ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「岩尾望」の検索結果

「岩尾望」に関連する情報 742件中 1〜10件目

岩尾望のツイッター

今回は自分の特技でフット岩尾をおもてなし、岩尾は推しメンを樋渡結依と発表。ごほうびとして岩尾のツイッターに2ショットで掲載。


てるみくらぶ

負債額150億円を抱え経営破綻した「てるみくらぶ」をめぐり、赤字から黒字に改ざんした決算書類を作成し金融機関から現金2億円を騙し取ったとして、社長らが逮捕された。今年3月21日に現金一括入金キャンペーンの新聞広告を掲載、複数のツアーを紹介し現金で一括払いすれば代金が1%安くなると謳っていた。わずか3日後に旅行券が一部発券不可となり、旅行客を海外に残したままツアーが中止となるトラブルが発生。更に3日後に経営破産手続きを開始、一昨年から新聞広告の経費がかかりすぎたためだとしている。本来は回収しなければならいが、それも難しい状況となっている。

今月6日に債権者集会が開かれ、社長が説明した。それによると2012年頃から売上高を増やすために赤字のツアー旅行を販売、2013年には粉飾決算を開始、2014年には債務超過に陥っていた。利用者約3万6000人に対して約100億円の負債を抱えている。岩尾望によると、数年前に「てるみくらぶ」を知り合いにオススメされて料金を見たが格安というわけではなく割高なイメージだったという。

弁護士によると今回の問題ではほぼお金は帰ってこない。通常は日本旅行業協会から最大1億2000万円の保証が受けられるが、てるみくらぶは約100億円のため利用者は支払金額の1%程度しか返金されない可能性がある。てるみくらぶは上場企業ではないため決算書の公開義務はなく、観光庁も5年ごとしかチェックをしない。このため、粉飾を見抜くのは難しい。今回のことをうけ観光庁などは1年ごとにチェックすべきとの動きがでている。


金魚

相方のツッコミ最高〜芸人が「好きなツッコミフレーズBEST3」を発表。岩尾望は「カニ食うてんの?」「この金魚と呑みたいな」「共通点○○だけやで」と紹介。岩尾はバイキングで奇跡の金魚を紹介、後藤は「この金魚と呑みたい」と言ったと話した。岩尾は番組などで黙って静かにしていると「カニ食うてんの?」と言ったとした。後藤は自ら「熱湯がかかって、ササミなら白くなってる」があると主張した。


日本アンガーマネジメント協会

運転中のドライバーの心理について、車に守られているという感覚から自分が大きくなり、怒りの発散を誰かにぶつけやすくなる特徴があるという。岩尾望も、毎日運転しますけど車内ではイライラしがちですねとした。車に乗ると性格が変わる人っていますよねと坂上、温厚な先輩が車に乗るとかっこつけるような仕草をするのを見たと話した。薬丸裕英は先を見て行動してほしいですよね、そうでないと周りを巻き込むことになるとした。清原博は煽られたときに自分が冷静にいられるようにするのが大切だと話した。坂上はこれに同意、俺だったら相手が車を降りてきたら窓を閉めて相手を撮影すると話した。110番に電話をするのも有効で、シミュレーションを日頃からするのが大事だと話された。


YouTube

草なぎ剛、生田衣梨奈、あらぽんが芸能界ぽんBIG3として登場。みやぞんは、あらぽんと1歳から一緒だったと語る。大久保はどのぽんも興味を示さなかった。岩尾望はハロプロ推しから生田衣梨奈がモー娘。に加入したときから見ていると語る。するとユースケはYoutubeで全部見ていると対抗する。そしてユースケは目に余るほどの生田衣梨奈のファンであることから、ユースケは全問正解しないと生田衣梨奈が『ぷっ』すまに出禁になるというルールが発表された。


「岩尾望」に関連するグルメ情報

サル

やついいちろうはピンマイクの名前に「エレキコミック 変な顔」と書かれ、相方は「普通」だったと話した。誠子はマイクを付ける際に同性ではなくオッサンの音声が担当するという。また誠子の双子の妹は美人だといい写真を紹介、影で「シュレック」と呼ばれていたと語った。やついいちろうはロケで高須院長を訪問したところ「目が100点」「目から下が0点」「顔はかけ算だから0点」と言われたと話した。岩尾望は整形外科の先生に整形費用を聞いたところ最低800万円かかると言われたという。研ナオコは自身にそっくりな新種のサルが見つかったと話した。


「岩尾望」に関連する映画・DVD

あべかすみは「7年間の交際で結婚、発表は自宅の庭で、ツーショットは伊集院さんが恥ずかしくて夏目さんおひとりだった。あの笑顔が忘れられない。よく考えたら、新婚生活は1年間だけだったんですね。」と話し、伊集院について「難しい漢字を読める人。すごく尊敬します」と答えていたことなどを紹介。次に、最後の舞台「愚かな女」で共演した西岡徳馬が見た夏目の素顔について紹介。稽古場からタクシーで帰宅する際、ハコ乗り状態になって、姿が見えなくなるまで手を振り続けたという。西岡は「みんなが雅子ちゃんの勢いに巻き込まれていた」と語った。また、相米慎二監督の映画「魚影の群れ」で共演した佐藤浩市が見た夏目の素顔について。当時、篠田正浩監督の映画「瀬戸内少年野球団」の撮影とを掛け持ちしていた夏目は、佐藤から「どっちがいいんだ」と問われ、「こっち(相米)はやだ。疲れるんだもんあのハゲ!」。相米監督も夏目を愛情をもってタコ呼ばわりしていたという。厳しい監督の元だからこそ女優としてステップアップしていき、見るたびに成長する夏目に対して、佐藤は「女優の跳躍力にはかなわない」と感じたそうだ。坂上は「僕も相米監督のことハゲって言ってた。ひどいんだもん。鍛えられるんです」と話し、魚影の群れの際マグロが釣れるまでOKを出さなかったというエピソードを思い出していた。岩尾望は後藤輝基の「愛を持ってハゲ呼ばわり」という言葉に「そうかな、ありがとう」と自分の禿げた頭を見せつけた。

「瀬戸内三部作メモリアルDVDBOX[PCBP-61880][DVD]」

価格.com


「岩尾望」に関連するイベント情報

愚かな女

あべかすみは「7年間の交際で結婚、発表は自宅の庭で、ツーショットは伊集院さんが恥ずかしくて夏目さんおひとりだった。あの笑顔が忘れられない。よく考えたら、新婚生活は1年間だけだったんですね。」と話し、伊集院について「難しい漢字を読める人。すごく尊敬します」と答えていたことなどを紹介。次に、最後の舞台「愚かな女」で共演した西岡徳馬が見た夏目の素顔について紹介。稽古場からタクシーで帰宅する際、ハコ乗り状態になって、姿が見えなくなるまで手を振り続けたという。西岡は「みんなが雅子ちゃんの勢いに巻き込まれていた」と語った。また、相米慎二監督の映画「魚影の群れ」で共演した佐藤浩市が見た夏目の素顔について。当時、篠田正浩監督の映画「瀬戸内少年野球団」の撮影とを掛け持ちしていた夏目は、佐藤から「どっちがいいんだ」と問われ、「こっち(相米)はやだ。疲れるんだもんあのハゲ!」。相米監督も夏目を愛情をもってタコ呼ばわりしていたという。厳しい監督の元だからこそ女優としてステップアップしていき、見るたびに成長する夏目に対して、佐藤は「女優の跳躍力にはかなわない」と感じたそうだ。坂上は「僕も相米監督のことハゲって言ってた。ひどいんだもん。鍛えられるんです」と話し、魚影の群れの際マグロが釣れるまでOKを出さなかったというエピソードを思い出していた。岩尾望は後藤輝基の「愛を持ってハゲ呼ばわり」という言葉に「そうかな、ありがとう」と自分の禿げた頭を見せつけた。


梅田コマ劇場

本日は坂本九さんの妻・柏木由紀子さんが登場して、坂本九さんの知られざる姿を語る。坂本九さんは口説き方が凄く、坂本九直筆の電話番号が書かれたメモ。ある海上で別の別のドラマを撮り合っていたときスタッフが騒いでいて、お昼休みに前にある喫茶店に連れて行かれて、スタッフに囲まれた坂本九が「撮影みない?」と言って、台本を破って書いて渡してくれたというメモ。徳永さんも「私も台本破って渡してたよ」とジョークを飛ばす。薬丸もレッツゴーヤングの生放送直前に突然メモを貰って、握りながら歌って、そしたらメモが滲んだと言う。柏木さんはメモは貰ったけど1年位そのまま経ってしまって大阪へいく仕事で梅田コマ劇場の前を通りかかったときに母と一緒に。そこで丁度仕事をされていたので母が陣中見舞いしたら?と言い、そのとき楽屋で、またメモを渡されました。柏木はメモを始めに渡されたときは電話しなかった。私に用があるなら普通は電話番号を聞くのではないのですかと言い、今のようにLINEもメールも携帯もないしという柏木さん。坂上は男からすると電話番号を書いた紙を渡すのは勇気がいると言い。そして何も連絡もなくてもう一回メモを渡すのは、一回振られてるようなもの、でも「九」回までいけますねとボケる岩尾望。2枚目のメモでお付き合いのキッカケとなった。初めての舞台のショーで温かい人で、東京に帰った時に自宅に電話がかかってきた。教えてないのにという柏木。掛かってきたときは嬉しかったのだという。


YouTube

今日発売の週刊文春が船越英一郎さんが離婚調停を申し立てしたこと、謎のブログ更新の背景には壮絶な戦いがあったと報じた。元文春記者は、もともと週刊文春に話を持ちかけたのは松居一代さんで、文春が裏取りなどを行ったところ、事実無根なことも多々あり、松井さん側にも伝えたなどと話した。さらにYouTubeなどでも文春の裏切りなどを告発するような動画や文春に直撃する動画を上げているが、直撃する1時間前には電話でやり取りをしていたという。文春は船越さん側にも取材し、松井さんによるDVが一因だと報じた。メールで記事の内容もきちんと話したと語った元記者は松井さんの裏切りという主張に対し、「一方的に書いたら船越さん側に対し名誉毀損になる。リスクを考えるとこうなる」などと話した。

Youtubeに独白を投稿した松井さんに対し出演者は「親しい人にナゼ相談してこなかったのか」「はじめからYoutubeで行ったほうが早かった」などと話した。さらに「いつも元気な松井さんが姿が無いことにびっくりした」と話し、「僕の知ってる松井さんがいない」などと語った。今日発売の週刊文春では船越さんの代理人のコメントとして「2人の関係は完全に破綻している。先月28日、代理人である私から彼女に対して離婚調停申し立てを行った」としている。出演者は「円満にするほうがお互いのこれからの活動にいいのかな」と話したが阪口は「そこに行きつけなかったから断腸の思いで動画という形をとったのかも」などと話した。明るい人というイメージがあっただけに余計に今回の動画が衝撃的だったと話した。

松居一代はYouTubeの動画で週刊文春にだまされたと訴えかけた。今日発売の週刊文春で報じられたのは「船越英一郎が松居一代に離婚調停 全真相」。2人は2001年に結婚、芸能界のおしどり夫婦と言われていた。松居一代は船越英一郎が書いたノートには離婚・不倫など衝撃的な内容が書かれていたと主張した。離婚計画に対して船越英一郎の代理人は週刊文春に2年前から離婚について話し合ってきたとコメント。さらに松居一代は船越英一郎は不倫している女と自分の財産を奪い取ろうとしていると話した。代理人は不倫の事実はないと否定している。

松居一代は動画で船越英一郎の不倫を主張。船越英一郎側は否定している。林寛子は夫婦のことは2人にしかわからない、ここまでしてしまう気持ちは気の毒などとコメント。横澤夏子は夫婦は難しいと思う、なぜYouTubeで言うのか、岩尾望は本当に訴えたいならこういう形ではない方がいいと話した。