ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「岡野あつこ」の検索結果

「岡野あつこ」に関連する情報 147件中 1〜10件目

NTTドコモ

主婦105人のうち夫に秘密があると答えたのは88.6%。(NTTドコモ ママテナより)そのうち「秘密を墓場まで持って行く」と答えたのは73.1%。夫婦問題研究家の岡野あつこさんは、秘密を抱えるのが苦しいという女性は多いが、秘密を打ち明けられた夫が苦しむかもしれないというのを一度考えるべき、打ち明けた結果、夫婦関係がうまくいかなくなり離婚に至るのは少なくないとコメント。


ママテナ

主婦105人のうち夫に秘密があると答えたのは88.6%。(NTTドコモ ママテナより)そのうち「秘密を墓場まで持って行く」と答えたのは73.1%。夫婦問題研究家の岡野あつこさんは、秘密を抱えるのが苦しいという女性は多いが、秘密を打ち明けられた夫が苦しむかもしれないというのを一度考えるべき、打ち明けた結果、夫婦関係がうまくいかなくなり離婚に至るのは少なくないとコメント。


サンケイスポーツ

離婚合意と伝えていた松居一代と船越英一郎がつい先程、FAXで調停離婚が成立した事を知らせた。相当な財産評価を前提に松居が船越の持分を買い取る事になったという。岡野あつこは「やり方的には最初ガンとやっちゃって相手を翻弄させてっていうやり方も今時流行ってる」とコメント。


スポーツニッポン

離婚合意と伝えていた松居一代と船越英一郎がつい先程、FAXで調停離婚が成立した事を知らせた。相当な財産評価を前提に松居が船越の持分を買い取る事になったという。岡野あつこは「やり方的には最初ガンとやっちゃって相手を翻弄させてっていうやり方も今時流行ってる」とコメント。


ホリプロ

離婚合意と伝えていた松居一代と船越英一郎がつい先程、FAXで調停離婚が成立した事を知らせた。相当な財産評価を前提に松居が船越の持分を買い取る事になったという。岡野あつこは「やり方的には最初ガンとやっちゃって相手を翻弄させてっていうやり方も今時流行ってる」とコメント。


日本家族問題相談連盟

セックスレス奥様が急増中ということで、ギャル曽根がセックスレス解消セミナーを調査。奥様が不倫をする理由の2位は、夫とのセックスレス。2人に1人の奥様がセックスレスだという。年間なかよしランキングでは、日本は45回で41位。1位はギリシャの138回。セックスレス研究科の岡野あつこ先生は、3万件以上の夫婦問題を解決してきた専門家。2時間6000円のセックスレスセミナーにギャル曽根も参加した。セックスレスの一番多い原因は、産後レス。全く性欲がない、誘い方が分からないなどの理由もある。岡野先生は、夫にマッサージをする、キャンプに行く、自宅で着物を着るといったセックスレス解消法を教えた。


離婚に関する調査2016

いま日本では3組に1組が離婚している。離婚に関する調査(リクルートブライダル総研調べ)によると、女性が望んで離婚するケースが64.4%となっている。離婚する人が増加している要因としては、女性の社会進出が進み経済的に安心していることや、長寿時代で我慢が美徳とは思えない時代になってきていること、またSNS時代において自分の結婚生活の損得がわかることなどを岡野あつこ氏が挙げている。


厚労省

いま日本では3組に1組が離婚している。離婚に関する調査(リクルートブライダル総研調べ)によると、女性が望んで離婚するケースが64.4%となっている。離婚する人が増加している要因としては、女性の社会進出が進み経済的に安心していることや、長寿時代で我慢が美徳とは思えない時代になってきていること、またSNS時代において自分の結婚生活の損得がわかることなどを岡野あつこ氏が挙げている。


人口動態統計

いま日本では3組に1組が離婚している。離婚に関する調査(リクルートブライダル総研調べ)によると、女性が望んで離婚するケースが64.4%となっている。離婚する人が増加している要因としては、女性の社会進出が進み経済的に安心していることや、長寿時代で我慢が美徳とは思えない時代になってきていること、またSNS時代において自分の結婚生活の損得がわかることなどを岡野あつこ氏が挙げている。


NHK

ことし3月、最愛の妻から「離婚してほしい」と告げられたじゃい。4年後の離婚を約束する“離婚約”を結ぶこととなった。妻と出会ったのは25年前。学生同士で交際を始めた。大学卒業後、一度はサラリーマンとして勤めるが、お笑いへの道を諦めきれずすぐに辞職。インスタントジョンソンを結成したが、お笑い嫌いの彼女にはバレないように気を使っていた。妻に芸人であることがバレてからは4ヶ月の空白期間を経て、順調に交際。15年の交際を経て、結婚を果たした。その後もお笑い芸人として励む毎日だったが、一方でギャンブル好きだったじゃいは総額1億円以上を手にしていたという。2人の息子も生まれ、幸せな生活を送っていた。しかし、ことし3月、妻から離婚を言い渡された。四年後、二男が小学校に上がるタイミングで離婚がしたいとのことだった。離婚約の理由は、不規則で夜遅くに帰宅すること、子どもの面倒を見ないこと、一人で部屋にこもること、家事を一切しないことなど。夫婦共働きの暮らしの中で、妻に我慢の厳戒が来ていたと気付かされた。出会って25年、嫌いなところは一切なく、妻を愛しているというじゃい。今は4年後の離婚に向けて準備をしている。再婚する気も彼女を作る気もないとのこと。

離婚するに当たり、息子2人は妻が連れて行くこととなっているが、転校が面倒なので近所に住むとのこと。また、慰謝料や養育費は要らない代わりにこれまで預かったお金はもらうとしている。離婚後は息子と会うのは問題ないが家には来ないでほしいと言われているそう。いま住んでいる家については、場合によっては僕が出ていってもいいかなと話した。妻はじゃいよりもじゃいの両親と仲が良いので離婚後も両親と子ども達が会うのは問題がないだろうとのこと。今も妻のことを愛しているというじゃいだが、僕と別れることで幸せになれるのならと思い合意したそう。妻はマスオさんのような男性を求めており、再婚もできると考えているみたいだと話した。RIKACOは1年仕事を休んでマスオさんのような生活をしたらどうか、などとコメント。岡野あつこ氏も猶予が与えられている間に25年に対する愛をどう表すかが大事だとした。また、嵩原安三郎弁護士は男性の最後の見栄は逆効果、もったいないなどと話した。離婚約についての相談などは誰にもしていないという。