ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「平石直之」の検索結果

「平石直之」に関連する情報 116件中 1〜10件目

「平石直之」に関連するイベント情報

九州場所

九州場所が行われている福岡国際センターから中継で、平石直之氏は「酒の入った日馬富士はカラオケの曲を入れる端末で殴りかかろうとし、周囲の力士が止めに入ったが、最終的に貴ノ岩を素手で殴る様子が目撃されている」と伝えた。今回の暴行事件は角界に衝撃を与え、ファンは日馬富士、貴ノ岩の休場に落胆しているという。


福岡国際センター

先月、横綱の日馬富士が貴ノ岩に暴行した事件はモンゴル出身力士たちが中心となった飲み会の席にて起こった。そこに、白鵬、鶴竜、照ノ富士も同席していたことがわかった。モンゴル・ウランバートルで元小結の旭鷲山が取材に応じ、宴席に参加した力士から聞いた話として、日馬富士は酒が入ると気性が荒くなるという。酒量は力士が「半端じゃない」と語るほどだった。日馬富士が暴行を働いた時、白鵬、照ノ富士は止めに入る事態になった。さらに、日本相撲界に有望な若手を送り込むためにモンゴルで育成を行っている元北春日氏も取材に答え、日馬富士が後輩の関取衆に挨拶の重要性などを説いていたところ、貴ノ岩は鳴った携帯に応じ、日馬富士は窘めた。すると貴ノ岩は「もうお前らの時代は終わった。これからは我々の時代」と応じ、騒動に発展したという。

九州場所が行われている福岡国際センターから中継で、平石直之氏は「酒の入った日馬富士はカラオケの曲を入れる端末で殴りかかろうとし、周囲の力士が止めに入ったが、最終的に貴ノ岩を素手で殴る様子が目撃されている」と伝えた。今回の暴行事件は角界に衝撃を与え、ファンは日馬富士、貴ノ岩の休場に落胆しているという。


「平石直之」に関連するイベント情報

大曲の花火

被害はこれだけにとどまらず、明日に控えた大曲の花火の会場が水に浸かってしまっていた。腰のあたりまで押し寄せた茶色い水。重機に乗り復旧作業に当たるのは5代目の花火師の小松煙火工業の小松忠信社長。毎年80万人近くが訪れる大曲の花火は、全国から選ばれた27人の花火師が技を競い花火を打ち上げる。日本一の座をかけた競技花火の大会で、花火師たちの甲子園とも呼ばれている。仙台から訪れた人は、明日までに水が引くのを祈るだけ、と話した。明治43年の開始以来、雨での中止になったことはない。大仙市では先月23日も雄物川が氾濫し800軒以上で浸水被害が出ていた。そこで地元の花火業者4社が激励の花火を上げることにしていた。しかし、会場は水没しており、関係者が手作業で13万人が座る桟敷席を清掃していた。小松さんたちが用意した花火の筒も水に浸かってしまった。花火を打ち上げる配線などが濡れ、全てやり直さなければいけない状態だった。開催するかどうかは明日あさ6時に決まる。

秋田・大仙市の花火会場から平石直之が中継。水はほとんど引いたといい、観客席ではパイプに水が溜まっていたりしたといい、桟敷席をこのあと消毒していくという。このあと夜通し作業が続くのは、花火を打ち上げる側で、音響や配線の作業が続けられてるという。花火そのものは水に浸かることはなかった。


エアロラボ インターナショナル

正午過ぎ、奈良の山添村の山中で小型機が墜落し2人が死亡。当時は風もなく、小型機は整備したばかりだった。平石直之が現地取材、奈良県広域消防組合北部方面隊隊長は残骸はくしゃっと溶けたような状況とした。コックピット近くで夫婦と見られる遺体が発見。2人は小型機の所有者で、プライベートで福島に向かう予定だった。整備を請け負ったエアロラボインターナショナルは燃料を入れ、外に出しておいくよう言われたとした。夫婦は前日には高知に行き、高知から帰ってきていた。墜落したのは仏ソカタ社製単発プロペラ機TBM700型で、八尾空港から福島空港に向かった。空港で離陸を見た人は異常は感じなかったとしたが、離陸16分後に「引き返す」と連絡があった。その3分後、レーダーから機体が消えた。墜落を目撃した人は火を吹いて錐揉み状で墜落したと証言。

正午過ぎ、奈良の山添村の山中で小型機が墜落し2人が死亡。飛行経験のある男性は墜落場所は八尾飛行場からしばらく上昇できないので、ここで許可が出てパワーを入れて上昇しているポイントで燃料系のトラブルがあったのではないかと指摘。小型機は今年6月にアメリカから輸入し整備。エアロラボインターナショナルは日本に来て10回程度の飛行だとした。4日前、飛行経験のある男性は機体が重いのか離陸スピードが遅かったと振り返った。亡くなったパイロットは優秀で、最後はジェットエンジンの飛行機を買いたいと話していたと証言。


TBM700

正午過ぎ、奈良の山添村の山中で小型機が墜落し2人が死亡。当時は風もなく、小型機は整備したばかりだった。平石直之が現地取材、奈良県広域消防組合北部方面隊隊長は残骸はくしゃっと溶けたような状況とした。コックピット近くで夫婦と見られる遺体が発見。2人は小型機の所有者で、プライベートで福島に向かう予定だった。整備を請け負ったエアロラボインターナショナルは燃料を入れ、外に出しておいくよう言われたとした。夫婦は前日には高知に行き、高知から帰ってきていた。墜落したのは仏ソカタ社製単発プロペラ機TBM700型で、八尾空港から福島空港に向かった。空港で離陸を見た人は異常は感じなかったとしたが、離陸16分後に「引き返す」と連絡があった。その3分後、レーダーから機体が消えた。墜落を目撃した人は火を吹いて錐揉み状で墜落したと証言。


八尾空港

正午過ぎ、奈良の山添村の山中で小型機が墜落し2人が死亡。当時は風もなく、小型機は整備したばかりだった。平石直之が現地取材、奈良県広域消防組合北部方面隊隊長は残骸はくしゃっと溶けたような状況とした。コックピット近くで夫婦と見られる遺体が発見。2人は小型機の所有者で、プライベートで福島に向かう予定だった。整備を請け負ったエアロラボインターナショナルは燃料を入れ、外に出しておいくよう言われたとした。夫婦は前日には高知に行き、高知から帰ってきていた。墜落したのは仏ソカタ社製単発プロペラ機TBM700型で、八尾空港から福島空港に向かった。空港で離陸を見た人は異常は感じなかったとしたが、離陸16分後に「引き返す」と連絡があった。その3分後、レーダーから機体が消えた。墜落を目撃した人は火を吹いて錐揉み状で墜落したと証言。


今治警察署

今治警察署前から中継で、平石直之キャスターは事件現場周辺に住む女性への任意での事情聴取に至った決め手の1つが防犯カメラ映像だったと伝えた。今回の事件から一週間前に高齢女性が刺殺された事件があり、両方の現場は近いことなどから同一犯によるものとの見方があるという。


クアラルンプール首都病院

平石直之がクアラルンプール首都病院から中継。金正男氏の遺体はまだ搬送されていないとし、これまで2度解剖しているが、毒物の特定ができていない。一部メディアによると、毒物は検出されず、自然死になる可能性があるとした。現地では、息子がマカオから来るという情報があり、緊迫しているが、到着していない。マレーシア政府は家族からの連絡を2週間待つが、北朝鮮がすぐに引き渡しを求めて猛抗議している。


クアラルンプール国際空港

金正男殺害事件で、事件現場の防犯カメラを紹介。平石直之がクアラルンプール国際空港を取材。空港内の無数のカメラが金正男氏の行動を捉えていた。2人の容疑者が金正男氏に飛びついて、毒物を顔にかけている映像が残っていた。容疑者は合図を送るように手を挙げていた。その先には、目の前のレストランに北朝鮮籍の男4人がいた。4人は女の合図を見届けて、ジャカルタに出国した。容疑者の1人はインドネシア・ジャワ島の母に何かの撮影をしていると伝えていた。これまでに女2人と北朝鮮籍の男が逮捕。そして犯行を監視し、すでに出国した北朝鮮籍の4人の男が指名手配されている。地元紙は4人は女2人が失敗した場合の第2陣だったと伝えている。4人は空港で3時間滞在、さらにトイレで着替えていたと報じられている。韓国国防省は使用された毒物は青酸カリやVXガスなど5種類の毒物を推測。金正男氏は襲われてから8分たっても変化は見られず、空港内の診療所で異変が起こった。27分後、容体は急変し病院に搬送中に死亡した。クアラルンプールのマレーシア北朝鮮大使館で、北朝鮮大使は「北朝鮮のイメージをおとしめるもの、背後に誰がいるかマレーシア警察が解明すべき」と発表。

金正男殺害事件で、逮捕された男は現地メディアによると北朝鮮の大学で医学や科学を学び、薬物に精通している。マンションの住人は男は妻と娘と息子の4人家族で1年くらい住んでいたと証言。男は主犯格の4人を空港まで乗せ、そのナンバーで浮上。警察は事件の4日後に自宅に踏み込み、逮捕後は落ち着いて取り調べに応じている。男は一貫して無実を主張。男はクアラルンプールの会社で北朝鮮の間に入り働いていた。現地メディアは男の役割は後方支援で、送迎や下見だと伝えている。ソウル支局長の大野公二が解説。韓国政府関係者によると、通常の暗殺は数年かけて計画、実行するが、今回は数か月しかなかったのでずさんに繋がったとされ、男は計画の全体像を知らず切り捨てられたのではないかとした。


北朝鮮大使館

金正男殺害事件で、事件現場の防犯カメラを紹介。平石直之がクアラルンプール国際空港を取材。空港内の無数のカメラが金正男氏の行動を捉えていた。2人の容疑者が金正男氏に飛びついて、毒物を顔にかけている映像が残っていた。容疑者は合図を送るように手を挙げていた。その先には、目の前のレストランに北朝鮮籍の男4人がいた。4人は女の合図を見届けて、ジャカルタに出国した。容疑者の1人はインドネシア・ジャワ島の母に何かの撮影をしていると伝えていた。これまでに女2人と北朝鮮籍の男が逮捕。そして犯行を監視し、すでに出国した北朝鮮籍の4人の男が指名手配されている。地元紙は4人は女2人が失敗した場合の第2陣だったと伝えている。4人は空港で3時間滞在、さらにトイレで着替えていたと報じられている。韓国国防省は使用された毒物は青酸カリやVXガスなど5種類の毒物を推測。金正男氏は襲われてから8分たっても変化は見られず、空港内の診療所で異変が起こった。27分後、容体は急変し病院に搬送中に死亡した。クアラルンプールのマレーシア北朝鮮大使館で、北朝鮮大使は「北朝鮮のイメージをおとしめるもの、背後に誰がいるかマレーシア警察が解明すべき」と発表。

金正男殺害事件で、後藤謙次は日本の専門家に聞いたが、ずさんに見えるが巧妙だとし、女2人が手慣れているので、いつから伝授したかが気になるとした。さらに、犯行は見せしめである可能性があるとした。磐村和哉は「駐マレーシア北朝鮮大使の会見で、国内に伝わる可能性があり、あくまでも金正男と言えない。さらに潔白を主張するために、共同調査を提案したが、7年前に韓国の哨戒艇が沈没したことでも共同調査を提案した」と話した。