ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「川合俊一」の検索結果

「川合俊一」に関連する情報 1498件中 1〜10件目

岡山東商業

アナウンサーの宮司愛海、解説者の川合俊一が、春の高校バレーの会場である、武蔵の森総合スポーツプラザからオープニングトーク。先ほどの、下北沢成徳の勝利を称賛した。そして、今後の注目の対戦カードは、女子は金蘭会vs細田学園、男子は鎮西vs東海大相模、洛南vs岡山東商業だと話し合った。

男子の2回戦の、洛南(京都)vs岡山東商業(岡山)の試合の、ダイジェスト映像。洛南カルテットの、山本龍、中島明良、垂水優芽、大塚達宣の活躍で、2−0で洛南が勝利した。試合後に、洛南カルテットの4人がインタビューを受けて、勝利した喜びや、次の試合への意気込みを語った。


東海大相模

アナウンサーの宮司愛海、解説者の川合俊一が、春の高校バレーの会場である、武蔵の森総合スポーツプラザからオープニングトーク。先ほどの、下北沢成徳の勝利を称賛した。そして、今後の注目の対戦カードは、女子は金蘭会vs細田学園、男子は鎮西vs東海大相模、洛南vs岡山東商業だと話し合った。


細田学園

アナウンサーの宮司愛海、解説者の川合俊一が、春の高校バレーの会場である、武蔵の森総合スポーツプラザからオープニングトーク。先ほどの、下北沢成徳の勝利を称賛した。そして、今後の注目の対戦カードは、女子は金蘭会vs細田学園、男子は鎮西vs東海大相模、洛南vs岡山東商業だと話し合った。


金蘭会

アナウンサーの宮司愛海、解説者の川合俊一が、春の高校バレーの会場である、武蔵の森総合スポーツプラザからオープニングトーク。先ほどの、下北沢成徳の勝利を称賛した。そして、今後の注目の対戦カードは、女子は金蘭会vs細田学園、男子は鎮西vs東海大相模、洛南vs岡山東商業だと話し合った。


洛南高校

アナウンサーの宮司愛海、解説者の川合俊一が、春の高校バレーの会場である、武蔵の森総合スポーツプラザからオープニングトーク。先ほどの、下北沢成徳の勝利を称賛した。そして、今後の注目の対戦カードは、女子は金蘭会vs細田学園、男子は鎮西vs東海大相模、洛南vs岡山東商業だと話し合った。

今年の春の高校バレーに出場する、男子の洛南高校を紹介する。洛南高校は、去年の春の高校バレーの決勝戦で、鎮西高校に敗れた。さらに、去年のインターハイの決勝戦でも、市立尼崎に敗れた。しかし洛南高校には、4人の優れた選手がいる。それが、大塚達宣、垂水優芽、中島明良、山本龍。全員3年生で、超高校級の攻撃力を持つ、洛南カルテット。彼らが、春の高校バレーへの意気込みを語った。


鎮西高校

アナウンサーの宮司愛海、解説者の川合俊一が、春の高校バレーの会場である、武蔵の森総合スポーツプラザからオープニングトーク。先ほどの、下北沢成徳の勝利を称賛した。そして、今後の注目の対戦カードは、女子は金蘭会vs細田学園、男子は鎮西vs東海大相模、洛南vs岡山東商業だと話し合った。

今年の春の高校バレーに出場する、男子の洛南高校を紹介する。洛南高校は、去年の春の高校バレーの決勝戦で、鎮西高校に敗れた。さらに、去年のインターハイの決勝戦でも、市立尼崎に敗れた。しかし洛南高校には、4人の優れた選手がいる。それが、大塚達宣、垂水優芽、中島明良、山本龍。全員3年生で、超高校級の攻撃力を持つ、洛南カルテット。彼らが、春の高校バレーへの意気込みを語った。


武蔵の森総合スポーツプラザ

今年の春の高校バレーの、女子の2回戦の、下北沢成徳(東京)vs郡山女子大附属(福島)の試合の、ダイジェスト映像。石川真佑などの活躍で、2−0で下北沢成徳が勝利した。試合後に、アナウンサーの宮司愛海が、下北沢成徳の石川真佑にインタビューを行い、石川真佑が、勝てた喜びや、次の試合への意気込みを語った。

アナウンサーの宮司愛海、解説者の川合俊一が、春の高校バレーの会場である、武蔵の森総合スポーツプラザからオープニングトーク。先ほどの、下北沢成徳の勝利を称賛した。そして、今後の注目の対戦カードは、女子は金蘭会vs細田学園、男子は鎮西vs東海大相模、洛南vs岡山東商業だと話し合った。

男子の2回戦の、洛南(京都)vs岡山東商業(岡山)の試合の、ダイジェスト映像。洛南カルテットの、山本龍、中島明良、垂水優芽、大塚達宣の活躍で、2−0で洛南が勝利した。試合後に、洛南カルテットの4人がインタビューを受けて、勝利した喜びや、次の試合への意気込みを語った。


「川合俊一」に関連するイベント情報

春の高校バレー

今年の春の高校バレーに出場する、女子の下北沢成徳高校を紹介。下北沢成徳は、荒木絵里香、木村沙織、黒後愛など、ロンドン五輪や世界選手権に出場した選手を、数多く輩出している。さらに今年は、インターハイ、国民体育大会との三冠もかかっている。その下北沢成徳のエースが、石川真佑。彼女は、男子の日本代表の石川祐希の妹。去年は準決勝で敗れたが、今年は、卒業生の黒後愛と共に、練習をしてきた。石川真佑が、春の高校バレーへの意気込みを語った。

今年の春の高校バレーの、女子の2回戦の、下北沢成徳(東京)vs郡山女子大附属(福島)の試合の、ダイジェスト映像。石川真佑などの活躍で、2−0で下北沢成徳が勝利した。試合後に、アナウンサーの宮司愛海が、下北沢成徳の石川真佑にインタビューを行い、石川真佑が、勝てた喜びや、次の試合への意気込みを語った。

アナウンサーの宮司愛海、解説者の川合俊一が、春の高校バレーの会場である、武蔵の森総合スポーツプラザからオープニングトーク。先ほどの、下北沢成徳の勝利を称賛した。そして、今後の注目の対戦カードは、女子は金蘭会vs細田学園、男子は鎮西vs東海大相模、洛南vs岡山東商業だと話し合った。

今年の春の高校バレーに出場する、男子の洛南高校を紹介する。洛南高校は、去年の春の高校バレーの決勝戦で、鎮西高校に敗れた。さらに、去年のインターハイの決勝戦でも、市立尼崎に敗れた。しかし洛南高校には、4人の優れた選手がいる。それが、大塚達宣、垂水優芽、中島明良、山本龍。全員3年生で、超高校級の攻撃力を持つ、洛南カルテット。彼らが、春の高校バレーへの意気込みを語った。

男子の2回戦の、洛南(京都)vs岡山東商業(岡山)の試合の、ダイジェスト映像。洛南カルテットの、山本龍、中島明良、垂水優芽、大塚達宣の活躍で、2−0で洛南が勝利した。試合後に、洛南カルテットの4人がインタビューを受けて、勝利した喜びや、次の試合への意気込みを語った。

山梨県代表の日本航空女子バレー部を指揮するのがかつて日本代表を率いた葛和伸元監督。リーグ優勝2回、日本代表監督を歴任。去年4月には初めて高校バレーの監督に就任。1年目で日本航空を4年ぶりの春高出場に導いた。


下北沢成徳

今年の春の高校バレーに出場する、女子の下北沢成徳高校を紹介。下北沢成徳は、荒木絵里香、木村沙織、黒後愛など、ロンドン五輪や世界選手権に出場した選手を、数多く輩出している。さらに今年は、インターハイ、国民体育大会との三冠もかかっている。その下北沢成徳のエースが、石川真佑。彼女は、男子の日本代表の石川祐希の妹。去年は準決勝で敗れたが、今年は、卒業生の黒後愛と共に、練習をしてきた。石川真佑が、春の高校バレーへの意気込みを語った。

今年の春の高校バレーの、女子の2回戦の、下北沢成徳(東京)vs郡山女子大附属(福島)の試合の、ダイジェスト映像。石川真佑などの活躍で、2−0で下北沢成徳が勝利した。試合後に、アナウンサーの宮司愛海が、下北沢成徳の石川真佑にインタビューを行い、石川真佑が、勝てた喜びや、次の試合への意気込みを語った。

アナウンサーの宮司愛海、解説者の川合俊一が、春の高校バレーの会場である、武蔵の森総合スポーツプラザからオープニングトーク。先ほどの、下北沢成徳の勝利を称賛した。そして、今後の注目の対戦カードは、女子は金蘭会vs細田学園、男子は鎮西vs東海大相模、洛南vs岡山東商業だと話し合った。


下北沢成徳

あすは2回戦。解説の川合俊一が注目点を語った。あわせて宮司愛海アナが下北沢成徳の石川真佑選手&鎮西の水町泰杜選手にインタビューした様子を紹介した。