ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「岡田圭右」の検索結果

「岡田圭右」に関連する情報 2332件中 1〜10件目

蔵前国技館

輪島大士さんは昭和23年1月11日石川県七尾市出身。日大相撲部から花籠部屋所属。第54代横綱でトレードマークは金のまわし。左をさしたときの強さから黄金の左と呼ばれた。日大相撲部2年連続で学生横綱になり北の湖と黄金時代を築く。1970年、花籠部屋入門、初土俵、ニックネームは蔵前の星、黄金の左。蔵前国技館でデビューしたため蔵前の星とも呼ばれた。1972年角界のプリンス貴ノ花とともに大関昇進となった。1973年全勝優勝後に横綱昇進。史上初の本名横綱、初土俵から3年半のスピード出世。昭和の大横綱、北の湖は好敵手で優勝を争い輪湖時代を築いた。幕内成績は620勝213敗、優勝14回、最多連勝記録27連勝。1981年、引退し花籠親方を襲名するが85年に廃業する。1986年全日本プロレスに入門。リングネームは輪島大士。地元石川でデビューし、アメリカではジャイアント馬場さんとタッグを組み相撲の喉輪とかち上げを合わせた黄金の左由来の必殺技「ゴールデン・アームボンバー(喉輪落とし)」で快勝した。(日刊スポーツ)岡田圭右さんは「対戦相手がタイガー・ジェット・シンで大混乱だった」などとコメント。日大の田中理事長と輪島さんは歳が1つ違いで一緒に相撲していた。輪島さんはプロに行ったが田中理事長は日大に残った。


「岡田圭右」に関連するイベント情報

名古屋場所

輪島大士さんは昭和23年1月11日石川県七尾市出身。日大相撲部から花籠部屋所属。第54代横綱でトレードマークは金のまわし。左をさしたときの強さから黄金の左と呼ばれた。日大相撲部2年連続で学生横綱になり北の湖と黄金時代を築く。1970年、花籠部屋入門、初土俵、ニックネームは蔵前の星、黄金の左。蔵前国技館でデビューしたため蔵前の星とも呼ばれた。1972年角界のプリンス貴ノ花とともに大関昇進となった。1973年全勝優勝後に横綱昇進。史上初の本名横綱、初土俵から3年半のスピード出世。昭和の大横綱、北の湖は好敵手で優勝を争い輪湖時代を築いた。幕内成績は620勝213敗、優勝14回、最多連勝記録27連勝。1981年、引退し花籠親方を襲名するが85年に廃業する。1986年全日本プロレスに入門。リングネームは輪島大士。地元石川でデビューし、アメリカではジャイアント馬場さんとタッグを組み相撲の喉輪とかち上げを合わせた黄金の左由来の必殺技「ゴールデン・アームボンバー(喉輪落とし)」で快勝した。(日刊スポーツ)岡田圭右さんは「対戦相手がタイガー・ジェット・シンで大混乱だった」などとコメント。日大の田中理事長と輪島さんは歳が1つ違いで一緒に相撲していた。輪島さんはプロに行ったが田中理事長は日大に残った。


日大

輪島大士さんは昭和23年1月11日石川県七尾市出身。日大相撲部から花籠部屋所属。第54代横綱でトレードマークは金のまわし。左をさしたときの強さから黄金の左と呼ばれた。日大相撲部2年連続で学生横綱になり北の湖と黄金時代を築く。1970年、花籠部屋入門、初土俵、ニックネームは蔵前の星、黄金の左。蔵前国技館でデビューしたため蔵前の星とも呼ばれた。1972年角界のプリンス貴ノ花とともに大関昇進となった。1973年全勝優勝後に横綱昇進。史上初の本名横綱、初土俵から3年半のスピード出世。昭和の大横綱、北の湖は好敵手で優勝を争い輪湖時代を築いた。幕内成績は620勝213敗、優勝14回、最多連勝記録27連勝。1981年、引退し花籠親方を襲名するが85年に廃業する。1986年全日本プロレスに入門。リングネームは輪島大士。地元石川でデビューし、アメリカではジャイアント馬場さんとタッグを組み相撲の喉輪とかち上げを合わせた黄金の左由来の必殺技「ゴールデン・アームボンバー(喉輪落とし)」で快勝した。(日刊スポーツ)岡田圭右さんは「対戦相手がタイガー・ジェット・シンで大混乱だった」などとコメント。日大の田中理事長と輪島さんは歳が1つ違いで一緒に相撲していた。輪島さんはプロに行ったが田中理事長は日大に残った。

輪島さんは1988年にプロレスを引退し、相撲解説やタレント「ワジー」として活躍。能登半島観光親善大使も務め、CMでは貴ノ花や樹木希林と共演もあった。2013年に下咽頭がんがみつかり、がんの切除手術により声帯を除去した。自らのど元を押さえて声が出ないことを示し、ごめんなさいのポーズをとった。(日刊スポーツ)きのう夜咽頭がんなどにより死去した。(朝日新聞デジタル)アメリカンフットボールの監督もやっていたとのこと。青島健太さんは「輪島さんは力士の中では派手で芸能界でも活躍していたので印象的な人。」などと話した。須田慎一郎さんは「輪島さんは共演した時、喋らないが存在感がすごかった。」などと話した。


日刊スポーツ

元横綱の輪島大士さんが昨日亡くなっていたことがわかった。70歳だった。大見信昭さんは「輪島さんはすごい人気だった。芸能人と付き合ったり外車に乗ったりやることが派手だった。」などと話した。輪島さんはまげが結えるまでは長髪にパーマだった。夜は銀座で豪遊。地方場所では高級ホテルに泊り、外車のリンカーンコンチネンタルで場所入りしていた。食事も師匠の部屋で特別に食べていたとのこと。2013年12月、咽頭がんの手術を受け発生が困難な状況になった。2015年11月、北の湖前理事長が亡くなった際に文書で「理事長は元気だと聞いたばかりだったのでとても驚いた。先に逝かれて寂しい。」などとコメントした。きのう夜咽頭がんなどで都内の自宅で亡くなった。葬儀・告別式などは未定。名字がそのままで横綱になったのは輪島さんが初めてで、戦後生まれ力士で初めて横綱になった。

輪島大士さんは昭和23年1月11日石川県七尾市出身。日大相撲部から花籠部屋所属。第54代横綱でトレードマークは金のまわし。左をさしたときの強さから黄金の左と呼ばれた。日大相撲部2年連続で学生横綱になり北の湖と黄金時代を築く。1970年、花籠部屋入門、初土俵、ニックネームは蔵前の星、黄金の左。蔵前国技館でデビューしたため蔵前の星とも呼ばれた。1972年角界のプリンス貴ノ花とともに大関昇進となった。1973年全勝優勝後に横綱昇進。史上初の本名横綱、初土俵から3年半のスピード出世。昭和の大横綱、北の湖は好敵手で優勝を争い輪湖時代を築いた。幕内成績は620勝213敗、優勝14回、最多連勝記録27連勝。1981年、引退し花籠親方を襲名するが85年に廃業する。1986年全日本プロレスに入門。リングネームは輪島大士。地元石川でデビューし、アメリカではジャイアント馬場さんとタッグを組み相撲の喉輪とかち上げを合わせた黄金の左由来の必殺技「ゴールデン・アームボンバー(喉輪落とし)」で快勝した。(日刊スポーツ)岡田圭右さんは「対戦相手がタイガー・ジェット・シンで大混乱だった」などとコメント。日大の田中理事長と輪島さんは歳が1つ違いで一緒に相撲していた。輪島さんはプロに行ったが田中理事長は日大に残った。

輪島さんは1988年にプロレスを引退し、相撲解説やタレント「ワジー」として活躍。能登半島観光親善大使も務め、CMでは貴ノ花や樹木希林と共演もあった。2013年に下咽頭がんがみつかり、がんの切除手術により声帯を除去した。自らのど元を押さえて声が出ないことを示し、ごめんなさいのポーズをとった。(日刊スポーツ)きのう夜咽頭がんなどにより死去した。(朝日新聞デジタル)アメリカンフットボールの監督もやっていたとのこと。青島健太さんは「輪島さんは力士の中では派手で芸能界でも活躍していたので印象的な人。」などと話した。須田慎一郎さんは「輪島さんは共演した時、喋らないが存在感がすごかった。」などと話した。


「岡田圭右」に関連するイベント情報

凱旋門賞

昨日に引き続き、林修が凱旋門賞について解説する。聞き手は、立川志らく、井森美幸、カンニング竹山、アンジェラ芽衣、谷まりあ、加藤ナナ。司会は西村まどか、岡田圭右。今日のテーマは、「武豊騎手と海外競馬」。今年の凱旋門賞には、武豊が出場する。武豊の父親は、元・騎手で元・調教師の、武邦彦。武豊は、JRAで通算4000勝、GIで100勝以上を達成している。そんな武豊に纏わる数字として、「44億1404万2000」という数字が紹介された。続きはCMの後で。


「岡田圭右」に関連するイベント情報

凱旋門賞

昨日に引き続き、林修が凱旋門賞について解説する。聞き手は、立川志らく、井森美幸、カンニング竹山、アンジェラ芽衣、谷まりあ、加藤ナナ。司会は西村まどか、岡田圭右。今日のテーマは、「騎手から見た凱旋門賞」。まず、騎手の武豊について紹介した。武豊は、JRA通算4000勝、GI通算100勝以上、海外GI10勝などと紹介された。すると一同が、日本三大二文字名は、武豊、要潤、林修であり、日本三大けいすけは、本田圭佑、桑田佳祐、岡田圭右だなどと話し合った。続きはCMの後で。


「岡田圭右」に関連するグルメ情報

チーズチーズチーズ

竹内涼真は「ハングリーヘブン」チーズチーズチーズ。竹内涼真、岡田圭右、ヒャダインが試食した。


「岡田圭右」に関連するレストラン・飲食店

ハングリーヘブン

竹内涼真は「ハングリーヘブン」チーズチーズチーズ。竹内涼真、岡田圭右、ヒャダインが試食した。


「岡田圭右」に関連するイベント情報

オスカープロモーション2018 女優宣言 お披露目発表会

オスカープロモーション2018 女優宣言 お披露目発表会にますだおかだの岡田圭右さんを父に持つ岡田結実さんらが登場。女優への決意を語った。


東大

今の東大生が尊敬する人物 10位を答えるモザイク写真問題が出題された。正解は山中伸弥。岩永徹也が解答した。

80年前の東大生が尊敬する人物 10位を答える地元インタビュー問題が出題された。正解はベートーヴェン。カズレーザーが解答。作曲家の青島広志氏によると、1930年代はベートーヴェンの没後100周年ということもあり日本各地で記念イベントが行われていたとのこと。さらに、日独伊の協定国であったドイツの作曲家が持ち上げられたという背景もある。

今夜のQさまは東大を主席で卒業している元NHKアナウンサーの草野仁が参戦。実力は文句なしの草野だが、くじ引きで決めた席順は最悪の12番席スタートとなってしまった。

80年前の東大生が尊敬する人物 第10位のベートーヴェンにちなみ、ベートーヴェンに影響を受けた日本人の名前を答えるという問題が出題された。正解は手塚治虫、熊川哲也、宇野昌磨。カズレーザーが正答。

80年前の東大生が尊敬する人物 第10位のベートーヴェンにちなみ、「第九」が流れる国名を答える映像問題が出題された。正解はフランス。またしてもカズレーザーが解答。

今の東大生が尊敬する人物 第9位を当てる偉人LINEグループが出題。複数の人物が同じLINEグループで話す内容をヒントに正解を答える新クイズ。正解は坂本龍馬。石原良純が解答。

80年前の1938年は昭和13年。日中戦争の中でありながらも人々は平穏な日常を送っていた。当時の大学進学率は1%にも満たなかった。そんな80年前の東大生が尊敬した9位の人物はフランスの細菌学者ルイ・パスツール。医学博士の中原英臣氏は、結核が死因第一位となっていた時代背景を考えれば納得だと語った。1933年にはパリ大学から友好の印としてパスツールの銅像が寄贈されている。

80年前の東大生が尊敬した人物 第9位のルイ・パスツールが近代細菌学の「祖」と呼ばれていることにちなみ、“祖”と呼ばれる人物を答える読み上げ問題が出題された。正解は「経済学の祖」とされるアダム・スミス。ロザン宇治原が正解した。

正岡子規や野口聡一など、東大にゆかりのある人物を答える問題が出題。カズレーザーが1位、岡田圭右が2位に浮上した。

今の東大生が尊敬する人物 8位を答える地元インタビュー問題が出題された。