ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「島耕作」の検索結果

「島耕作」に関連する情報 485件中 1〜10件目

「島耕作」に関連するグルメ情報

獺祭 島耕作

西日本豪雨で被災した山口・岩国市の旭酒造。日本酒「獺祭」が出荷停止となっていた。「獺祭」と島耕作がコラボした「獺祭 島耕作」が本日発売となった。「島耕作」シリーズ作者の弘兼憲史氏が山口・岩国市出身で、以前から旭酒造と親密な付き合いがあったことから実現された。販売価格のうち200円が西日本豪雨の義援金になる。

本日発売の「獺祭 島耕作」をスタジオで試飲。商品の中身は普段獺祭ブランドとして販売されている1500円から3万円のランクのものがランダムに入っているという。被災時、2階にあったため浸水被害などは受けていないが、3日間停電になったことで温度管理ができていない状態のもの。獺祭ブランドとしては販売できないという。


「島耕作」に関連する本・コミック・雑誌

島耕作

西日本豪雨で被災した山口・岩国市の旭酒造。日本酒「獺祭」が出荷停止となっていた。「獺祭」と島耕作がコラボした「獺祭 島耕作」が本日発売となった。「島耕作」シリーズ作者の弘兼憲史氏が山口・岩国市出身で、以前から旭酒造と親密な付き合いがあったことから実現された。販売価格のうち200円が西日本豪雨の義援金になる。


「島耕作」に関連するグルメ情報

獺祭

西日本豪雨で被災した山口・岩国市の旭酒造。日本酒「獺祭」が出荷停止となっていた。「獺祭」と島耕作がコラボした「獺祭 島耕作」が本日発売となった。「島耕作」シリーズ作者の弘兼憲史氏が山口・岩国市出身で、以前から旭酒造と親密な付き合いがあったことから実現された。販売価格のうち200円が西日本豪雨の義援金になる。

本日発売の「獺祭 島耕作」をスタジオで試飲。商品の中身は普段獺祭ブランドとして販売されている1500円から3万円のランクのものがランダムに入っているという。被災時、2階にあったため浸水被害などは受けていないが、3日間停電になったことで温度管理ができていない状態のもの。獺祭ブランドとしては販売できないという。


旭酒造

西日本豪雨で被災した山口・岩国市の旭酒造。日本酒「獺祭」が出荷停止となっていた。「獺祭」と島耕作がコラボした「獺祭 島耕作」が本日発売となった。「島耕作」シリーズ作者の弘兼憲史氏が山口・岩国市出身で、以前から旭酒造と親密な付き合いがあったことから実現された。販売価格のうち200円が西日本豪雨の義援金になる。


「島耕作」に関連するグルメ情報

獺祭

広島・呉市よりライブ中継、リポーターは今日が豪雨より1ヵ月である事、原爆の日である事、普段は広島県の学校は投稿日になっているが今日は休校である事、土砂の運搬作業が進んでいない事、重機などが入らない細い場所では自衛隊が手作業で作業している事、などを伝えた。また、きのうの広島・呉市の様子を伝えた、重機による土砂の運搬作業が行われていた模様。西日本豪雨による死者は219人、安否不明12人、土砂の撤去作業はまだ続けられている。また、足元までインターホンが埋もれていた玄関の様子、災害直後に取材した住宅の補修作業の様子、などを伝えた。岡山・倉敷真備町では役所の業務が一部再開、支援金給付などが行われた。また、広島では断水していた一部地域の生活用水が復旧、園児たちも久しぶりに水浴びを楽しんだ。さらに、被災したカキの養殖場の様子を伝えた、カキ棚の被害は深刻で被害額は約7000万円とみられる、事前に対策はしているが自然には敵わないとの事。他にも農園の様子を伝えた、レモンの木が植えられていた場所は大半が流されてしまっており、20本は土砂に流されたとの事、広島県の柑橘類の被害は8500万円との事。特に災害がひどかった特産品は、愛媛県の柑橘類が約22億5000万円、岡山ではぶどうが2億1000万円、ももが約2600万円、であった。一方で復興の兆しも見えている、山口県の地酒「獺祭」は「獺祭 島耕作」として出荷、都内でもアンテナショップなどで被災地の特産品を買う動きが広まっている。


「島耕作」に関連するグルメ情報

獺祭 島耕作

広島・呉市よりライブ中継、リポーターは今日が豪雨より1ヵ月である事、原爆の日である事、普段は広島県の学校は投稿日になっているが今日は休校である事、土砂の運搬作業が進んでいない事、重機などが入らない細い場所では自衛隊が手作業で作業している事、などを伝えた。また、きのうの広島・呉市の様子を伝えた、重機による土砂の運搬作業が行われていた模様。西日本豪雨による死者は219人、安否不明12人、土砂の撤去作業はまだ続けられている。また、足元までインターホンが埋もれていた玄関の様子、災害直後に取材した住宅の補修作業の様子、などを伝えた。岡山・倉敷真備町では役所の業務が一部再開、支援金給付などが行われた。また、広島では断水していた一部地域の生活用水が復旧、園児たちも久しぶりに水浴びを楽しんだ。さらに、被災したカキの養殖場の様子を伝えた、カキ棚の被害は深刻で被害額は約7000万円とみられる、事前に対策はしているが自然には敵わないとの事。他にも農園の様子を伝えた、レモンの木が植えられていた場所は大半が流されてしまっており、20本は土砂に流されたとの事、広島県の柑橘類の被害は8500万円との事。特に災害がひどかった特産品は、愛媛県の柑橘類が約22億5000万円、岡山ではぶどうが2億1000万円、ももが約2600万円、であった。一方で復興の兆しも見えている、山口県の地酒「獺祭」は「獺祭 島耕作」として出荷、都内でもアンテナショップなどで被災地の特産品を買う動きが広まっている。


「島耕作」に関連するグルメ情報

カキ

広島・呉市よりライブ中継、リポーターは今日が豪雨より1ヵ月である事、原爆の日である事、普段は広島県の学校は投稿日になっているが今日は休校である事、土砂の運搬作業が進んでいない事、重機などが入らない細い場所では自衛隊が手作業で作業している事、などを伝えた。また、きのうの広島・呉市の様子を伝えた、重機による土砂の運搬作業が行われていた模様。西日本豪雨による死者は219人、安否不明12人、土砂の撤去作業はまだ続けられている。また、足元までインターホンが埋もれていた玄関の様子、災害直後に取材した住宅の補修作業の様子、などを伝えた。岡山・倉敷真備町では役所の業務が一部再開、支援金給付などが行われた。また、広島では断水していた一部地域の生活用水が復旧、園児たちも久しぶりに水浴びを楽しんだ。さらに、被災したカキの養殖場の様子を伝えた、カキ棚の被害は深刻で被害額は約7000万円とみられる、事前に対策はしているが自然には敵わないとの事。他にも農園の様子を伝えた、レモンの木が植えられていた場所は大半が流されてしまっており、20本は土砂に流されたとの事、広島県の柑橘類の被害は8500万円との事。特に災害がひどかった特産品は、愛媛県の柑橘類が約22億5000万円、岡山ではぶどうが2億1000万円、ももが約2600万円、であった。一方で復興の兆しも見えている、山口県の地酒「獺祭」は「獺祭 島耕作」として出荷、都内でもアンテナショップなどで被災地の特産品を買う動きが広まっている。


「島耕作」に関連するグルメ情報

レモン

広島・呉市よりライブ中継、リポーターは今日が豪雨より1ヵ月である事、原爆の日である事、普段は広島県の学校は投稿日になっているが今日は休校である事、土砂の運搬作業が進んでいない事、重機などが入らない細い場所では自衛隊が手作業で作業している事、などを伝えた。また、きのうの広島・呉市の様子を伝えた、重機による土砂の運搬作業が行われていた模様。西日本豪雨による死者は219人、安否不明12人、土砂の撤去作業はまだ続けられている。また、足元までインターホンが埋もれていた玄関の様子、災害直後に取材した住宅の補修作業の様子、などを伝えた。岡山・倉敷真備町では役所の業務が一部再開、支援金給付などが行われた。また、広島では断水していた一部地域の生活用水が復旧、園児たちも久しぶりに水浴びを楽しんだ。さらに、被災したカキの養殖場の様子を伝えた、カキ棚の被害は深刻で被害額は約7000万円とみられる、事前に対策はしているが自然には敵わないとの事。他にも農園の様子を伝えた、レモンの木が植えられていた場所は大半が流されてしまっており、20本は土砂に流されたとの事、広島県の柑橘類の被害は8500万円との事。特に災害がひどかった特産品は、愛媛県の柑橘類が約22億5000万円、岡山ではぶどうが2億1000万円、ももが約2600万円、であった。一方で復興の兆しも見えている、山口県の地酒「獺祭」は「獺祭 島耕作」として出荷、都内でもアンテナショップなどで被災地の特産品を買う動きが広まっている。


「島耕作」に関連するグルメ情報

ぶどう

広島・呉市よりライブ中継、リポーターは今日が豪雨より1ヵ月である事、原爆の日である事、普段は広島県の学校は投稿日になっているが今日は休校である事、土砂の運搬作業が進んでいない事、重機などが入らない細い場所では自衛隊が手作業で作業している事、などを伝えた。また、きのうの広島・呉市の様子を伝えた、重機による土砂の運搬作業が行われていた模様。西日本豪雨による死者は219人、安否不明12人、土砂の撤去作業はまだ続けられている。また、足元までインターホンが埋もれていた玄関の様子、災害直後に取材した住宅の補修作業の様子、などを伝えた。岡山・倉敷真備町では役所の業務が一部再開、支援金給付などが行われた。また、広島では断水していた一部地域の生活用水が復旧、園児たちも久しぶりに水浴びを楽しんだ。さらに、被災したカキの養殖場の様子を伝えた、カキ棚の被害は深刻で被害額は約7000万円とみられる、事前に対策はしているが自然には敵わないとの事。他にも農園の様子を伝えた、レモンの木が植えられていた場所は大半が流されてしまっており、20本は土砂に流されたとの事、広島県の柑橘類の被害は8500万円との事。特に災害がひどかった特産品は、愛媛県の柑橘類が約22億5000万円、岡山ではぶどうが2億1000万円、ももが約2600万円、であった。一方で復興の兆しも見えている、山口県の地酒「獺祭」は「獺祭 島耕作」として出荷、都内でもアンテナショップなどで被災地の特産品を買う動きが広まっている。


「島耕作」に関連するグルメ情報

もも

広島・呉市よりライブ中継、リポーターは今日が豪雨より1ヵ月である事、原爆の日である事、普段は広島県の学校は投稿日になっているが今日は休校である事、土砂の運搬作業が進んでいない事、重機などが入らない細い場所では自衛隊が手作業で作業している事、などを伝えた。また、きのうの広島・呉市の様子を伝えた、重機による土砂の運搬作業が行われていた模様。西日本豪雨による死者は219人、安否不明12人、土砂の撤去作業はまだ続けられている。また、足元までインターホンが埋もれていた玄関の様子、災害直後に取材した住宅の補修作業の様子、などを伝えた。岡山・倉敷真備町では役所の業務が一部再開、支援金給付などが行われた。また、広島では断水していた一部地域の生活用水が復旧、園児たちも久しぶりに水浴びを楽しんだ。さらに、被災したカキの養殖場の様子を伝えた、カキ棚の被害は深刻で被害額は約7000万円とみられる、事前に対策はしているが自然には敵わないとの事。他にも農園の様子を伝えた、レモンの木が植えられていた場所は大半が流されてしまっており、20本は土砂に流されたとの事、広島県の柑橘類の被害は8500万円との事。特に災害がひどかった特産品は、愛媛県の柑橘類が約22億5000万円、岡山ではぶどうが2億1000万円、ももが約2600万円、であった。一方で復興の兆しも見えている、山口県の地酒「獺祭」は「獺祭 島耕作」として出荷、都内でもアンテナショップなどで被災地の特産品を買う動きが広まっている。