ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「川田裕美」の検索結果

「川田裕美」に関連する情報 724件中 1〜10件目

「川田裕美」に関連するグルメ情報

ホットケーキミックス

スタジオトークで、愛知出身の滝藤賢一は鬼まんじゅうは子どもの頃から食べていると話した。浅田舞は実家が梅花堂の近くでよく食べたと話した。浅田は子どもの頃にホットケーキミックスで作ってくれたと話した。川田裕美は蒸しパンだと思って食べて、美味しかったと話した。陣内孝則は中日劇場で差し入れでもらい食べたと話した。土田晃之は晩ごはんを食べに来ているので嬉しいと話した。


「川田裕美」に関連するグルメ情報

鬼まんじゅう

スタジオトークで、愛知出身の滝藤賢一は鬼まんじゅうは子どもの頃から食べていると話した。浅田舞は実家が梅花堂の近くでよく食べたと話した。浅田は子どもの頃にホットケーキミックスで作ってくれたと話した。川田裕美は蒸しパンだと思って食べて、美味しかったと話した。陣内孝則は中日劇場で差し入れでもらい食べたと話した。土田晃之は晩ごはんを食べに来ているので嬉しいと話した。

スタジオで出演者が鬼まんじゅうの試食をした。みのもんたはモチモチ感がいいと絶賛。白鳥久美子は「冷めててここまで美味しいので、福島でも真似して作ればいい」と話した。狩野英孝は「なぜか懐かしいし重さもちょうどいい」と話した。土田晃之が「2度と呼ばれないんじゃないか」と指摘。


梅花堂

スタジオトークで、愛知出身の滝藤賢一は鬼まんじゅうは子どもの頃から食べていると話した。浅田舞は実家が梅花堂の近くでよく食べたと話した。浅田は子どもの頃にホットケーキミックスで作ってくれたと話した。川田裕美は蒸しパンだと思って食べて、美味しかったと話した。陣内孝則は中日劇場で差し入れでもらい食べたと話した。土田晃之は晩ごはんを食べに来ているので嬉しいと話した。


「川田裕美」に関連するグルメ情報

むっちゃん万十 黒あん

福岡県のむっちゃん万十は様々なバリエーションがあった。たこ焼き風、角煮が入ったとんとん、黒あんもあった。西鉄香椎店代表の玉木紀充さんは9種類ありハムエッグが200〜300個売れるが黒あんは20個程度だと話した。

スタジオトークで、陣内孝則は上京して40年経つので自分がいた時は「むっちゃん万十」はなかったとし、最近初めて食べて美味しかったと話した。的場浩司は甘いあんこを食べてからハムエッグにいきたいと話した。川田裕美はたい焼きの見た目であんこじゃなくハムエッグが人気なのは事件だと話した。平松翔馬はオリジナルマヨネーズは1kg1000円で店頭で販売していると話した。


「川田裕美」に関連するグルメ情報

むっちゃん万十 ハムエッグ

福岡県のむっちゃん万十は様々なバリエーションがあった。たこ焼き風、角煮が入ったとんとん、黒あんもあった。西鉄香椎店代表の玉木紀充さんは9種類ありハムエッグが200〜300個売れるが黒あんは20個程度だと話した。

スタジオトークで、陣内孝則は上京して40年経つので自分がいた時は「むっちゃん万十」はなかったとし、最近初めて食べて美味しかったと話した。的場浩司は甘いあんこを食べてからハムエッグにいきたいと話した。川田裕美はたい焼きの見た目であんこじゃなくハムエッグが人気なのは事件だと話した。平松翔馬はオリジナルマヨネーズは1kg1000円で店頭で販売していると話した。

一同大絶賛、福岡県民熱愛むっちゃん万十大試食会


「川田裕美」に関連するイベント情報

大阪マラソン

元読売テレビアナウンサーの川田裕美は、アシスタントをしていたミヤネ屋で大阪マラソンに参加することになり、5時間を切ることを目標に掲げた。そこで、川田は半年前から猛特訓。当日は晴れて気温は26℃まで上がったため、川田は直射日光の熱から肌を守る服装をし、水分補給も行ったという。しかし、30キロを過ぎた時点から体調に異変が起き、途中で嘔吐。気力で走りきり5時間を切る好タイムでゴールしたものの、自力では歩けず、水分補給とアイシングでなんとか回復したという。ここで、「原因は水分不足。マラソン中(?)が嫌で熱中症に」という問題が出題された。北斗晶は24時間テレビで走った経験から「トイレが嫌だったのでは」と回答。これが正解で、「トイレ休憩が嫌で水を飲まないようにしていた」だった。


読売テレビ

元読売テレビアナウンサーの川田裕美は、アシスタントをしていたミヤネ屋で大阪マラソンに参加することになり、5時間を切ることを目標に掲げた。そこで、川田は半年前から猛特訓。当日は晴れて気温は26℃まで上がったため、川田は直射日光の熱から肌を守る服装をし、水分補給も行ったという。しかし、30キロを過ぎた時点から体調に異変が起き、途中で嘔吐。気力で走りきり5時間を切る好タイムでゴールしたものの、自力では歩けず、水分補給とアイシングでなんとか回復したという。ここで、「原因は水分不足。マラソン中(?)が嫌で熱中症に」という問題が出題された。北斗晶は24時間テレビで走った経験から「トイレが嫌だったのでは」と回答。これが正解で、「トイレ休憩が嫌で水を飲まないようにしていた」だった。


熱中症

1時限目は「名探偵コナン君と推理!芸能人を襲った熱中症ミステリー」。毎年5万人以上が救急搬送され、多い時は1000人以上の死亡者が出る熱中症。帝京大学医学部附属病院・三宅康史医師は「梅雨明け直後、暑くなると若い方でも一発で熱中症になる」と話す。まずは、杉浦太陽が熱中症にかかった事例を紹介。杉浦は、冷房のスタジオ収録で一生懸命しゃべり過ぎたことで、脱水症状になったという。

救急医療のエキスパート・三宅康史先生と名探偵コナン君がスタジオに登場した。三宅先生は「人は1日呼吸するだけで300mlくらいの水分を失っている」と話した。

元読売テレビアナウンサーの川田裕美は、アシスタントをしていたミヤネ屋で大阪マラソンに参加することになり、5時間を切ることを目標に掲げた。そこで、川田は半年前から猛特訓。当日は晴れて気温は26℃まで上がったため、川田は直射日光の熱から肌を守る服装をし、水分補給も行ったという。しかし、30キロを過ぎた時点から体調に異変が起き、途中で嘔吐。気力で走りきり5時間を切る好タイムでゴールしたものの、自力では歩けず、水分補給とアイシングでなんとか回復したという。ここで、「原因は水分不足。マラソン中(?)が嫌で熱中症に」という問題が出題された。北斗晶は24時間テレビで走った経験から「トイレが嫌だったのでは」と回答。これが正解で、「トイレ休憩が嫌で水を飲まないようにしていた」だった。

伊集院光が熱中症患者役になり、菊池風磨らがそれぞれ考えた「正しい水の飲ませ方」を披露した。


ローソンプリペイドカード6万円

めざましじゃんけんが行われ川田裕美と梅沢富美男はパーを出した。今週は賞品は「ローソンプリペイドカード6万円」10名様に抽選でプレゼント。


「川田裕美」に関連するグルメ情報

雪見だいふく

Toshlと川田裕美は「明治エッセルスーパーカップ 超バニラ」を1位予想。太田は「レディーボーデン」、ウエンツは「チョコモナカジャンボ」、東山は「雪見だいふく」を1位に予想している。

第4位はロッテの雪見だいふく。1981年に発売され、柔らかい持ちとバニラアイスを包んだ。ロッテを代表する看板商品。モチモチのお餅が最高などの意見があった。雪見だいふくは秋冬しか発売されていなかったが今年の4月からは春夏にも販売されるようになった。雪見だいふくの前進は「わたぼうし」と呼ばれる商品。もちではなく当時はマシュマロで包んでいた。工場ではもち米を使ったもちを生成、冷えても固くならないもちで、アイスを包むには包餡機で包んでいるが左右にもちとアイスがセットされていて真ん中で一つになる。アイスと餅が入ったものをカットしている状態にする。楽しみ方の一つにはうさぎのレアピックが約50個に一本の確率で入っている。