ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「岡井千聖」の検索結果

「岡井千聖」に関連する情報 440件中 1〜10件目

「岡井千聖」に関連する映画・DVD

レキシと大谷ノブ彦のオープニングトーク。大谷はレキシに魁!ミュージックで一緒にロケをしている「アントニーはどう?」と尋ね、やついいちろうの気持ちがわかったと話した。レキシの2ndシングル「KATOKU」が紹介されたレキシは、これは大人のあれが絡んでるやつだからなどと話した。さらにハナレグミ・レキシの「La族がまたやって来た、ジュー!ジュー!ジュー!」の告知も行われた。岡井千聖が登場した。

「La族がまたやって来た、ジュー! ジュー! ジュー! (Blu-ray)」

Amazon.co.jp


「岡井千聖」に関連する映画・DVD

レキシと大谷ノブ彦のオープニングトーク。大谷はレキシに魁!ミュージックで一緒にロケをしている「アントニーはどう?」と尋ね、やついいちろうの気持ちがわかったと話した。レキシの2ndシングル「KATOKU」が紹介されたレキシは、これは大人のあれが絡んでるやつだからなどと話した。さらにハナレグミ・レキシの「La族がまたやって来た、ジュー!ジュー!ジュー!」の告知も行われた。岡井千聖が登場した。

「La族がまたやって来た、ジュー! ジュー! ジュー! (DVD)」

Amazon.co.jp


レキシと大谷ノブ彦のオープニングトーク。大谷はレキシに魁!ミュージックで一緒にロケをしている「アントニーはどう?」と尋ね、やついいちろうの気持ちがわかったと話した。レキシの2ndシングル「KATOKU」が紹介されたレキシは、これは大人のあれが絡んでるやつだからなどと話した。さらにハナレグミ・レキシの「La族がまたやって来た、ジュー!ジュー!ジュー!」の告知も行われた。岡井千聖が登場した。

「KATOKU(通常盤)」

Amazon.co.jp


「岡井千聖」に関連する音楽・CD

Marionette

2017年2月23日〜4月16日までBunkamuraザ・ミュージアムで開催の「これぞ暁斎!世界が認めたその画力」の宣伝。岡井のお買い物は「これぞ暁斎!」展でお土産を購入する企画。岡井千聖が「これぞ暁斎!」展をリポート。「和樂」編集長の高木史郎が案内。高木は暁斎について、説明。河鍋暁斎と氷室京介は改名前に「狂」を使った。「名鏡倭魂」はBOOWY時代に「Marionette」は「鏡の中マリオネット」と歌っているとした。この絵は西洋の文化を日本の鏡が退治しているメッセージだと解説。高木は「幽霊図」を解説、この絵は墨をぼやかすだけで描いたとし、亡くなった奥さんをモチーフにした。


和樂

2017年2月23日〜4月16日までBunkamuraザ・ミュージアムで開催の「これぞ暁斎!世界が認めたその画力」の宣伝。岡井のお買い物は「これぞ暁斎!」展でお土産を購入する企画。岡井千聖が「これぞ暁斎!」展をリポート。「和樂」編集長の高木史郎が案内。高木は暁斎について、説明。河鍋暁斎と氷室京介は改名前に「狂」を使った。「名鏡倭魂」はBOOWY時代に「Marionette」は「鏡の中マリオネット」と歌っているとした。この絵は西洋の文化を日本の鏡が退治しているメッセージだと解説。高木は「幽霊図」を解説、この絵は墨をぼやかすだけで描いたとし、亡くなった奥さんをモチーフにした。


「岡井千聖」に関連するイベント情報

これぞ暁斎!世界が認めたその画力

2017年2月23日〜4月16日までBunkamuraザ・ミュージアムで開催の「これぞ暁斎!世界が認めたその画力」の宣伝。「これぞ暁斎!」展ナビゲーターの春風亭昇太は動物が曲芸する絵がお気に入りだとした。

2017年2月23日〜4月16日までBunkamuraザ・ミュージアムで開催の「これぞ暁斎!世界が認めたその画力」の宣伝。岡井のお買い物は「これぞ暁斎!」展でお土産を購入する企画。岡井千聖が「これぞ暁斎!」展をリポート。「和樂」編集長の高木史郎が案内。高木は暁斎について、説明。河鍋暁斎と氷室京介は改名前に「狂」を使った。「名鏡倭魂」はBOOWY時代に「Marionette」は「鏡の中マリオネット」と歌っているとした。この絵は西洋の文化を日本の鏡が退治しているメッセージだと解説。高木は「幽霊図」を解説、この絵は墨をぼやかすだけで描いたとし、亡くなった奥さんをモチーフにした。

2017年2月23日〜4月16日までBunkamuraザ・ミュージアムで開催の「これぞ暁斎!世界が認めたその画力」の宣伝。岡井ちゃんからお土産を紹介。


Bunkamuraザ・ミュージアム

2017年2月23日〜4月16日までBunkamuraザ・ミュージアムで開催の「これぞ暁斎!世界が認めたその画力」の宣伝。「これぞ暁斎!」展ナビゲーターの春風亭昇太は動物が曲芸する絵がお気に入りだとした。

2017年2月23日〜4月16日までBunkamuraザ・ミュージアムで開催の「これぞ暁斎!世界が認めたその画力」の宣伝。岡井のお買い物は「これぞ暁斎!」展でお土産を購入する企画。岡井千聖が「これぞ暁斎!」展をリポート。「和樂」編集長の高木史郎が案内。高木は暁斎について、説明。河鍋暁斎と氷室京介は改名前に「狂」を使った。「名鏡倭魂」はBOOWY時代に「Marionette」は「鏡の中マリオネット」と歌っているとした。この絵は西洋の文化を日本の鏡が退治しているメッセージだと解説。高木は「幽霊図」を解説、この絵は墨をぼやかすだけで描いたとし、亡くなった奥さんをモチーフにした。

2017年2月23日〜4月16日までBunkamuraザ・ミュージアムで開催の「これぞ暁斎!世界が認めたその画力」の宣伝。岡井ちゃんからお土産を紹介。


ニホンオオカミ

濱口優と岡井千聖が、長崎・的山大島から中継。この島をイノシシが占拠しており、死亡事故もでているという。日本ではイノシシが10年で倍増し、街中に生存していると伝えた。的山大島は人口1200人。平戸市からフェリーで45分で到着。港では濱口を島民15人が出迎えてくれた。


イノシシ

濱口優と岡井千聖が、長崎・的山大島から中継。この島をイノシシが占拠しており、死亡事故もでているという。日本ではイノシシが10年で倍増し、街中に生存していると伝えた。的山大島は人口1200人。平戸市からフェリーで45分で到着。港では濱口を島民15人が出迎えてくれた。


東大

大津高志さんは男子校だったため、周囲に女っ気がなかったが、小学校時代には妹の友達の女子に話しかけ、バレンタインデーには友チョコを貰ったと語った。だが母から何が入っているか分からないし衛生的じゃないと言われて捨ててしまったというが、さんまは虫食べてるやないかとツッコミ。なお、大津さんの恋愛観は外見よりも中身重視で、広瀬すずであっても見極めるのに半年間を要するという。スタジオにはその広瀬がサプライズ登場し、さんまの伝統芸を披露。大津さんは広瀬の近くに移動し、高橋はこの2人による恋愛ドラマがあったら視聴率がスゴイとコメント。思案の末、大津さんは人と仲良くなったり、友人を作るコツを質問。広瀬はマネージャーに心を開くのに2年かかったが、殻に閉じこもっていてはダメだと思ったとコメント。さんまから背中を押された大津さんは虫を食べることについてどう思うかと意見を伺い、広瀬は全然構わないと答え、大津さんはお墨付きを貰えてよかったと顔を綻ばした。

菊地亜美に告白しようと思っていたという十川斗希雄さんは広瀬すずが登場したということで告白を決断。他にも選挙マニアの小堀陽平さん、大津さんら4人が名乗りを上げ、5人による告白合戦が勃発。小堀さんは参議院議員選挙のイメージキャラクターをしていた広瀬を物凄い綺麗だと思ったと告白したところで、乱入者が出現。上原悠太郎さんは収録日は誕生日でサイン、握手などを頂ければと要望し、広瀬は快諾。さらに十川さんらその他3人も実は誕生日と嘘ついて握手をして貰ったが、大津さんは自分は6月と頑健だった。さんまは大津さんと広瀬の共通点を探ろうとするも、一切無かった。

経済学部3年小野田君の悩みは、女性と付き合っても減点法で見てしまい別れてしまうことだという。小野田君の原点の基準は「動作ががさつ」「ルールを守らない」などで−5点、「言葉遣いが汚い」「人の悪口を言い過ぎる」などで−30点など。これを見た岡井千聖は「嫌な男」とストレートな反応を見せ、菊地亜美は「自分は全部守れてるのか」と問いただす。すると、小野田君は自分はできていないという。さらに広瀬すずのような女性なら最初の持ち点は1000点、菊地亜美なら500点と言うと、菊地は広瀬の半分にも関わらず「今までの最高点」と喜び感謝した。そんな小野田君の減点法だが、0点まで耐えるわけでなく70点になるともう厳しいという。さらに、菊池が「自分は守れてるのか」と尋ねると、小野田君は「自分が求めるものと向こうが求めるものは違う」と持論を展開した。高橋茂雄は「加点がないのがおかしい」と指摘。さんまは自身の恋愛観について「61歳になって女性は全部加点」と豪語すると、ヒロミに「加点とかまだやってる」と実態は小野田君と同じだと指摘された。ヒロミは妻の松本伊代に対してはすべて加点方式で朝起きた時点から加点され、「目玉焼きができたら60点ついた」と笑いを誘った。