ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「後藤健二」の検索結果

「後藤健二」に関連する情報 219件中 1〜10件目

奈良市

スタジオトークで、水道法改正案に関して、新潟県などから反対意見もでていると紹介。これまで民間委託を断念したのは大阪市は水道管の老朽化を民間に任せたいとして条例を検討したが廃案。奈良市は技術者不足で検討、地元の声では命にかかわるので公共事業でやってほしいとの声を受け否決された。広域連携の推進、官民連携の推進などもある。26道府県で協議会等を設置、先に地方で連携し官民連携が必要となっている。後藤健二は災害時に民間で対処できるかなど議論もないままだとし、国会は法案自動製造機のようになっていると指摘。


「後藤健二」に関連するグルメ情報

ラフマジュン

シリアで武装勢力に拘束され、3年4ヶ月ぶりに開放された安田純平さんが昨日、帰国後初の会見。安田氏のシリア入りの仲介をしたのはシリアで殺害された後藤健二氏のガイドのシリア人男性。2015年6月、トルコからシリア入りした直後に2人組に声をかけられトラックに乗せられ監禁されたという。日本政府に金を要求する人質と言われたという。当初テレビも見れ、食事もできたという。日本側が連絡を絶ったと言われ以降、狭い場所に移され嫌がらせも受けたという。先月22日、日本へ帰すと連絡がきたという。解放めぐりカタールが3億3000万円の身代金支払いの報道も。自己責任論について「自業自得」と言った。今後について全く白紙だという。状況改善のために1日5回動けるイスラム教徒に改宗。会見の最後に「諦めたら試合終了」と直筆でかいた。諦めずに武装勢力とコミュニケーションをとったことが生還に繋がったかもしれない。


日本記者クラブ

シリアで武装勢力に拘束され、3年4ヶ月ぶりに開放された安田純平さんが昨日、帰国後初の会見。安田氏のシリア入りの仲介をしたのはシリアで殺害された後藤健二氏のガイドのシリア人男性。2015年6月、トルコからシリア入りした直後に2人組に声をかけられトラックに乗せられ監禁されたという。日本政府に金を要求する人質と言われたという。当初テレビも見れ、食事もできたという。日本側が連絡を絶ったと言われ以降、狭い場所に移され嫌がらせも受けたという。先月22日、日本へ帰すと連絡がきたという。解放めぐりカタールが3億3000万円の身代金支払いの報道も。自己責任論について「自業自得」と言った。今後について全く白紙だという。状況改善のために1日5回動けるイスラム教徒に改宗。会見の最後に「諦めたら試合終了」と直筆でかいた。諦めずに武装勢力とコミュニケーションをとったことが生還に繋がったかもしれない。


成田空港

ただ、シリアは外務省が危険レベル最高として退避勧告を出している地域。2015年にはジャーナリストの後藤健二さんがイスラム国に拘束され殺害された。安田純平さんは退避勧告を無視する形でシリアに入り拘束された。安田さんと親交のある軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏は、危険地域で取材することの意義を認めた上で「結果論としては失敗」「拘束されたときには日本政府は救助に動かなければいけないので動かないでくれといことでは収まらないので責任が生じる」と述べた。安田さん自身拘束されたことは自らのミスであることを認めている。また自己責任を意識していたのか、安田さんは、身代金を払わないよう日本側へメッセージを送っていた。日本政府は身代金の支払いを否定する一方で、解放に向けトルコやカタール当局に働きかけていたと説明している。安田さんはメディカルチェックを受けた後、会見を開くことにしている。


ヌスラ戦線

シリアで武装勢力に拘束されていたジャーナリスト安田純平さんが3年4か月ぶりに解放。安田さんは2015年6月にトルコ・ハタイ県からシリアに入国。直前までアンタキヤのホテルに宿泊、従業員は安田さんを覚えていた。安田さんはホテルを出て、入国を手配した人に会った。この男性はイスラム国に拘束され殺害された後藤健二さんとも取材をしたことがあるという。安田さんは後藤さんとも交流があり、男性に入国の手配を依頼した。安田さんはイドリブを目指し、取材期間を10日としていたという。男性は安田さんがシリア国境に向かうバスに乗るのを見送ったが6月22日の夜にシリアに入る時に携帯電話が繋がらなくなったと話した。国際テロ組織アルカイダ系のヌスラ戦線に拘束されたとみられる。2016年3月に安田さんとみられる映像が公開、さらに今年7月に去年撮影された映像などが公開。さらに新たに公開された動画では銃を持った男に囲まれていた。

菅義偉官房長官は会見で、ジャーナリストの安田純平さんとみられる男性が解放されたと伝えた。中東調査会の高岡豊主任研究員はカタールはシリア紛争で反体制派の支援をしていたイドリブ県を占拠する武装勢力に顔が利くと思われるので、カタールを通じて働きかけるのは順当だとした。トルコについて、イドリブ県を占拠する武装勢力のスポンサーであるため身柄を保護すべきことだとした。イドリブ県への総攻撃が迫り、トルコとロシアの合意が結ばれイドリブ県の命運が風前の灯だった背景があると指摘。ヌスラ戦線の関与は不明だが、今後シリアで居場所がなくなるので何らかの関係があると解説。


「後藤健二」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

鈴木康大選手は後輩の飲み物に禁止薬物を混入させた以外にも複数の妨害行為を行っていたという。後藤健二氏は「日本はオリンピック史上、ドーピングによる失格者がいないというクリーンな国という国際的な評価があったが、今回の事態は非常に残念でならない」と語った。


「後藤健二」に関連するイベント情報

東京五輪

昨年8月のカヌースプリント世界選手権で共に戦った小松正治選手、鈴木康大選手は翌月に日本カヌースプリント選手権に出場。200m決勝を制したのは小松正治選手だったが、レース後のドーピング検査で陽性反応となり、暫定的な資格停止処分となった。そんな中、日本カヌー連盟は先輩の鈴木選手が自らを慕う後輩の小松選手の飲み物に禁止薬物を混入させたと発表。現在、オリンピックで正式種目として採用されているカヌー競技はリオ五輪で羽根田卓也選手がアジア初のメダルを手にした”スラローム”、流れのないコースを一斉にスタートして競い合う“スプリント”で、鈴木選手は4人乗りカヤックで東京五輪への出場を目指していた。小・中学時代に全国大会で優勝、アジア大会で4位入賞を果たすなど輝かしい戦績を残しているが、北京、ロンドン、リオ五輪と出場を逃してきた。一度は引退を決意するも、一昨年、34歳で迎える東京五輪を目指して始動していた。

鈴木選手は福島・二本松市のジムを経営する義父に対して、後輩の飲み物に禁止薬物を混入させたことを告白していた。東京五輪の舞台に立ちたいという思いがあるなか、結果が出ないことに懊悩していたという。そして、成長を見せる小松選手を妨害すれば、チャンスが巡ってくると考え、薬物混入という手段に訴えたという。

日本カヌー連盟によると鈴木選手は昨年の海外遠征時にインターネットで禁止薬物を購入した。海外の通販サイトでは禁止薬物が含まれる、いわゆる筋肉増強剤を誰でも簡単に購入できる。鈴木選手は以前、ブログでドーピングについて「全ては自己管理。知らなかった(うっかりドーピング)では済まされない」と綴っていた。カヌースプリントのオクタビアン監督によると、疑惑が晴れたことで小松選手は喜んでいたという。陸上で3大会連続で五輪に出場した為末大はツイッターに「誰かから渡された飲み物は飲むな。ペットボトルは必ず開けた時に音がするか確かめろと言われたな」と投稿。日本ではライバルに禁止薬物を飲ませるようなドーピングは戦後初だといい、鈴木選手は日本アンチドーピング機構から8年間の資格停止処分を受けた。また、日本カヌー連盟は理事会などで除名を提案することを明らかにした。警察は小松からの被害届を受理していて、既に捜査を始めている。

鈴木康大選手は後輩の飲み物に禁止薬物を混入させた以外にも複数の妨害行為を行っていたという。後藤健二氏は「日本はオリンピック史上、ドーピングによる失格者がいないというクリーンな国という国際的な評価があったが、今回の事態は非常に残念でならない」と語った。


航空自衛隊浜松基地

航空自衛隊浜松基地より中継。現在ヘリポートから着陸した様子を紹介。なんらかの動きがあったとの事。また1時間ほど前から航空機やヘリコプターが飛び立っているとのこと。午後9時以降に飛び立つことは周囲の人からの情報ではあり得ないとのこと。夜遅くに高性能のレーダーが飛び立つだけ。先ほど防衛省より燃料タンク、その後ストレッチャーや救命ボートが海から発見されたとの情報が発表された。捜索活動については、まだ入っていない。しかし消灯時間を超えても電気はついているので夜を徹しての作業をすると考えられるとのこと。後藤健二は取材から部隊に疲れが出ているのではと、その理由として中国の海洋進出、北朝鮮に対する問題など、両方の部隊で疲れが見えるのではと解説。あらゆる角度から検討してもらいたいとコメント。


日本維新の会日本維新の会

立憲民主党の候補者がいる選挙区には希望の党は刺客を送り込む一方、野田佳彦氏、岡田克也氏といった無所属で出馬する議員の選挙区には希望の党からは対抗馬がいない。白川昌見氏は「前原代表は選挙後、希望の党と連携できる無所属議員は30人ほどにのぼるとみている」と連携を念頭に置いている伝えた。無所属で出馬する議員は選挙に強いとされる。また、希望の党は日本維新の会との連携から大阪の全選挙区で候補者をたてない他、公明党が候補者をたてる9つの選挙区で候補者を擁立していない。白川氏によると都政で公明党とは協力関係にあり、希望の党の関係者からは「公明党を敵に回すと痛い目に遭うのは常識」という声が聞かれたという。また、後藤健二氏は「希望の党が公明党が候補者を立てる選挙区に候補者を立てないということは、自公協力に緩みが生じさせる効果を狙っている」と語った。


立憲民主党

目下、日本維新の会は希望の党の連携に積極的な一方、希望の党との合流を拒否して立憲民主党が結党された。今朝、長妻昭氏が東京都庁で政党の届け出を出し、さいたま市では立憲民主党の代表を務める枝野幸男氏が街頭演説を行った。共産党の志位和夫委員長はエールを送り、枝野氏の選挙区について、共産党としての候補者擁立を取り下げる決定をした。民進党を支持する連合では神津里季生会長が「あくまでも候補者との関係で政策協定を結び、支援をしていく」と表明。連合埼玉の佐藤道明事務局長は「非常にやりやすい対応方針を作っていただいたと思っている」と私見を語った。なお、希望の党との合流が決まる前に民進党を離党した細野豪志氏らは支援しないとしている。社民党は立憲民主党との選挙協力に応じる構え。さくら市で街頭演説をした安倍晋三総理大臣は「誠実に愚直に政策を訴えていきたいと思います。新しいブームからは何も生まれない。政策ことが未来を切り開いていく」と熱弁を振るった。

衆議院選挙に向け、自民党・公明党・日本のこころ、日本維新の会・希望の党・自由党、共産党・立憲民主党・社民党という三つ巴の構図が出来上がりつつある。東京18区には菅直人元総理大臣が立憲民主党から、憲法や安全保障政策で連携できる共産党からは小泉民未嗣氏、自民党からは土屋正忠氏、希望の党からは鴇田敦氏が立候補予定。

立憲民主党の候補者がいる選挙区には希望の党は刺客を送り込む一方、野田佳彦氏、岡田克也氏といった無所属で出馬する議員の選挙区には希望の党からは対抗馬がいない。白川昌見氏は「前原代表は選挙後、希望の党と連携できる無所属議員は30人ほどにのぼるとみている」と連携を念頭に置いている伝えた。無所属で出馬する議員は選挙に強いとされる。また、希望の党は日本維新の会との連携から大阪の全選挙区で候補者をたてない他、公明党が候補者をたてる9つの選挙区で候補者を擁立していない。白川氏によると都政で公明党とは協力関係にあり、希望の党の関係者からは「公明党を敵に回すと痛い目に遭うのは常識」という声が聞かれたという。また、後藤健二氏は「希望の党が公明党が候補者を立てる選挙区に候補者を立てないということは、自公協力に緩みが生じさせる効果を狙っている」と語った。