ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「山根良顕」の検索結果

「山根良顕」に関連する情報 383件中 1〜10件目

釉裏金彩 花瓶

九谷焼を買って家に飾りたいという企画。山根良顕が九谷焼の各店舗へ向かうことに。丸谷美陶園にある龍文赤絵金彩尺2皿は緻密な細い線と金の飾り付けが特徴で45万円。菊桐文様尺2皿は全面を絵の具で塗りうめた重厚感あり21万600円するという。明治39年創業の老舗須田菁華の呉須赤絵魁鉢は砂の上に載せて焼くことで味わいをだす技法「砂高台」が使われた。陶匠大雅では絵付けする過程で銀箔を貼る技法が使われているものがあり墨地紫苑釉裏銀彩花文は32万4000円だという。九谷満月は人間国保の作品が50点ほど並び三代徳田八十吉作は194万4000円。山根が購入した九谷焼を確認するべく自宅へ伺った。


カップ&ソーサー

九谷焼を買って家に飾りたいという企画。山根良顕が九谷焼の各店舗へ向かうことに。丸谷美陶園にある龍文赤絵金彩尺2皿は緻密な細い線と金の飾り付けが特徴で45万円。菊桐文様尺2皿は全面を絵の具で塗りうめた重厚感あり21万600円するという。明治39年創業の老舗須田菁華の呉須赤絵魁鉢は砂の上に載せて焼くことで味わいをだす技法「砂高台」が使われた。陶匠大雅では絵付けする過程で銀箔を貼る技法が使われているものがあり墨地紫苑釉裏銀彩花文は32万4000円だという。九谷満月は人間国保の作品が50点ほど並び三代徳田八十吉作は194万4000円。山根が購入した九谷焼を確認するべく自宅へ伺った。


釉裏金彩 飾皿

九谷焼を買って家に飾りたいという企画。山根良顕が九谷焼の各店舗へ向かうことに。丸谷美陶園にある龍文赤絵金彩尺2皿は緻密な細い線と金の飾り付けが特徴で45万円。菊桐文様尺2皿は全面を絵の具で塗りうめた重厚感あり21万600円するという。明治39年創業の老舗須田菁華の呉須赤絵魁鉢は砂の上に載せて焼くことで味わいをだす技法「砂高台」が使われた。陶匠大雅では絵付けする過程で銀箔を貼る技法が使われているものがあり墨地紫苑釉裏銀彩花文は32万4000円だという。九谷満月は人間国保の作品が50点ほど並び三代徳田八十吉作は194万4000円。山根が購入した九谷焼を確認するべく自宅へ伺った。


九谷満月

九谷焼を買って家に飾りたいという企画。山根良顕が九谷焼の各店舗へ向かうことに。丸谷美陶園にある龍文赤絵金彩尺2皿は緻密な細い線と金の飾り付けが特徴で45万円。菊桐文様尺2皿は全面を絵の具で塗りうめた重厚感あり21万600円するという。明治39年創業の老舗須田菁華の呉須赤絵魁鉢は砂の上に載せて焼くことで味わいをだす技法「砂高台」が使われた。陶匠大雅では絵付けする過程で銀箔を貼る技法が使われているものがあり墨地紫苑釉裏銀彩花文は32万4000円だという。九谷満月は人間国保の作品が50点ほど並び三代徳田八十吉作は194万4000円。山根が購入した九谷焼を確認するべく自宅へ伺った。


墨地紫苑釉裏銀彩花文

九谷焼を買って家に飾りたいという企画。山根良顕が九谷焼の各店舗へ向かうことに。丸谷美陶園にある龍文赤絵金彩尺2皿は緻密な細い線と金の飾り付けが特徴で45万円。菊桐文様尺2皿は全面を絵の具で塗りうめた重厚感あり21万600円するという。明治39年創業の老舗須田菁華の呉須赤絵魁鉢は砂の上に載せて焼くことで味わいをだす技法「砂高台」が使われた。陶匠大雅では絵付けする過程で銀箔を貼る技法が使われているものがあり墨地紫苑釉裏銀彩花文は32万4000円だという。九谷満月は人間国保の作品が50点ほど並び三代徳田八十吉作は194万4000円。山根が購入した九谷焼を確認するべく自宅へ伺った。


陶匠大雅

九谷焼を買って家に飾りたいという企画。山根良顕が九谷焼の各店舗へ向かうことに。丸谷美陶園にある龍文赤絵金彩尺2皿は緻密な細い線と金の飾り付けが特徴で45万円。菊桐文様尺2皿は全面を絵の具で塗りうめた重厚感あり21万600円するという。明治39年創業の老舗須田菁華の呉須赤絵魁鉢は砂の上に載せて焼くことで味わいをだす技法「砂高台」が使われた。陶匠大雅では絵付けする過程で銀箔を貼る技法が使われているものがあり墨地紫苑釉裏銀彩花文は32万4000円だという。九谷満月は人間国保の作品が50点ほど並び三代徳田八十吉作は194万4000円。山根が購入した九谷焼を確認するべく自宅へ伺った。


呉須赤絵魁鉢

九谷焼を買って家に飾りたいという企画。山根良顕が九谷焼の各店舗へ向かうことに。丸谷美陶園にある龍文赤絵金彩尺2皿は緻密な細い線と金の飾り付けが特徴で45万円。菊桐文様尺2皿は全面を絵の具で塗りうめた重厚感あり21万600円するという。明治39年創業の老舗須田菁華の呉須赤絵魁鉢は砂の上に載せて焼くことで味わいをだす技法「砂高台」が使われた。陶匠大雅では絵付けする過程で銀箔を貼る技法が使われているものがあり墨地紫苑釉裏銀彩花文は32万4000円だという。九谷満月は人間国保の作品が50点ほど並び三代徳田八十吉作は194万4000円。山根が購入した九谷焼を確認するべく自宅へ伺った。


須田菁華

九谷焼を買って家に飾りたいという企画。山根良顕が九谷焼の各店舗へ向かうことに。丸谷美陶園にある龍文赤絵金彩尺2皿は緻密な細い線と金の飾り付けが特徴で45万円。菊桐文様尺2皿は全面を絵の具で塗りうめた重厚感あり21万600円するという。明治39年創業の老舗須田菁華の呉須赤絵魁鉢は砂の上に載せて焼くことで味わいをだす技法「砂高台」が使われた。陶匠大雅では絵付けする過程で銀箔を貼る技法が使われているものがあり墨地紫苑釉裏銀彩花文は32万4000円だという。九谷満月は人間国保の作品が50点ほど並び三代徳田八十吉作は194万4000円。山根が購入した九谷焼を確認するべく自宅へ伺った。


菊桐文様尺2皿

九谷焼を買って家に飾りたいという企画。山根良顕が九谷焼の各店舗へ向かうことに。丸谷美陶園にある龍文赤絵金彩尺2皿は緻密な細い線と金の飾り付けが特徴で45万円。菊桐文様尺2皿は全面を絵の具で塗りうめた重厚感あり21万600円するという。明治39年創業の老舗須田菁華の呉須赤絵魁鉢は砂の上に載せて焼くことで味わいをだす技法「砂高台」が使われた。陶匠大雅では絵付けする過程で銀箔を貼る技法が使われているものがあり墨地紫苑釉裏銀彩花文は32万4000円だという。九谷満月は人間国保の作品が50点ほど並び三代徳田八十吉作は194万4000円。山根が購入した九谷焼を確認するべく自宅へ伺った。


龍文赤絵金彩尺2皿

九谷焼を買って家に飾りたいという企画。山根良顕が九谷焼の各店舗へ向かうことに。丸谷美陶園にある龍文赤絵金彩尺2皿は緻密な細い線と金の飾り付けが特徴で45万円。菊桐文様尺2皿は全面を絵の具で塗りうめた重厚感あり21万600円するという。明治39年創業の老舗須田菁華の呉須赤絵魁鉢は砂の上に載せて焼くことで味わいをだす技法「砂高台」が使われた。陶匠大雅では絵付けする過程で銀箔を貼る技法が使われているものがあり墨地紫苑釉裏銀彩花文は32万4000円だという。九谷満月は人間国保の作品が50点ほど並び三代徳田八十吉作は194万4000円。山根が購入した九谷焼を確認するべく自宅へ伺った。