ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「干場義雅」の検索結果

「干場義雅」に関連する情報 550件中 1〜10件目

「干場義雅」に関連する本・コミック・雑誌

パパがママへプレゼントしたのは写真集の「奇界遺産2」。その中に干場義雅さんが勝手に写真集に挟んでいたのは本人がお気に入りのイタリア・チンクエ・テッレの写真。 「ある意味これも奇界遺産」「ぼくも日めくりカレンダーほしい」など干場さんは述べていた。

「奇界遺産2」

Amazon.co.jp


「干場義雅」に関連するグルメ情報

ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ

オシャレのカリスマのもとに向かった家族だったが、ここで現れたのは「OCEANS」でも活躍する干場義雅さんと、ヘアメイクの越智めぐみさんで、干場さんはパパのファッションについて30点とコメントしていたが、その横では娘さんの歯が抜けていた。


OCEANS

オシャレのカリスマのもとに向かった家族だったが、ここで現れたのは「OCEANS」でも活躍する干場義雅さんと、ヘアメイクの越智めぐみさんで、干場さんはパパのファッションについて30点とコメントしていたが、その横では娘さんの歯が抜けていた。

次に向かったのは多くの有名人や人気モデルも通うヘアサロンのALFALANで、パパの髪をOCEANSの越智さんが髪をセットしたが、ポイントはサイドと襟足を短く・トップは長めにしてルーズなパーマをかけることで抜け感を出したことだという。続いてママのカットも行ったが、こちらは頭や顔のラインが綺麗に見えるような大人のショートスタイルにしたと話していて、子供たちはママの髪を見ると可愛いと話していた。


ニット

薬丸裕英らがオープニングの挨拶。今日の特集は「大人のニット着こなし術」。教えてくれるのはファッションディレクター・干場義雅さん。特集に協力するのは、「昔のようにニットを着こなせなくなった」という村木さんと、「ニットを着ると老けて見られる」という真田さん。干場さんは、今2人が着ているニットを活かしたコーディネートをすることに。

パンツを換えるだけで印象が変わるコーディネート紹介。一行が訪れたのはGAP。店内には、老若男女が楽しめる最新のニットが並ぶ。まずは、「昔のようにニットを着こなせなくなった」という悩みを解消する。白のニットを着ている場合、パンツは濃い色でしめる事がポイント。選んだのは黒いズボン。また、手首・足首を出す事で女性らしさが演出できる。

次は、「ニットを着ると老けて見られる」という悩みの解消。コーディネート開始。配色を減らす事で、オシャレ感をアップできる。パンツをグレーのジーンズに換えシャツを脱いだだけで、印象が若々しくなった。干場流コーディネートの鉄則は、シンプルな色使い。そうすることで、しまった印象に見えるのだそう。

干場さんが挙げたニットの着こなし術のポイントをおさらいした。「色数を絞ることが大切!」「初心者は1色でコーディネート」「手首・足首を出す」。

干場流ニットの法則。やってきたのは、SHIPS。ニットの法則1は、ニットの種類。ニットの糸の太さをゲージと呼び、その太さによってハイゲージなど印象の違いを楽しむ事ができる。ニットの法則2は、今年流行するカラー。今年は、イエローなど華やかなカラーが流行。ニットの法則3、体型に合わせたニットの選び方。裾に行くほど広がるケーブル編みなど、騙しを活用し体型をカバーする事がポイント。また、首周りが広いニットは小顔効果がある。ニットの法則4、ニットの組み合わせテクニック。色物を一点使ったら、他の者は色を使わないのがポイント。華やかなカラーのニットには、ベーシックカラーのパンツをあせると良い。ニットの法則5、若見え鉄板ニット。

干場流若見え鉄板ニットコーデ。若見え鉄板ニットは、黒のタートルネック。男女問わず、一つは持っておいた方が良い商品だ。これに合わせるのは、同じく黒のレザースカート。その上に、フェイクファーのジャケットをあわせる。仕上がりは、首元を隠す事で若々しい印象になった。続いて男性のコーディネート。黒のタートルネックに、ハーフコートをあわせる。こちらもコーディネート成功。

干場さんからプレゼント。大人のニットコーデに相応しい場所に案内する。やってきたのは、汐留シティセンター41階レスアルカーナ プレミアというレストラン。都心を一望でき、女性にランチビュッフェが大評判。その1角にあるルミヴェール東京で出演者らがコーディネートを披露した。フルコーティネートの総額はそれぞれ75500円と53500円。ポイントは黒のタートルネックのニットだ。

村木さんと真田さんのコーディネートを振り返り、ポイントをおさらいした。村木さんは「黒のタートルネックで首元に品を」「黒一色で統一感を出す」。真田さんは「黒のタートルネック」「黒・グレーの同系色コーデ」「マフラーの差し色がアクセント」。


レザー

薬丸裕英らがオープニングの挨拶。今日の特集は「干場流 シニア世代にもカッコよく着られるレザーのすすめ」。ファッションディレクター・干場義雅さんがシニア世代のレザー着こなし術を伝授。特集に協力してくれるのは、レザーを着る機会が減ったという内山さん、レザーのTPOがわからないという上原さん。

上原さんのライダースジャケットを活かしたコーディネートを紹介する。干場流レザー着こなし術1つ目は色使いは最小限にとどめる。インナーに黒を選ぶことで引き締め効果が出る。干場流レザー着こなし術2つ目は素材はSOFT&HARDでバランスをとる。黒のタートルネックに黒のタイトスカートとパンプスを合わせる。さらにハーフコートのレザーの場合はスカートをスラックスに変えるだけでいい。干場流レザー着こなし術3つ目は年齢にあった仕立ての良いものを選ぶ。

内山さんの手持ちのレザーを使ったコーディネートを紹介する。干場流レザー着こなし術1つ目はインナーのアイテムで雰囲気を作る。2つ目はハードな素材はソフトなアイテムで中和させる。インナーをタートルネックKNITに靴をスエードのブーツに変えた。茶色のライダースジャケットの場合はスボンを無地の黒に変えるだけでいい。

手持ちのレザーを使用した、内山さんと上原さんのコーディネートを振り返る。大人の革コーデは、たくさんの色を使わずシンプルにまとめるのが良いと干場が改めて説明。このあとは失敗しないレザーの購入術を伝授。

H&Mの商品を使用した、内山さんと上原さんのコーディネートを振り返る。薬丸と香坂が「2人とも似合ってるからすごいですね」「舘ひろしさんかと思っちゃった」とコメント。また香坂は「いい革ももちろん勉強し知ってから買いたいけど、その前にこういうお手頃なもので何が似合うのか試すのがいいですね」と語り、干場も賛同。


サンダル

続いては松島さん。松島さんの悩みはお腹・お尻・背中・腕周り・お尻。気になるボディーラインを隠したいので黒のオーバーサイズを選んでしまうそう。そんな松島さんのために選んだTシャツのカラーは白。デニムは松島さんの着ていたものそのまま。上着は紺色のもの。気になる部分の対処法として引き締め効果がある濃い色のアイテムでカバーするのが良いとのこと。また、ヒップラインも濃い目の着丈の長いアイテムでカバーするのが良い。干場義雅さんは、「大人は丸首Tシャツが良いです。」と話した。年齢が出やすい首元は丸首で覆った方が上品になる。松島さんにトータルコーディネートを行う。コンセプトは「リゾートにいる夏のイタリアマダム」。白と紺のコントラストでボディーラインを引き締めたトータルコーディネート。年齢の出やすい首元をデコルテでカバーするのもポイント。海の似合うイタリアマダムの完成。ジャストサイズの白のTシャツに紺のカーディガンと紺のクロップドパンツを合わせることでボディーラインをカバー。全体的にすっきりとしたシルエットに。ラウンドテイルのTシャツが気になるヒップをカバーしてくれる。


スリムクロップドパンツ

続いては松島さん。松島さんの悩みはお腹・お尻・背中・腕周り・お尻。気になるボディーラインを隠したいので黒のオーバーサイズを選んでしまうそう。そんな松島さんのために選んだTシャツのカラーは白。デニムは松島さんの着ていたものそのまま。上着は紺色のもの。気になる部分の対処法として引き締め効果がある濃い色のアイテムでカバーするのが良いとのこと。また、ヒップラインも濃い目の着丈の長いアイテムでカバーするのが良い。干場義雅さんは、「大人は丸首Tシャツが良いです。」と話した。年齢が出やすい首元は丸首で覆った方が上品になる。松島さんにトータルコーディネートを行う。コンセプトは「リゾートにいる夏のイタリアマダム」。白と紺のコントラストでボディーラインを引き締めたトータルコーディネート。年齢の出やすい首元をデコルテでカバーするのもポイント。海の似合うイタリアマダムの完成。ジャストサイズの白のTシャツに紺のカーディガンと紺のクロップドパンツを合わせることでボディーラインをカバー。全体的にすっきりとしたシルエットに。ラウンドテイルのTシャツが気になるヒップをカバーしてくれる。


カーディガン

続いては松島さん。松島さんの悩みはお腹・お尻・背中・腕周り・お尻。気になるボディーラインを隠したいので黒のオーバーサイズを選んでしまうそう。そんな松島さんのために選んだTシャツのカラーは白。デニムは松島さんの着ていたものそのまま。上着は紺色のもの。気になる部分の対処法として引き締め効果がある濃い色のアイテムでカバーするのが良いとのこと。また、ヒップラインも濃い目の着丈の長いアイテムでカバーするのが良い。干場義雅さんは、「大人は丸首Tシャツが良いです。」と話した。年齢が出やすい首元は丸首で覆った方が上品になる。松島さんにトータルコーディネートを行う。コンセプトは「リゾートにいる夏のイタリアマダム」。白と紺のコントラストでボディーラインを引き締めたトータルコーディネート。年齢の出やすい首元をデコルテでカバーするのもポイント。海の似合うイタリアマダムの完成。ジャストサイズの白のTシャツに紺のカーディガンと紺のクロップドパンツを合わせることでボディーラインをカバー。全体的にすっきりとしたシルエットに。ラウンドテイルのTシャツが気になるヒップをカバーしてくれる。


クルーネックT

続いては松島さん。松島さんの悩みはお腹・お尻・背中・腕周り・お尻。気になるボディーラインを隠したいので黒のオーバーサイズを選んでしまうそう。そんな松島さんのために選んだTシャツのカラーは白。デニムは松島さんの着ていたものそのまま。上着は紺色のもの。気になる部分の対処法として引き締め効果がある濃い色のアイテムでカバーするのが良いとのこと。また、ヒップラインも濃い目の着丈の長いアイテムでカバーするのが良い。干場義雅さんは、「大人は丸首Tシャツが良いです。」と話した。年齢が出やすい首元は丸首で覆った方が上品になる。松島さんにトータルコーディネートを行う。コンセプトは「リゾートにいる夏のイタリアマダム」。白と紺のコントラストでボディーラインを引き締めたトータルコーディネート。年齢の出やすい首元をデコルテでカバーするのもポイント。海の似合うイタリアマダムの完成。ジャストサイズの白のTシャツに紺のカーディガンと紺のクロップドパンツを合わせることでボディーラインをカバー。全体的にすっきりとしたシルエットに。ラウンドテイルのTシャツが気になるヒップをカバーしてくれる。


スニーカー

まずは藤尾さんから。藤尾さんの悩みはお腹周り。体型が出てしまうのでTシャツはあまり好きじゃないそう。またどんな色のものを着たら良いかよくわからないとのこと。セレクトしたのは紺色の丸首Tシャツ。ストレッチがきいていて体にフィットするものだという。干場義雅さんは、「まず体を鍛える所からはじめないといけないですね。」と話した。また紺色を選んだ理由について、干場義雅さんは「白は下着に見えてしまいがちで難しい。白は上級者の色。」と話した。紺色には体型をスリムにみせる効果がある。今回のスタイリングコンセプトは「貫禄のあるイタリアオヤジ」。紺のTシャツをベースに干場さんにトータルコーディネートをしてもらう。選んだデニムの色は白。膨張色である白のデニムを選ぶことによって紺色が引き締まって見える。上着も濃紺のジャケットで引き締め効果が倍増。スタイリッシュなイタリアオヤジが完成した。