ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「川田広樹」の検索結果

「川田広樹」に関連する情報 521件中 1〜10件目

肺塞栓症

川田広樹は6月に肺塞栓症にかかり緊急入院した。ネタの最中に息苦しくなり病院に行って判明した。川田広樹は「告知されるときの沈黙が怖い」と話した。今も通院しながら血液をサラサラにする薬を飲んでいる。


デイリースポーツ

川田広樹が急性肺塞栓症のため、当面休養することがわかった。川田が先週精密検査を受けたという。今後は通院しながら治療に専念し、2週間程度の自宅療養をする予定。(デイリースポーツ)

東方神起が昨日、日産スタジアムで史上初となる3日間公演「東方神起 LIVE TOUR 〜Begin Again〜 Special Edition in NISSAN STADIUM」の最終日を迎えた。3日間で22万人を動員したライブは、兵役を終えて再始動した2人が去年11月にスタートさせた全国ツアーの特別追加公演。昨日は土砂降りの雨の中、全24曲の熱いパフォーマンスを披露した。今回のツアーで、東方神起は海外アーティストとしては初となる1ツアーでの動員数100万人を突破している。(デイリースポーツ)


急性肺塞栓症

川田広樹が急性肺塞栓症のため、当面休養することがわかった。川田が先週精密検査を受けたという。今後は通院しながら治療に専念し、2週間程度の自宅療養をする予定。(デイリースポーツ)


「川田広樹」に関連するグルメ情報

冷や汁

きょうはガレッジセールの川田広樹さんが病気でお休み。今回のゲストはアンガールズの2人と、ISSAさん、Nikiさん、佐野史郎さん。スタジオでは、夏になると必ずすることについて佐野さんはに冷や汁ってあるじゃないですか。あれ初めて食べた時になんて美味しいんだろうと思って、夏になるとまとめて作っちゃいます」など述べた。


急性肺塞栓症

ガレッジセールの川田広樹さんが急性肺塞栓症の為、休養することが発表された。急性肺塞栓症とは心臓から肺に血液を送る肺動脈に血栓がつまることで発症し、酸素のガス交換ができなくなって呼吸困難になるという。水分補給をしっかりとり血液が濃くならないようにすることが重要だと医師が話した。


急性肺塞栓症

ガレッジセールの川田広樹さんが体調不良を訴えて3日前に精密検査を受けると、急性肺塞栓症と診断されて休養を発表した。この病気では肺動脈に血栓ができることで血の循環がうまく行かず、息切れや血圧の低下が起こるという症状があるといい、通院しながら治療を行い、約2週間の自宅療養を行う。また、復帰時期は医師と相談して決めるとしている。


「川田広樹」に関連するグルメ情報

ジャンボシュークリーム

川田広樹と虻川美穂子が「銀座コージーコーナー 銀座1丁目本店」を取材。こちらの2大看板メニューが「苺のショートケーキ」と「ジャンボシュークリーム」。ショートケーキは1973年からあるメニュー、時代に合わせて何度もリニューアルしている。今年2月のリニューアルではスポンジを改良、卵の風味と口どけの良さを追求した。シュークリームは1984年から累計8億個を販売、カスタードクリームとホイップクリームを混ぜることで軽いのに濃厚さを出し、今年1月にシュー生地を改良した。

「銀座コージーコーナー」の人気メニュー「苺のショートケーキ」と「ジャンボシュークリーム」。全店舗で5月1日〜7日を集計、多く売れたのはどちらか出演者らが予想した。正解は「苺のショートケーキ」が約10万個、「ジャンボシュークリーム」が約40万個。正解した金子貴俊と長野博がシュークリームを味わった。


「川田広樹」に関連するグルメ情報

苺のショートケーキ

川田広樹と虻川美穂子が「銀座コージーコーナー 銀座1丁目本店」を取材。こちらの2大看板メニューが「苺のショートケーキ」と「ジャンボシュークリーム」。ショートケーキは1973年からあるメニュー、時代に合わせて何度もリニューアルしている。今年2月のリニューアルではスポンジを改良、卵の風味と口どけの良さを追求した。シュークリームは1984年から累計8億個を販売、カスタードクリームとホイップクリームを混ぜることで軽いのに濃厚さを出し、今年1月にシュー生地を改良した。

「銀座コージーコーナー」の人気メニュー「苺のショートケーキ」と「ジャンボシュークリーム」。全店舗で5月1日〜7日を集計、多く売れたのはどちらか出演者らが予想した。正解は「苺のショートケーキ」が約10万個、「ジャンボシュークリーム」が約40万個。正解した金子貴俊と長野博がシュークリームを味わった。


「川田広樹」に関連するレストラン・飲食店

川田広樹と虻川美穂子が「銀座コージーコーナー 銀座1丁目本店」を取材。こちらの2大看板メニューが「苺のショートケーキ」と「ジャンボシュークリーム」。ショートケーキは1973年からあるメニュー、時代に合わせて何度もリニューアルしている。今年2月のリニューアルではスポンジを改良、卵の風味と口どけの良さを追求した。シュークリームは1984年から累計8億個を販売、カスタードクリームとホイップクリームを混ぜることで軽いのに濃厚さを出し、今年1月にシュー生地を改良した。

 (カフェ、ケーキ、西洋各国料理(その他))

「川田広樹」に関連するグルメ情報

コートレット

川田広樹と虻川美穂子が洋食店「煉瓦亭」を取材。明治28年創業、数々の文豪に愛された名店。店の看板メニューである「元祖ポークカツ」と「元祖ハヤシライス」、どちらが売れているのか対決。「元祖ポークカツ」は国産豚を塩コショウして一晩寝かせて味を染み込ませ、パン粉をつけて揚げる。元々はフランス料理のコートレットがきっかけで生まれた。「元祖ハヤシライス」はデミグラスソースを1週間かけて煮込んでおり、更に味付けに1週間、合計2週間かけて作っている。