ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「山本雪乃」の検索結果

「山本雪乃」に関連する情報 142件中 1〜10件目

「山本雪乃」に関連するイベント情報

東京五輪

東京五輪の新競技となる空手。組手は突きと蹴りでポイントを競う。先日の世界選手権で22歳で初優勝を果たした宮原美穂選手を取材。5階級で優勝したものは最軽量の宮原のみだった。強さの理由を取材。世界一の刻み突きにあり、山本雪乃が体験。ものすごいスピードだと語る。バネがあるので遠い間合いから打てると宮原美穂選手が語る。早く遠くからの刻み突きが出来る理由についてチューブを使った練習で紹介。片足でダッシュの練習を紹介した。2020年の東京五輪では軽量級で出場し、両親にかけたいと語る。

松岡修造が大澤紀代美さんを取材。マリリン・モンローの絵や金魚、豹の絵はミシンで仕上げている。一般のミシンでは針を上下にしか動かせないが、使用するミシンでは、左右に動かす事ができる。膝のレバーで幅を調節。スピードは足のレバーで行う。日本独自の横振りミシンは現在扱う人が少なくなっている。コンピュータのほうが性能が上がり、良い刺繍ができるようになったが、コンピュータの仕上げる刺繍には個性がないと大澤さんが語る。桐生横振り刺しゅうは群馬県桐生市で織物の街として一時代を築いた。大澤さんは17歳のときに出会い、1日20時間人生を捧げている。33歳のときに原因不明の病に襲われ、片目が見えないという。当時は無理だと言われ、死を意識したという。しかし「幽玄」という作品を手がけ、自分自身の投影と語る。この作品はがん患者の気持ちを動かしたと語る。その技術が認められ1996年黄綬褒章を授与された。大澤さんはダメでもともとでやっていきたいと語る。最後に出来る宣言として「桐生の横振りミシンで世界を変えたい」と語った。


帝京大学

東京五輪の新競技となる空手。組手は突きと蹴りでポイントを競う。先日の世界選手権で22歳で初優勝を果たした宮原美穂選手を取材。5階級で優勝したものは最軽量の宮原のみだった。強さの理由を取材。世界一の刻み突きにあり、山本雪乃が体験。ものすごいスピードだと語る。バネがあるので遠い間合いから打てると宮原美穂選手が語る。早く遠くからの刻み突きが出来る理由についてチューブを使った練習で紹介。片足でダッシュの練習を紹介した。2020年の東京五輪では軽量級で出場し、両親にかけたいと語る。


花蓮

福井・南越前町に伝わる“ゾウビハイ”を求めて、一面蓮だらけの花はす公園へ。山本雪乃アナが体験した。これは古代中国で暑気払いとして行っていた飲酒方法で、蓮の茎を使って酒を飲む。象が鼻で飲む姿に似ているため、“象鼻杯”と書く。蓮のエキスが入った酒を飲むと体に良いとされた。南越前町は花はすの作付面積が日本一で、これにあやかり象鼻杯をお行っている。「はすまつり」も行っている。南越前町の蕎麦店「藺敷」でも自家栽培の蓮を使って象鼻杯の無料サービスを行っていた。


福井・南越前町に伝わる“ゾウビハイ”を求めて、一面蓮だらけの花はす公園へ。山本雪乃アナが体験した。これは古代中国で暑気払いとして行っていた飲酒方法で、蓮の茎を使って酒を飲む。象が鼻で飲む姿に似ているため、“象鼻杯”と書く。蓮のエキスが入った酒を飲むと体に良いとされた。南越前町は花はすの作付面積が日本一で、これにあやかり象鼻杯をお行っている。「はすまつり」も行っている。南越前町の蕎麦店「藺敷」でも自家栽培の蓮を使って象鼻杯の無料サービスを行っていた。


「山本雪乃」に関連するレストラン・飲食店

福井・南越前町に伝わる“ゾウビハイ”を求めて、一面蓮だらけの花はす公園へ。山本雪乃アナが体験した。これは古代中国で暑気払いとして行っていた飲酒方法で、蓮の茎を使って酒を飲む。象が鼻で飲む姿に似ているため、“象鼻杯”と書く。蓮のエキスが入った酒を飲むと体に良いとされた。南越前町は花はすの作付面積が日本一で、これにあやかり象鼻杯をお行っている。「はすまつり」も行っている。南越前町の蕎麦店「藺敷」でも自家栽培の蓮を使って象鼻杯の無料サービスを行っていた。

 (そば、うどん、喫茶店)

「山本雪乃」に関連するイベント情報

はすまつり

福井・南越前町に伝わる“ゾウビハイ”を求めて、一面蓮だらけの花はす公園へ。山本雪乃アナが体験した。これは古代中国で暑気払いとして行っていた飲酒方法で、蓮の茎を使って酒を飲む。象が鼻で飲む姿に似ているため、“象鼻杯”と書く。蓮のエキスが入った酒を飲むと体に良いとされた。南越前町は花はすの作付面積が日本一で、これにあやかり象鼻杯をお行っている。「はすまつり」も行っている。南越前町の蕎麦店「藺敷」でも自家栽培の蓮を使って象鼻杯の無料サービスを行っていた。


花はす公園

福井・南越前町に伝わる“ゾウビハイ”を求めて、一面蓮だらけの花はす公園へ。山本雪乃アナが体験した。これは古代中国で暑気払いとして行っていた飲酒方法で、蓮の茎を使って酒を飲む。象が鼻で飲む姿に似ているため、“象鼻杯”と書く。蓮のエキスが入った酒を飲むと体に良いとされた。南越前町は花はすの作付面積が日本一で、これにあやかり象鼻杯をお行っている。「はすまつり」も行っている。南越前町の蕎麦店「藺敷」でも自家栽培の蓮を使って象鼻杯の無料サービスを行っていた。


「山本雪乃」に関連するレストラン・飲食店

コーナーオープニング映像。福井県のお国自慢を特集する。東京・渋谷の居酒屋 うららで味わえるのは福井県で旬を迎えている赤甘鯛。うろこをとらずに揚げ、食感を楽しむのがおすすめ。

福井・南越前町に伝わる“ゾウビハイ”を求めて、一面蓮だらけの花はす公園へ。山本雪乃アナが体験した。これは古代中国で暑気払いとして行っていた飲酒方法で、蓮の茎を使って酒を飲む。象が鼻で飲む姿に似ているため、“象鼻杯”と書く。蓮のエキスが入った酒を飲むと体に良いとされた。南越前町は花はすの作付面積が日本一で、これにあやかり象鼻杯をお行っている。「はすまつり」も行っている。南越前町の蕎麦店「藺敷」でも自家栽培の蓮を使って象鼻杯の無料サービスを行っていた。

福井・網戸瀬町は13世帯44人が住む小さな地域。ここではキュウリを絶対に作らないことになっている。網戸瀬町の八坂神社に祀られているスサノオノミコトが、雷鳴に驚きキュウリ棚へ隠れた際、竹が目に刺さり失明。キュウリが大嫌いになったというエピソードから栽培禁止なのだとか。住人は他の地域に住む親戚が持ってきてくれるというキュウリを食べていた。

福井市の文化元年(1804)創業の「天たつ」で作っている、「殿様が愛した超高額グルメ」汐うには68gで1万800円。バフンウニに塩をしたグルメだ。うに問屋を営む天たつの三代目が、当時の福井藩主から「日持ちのするうにを作るように」と命じられたことがきっかけで、バフンウニに塩をふり一晩熟成させ、こねてペースト状にし完成した。100gにバフンウニ100個を使用している。汐うにを薄く伸ばし乾燥させ粉にした粉うには40g1万800円。

 (郷土料理(その他)、居酒屋、日本酒バー)

国連本部

宇賀なつみは「ウォーキングレッスンが衝撃的だった、いかに普段適当に歩いているかがよくわかる」などとコメント。山本雪乃は「リハーサルでは目が泳いでしまった、ついピースしてしまった」などとコメント。東京ガールズコレクションは来場者約3万人、ネット中継の視聴者も100万人以上、東京ガールズコレクションの関連ツイートは1億件を超え女性への絶大な発信力を誇っている。今年5月にニューヨークの国連本部でも東京ガールズコレクションが行われた。国連が女性の輝く社会を目指すために実施されたという。東京ガールズコレクションは6時間半行われ、会場にはスマートフォンの充電器が置かれている。


「山本雪乃」に関連するイベント情報

東京ガールズコレクション

アジア最大級のファッションイベント、東京ガールズコレクション。宇賀アナと山本アナがランウェーに初挑戦、本番終了後2人は「何事にも代えがたい達成感、みなさん優しかったです」などと話した。

宇賀なつみは「ウォーキングレッスンが衝撃的だった、いかに普段適当に歩いているかがよくわかる」などとコメント。山本雪乃は「リハーサルでは目が泳いでしまった、ついピースしてしまった」などとコメント。東京ガールズコレクションは来場者約3万人、ネット中継の視聴者も100万人以上、東京ガールズコレクションの関連ツイートは1億件を超え女性への絶大な発信力を誇っている。今年5月にニューヨークの国連本部でも東京ガールズコレクションが行われた。国連が女性の輝く社会を目指すために実施されたという。東京ガールズコレクションは6時間半行われ、会場にはスマートフォンの充電器が置かれている。