ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「岩井奉信」の検索結果

「岩井奉信」に関連する情報 247件中 1〜10件目

日本大学

日本記者クラブで行われた党首討論について、日本大学法学部の岩井奉信教授は「新しいことが出てこない討論で、政策についても話が分散していた。今回の選挙は一見、三つ巴でわかりやすそうだが実はわかりにくい」と意見。今回各党は与党、野党保守系、野党リベラル系にわかれていると見ることができるが、政策は単純に3つに分けられない。まずは消費税増税に関して。安倍政権は与党として引き上げに舵を切った。一方共産社民に関しては、過去から反対の立場。希望と維新は凍結。立憲も凍結寄り。原発に関しては自民は、原発依存度を可能な限り低減するとしながらも基本的には継続の立場。しかし公明は原発ゼロを目指すと公言。希望も2030年までに原発ゼロを謳っている。森友・加計問題については、希望は説明不足だとする立場。

各党のスタンス、憲法改正について。自民は自衛隊の明記を掲げている。希望は9条も含めて議論をすすめると打ち出していて、維新も改正を公約に盛り込んでいる。公明は、国民は自衛隊を憲法違反の存在と考えていないと記しているため、真ん中あたりのポジション。岩井教授は、「自分が重要だと思うポイントを考えたうえで、各党の主張を精査する必要がある。投票が究極の選択になることもある」と話した。萩谷麻衣子は「今回、究極的には、憲法9条改正を含む安倍政治を信任するかどうかという点が一番大きい。難しいのは、希望が選挙後に自民党の補完勢力になるのか、野党として与党と対峙するのかはっきりしていないこと。政治家は選挙前に情報をできるだけ出す義務がある」と話した。川村は「自民党内でも憲法について議論が十分に行われていない。今後きちんとみつめていく必要がある」と述べた。大下容子は「今回は18歳選挙権はじめての衆議院選。若い方たちにわかりやすい政策を示していただきたい」と話した。


日本維新の会

日本記者クラブで行われた党首討論について、日本大学法学部の岩井奉信教授は「新しいことが出てこない討論で、政策についても話が分散していた。今回の選挙は一見、三つ巴でわかりやすそうだが実はわかりにくい」と意見。今回各党は与党、野党保守系、野党リベラル系にわかれていると見ることができるが、政策は単純に3つに分けられない。まずは消費税増税に関して。安倍政権は与党として引き上げに舵を切った。一方共産社民に関しては、過去から反対の立場。希望と維新は凍結。立憲も凍結寄り。原発に関しては自民は、原発依存度を可能な限り低減するとしながらも基本的には継続の立場。しかし公明は原発ゼロを目指すと公言。希望も2030年までに原発ゼロを謳っている。森友・加計問題については、希望は説明不足だとする立場。

橋本大二郎は、消費税について「凍結については、財源を他にどこから持ってくるのかという疑問がありますし、上げた分を様々な政策に使うということは耳あたりはいいが、子どもや孫の世代に借金を残すだけではないのかということへの答えがほしいなという歯がゆさを感じる人が多いのでは。また、森友・加計問題でも、世論調査で70%の人が説明不足だと感じていることがわかっている。安倍総理は説明済みだと訴えているが、問題は組織全体としていろいろな忖度があったのではないのかということ」などと話した。川村晃司は会場で聞いた感想として「政党がどういう法律や政党を作ってきたか、それを有権者ひとりひとりが判断することによって、有権者が争点を決め、投票所へ行って欲しいと思った」と話した。

各党のスタンス、憲法改正について。自民は自衛隊の明記を掲げている。希望は9条も含めて議論をすすめると打ち出していて、維新も改正を公約に盛り込んでいる。公明は、国民は自衛隊を憲法違反の存在と考えていないと記しているため、真ん中あたりのポジション。岩井教授は、「自分が重要だと思うポイントを考えたうえで、各党の主張を精査する必要がある。投票が究極の選択になることもある」と話した。萩谷麻衣子は「今回、究極的には、憲法9条改正を含む安倍政治を信任するかどうかという点が一番大きい。難しいのは、希望が選挙後に自民党の補完勢力になるのか、野党として与党と対峙するのかはっきりしていないこと。政治家は選挙前に情報をできるだけ出す義務がある」と話した。川村は「自民党内でも憲法について議論が十分に行われていない。今後きちんとみつめていく必要がある」と述べた。大下容子は「今回は18歳選挙権はじめての衆議院選。若い方たちにわかりやすい政策を示していただきたい」と話した。


立憲民主党

日本記者クラブで行われた党首討論について、日本大学法学部の岩井奉信教授は「新しいことが出てこない討論で、政策についても話が分散していた。今回の選挙は一見、三つ巴でわかりやすそうだが実はわかりにくい」と意見。今回各党は与党、野党保守系、野党リベラル系にわかれていると見ることができるが、政策は単純に3つに分けられない。まずは消費税増税に関して。安倍政権は与党として引き上げに舵を切った。一方共産社民に関しては、過去から反対の立場。希望と維新は凍結。立憲も凍結寄り。原発に関しては自民は、原発依存度を可能な限り低減するとしながらも基本的には継続の立場。しかし公明は原発ゼロを目指すと公言。希望も2030年までに原発ゼロを謳っている。森友・加計問題については、希望は説明不足だとする立場。

橋本大二郎は、消費税について「凍結については、財源を他にどこから持ってくるのかという疑問がありますし、上げた分を様々な政策に使うということは耳あたりはいいが、子どもや孫の世代に借金を残すだけではないのかということへの答えがほしいなという歯がゆさを感じる人が多いのでは。また、森友・加計問題でも、世論調査で70%の人が説明不足だと感じていることがわかっている。安倍総理は説明済みだと訴えているが、問題は組織全体としていろいろな忖度があったのではないのかということ」などと話した。川村晃司は会場で聞いた感想として「政党がどういう法律や政党を作ってきたか、それを有権者ひとりひとりが判断することによって、有権者が争点を決め、投票所へ行って欲しいと思った」と話した。

各党のスタンス、憲法改正について。自民は自衛隊の明記を掲げている。希望は9条も含めて議論をすすめると打ち出していて、維新も改正を公約に盛り込んでいる。公明は、国民は自衛隊を憲法違反の存在と考えていないと記しているため、真ん中あたりのポジション。岩井教授は、「自分が重要だと思うポイントを考えたうえで、各党の主張を精査する必要がある。投票が究極の選択になることもある」と話した。萩谷麻衣子は「今回、究極的には、憲法9条改正を含む安倍政治を信任するかどうかという点が一番大きい。難しいのは、希望が選挙後に自民党の補完勢力になるのか、野党として与党と対峙するのかはっきりしていないこと。政治家は選挙前に情報をできるだけ出す義務がある」と話した。川村は「自民党内でも憲法について議論が十分に行われていない。今後きちんとみつめていく必要がある」と述べた。大下容子は「今回は18歳選挙権はじめての衆議院選。若い方たちにわかりやすい政策を示していただきたい」と話した。


チームしが

「政務活動費」について岩井奉信教授によると議員から政務活動費や党費を徴収することはあり得る。法律的には問題なく、ただ何にいくら使うのか明確にすることが重要としている。伊藤惇夫氏は「小池知事から与党・野党の言葉を聞くと違和感を感じる。音喜多都議がこのタイミングでやったことの意図がなにかあるのではないか。」と話した。政務活動費について他の地域政党ではどうなのか。大阪維新の会では府議の政務活動費は月8万5000円、党費は月1万円。減税日本では議員からお金を納めてもらうことはないとしている。チームしがでは政務活動費は月10万円、党費は月1万円となっている。


維新

希望の党と民進党が事実上の合流で動き出し、決まりそうだ。青山和弘は「おとといの夜に前原代表と小池代表が極秘に会談したことで合流の話が進んでいるのではないかと昨日の朝から表面化されてきた」と述べた。合流の背景について岩井奉信は民進党が選挙をしても支持率が上がらない中で白旗をあげたとみている。また衆院選では維新と共産が希望と民進の選挙区の住み分けを検討、自由と社民も希望の党に合流するのではないかとみられ野党が過半数をとる可能性が出てきた。


日本大学

きのう午前9時半すぎ 衆議院解散前日 小池百合子代表による“希望の党”結党会見が行われた。しかし会見20分後小池代表は都議会出席のため会見を退席した。その後の会見では記者から、都知事と党代表の“二足のわらじ”について弊害が出ていると指摘された。これに対し民進党を離党した細野豪志元環境相は、小池代表の「運動靴とヒールを履き分ける」との言葉を引き、「しっかり履き分けていただけると思います」と答えた。前神奈川県知事 松沢成文参院議員は自分のような凡人には不可能だが、小池知事ならできると期待しているとコメントした。会見中小池代表が何度も口にした“しがらみのない政治”という言葉について、日本大学法学部 岩井奉信教授は“政党の利害関係や派閥に政策を左右されない政治”を目指すということだと分析した。


日本大学

きのうの記者会見で小池百合子代表が「希望の党」の結党を発表。小池代表は“しがらみのない政治で日本をリセットする”と訴えた。そして“保守”であることを強調した上で、“改革の精神に燃えた保守”を宣言した。新党に参加するのは若狭勝衆院議員、民進党を離党した細野豪志元環境相、日本のこころを離党した中山恭子前代表など、自民党や民進党を離党した議員ら14人。綱領として“寛容な改革保守政党”、“しがらみ政治からの脱却”、などを発表した。この綱領について、日本大学法学部 岩井奉信教授は曖昧な部分が多いと指摘した。


日本大学

37歳の前神戸市議は、きのう郵送で辞職願を提出した。中身はたった二行で、疑惑には一切触れていなかった。神戸市議会の北川議長は「連絡をとる努力はしているが、事実確認ができない」「自民党の安達団長とは連絡が取れていると聞いている。自民党として調査チームを作り、調査をしていくということで9月6日に報告を受ける」としている。神戸市議の辞職は今月だけで4人いた。37歳の前神戸市議以外の3人は、政務活動費の不正流用で在宅起訴され、すでに辞任している。4人とも自由民主党神戸に所属していた。虚偽の領収書を添付した収支報告書を提出している。2010年〜2014年度の領収書で全員同じ。日本大学・岩井奉信教授は「誰か指南役がいて組織的に行われていた可能性がある」とする。


日本大学

もし今回の件で橋本健神戸市議が有罪になった場合、彼の所有している歯科医師免許はどうなるか。菊地幸夫弁護士は、3パターンのペナルティを紹介。1つ目は戒告。2つ目は3年以内の資格停止で治療行為がNGになる。3つ目は歯科医師免許取り消しで、5年以内の再取得がNGに。今回は3つ目のケースになる可能性が高いとされる。金慶珠は「公職の重みがあると思う」と話し、竹田恒泰は「単なる詐欺罪ではなくて、公文書偽造、偽造したものを行使するという3つの罪が被ってくる。」と話した。石塚元章は、「また、口裏合わせについてもある。」と加えた。竹田はまた、「A社は戦々恐々としている可能性がある。お金をもしもらっていたら、共謀にあたる。すでに弁護士も立てている。」と話した。A社が罪に問われる可能性については、詐欺罪幇助が該当するとみられている。ただし、今回自ら明らかにしたことで罪が軽くなり、起訴猶予または不起訴となる可能性が高いと、日本大学・岩井奉信教授は話している。大久保佳代子は「そんなに簡単に領収書で政務活動費がおりるものなのか?」と質問。須田慎一郎は「会派にお金がプールされていて、そこに領収書を出せばお金が貰えるというシステム。」と説明した。金は「そこで領収書の確認が甘いという問題も出てくる」と話した。


近未来政治研究会

「ポスト安倍」で動き!? 自民“派閥”離合集散の歴史についてスタジオトーク。伊藤惇夫さんは「派閥の構成要件は3つあり、金と選挙とポストといっていた。これは中選挙区制時代の話で、派閥がお金を集めて配ってあげる。選挙のときは派閥が全面支援する。受かってくると希望のポストにつけてあげる。選挙制度が変わったので、金も選挙もほとんどなくなり、ポストも小泉時代から脱派閥人事をやってるので、ほとんど消えてる。にも関わらずこれだけの派閥が残ってるのは不思議」と話し、岩井奉信さんは「今の岸田派はハト派の代表。旧中曽根派は保守派と言われてきた。そういうのも今なくなってきた感じがある」と述べた。中野信子さんは「派閥の色というのがそれぞれ出ていて、むしろイデオロギーとか思想や政策敵な部分で肌が合うというか水があうとかそういう表現で一緒になってるのが面白い」と語った。