ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「山根良顕」の検索結果

「山根良顕」に関連する情報 384件中 1〜10件目

「山根良顕」に関連するグルメ情報

アユ

山根良顕が栃木県・那珂川町にてご飯調査する様子を伝えた、この時期はやなをアユが登ってくるとの事。梁(やな)の土台に石をつめて川に沈める、毎年7月〜10月まで沈める、費用は2000万円だが10万匹のアユが採れる為に赤字にはならないとの事。

那珂川町にて山根は梁で採ったアユを料理してくれる「高瀬観光やな」を紹介された、創業80年、2代目となるご主人と奥さんの千也さんが切り盛りしている、現在は梁が完成していないために店で売られているのは釣り上げた天然のアユ、さっそく「焼きアユ」を試食した山根に千也さんは「川で泳いでる天然物は苔を食べている、その風味が出て身が絞まってます」と解説した、さらに「アユさしみ」に対して山根は「歯ごたえが良い、味がある」とコメントした。美味しいものを堪能した山根は千也さんにご飯を見せてもらえるように交渉、結果は交渉成立であった。

養殖場にお邪魔すると、7年前に休耕田を溜池にしたところで、那珂川町では現在6ヶ所やっているそう。その魚はホンモロコ。元々は琵琶湖の特産魚でコイ科、淡水に生息している。関西では高級魚として扱われている。なぜホンモロコか聞くと、「休耕田を利用したかった。ホンモロコにたどり着くまで、ドジョウとかナマズとか色々候補があったが、食べて美味い魚にした」と話した。と、そこに馬頭高校水産科の先生がやってきた。

やってきたのは馬頭高校の水産科の先生、齋藤先生。近所では有名なおさかな博士で、馬頭高校の卒業生。その後7年前から実験助手として勤務している。馬頭高校の水産科実習場にお邪魔すると、たくさんの水槽があった。ホンモロコの養殖はここから始まっていた。水産科では魚を食品にする授業などもあった。今回は学生たちにホンモロコを料理してもらうことになった。手作りの魚醤を塩をまぶし、薄く衣をつけてフライにするのが一般的。山根は「美味い!香ばしい!」とコメントしていた。

ここで先生にあなたのご飯見せてください、と頼み、お母さんに交渉してくれ許可が出た。先生の仕事終わりに一緒におうちにお邪魔させてもらうと、玄関にも水槽がいくつもあった。また、リビングには高校時代に初めて作った剥製などもあり、魚に囲まれて生活していた。このあと、おさかな先生を育てた◯◯入りカレーが登場。


釉裏金彩 花瓶

九谷焼を買って家に飾りたいという企画。山根良顕が九谷焼の各店舗へ向かうことに。丸谷美陶園にある龍文赤絵金彩尺2皿は緻密な細い線と金の飾り付けが特徴で45万円。菊桐文様尺2皿は全面を絵の具で塗りうめた重厚感あり21万600円するという。明治39年創業の老舗須田菁華の呉須赤絵魁鉢は砂の上に載せて焼くことで味わいをだす技法「砂高台」が使われた。陶匠大雅では絵付けする過程で銀箔を貼る技法が使われているものがあり墨地紫苑釉裏銀彩花文は32万4000円だという。九谷満月は人間国保の作品が50点ほど並び三代徳田八十吉作は194万4000円。山根が購入した九谷焼を確認するべく自宅へ伺った。


カップ&ソーサー

九谷焼を買って家に飾りたいという企画。山根良顕が九谷焼の各店舗へ向かうことに。丸谷美陶園にある龍文赤絵金彩尺2皿は緻密な細い線と金の飾り付けが特徴で45万円。菊桐文様尺2皿は全面を絵の具で塗りうめた重厚感あり21万600円するという。明治39年創業の老舗須田菁華の呉須赤絵魁鉢は砂の上に載せて焼くことで味わいをだす技法「砂高台」が使われた。陶匠大雅では絵付けする過程で銀箔を貼る技法が使われているものがあり墨地紫苑釉裏銀彩花文は32万4000円だという。九谷満月は人間国保の作品が50点ほど並び三代徳田八十吉作は194万4000円。山根が購入した九谷焼を確認するべく自宅へ伺った。


釉裏金彩 飾皿

九谷焼を買って家に飾りたいという企画。山根良顕が九谷焼の各店舗へ向かうことに。丸谷美陶園にある龍文赤絵金彩尺2皿は緻密な細い線と金の飾り付けが特徴で45万円。菊桐文様尺2皿は全面を絵の具で塗りうめた重厚感あり21万600円するという。明治39年創業の老舗須田菁華の呉須赤絵魁鉢は砂の上に載せて焼くことで味わいをだす技法「砂高台」が使われた。陶匠大雅では絵付けする過程で銀箔を貼る技法が使われているものがあり墨地紫苑釉裏銀彩花文は32万4000円だという。九谷満月は人間国保の作品が50点ほど並び三代徳田八十吉作は194万4000円。山根が購入した九谷焼を確認するべく自宅へ伺った。


九谷満月

九谷焼を買って家に飾りたいという企画。山根良顕が九谷焼の各店舗へ向かうことに。丸谷美陶園にある龍文赤絵金彩尺2皿は緻密な細い線と金の飾り付けが特徴で45万円。菊桐文様尺2皿は全面を絵の具で塗りうめた重厚感あり21万600円するという。明治39年創業の老舗須田菁華の呉須赤絵魁鉢は砂の上に載せて焼くことで味わいをだす技法「砂高台」が使われた。陶匠大雅では絵付けする過程で銀箔を貼る技法が使われているものがあり墨地紫苑釉裏銀彩花文は32万4000円だという。九谷満月は人間国保の作品が50点ほど並び三代徳田八十吉作は194万4000円。山根が購入した九谷焼を確認するべく自宅へ伺った。


墨地紫苑釉裏銀彩花文

九谷焼を買って家に飾りたいという企画。山根良顕が九谷焼の各店舗へ向かうことに。丸谷美陶園にある龍文赤絵金彩尺2皿は緻密な細い線と金の飾り付けが特徴で45万円。菊桐文様尺2皿は全面を絵の具で塗りうめた重厚感あり21万600円するという。明治39年創業の老舗須田菁華の呉須赤絵魁鉢は砂の上に載せて焼くことで味わいをだす技法「砂高台」が使われた。陶匠大雅では絵付けする過程で銀箔を貼る技法が使われているものがあり墨地紫苑釉裏銀彩花文は32万4000円だという。九谷満月は人間国保の作品が50点ほど並び三代徳田八十吉作は194万4000円。山根が購入した九谷焼を確認するべく自宅へ伺った。


陶匠大雅

九谷焼を買って家に飾りたいという企画。山根良顕が九谷焼の各店舗へ向かうことに。丸谷美陶園にある龍文赤絵金彩尺2皿は緻密な細い線と金の飾り付けが特徴で45万円。菊桐文様尺2皿は全面を絵の具で塗りうめた重厚感あり21万600円するという。明治39年創業の老舗須田菁華の呉須赤絵魁鉢は砂の上に載せて焼くことで味わいをだす技法「砂高台」が使われた。陶匠大雅では絵付けする過程で銀箔を貼る技法が使われているものがあり墨地紫苑釉裏銀彩花文は32万4000円だという。九谷満月は人間国保の作品が50点ほど並び三代徳田八十吉作は194万4000円。山根が購入した九谷焼を確認するべく自宅へ伺った。


呉須赤絵魁鉢

九谷焼を買って家に飾りたいという企画。山根良顕が九谷焼の各店舗へ向かうことに。丸谷美陶園にある龍文赤絵金彩尺2皿は緻密な細い線と金の飾り付けが特徴で45万円。菊桐文様尺2皿は全面を絵の具で塗りうめた重厚感あり21万600円するという。明治39年創業の老舗須田菁華の呉須赤絵魁鉢は砂の上に載せて焼くことで味わいをだす技法「砂高台」が使われた。陶匠大雅では絵付けする過程で銀箔を貼る技法が使われているものがあり墨地紫苑釉裏銀彩花文は32万4000円だという。九谷満月は人間国保の作品が50点ほど並び三代徳田八十吉作は194万4000円。山根が購入した九谷焼を確認するべく自宅へ伺った。


須田菁華

九谷焼を買って家に飾りたいという企画。山根良顕が九谷焼の各店舗へ向かうことに。丸谷美陶園にある龍文赤絵金彩尺2皿は緻密な細い線と金の飾り付けが特徴で45万円。菊桐文様尺2皿は全面を絵の具で塗りうめた重厚感あり21万600円するという。明治39年創業の老舗須田菁華の呉須赤絵魁鉢は砂の上に載せて焼くことで味わいをだす技法「砂高台」が使われた。陶匠大雅では絵付けする過程で銀箔を貼る技法が使われているものがあり墨地紫苑釉裏銀彩花文は32万4000円だという。九谷満月は人間国保の作品が50点ほど並び三代徳田八十吉作は194万4000円。山根が購入した九谷焼を確認するべく自宅へ伺った。


菊桐文様尺2皿

九谷焼を買って家に飾りたいという企画。山根良顕が九谷焼の各店舗へ向かうことに。丸谷美陶園にある龍文赤絵金彩尺2皿は緻密な細い線と金の飾り付けが特徴で45万円。菊桐文様尺2皿は全面を絵の具で塗りうめた重厚感あり21万600円するという。明治39年創業の老舗須田菁華の呉須赤絵魁鉢は砂の上に載せて焼くことで味わいをだす技法「砂高台」が使われた。陶匠大雅では絵付けする過程で銀箔を貼る技法が使われているものがあり墨地紫苑釉裏銀彩花文は32万4000円だという。九谷満月は人間国保の作品が50点ほど並び三代徳田八十吉作は194万4000円。山根が購入した九谷焼を確認するべく自宅へ伺った。