒に生活している。いろんなことを知っているしその分中も深まる。喧嘩なども含めて発見もあるのでそういうことも認め合いながらやっていると思う」などと話した。マススタートの勝利の鍵として大菅さんが挙げたのがオランダ人選手をマークすることとラスト100mのスプリント力ということについて「高木選手は人の後ろについて滑る能力が優れている選手、それによって体力温存に繋がる。」などと解説した。

高木美保選手らスピードスケートの選手が生出演。高木菜那選手は2つ目の金メダル獲得したことについて「スピードスケートの最終種目で金メダルを獲れたことをうれしく思う。金メダルは重い。みんなで獲った金メダルもあるし価値のある金メダルになった。」と話した。

前回はキム・ボルム選手に負けてしまったことについて高木菜那選手は「今回は最後まで後ろについて、最後の最後でスプリントをかけることを心がけていた」などと話した。

佐藤綾乃選手は転倒するトラブルがあったことについて「少し肘に痛みはあるが大丈夫。自分で見るとひどい、対応しきれなかった」などと振り返った。

パシュートについては「オランダと競っていることについては分からない、ゴールしないと結果がわからない」と高木美保が話した。日本の一糸乱れぬ滑りがについて「練習は300日以上共に共にして、練習だけでなく合宿や私生活で同じ時間を過ごすという時間の積み重ねがあり、その時間は度の国にも負けないという自信があり、絶対に勝つという強い気持ちで挑んだ。」などと高木美保選手が話した。

共同生活のなかで喧嘩はしないと高木菜那選手らが答えた。共同生活のルールについて菊池選手はチームと相談し「それぞれの個性が強いので、いい所も悪い所も受け入れながら、目標に向かって過ごしていく。ルールというのは特に無いが楽しくがんばれるためのチームにするところ。男性の好みは全然違う」などとはなした。

合宿をインタビューしていた山本雪乃が準決勝からバトンを繋いで決勝を違う景色でみて泣いたことについて「いままでレースで泣いたことが無かった。自分自身でもここまで取り乱すほどの喜びは生きてきて無かった。振り返ってみるとこんなに嬉しかったのだと思う。」などと菊池選手が答えた。

高木家ではあまりスケートの話をしないことについて「スケートの話をしないというのは技術の面やスケートの深い面についてで、頑張ったねとかいう話はたくさんするので父親にも母親にも兄にもオリンピックでのことを伝えたいと思っている。」などと高木美保選手が答えた。

ファンの方へ高木美保選手が「今回たくさんの応援やサポートのお陰でこの4人だけでなく、みなさんと一緒に戦えたオリンピックだった。応援ありがとうございました」とメッセージを送った。