ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「島耕作」の検索結果

「島耕作」に関連する情報 493件中 1〜10件目

「島耕作」に関連する本・コミック・雑誌

会長 島耕作

恵比寿にあるPELLEGRINO。食べログの評価は4.66。店内に入ると、厨房とのしきりがなく、6席のみ。営業は週4日で1日6名限定。おすすめする料理は生ハムで、日本に1台しかない生ハムスライサーで厚さ0.1ミリでスライスできる。


「島耕作」に関連するグルメ情報

獺祭 島耕作

山口県にある旭酒造は獺祭 島耕作の売り上げの一部約1億1600万円を広島・岡山・山口・愛媛の4県に寄付した。旭酒造は西日本豪雨で事務所や倉庫が浸水し、被害を知った島耕作の作者弘兼憲史が協力した。(デイリースポーツ)


旭酒造

山口県にある旭酒造は獺祭 島耕作の売り上げの一部約1億1600万円を広島・岡山・山口・愛媛の4県に寄付した。旭酒造は西日本豪雨で事務所や倉庫が浸水し、被害を知った島耕作の作者弘兼憲史が協力した。(デイリースポーツ)


デイリースポーツ

山口県にある旭酒造は獺祭 島耕作の売り上げの一部約1億1600万円を広島・岡山・山口・愛媛の4県に寄付した。旭酒造は西日本豪雨で事務所や倉庫が浸水し、被害を知った島耕作の作者弘兼憲史が協力した。(デイリースポーツ)


「島耕作」に関連するイベント情報

ダイヤモンドヴェール

東京タワー5つの秘密を紹介。4つ目は照明デザイナーの石井幹子さんにより開業30周年以降のライトアップに生まれ変わった。さらに夏と冬で照明の色が違うという。島耕作で描かれた夜12時の消灯シーンでは当時話題になった。5つ目の秘密として2008年の開業50周年から登場しコンピューター制御で様々な色を表現するダイヤモンドヴェール。月に一度満月の夜にだけ見られるライトアップがあるという。


「島耕作」に関連する本・コミック・雑誌

島耕作

東京タワー5つの秘密を紹介。4つ目は照明デザイナーの石井幹子さんにより開業30周年以降のライトアップに生まれ変わった。さらに夏と冬で照明の色が違うという。島耕作で描かれた夜12時の消灯シーンでは当時話題になった。5つ目の秘密として2008年の開業50周年から登場しコンピューター制御で様々な色を表現するダイヤモンドヴェール。月に一度満月の夜にだけ見られるライトアップがあるという。


東京タワー

本日のテーマは人はなぜ東京タワーに惹かれるのか?、東京タワー5つの秘密などを紹介する。

人はなぜ東京タワーに惹かれるのかについてトーク。ゲストの根岸さんは東京タワーで働いている。能町みね子は家から東京タワーの先が見えたのが嬉しくて思い出に残っていると話した。夏目三久は大学の時に初めて上京した時に母から「あんたはここで1人で学校行くんやな」と言われ涙がでたのが思い出と話した。

東京タワー5つの秘密を紹介。1つ目の秘密は東京各局の放送塔の1本化を計画したのが前田久吉。高台で地盤がしっかりした増上寺の敷地だった場所に建っている。2つ目は東京タワーの構造設計を担当したのは内藤多仲。パソコン・電卓がない時代に計算尺を使い設計し安全第一を考えていたら偶然できた形だという。

東京タワー5つの秘密を紹介。3つ目として東京タワーは飛行機などとの接触を懸念された。そこでインターナショナルオレンジと白の2色に採用され航空法により偶然決まったという。東京タワーで60年働く達富美子さんへ当時の話を聞くと「外は塗装してある道路じゃなかった、足についてくる土で掃除が大変だった」などと話した。

人はなぜ東京タワーに惹かれるのかについてトーク。根岸直美さんは東京タワーの名前は一般公募によって決まったと話した。当時の一般公募で集まった名称ではマンモス塔、東京塔、日本電波塔などがあり、1位は昭和塔で東京タワーは13位だったという。

東京タワー5つの秘密を紹介。4つ目は照明デザイナーの石井幹子さんにより開業30周年以降のライトアップに生まれ変わった。さらに夏と冬で照明の色が違うという。島耕作で描かれた夜12時の消灯シーンでは当時話題になった。5つ目の秘密として2008年の開業50周年から登場しコンピューター制御で様々な色を表現するダイヤモンドヴェール。月に一度満月の夜にだけ見られるライトアップがあるという。

東京タワーに魅せられた人の事件簿についてトーク。昭和51年に東京タワーで逆立ち昭和45年には東京タワーで結婚などが紹介された。東京タワー蝋人形館は1970年〜2013年まで営業していたという。


「島耕作」に関連するグルメ情報

獺祭 島耕作

ブランチ・ファミリーのベストショット写真を紹介した。


「島耕作」に関連するグルメ情報

獺祭 島耕作

西日本豪雨で被災した山口・岩国市の旭酒造。日本酒「獺祭」が出荷停止となっていた。「獺祭」と島耕作がコラボした「獺祭 島耕作」が本日発売となった。「島耕作」シリーズ作者の弘兼憲史氏が山口・岩国市出身で、以前から旭酒造と親密な付き合いがあったことから実現された。販売価格のうち200円が西日本豪雨の義援金になる。

本日発売の「獺祭 島耕作」をスタジオで試飲。商品の中身は普段獺祭ブランドとして販売されている1500円から3万円のランクのものがランダムに入っているという。被災時、2階にあったため浸水被害などは受けていないが、3日間停電になったことで温度管理ができていない状態のもの。獺祭ブランドとしては販売できないという。


「島耕作」に関連する本・コミック・雑誌

島耕作

西日本豪雨で被災した山口・岩国市の旭酒造。日本酒「獺祭」が出荷停止となっていた。「獺祭」と島耕作がコラボした「獺祭 島耕作」が本日発売となった。「島耕作」シリーズ作者の弘兼憲史氏が山口・岩国市出身で、以前から旭酒造と親密な付き合いがあったことから実現された。販売価格のうち200円が西日本豪雨の義援金になる。