ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「恵俊彰」の検索結果

「恵俊彰」に関連する情報 1640件中 1〜10件目

AFP

おとといの4回戦ではジョコビッチ選手は勝ったが途中崩れ落ちる場面もあり、相当疲れがあった様子だった。沢松奈生子は、錦織選手のことをジョコビッチ選手はマラソンマンと呼んでおりとてもタフだという評価をしていると話した。恵俊彰はこの前の5時間は本当にすごい試合で、錦織選手史上一番だったとコメントした。沢松奈生子はやはり第一セットを取ることが今日の勝利には重要だとコメントした。日本勢が男女ともにベスト4というのは全豪オープンでは今大会が初。


「恵俊彰」に関連するイベント情報

全豪オープン

きょう準々決勝で錦織圭選手は世界ランキング1位のジョコビッチ選手と戦う。錦織選手はジョコビッチ選手に対して14連敗中。沢松奈生子は前の試合で5時間戦ったなどということを考えると不利だが、今回錦織選手は神風が3回吹いているためそこに期待するとコメントした。錦織選手がきのうの公開練習をキャンセルしたことについて、沢松奈生子は自分の場合は長時間の試合の翌日は勝った場合は元気があり、負けた場合は起き上がれなかったと話した。錦織選手はこれまで計13時間47分戦ってきたがジョコビッチ選手は計9時間44分。しかし沢松奈生子によると今回は全盛期のジョコビッチ選手と比べてメンタル面でイライラしている様子が見られるという。

おとといの4回戦ではジョコビッチ選手は勝ったが途中崩れ落ちる場面もあり、相当疲れがあった様子だった。沢松奈生子は、錦織選手のことをジョコビッチ選手はマラソンマンと呼んでおりとてもタフだという評価をしていると話した。恵俊彰はこの前の5時間は本当にすごい試合で、錦織選手史上一番だったとコメントした。沢松奈生子はやはり第一セットを取ることが今日の勝利には重要だとコメントした。日本勢が男女ともにベスト4というのは全豪オープンでは今大会が初。


菜の花

森気象予報士は神奈川県の松田町で春を見つけたといい映像を紹介。菜の花が咲き横にはみかんがなっている様子が見られた。恵俊彰が週末寒くなることから警戒が必要と呼びかけエンディングを迎えた。


河津桜

森気象予報士は神奈川県の松田町で春を見つけたといい映像を紹介。菜の花が咲き横にはみかんがなっている様子が見られた。恵俊彰が週末寒くなることから警戒が必要と呼びかけエンディングを迎えた。


「恵俊彰」に関連するグルメ情報

みかん

森気象予報士は神奈川県の松田町で春を見つけたといい映像を紹介。菜の花が咲き横にはみかんがなっている様子が見られた。恵俊彰が週末寒くなることから警戒が必要と呼びかけエンディングを迎えた。


東京スカイツリー

オープニング映像。

恵俊彰らの挨拶と出演者の紹介。「今日も富士山が綺麗ですね」など話した。


ニホンザル

今月7日、青森・むつ市でサルが電線を渡る姿が撮影された。1匹ずつ渡るサルは数年前から度々目撃されていたが、大群が渡るのは初めてだという。この地域に暮らしているのはニホンザル、1970年に国の天然記念物に指定された。

むつ市で撮影された電線を渡るサルの群れについてトーク。立川志らくは「面白い映像だけど、なぜ猪年に…」と話し、恵俊彰は「申年だったら大騒ぎになるんでしょうね」と話した。


毎日新聞

今月7日、青森・むつ市でサルが電線を渡る姿が撮影された。1匹ずつ渡るサルは数年前から度々目撃されていたが、大群が渡るのは初めてだという。この地域に暮らしているのはニホンザル、1970年に国の天然記念物に指定された。

むつ市で撮影された電線を渡るサルの群れについてトーク。立川志らくは「面白い映像だけど、なぜ猪年に…」と話し、恵俊彰は「申年だったら大騒ぎになるんでしょうね」と話した。


「恵俊彰」に関連するグルメ情報

獺祭 島耕作

西日本豪雨で被害を受けた旭酒造は被災した2日後に櫻井社長が従業員を集め皆で元に戻そうと話し、泥水のかき出しや保管していた米や瓶の仕分けを行った。原料米の山田錦は約10トンが廃棄となり設備などと合わせ被害額は約15億円にのぼるとのこと。復旧の目処が立たない中再開を願う電話が鳴り止まず、全国から応援の手紙が届いた。客からの声を励みに社員総出で掃除や消毒を行い、その後空調や排水処理施設などの入れ替えをし被災から約3週間後に仮店舗で直売店の営業を開始した。約2ヶ月後には新たに仕込んだ獺祭の初出荷が実現した。さらに自社営業を再開するにとどまらず、被災地の役に立ちたいと言う願いから復興の象徴となる”獺祭 島耕作”の販売を決意した。

旭酒造は山口県の山間部にあり眼の前の東川が氾濫した。1階が浸水し停電・断水した。それから復興酒として誕生した”獺祭 島耕作”は1200円で売られ、うち200円を義援金として寄付している。売り切れのため旭酒造からの販売は終了している。島耕作シリーズの原作者弘兼憲史さんが地元出身の上、漫画でも取り上げたとのことでこのコラボが実現したのだという。

日本酒は本来冬に仕込むが旭酒造はデータ分析に基づいた温度管理で1年を通して仕込むことができるのだが、それだけに豪雨による停電の影響は大きかった。被災した仕込み中の獺祭は発酵タンク150本あり、調べると味・品質ともに問題はなかったが本来の獺祭とは異なるため売れないと判断した。しかし復興の象徴として世に出したいと思っていたところに漫画家の弘兼憲史さんから泥水をかぶった獺祭を買いたいと電話があり、被災状況を話す中で島耕作の名前使っていいとのことで復興酒”獺祭 島耕作”が生まれたという。中身も元は1000円台〜3万円台の獺祭で、どのランクの酒が入っているかわからない形となっていた。

8月10日に売り出された”獺祭 島耕作”は開店前から長蛇の列が出来、約58万本が完売し総額1億1600万円を広島など4県に2900万円ずつ寄付した。桜井一宏社長は復興酒に前向きな気持を込めたいと思っていたので島耕作というキャラクターはぴったりだったと話している。復興に関するトークを展開、このように色々立ち上がっていくのも1つの形にはなるのかもしれないなどと恵俊彰さんは話した。


「恵俊彰」に関連するグルメ情報

獺祭

西日本豪雨で被害を受けた旭酒造は被災した2日後に櫻井社長が従業員を集め皆で元に戻そうと話し、泥水のかき出しや保管していた米や瓶の仕分けを行った。原料米の山田錦は約10トンが廃棄となり設備などと合わせ被害額は約15億円にのぼるとのこと。復旧の目処が立たない中再開を願う電話が鳴り止まず、全国から応援の手紙が届いた。客からの声を励みに社員総出で掃除や消毒を行い、その後空調や排水処理施設などの入れ替えをし被災から約3週間後に仮店舗で直売店の営業を開始した。約2ヶ月後には新たに仕込んだ獺祭の初出荷が実現した。さらに自社営業を再開するにとどまらず、被災地の役に立ちたいと言う願いから復興の象徴となる”獺祭 島耕作”の販売を決意した。

”獺祭”酒蔵 復活の道のりに関するトークを展開、元に戻す皆さんの努力は大変だったと思うなどと八代英輝さんは語った。

旭酒造は山口県の山間部にあり眼の前の東川が氾濫した。1階が浸水し停電・断水した。それから復興酒として誕生した”獺祭 島耕作”は1200円で売られ、うち200円を義援金として寄付している。売り切れのため旭酒造からの販売は終了している。島耕作シリーズの原作者弘兼憲史さんが地元出身の上、漫画でも取り上げたとのことでこのコラボが実現したのだという。

日本酒は本来冬に仕込むが旭酒造はデータ分析に基づいた温度管理で1年を通して仕込むことができるのだが、それだけに豪雨による停電の影響は大きかった。被災した仕込み中の獺祭は発酵タンク150本あり、調べると味・品質ともに問題はなかったが本来の獺祭とは異なるため売れないと判断した。しかし復興の象徴として世に出したいと思っていたところに漫画家の弘兼憲史さんから泥水をかぶった獺祭を買いたいと電話があり、被災状況を話す中で島耕作の名前使っていいとのことで復興酒”獺祭 島耕作”が生まれたという。中身も元は1000円台〜3万円台の獺祭で、どのランクの酒が入っているかわからない形となっていた。

8月10日に売り出された”獺祭 島耕作”は開店前から長蛇の列が出来、約58万本が完売し総額1億1600万円を広島など4県に2900万円ずつ寄付した。桜井一宏社長は復興酒に前向きな気持を込めたいと思っていたので島耕作というキャラクターはぴったりだったと話している。復興に関するトークを展開、このように色々立ち上がっていくのも1つの形にはなるのかもしれないなどと恵俊彰さんは話した。