ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「川添永津子」の検索結果

「川添永津子」に関連する情報 125件中 1〜10件目

両国国技館

貴乃花親方の処分についてスポーツ紙も大きく伝えていて、毎日新聞では日馬富士はきょうにも略式起訴すると報じている。先ほど臨時理事会が終了したと伝え、玉木正之は事の重大さを考えると時間が短いのではないかと話した。理事会の貴乃花親方の様子と、きょうの臨時理事会の様子を映像で紹介した。貴乃花親方はについて、鎌田靖は処分はこの場で受け入れるとみられると話した。貴乃花親方は理事会での処分について、「相撲協会は処分したいならすればいい、私はこのままで終わるつもりはない」とコメントしている。

両国国技館から川添永津子が中継。先ほど理事会が終わってすぐに貴乃花親方を乗せた車が出てきたとみられている。貴乃花親方の処分についての情報は入ってきていない。山本義幸が貴乃花部屋から中継で、報道陣は貴乃花親方が出てくるのを待っている状況だと伝えた。

理事会の席順について、鎌田靖は席順までは分からないが毎回貴乃花親方の正面に八角理事長いるというのが続いていると話した。貴乃花親方の責任は2つあり、暴行事件で警察に被害届を提出しながら協会へ一切報告しなかったことと、結束して協力していくことを決議したのにかかわらず、今月18日まで貴ノ岩への聴取要請を拒否したこと。貴乃花親方の処分について、藤原家康弁護士によると理事会でけん責などの処分が出た場合、評議員会で認められなければ重い処分を求めることも可能だという。


両国国技館

両国国技館から川添永津子が中継。午後1時過ぎに理事会が始まり、その様子の映像を紹介。きょうは貴乃花親方ら3人の処分が話し合われるのではないかといわれているが、貴乃花親方は本人の聴取が終わっていないということで処分は見送られるのではないかという情報もある。

理事会の中継映像を見た玉木正之は戦う雰囲気で、何を話すのか気になると話した。検察の判断が出るまでは協力しないと言っていた貴乃花親方だったが、理事会の前日になって貴ノ岩の聞き取りに応じる趣旨の文書を日本相撲協会に送ったことが分かった。これによりきょうの理事会は貴乃花親方の聴取が終わってないとして処分は再検討の見通し。鎌田靖によると、検察の判断は検察の処分と思われていたが貴乃花親方が前倒しした可能性あるという。八代英輝は報道ではきょうにも処分かといわれていたが、相撲協会がありえないことをしてもおかしくはないと話した。理事から降格すると、給料の減額や部長職から外れることになる。伊藤聡子は日馬富士の起訴が決まった後に聴取に協力するとなると、目的は起訴だったのかと捉えられてしまうと語った。


両国国技館

まもなく相撲協会理事会が行われる。両国国技館から川添永津子が中継、入り口付近に報道陣が駆けつけているがまだ理事は誰も姿を現していないと説明した。出席は10人ほどを予定しているが、注目は貴乃花親方と伊勢ヶ濱親方、2人は日馬富士の引退会見後初の顔合わせとなる。


けいれん

東京都千代田区にある日比谷公園から中継していたが、このような身近な公園でも命の危険に関わるキノコがあるという。キノコ講座を行う大舘一夫さんは公園に生えていたオオツルタケを見せたが、このキノコは灰色で放射状の線があり、下痢やおう吐など消化器系の中毒を起こすというが、実際に食べると美味しいという話もした。このキノコは裏側のひだから胞子を飛ばすのだという。また、ヒメカタショウロという球形のキノコはキノコの中に胞子を作るのだといい、食べると知覚障害やけいれんを起こすのだという。川添永津子さんはカラフルなのが毒キノコだと思ったが、地味な色でも毒キノコの可能性があるとコメントした。しかし園内からはキッコウアワタケという無害な食用のキノコも見つかった。成熟すると亀甲のように表面がひび割れ、グラタンなどの洋食と相性が良いのだという。大館さんからは注意点を挙げた貰ったが、形や色で調べるのではなく無毒なキノコと有毒なキノコを1種類ずつ覚えていくしか無いのだという。また、オオシロカラカサタケのように形が変わるものもあり、それも注意が必要なのだという。しかし、厚生労働省にはキノコは採らない・食べない・売らない・人にあげない事が大事なのだと書いてあったという。


知覚障害

東京都千代田区にある日比谷公園から中継していたが、このような身近な公園でも命の危険に関わるキノコがあるという。キノコ講座を行う大舘一夫さんは公園に生えていたオオツルタケを見せたが、このキノコは灰色で放射状の線があり、下痢やおう吐など消化器系の中毒を起こすというが、実際に食べると美味しいという話もした。このキノコは裏側のひだから胞子を飛ばすのだという。また、ヒメカタショウロという球形のキノコはキノコの中に胞子を作るのだといい、食べると知覚障害やけいれんを起こすのだという。川添永津子さんはカラフルなのが毒キノコだと思ったが、地味な色でも毒キノコの可能性があるとコメントした。しかし園内からはキッコウアワタケという無害な食用のキノコも見つかった。成熟すると亀甲のように表面がひび割れ、グラタンなどの洋食と相性が良いのだという。大館さんからは注意点を挙げた貰ったが、形や色で調べるのではなく無毒なキノコと有毒なキノコを1種類ずつ覚えていくしか無いのだという。また、オオシロカラカサタケのように形が変わるものもあり、それも注意が必要なのだという。しかし、厚生労働省にはキノコは採らない・食べない・売らない・人にあげない事が大事なのだと書いてあったという。


「川添永津子」に関連するグルメ情報

グラタン

東京都千代田区にある日比谷公園から中継していたが、このような身近な公園でも命の危険に関わるキノコがあるという。キノコ講座を行う大舘一夫さんは公園に生えていたオオツルタケを見せたが、このキノコは灰色で放射状の線があり、下痢やおう吐など消化器系の中毒を起こすというが、実際に食べると美味しいという話もした。このキノコは裏側のひだから胞子を飛ばすのだという。また、ヒメカタショウロという球形のキノコはキノコの中に胞子を作るのだといい、食べると知覚障害やけいれんを起こすのだという。川添永津子さんはカラフルなのが毒キノコだと思ったが、地味な色でも毒キノコの可能性があるとコメントした。しかし園内からはキッコウアワタケという無害な食用のキノコも見つかった。成熟すると亀甲のように表面がひび割れ、グラタンなどの洋食と相性が良いのだという。大館さんからは注意点を挙げた貰ったが、形や色で調べるのではなく無毒なキノコと有毒なキノコを1種類ずつ覚えていくしか無いのだという。また、オオシロカラカサタケのように形が変わるものもあり、それも注意が必要なのだという。しかし、厚生労働省にはキノコは採らない・食べない・売らない・人にあげない事が大事なのだと書いてあったという。


「川添永津子」に関連するグルメ情報

キッコウアワタケ

東京都千代田区にある日比谷公園から中継していたが、このような身近な公園でも命の危険に関わるキノコがあるという。キノコ講座を行う大舘一夫さんは公園に生えていたオオツルタケを見せたが、このキノコは灰色で放射状の線があり、下痢やおう吐など消化器系の中毒を起こすというが、実際に食べると美味しいという話もした。このキノコは裏側のひだから胞子を飛ばすのだという。また、ヒメカタショウロという球形のキノコはキノコの中に胞子を作るのだといい、食べると知覚障害やけいれんを起こすのだという。川添永津子さんはカラフルなのが毒キノコだと思ったが、地味な色でも毒キノコの可能性があるとコメントした。しかし園内からはキッコウアワタケという無害な食用のキノコも見つかった。成熟すると亀甲のように表面がひび割れ、グラタンなどの洋食と相性が良いのだという。大館さんからは注意点を挙げた貰ったが、形や色で調べるのではなく無毒なキノコと有毒なキノコを1種類ずつ覚えていくしか無いのだという。また、オオシロカラカサタケのように形が変わるものもあり、それも注意が必要なのだという。しかし、厚生労働省にはキノコは採らない・食べない・売らない・人にあげない事が大事なのだと書いてあったという。


ヒメカタショウロ

東京都千代田区にある日比谷公園から中継していたが、このような身近な公園でも命の危険に関わるキノコがあるという。キノコ講座を行う大舘一夫さんは公園に生えていたオオツルタケを見せたが、このキノコは灰色で放射状の線があり、下痢やおう吐など消化器系の中毒を起こすというが、実際に食べると美味しいという話もした。このキノコは裏側のひだから胞子を飛ばすのだという。また、ヒメカタショウロという球形のキノコはキノコの中に胞子を作るのだといい、食べると知覚障害やけいれんを起こすのだという。川添永津子さんはカラフルなのが毒キノコだと思ったが、地味な色でも毒キノコの可能性があるとコメントした。しかし園内からはキッコウアワタケという無害な食用のキノコも見つかった。成熟すると亀甲のように表面がひび割れ、グラタンなどの洋食と相性が良いのだという。大館さんからは注意点を挙げた貰ったが、形や色で調べるのではなく無毒なキノコと有毒なキノコを1種類ずつ覚えていくしか無いのだという。また、オオシロカラカサタケのように形が変わるものもあり、それも注意が必要なのだという。しかし、厚生労働省にはキノコは採らない・食べない・売らない・人にあげない事が大事なのだと書いてあったという。


オオツルタケ

東京都千代田区にある日比谷公園から中継していたが、このような身近な公園でも命の危険に関わるキノコがあるという。キノコ講座を行う大舘一夫さんは公園に生えていたオオツルタケを見せたが、このキノコは灰色で放射状の線があり、下痢やおう吐など消化器系の中毒を起こすというが、実際に食べると美味しいという話もした。このキノコは裏側のひだから胞子を飛ばすのだという。また、ヒメカタショウロという球形のキノコはキノコの中に胞子を作るのだといい、食べると知覚障害やけいれんを起こすのだという。川添永津子さんはカラフルなのが毒キノコだと思ったが、地味な色でも毒キノコの可能性があるとコメントした。しかし園内からはキッコウアワタケという無害な食用のキノコも見つかった。成熟すると亀甲のように表面がひび割れ、グラタンなどの洋食と相性が良いのだという。大館さんからは注意点を挙げた貰ったが、形や色で調べるのではなく無毒なキノコと有毒なキノコを1種類ずつ覚えていくしか無いのだという。また、オオシロカラカサタケのように形が変わるものもあり、それも注意が必要なのだという。しかし、厚生労働省にはキノコは採らない・食べない・売らない・人にあげない事が大事なのだと書いてあったという。


日比谷公園

東京都千代田区にある日比谷公園から中継していたが、このような身近な公園でも命の危険に関わるキノコがあるという。キノコ講座を行う大舘一夫さんは公園に生えていたオオツルタケを見せたが、このキノコは灰色で放射状の線があり、下痢やおう吐など消化器系の中毒を起こすというが、実際に食べると美味しいという話もした。このキノコは裏側のひだから胞子を飛ばすのだという。また、ヒメカタショウロという球形のキノコはキノコの中に胞子を作るのだといい、食べると知覚障害やけいれんを起こすのだという。川添永津子さんはカラフルなのが毒キノコだと思ったが、地味な色でも毒キノコの可能性があるとコメントした。しかし園内からはキッコウアワタケという無害な食用のキノコも見つかった。成熟すると亀甲のように表面がひび割れ、グラタンなどの洋食と相性が良いのだという。大館さんからは注意点を挙げた貰ったが、形や色で調べるのではなく無毒なキノコと有毒なキノコを1種類ずつ覚えていくしか無いのだという。また、オオシロカラカサタケのように形が変わるものもあり、それも注意が必要なのだという。しかし、厚生労働省にはキノコは採らない・食べない・売らない・人にあげない事が大事なのだと書いてあったという。