ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「岡田圭右」の検索結果

「岡田圭右」に関連する情報 2365件中 1〜10件目

「岡田圭右」に関連するイベント情報

M-1

相方と連絡を取っているか質問されたザキヤマが、ちょこちょことと答えた。岡田圭右がM-1でのアンタッチャブルの凄さについて熱く語った。


中津市教育委員会

蛍原徹と岡田圭右が向かったのは大分にある名豊高等学校。福岡ソフトバンクホークスの今宮健太が通っていた学校。ここでオープニング撮影を行い、続けて向かったのは浦井直幸さんの元、遺跡の近くで謎の破片を見つけたのだという。


明豊高等学校

蛍原徹と岡田圭右が向かったのは大分にある名豊高等学校。福岡ソフトバンクホークスの今宮健太が通っていた学校。ここでオープニング撮影を行い、続けて向かったのは浦井直幸さんの元、遺跡の近くで謎の破片を見つけたのだという。


日刊ゲンダイDIGITAL

第58代横綱の千代の富士は通算1000勝53連勝幕内優勝31などを収め国民栄誉賞を授かるも小兵のため怪我に悩まされていた。1991年夏場所初日と3日目に敗れ、その日の朝には夫人に負けたらやめると話していた。会見では「体力の限界・・・気力もなくなり引退することになりました」と語っていた。第62代大乃国は引退は1991年7月場所、1989年秋場所に7勝8敗で負け越し二子山理事長(当時)に進退伺を提出し腹をくくるもまだ若いから出直してみろと言われ奮起した。1991年7月場所初日に曙に敗れ4勝4敗になった時点で引退を決意、「『やっと勝利』と言う取り口では横綱の責任は果たせない」としている。崖っぷちの稀勢の里に関するトークを展開、千代の富士などは強かったので弱い姿を見たくなかったが稀勢の里は負けても応援したいなどと岡田圭右さんは語った。


「岡田圭右」に関連するイベント情報

秋場所

第58代横綱の千代の富士は通算1000勝53連勝幕内優勝31などを収め国民栄誉賞を授かるも小兵のため怪我に悩まされていた。1991年夏場所初日と3日目に敗れ、その日の朝には夫人に負けたらやめると話していた。会見では「体力の限界・・・気力もなくなり引退することになりました」と語っていた。第62代大乃国は引退は1991年7月場所、1989年秋場所に7勝8敗で負け越し二子山理事長(当時)に進退伺を提出し腹をくくるもまだ若いから出直してみろと言われ奮起した。1991年7月場所初日に曙に敗れ4勝4敗になった時点で引退を決意、「『やっと勝利』と言う取り口では横綱の責任は果たせない」としている。崖っぷちの稀勢の里に関するトークを展開、千代の富士などは強かったので弱い姿を見たくなかったが稀勢の里は負けても応援したいなどと岡田圭右さんは語った。


「岡田圭右」に関連するイベント情報

7月場所

第58代横綱の千代の富士は通算1000勝53連勝幕内優勝31などを収め国民栄誉賞を授かるも小兵のため怪我に悩まされていた。1991年夏場所初日と3日目に敗れ、その日の朝には夫人に負けたらやめると話していた。会見では「体力の限界・・・気力もなくなり引退することになりました」と語っていた。第62代大乃国は引退は1991年7月場所、1989年秋場所に7勝8敗で負け越し二子山理事長(当時)に進退伺を提出し腹をくくるもまだ若いから出直してみろと言われ奮起した。1991年7月場所初日に曙に敗れ4勝4敗になった時点で引退を決意、「『やっと勝利』と言う取り口では横綱の責任は果たせない」としている。崖っぷちの稀勢の里に関するトークを展開、千代の富士などは強かったので弱い姿を見たくなかったが稀勢の里は負けても応援したいなどと岡田圭右さんは語った。


「岡田圭右」に関連するイベント情報

夏場所

もう引退じゃないかという声が地元でも増えている。稀勢の里の進退に大見さんは「ファンはおそらく、頑張ってくれるという思いと同時にもう見ていられないという思いもあるのだと思います」など述べた。歴代横綱の引退について、58年後半に不調となるも翌年の3月場所で優勝を果たし、60年3月場所までの7場所で3回優勝、95勝の成績を収めるも、次の夏場所で平幕力士に連敗した第44代横綱の栃錦は60年に引退。「引退する時は桜が散るがごとく、みなに惜しまれつつ潔く」という師匠の栃木山の教えで引退している。

第58代横綱の千代の富士は通算1000勝53連勝幕内優勝31などを収め国民栄誉賞を授かるも小兵のため怪我に悩まされていた。1991年夏場所初日と3日目に敗れ、その日の朝には夫人に負けたらやめると話していた。会見では「体力の限界・・・気力もなくなり引退することになりました」と語っていた。第62代大乃国は引退は1991年7月場所、1989年秋場所に7勝8敗で負け越し二子山理事長(当時)に進退伺を提出し腹をくくるもまだ若いから出直してみろと言われ奮起した。1991年7月場所初日に曙に敗れ4勝4敗になった時点で引退を決意、「『やっと勝利』と言う取り口では横綱の責任は果たせない」としている。崖っぷちの稀勢の里に関するトークを展開、千代の富士などは強かったので弱い姿を見たくなかったが稀勢の里は負けても応援したいなどと岡田圭右さんは語った。


日刊スポーツ

各紙では稀勢の里の引退の危機、黒星発進を伝え、稀勢の里が倒れ込んでいる写真などを使用している。大見信昭は、本当に苦しい、稽古総見では不安が残る動きだったなどと述べ、進退については前半が勝負、前半で5連敗したらおしまいなどと続けた。稀勢の里は2年前の初場所で初優勝後横綱になるも次の春場所で怪我をし、それ以降は休場が続いた。去年の九州場所では連敗し休場している。怪我はずっと尾をひき、影響は続いているという。稀勢の里は去年の場所からの負けを含めると7連敗、これは横綱としては貴乃花に並ぶワースト記録。

第58代横綱の千代の富士は通算1000勝53連勝幕内優勝31などを収め国民栄誉賞を授かるも小兵のため怪我に悩まされていた。1991年夏場所初日と3日目に敗れ、その日の朝には夫人に負けたらやめると話していた。会見では「体力の限界・・・気力もなくなり引退することになりました」と語っていた。第62代大乃国は引退は1991年7月場所、1989年秋場所に7勝8敗で負け越し二子山理事長(当時)に進退伺を提出し腹をくくるもまだ若いから出直してみろと言われ奮起した。1991年7月場所初日に曙に敗れ4勝4敗になった時点で引退を決意、「『やっと勝利』と言う取り口では横綱の責任は果たせない」としている。崖っぷちの稀勢の里に関するトークを展開、千代の富士などは強かったので弱い姿を見たくなかったが稀勢の里は負けても応援したいなどと岡田圭右さんは語った。


インスタグラム

今回のゲストは有吉弘行、筧美和子、岡田圭右と紹介された。有吉は筧美和子とあまりあわないと答え売れているようで売れていないと筧美和子に言い放ち岡田圭右にも同じことを伝えた。今回ついに発足三村旅部。今回のロケは若手のディレクターとプロデューサーと 美術の少ないスタッフで言ったと三村が答えた。


脳梗塞

のどの老化の兆候として、食事中にむせて咳き込むことが多くなったことや、声がかすれてくるなどがあるという。のど力が衰えるとインフルエンザや肺炎の病原菌が侵入し、呼吸機能の低下にも直結する。のど力が衰え始めるのは40代からが多く、誤嚥性肺炎のリスクも高まるとのことである。のど年齢のチェック方法として、人差し指をのど仏のやや上側に当て、30秒間で何回唾液を飲み込みできるかを数える方法がある。スタジオでも試したところ、岡田圭右さんは6回できつかったとした。10回できればのど年齢20代で、それから10代ずつさがり4回以下だと80代以上であるという。5回以下の人は誤嚥性肺炎のリスクが高いとし、1〜3回は危険な状態であるとした。