ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「恵俊彰」の検索結果

「恵俊彰」に関連する情報 1606件中 1〜10件目

両国国技館

貴乃花親方の騒動について。日本相撲協会が「5つある一門のいずれかに所属しなければならない」と定めた理由は「ガバナンスとコンプライアンスの強化」であると尾車事業部長は会見で説明した。しかしこの状態でガバナンスの強化と言われても理屈が通らないのではなどと八代英輝はコメントした。協会と親方とのずれは結局最後まであったと恵俊彰らは話した。

一門に属す決まりについて貴乃花親方は、この場所の後半に直接役員の親方から聞いたのが初めてで、それ以前は記者に聞いたレベルだと話した。尾車事業部長は会見で、7月の理事会で阿武松親方から伝達してもらうことに決まった、9月の理事会までに所属する一門を決めてもらおうということになったと述べた。八角理事長は、千賀ノ浦親方が貴乃花親方に直接会って説得したが断られたと話した。阿武松親方は私の力不足、一門入りの必要性は8月上旬に伝えているなどと語った。大見信昭は貴乃花親方はもう引退届を出しており、協会と話し合いに応じる気はなかったのではとコメント。貴闘力は、話し合いをするならもっと早い時期にするべきだったとコメントした。


オプジーボ

恵俊彰の挨拶。本庶佑さんがノーベル生理学・医学賞を受賞した。会見中に安倍首相から電話があった。本日のラインナップを伝えた。原千晶は「私の知り合いでもオプジーボを投与して元気になった人がいる」などと話した。


京都大学

恵俊彰の挨拶。本庶佑さんがノーベル生理学・医学賞を受賞した。会見中に安倍首相から電話があった。本日のラインナップを伝えた。原千晶は「私の知り合いでもオプジーボを投与して元気になった人がいる」などと話した。


両国国技館

貴乃花部屋前より中継。きのうの臨時理事会で貴乃花親方の退職・貴乃花部屋の消滅が承認された。きょうは千賀ノ浦部屋への引っ越しが行われる。今回は力士8人、床山1人、世話人1人が移籍。千賀ノ浦部屋はここから車で約30分。千賀ノ浦親方は部屋はきれいに掃除して準備は整ったと話している。隆の勝は部屋のみんなも心の準備はできていると話した。貴乃花部屋は今後相撲教室を開催する可能性もあり、看板は外さない方針。今後は巡業が詰まっており、引っ越しするとしたら今日しかなかったとみられる。

貴乃花親方について。立川志らくは、なぜ被害者側の親方がこんなふうに幕引きしないといけないのか、これはパワハラであるなどとコメントした。恵俊彰らも、後味の悪さだけが残った形になったなどと話した。


新宿サザンテラス

オープニング映像と恵俊彰の挨拶。


ひまわり

今日からかなり涼しくなると言っていたはずだが、蒸し暑い。昨晩毛布を出したが朝子供が汗びっしょりだったと恵俊彰が話す。湿度も朝から90%くらいあった。昨日の段階で最低気温20度と言ったが22度までしか下がらず今日の予想最高気温も東京は23度だったがさっき25度を超えていた。朝が一番気温が高い予想でどんどん下がっていくはずだったが、今日は午後にかけてどんどん下がっていくんじゃないか。と自信なさげに森朗さんが話す。これから北の方の空気がだんだん入ってくるという状態になっている。日本に沿った秋雨前線があり北海道の北には低気圧があり寒冷前線が。南からは台風24号がじわじわと北上している。昨日月が見えたのはちょうどこの前線の間に入ったため。寒冷前線がまだ北にあるため冷たい高気圧の空気が流れ込まず予想気温が外れ気味。前線が通過すれば一気に冷たい空気が流れ込んできて今夜からは寒くなるので気をつけてくださいと森朗さんは話す。彼岸の中日をすぎてぐっと涼しくなっていくとのことだが昔から暑さ寒さも彼岸までというのが本当なのか調べた。彼岸前に真夏日が減り彼岸を過ぎるとほとんど真夏日が観測されていないというのが過去の結果。まさに変わり目。大体最後に真夏日が記録された日の平均が9月21日だからこれから涼しくなるのではないか。節目節目でネモフィラなど季節の花を紹介してきたが今日は彼岸花。雨の中桐生市に川添さんが行ってます。


あじさい

今日からかなり涼しくなると言っていたはずだが、蒸し暑い。昨晩毛布を出したが朝子供が汗びっしょりだったと恵俊彰が話す。湿度も朝から90%くらいあった。昨日の段階で最低気温20度と言ったが22度までしか下がらず今日の予想最高気温も東京は23度だったがさっき25度を超えていた。朝が一番気温が高い予想でどんどん下がっていくはずだったが、今日は午後にかけてどんどん下がっていくんじゃないか。と自信なさげに森朗さんが話す。これから北の方の空気がだんだん入ってくるという状態になっている。日本に沿った秋雨前線があり北海道の北には低気圧があり寒冷前線が。南からは台風24号がじわじわと北上している。昨日月が見えたのはちょうどこの前線の間に入ったため。寒冷前線がまだ北にあるため冷たい高気圧の空気が流れ込まず予想気温が外れ気味。前線が通過すれば一気に冷たい空気が流れ込んできて今夜からは寒くなるので気をつけてくださいと森朗さんは話す。彼岸の中日をすぎてぐっと涼しくなっていくとのことだが昔から暑さ寒さも彼岸までというのが本当なのか調べた。彼岸前に真夏日が減り彼岸を過ぎるとほとんど真夏日が観測されていないというのが過去の結果。まさに変わり目。大体最後に真夏日が記録された日の平均が9月21日だからこれから涼しくなるのではないか。節目節目でネモフィラなど季節の花を紹介してきたが今日は彼岸花。雨の中桐生市に川添さんが行ってます。


ネモフィラ

今日からかなり涼しくなると言っていたはずだが、蒸し暑い。昨晩毛布を出したが朝子供が汗びっしょりだったと恵俊彰が話す。湿度も朝から90%くらいあった。昨日の段階で最低気温20度と言ったが22度までしか下がらず今日の予想最高気温も東京は23度だったがさっき25度を超えていた。朝が一番気温が高い予想でどんどん下がっていくはずだったが、今日は午後にかけてどんどん下がっていくんじゃないか。と自信なさげに森朗さんが話す。これから北の方の空気がだんだん入ってくるという状態になっている。日本に沿った秋雨前線があり北海道の北には低気圧があり寒冷前線が。南からは台風24号がじわじわと北上している。昨日月が見えたのはちょうどこの前線の間に入ったため。寒冷前線がまだ北にあるため冷たい高気圧の空気が流れ込まず予想気温が外れ気味。前線が通過すれば一気に冷たい空気が流れ込んできて今夜からは寒くなるので気をつけてくださいと森朗さんは話す。彼岸の中日をすぎてぐっと涼しくなっていくとのことだが昔から暑さ寒さも彼岸までというのが本当なのか調べた。彼岸前に真夏日が減り彼岸を過ぎるとほとんど真夏日が観測されていないというのが過去の結果。まさに変わり目。大体最後に真夏日が記録された日の平均が9月21日だからこれから涼しくなるのではないか。節目節目でネモフィラなど季節の花を紹介してきたが今日は彼岸花。雨の中桐生市に川添さんが行ってます。


皇居

恵俊彰さんは皇居前の映像を背景にきょうの東京は27度と伝えた。


「恵俊彰」に関連するグルメ情報

シシャモ

北海道地震が発生して今日で6日目、停電はほぼ解消している。札幌市の市立小中学校では、安全が確認できた213校がきのうから授業を再開した。北海道から出荷される食品に影響が出始めていて、サンマやイカの量が少なく、牛乳を廃棄せざるを得ない状況である。ジャガイモも貯蔵施設が大きな被害を受け出荷に影響が出ている。むかわ町では来月から解禁されるシシャモ漁への影響が懸念されている。

農業への影響もあり、ジャガイモは貯蔵施設が大きな被害を受け出荷に影響が。牛乳についてはおとといまでメーカーが操業を停止したため絞った牛乳は廃棄処分となった。震災前は大量だったサンマも漁が少なめ。トラックが足りておらず、輸送の面で影響が出ている。スルメイカは不漁に加え、漁船用の氷が確保できず漁に出られない。むかわ町はシシャモの名産地で有名、漁が解禁すると街は盛り上がり毎年ししゃも祭りが開催される。

むかわ町からの中継で、丸中舛岡水産を訪れ社長に話しを聞く。発生当時の状況について「飛び起きて、息子のところに逃げるようにいった。津波が怖くて逃げた」などと答えた。停電が本当に復帰したのは日曜日の夕方だという。食品を扱うので停電になると製品が破棄処分になってしまう。冷凍庫の中は積み上げていた商品が崩れてしまっている。今は掃除をしてシシャモを破棄処分している。

シシャモ漁解禁について「あと1ヶ月もないが普通どおりになると思うがお祭りは分からない」と話した。家の中がぐちゃぐちゃなので精神面など落ち着いたら再開したい考えだという。

恵俊彰が「冷凍庫の中大変ですが、ししゃもが入ってますか?」について「入ってます。点検しながら大丈夫か見ていく」と答えた。また「北海道で大きい地震が起きると思っていた?」に「ぜんぜん思ってない」と答えた。日曜日から水・電気が来ているので不便はないと話した。

立川さんは「食べ物を扱ってる人特に大変ですね。1日でも早く元に戻るように願います」などとコメント。福本さんは「被災がひどかったところのことも配慮されてお祭りが不謹慎じゃないかなと心配される方もいると思う。小規模でもなんかやった方が良いんじゃないかなと思う」などとコメント。八代さんは「普段ししゃもとして食べてるのは別の種類。むかわのししゃもは本物のししゃも。北海道ではプライドを持って売られている。冷凍庫のものもちょっと品質が落ちてたら出荷できない、そういった厳しい目で見ていると思う。水が来てない地域もまだありますからね」などとコメント。牛乳はとれているのに精製などができない状態が続いている。福本さんは「乳牛が病気になったりしている状況。つらいと思う」などと話す。鵡川漁業協同組合によるとあと2週間地震が遅ければししゃも漁自体できなくなっていた。10月の解禁に向けて準備を急いでいる。