ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「恵方巻き」の検索結果

「恵方巻き」に関連する情報 2052件中 1〜10件目

「恵方巻き」に関連するグルメ情報

恵方巻き

静岡県では桜もちに使われる桜葉を育てて4か月で300万円以上を得る農家がいて、佐賀県では恵方巻きに使われるのりをそだてて1日に60万円を稼いだ人もいた。そして、千葉県の館山市ではカツオに関するあることで3か月で3億円を稼いだ人たちもいた。そのありがたいものとは「カタクチイワシ」だといいう。


「恵方巻き」に関連するグルメ情報

桜もち

静岡県では桜もちに使われる桜葉を育てて4か月で300万円以上を得る農家がいて、佐賀県では恵方巻きに使われるのりをそだてて1日に60万円を稼いだ人もいた。そして、千葉県の館山市ではカツオに関するあることで3か月で3億円を稼いだ人たちもいた。そのありがたいものとは「カタクチイワシ」だといいう。


「恵方巻き」に関連するグルメ情報

桜葉

静岡県では桜もちに使われる桜葉を育てて4か月で300万円以上を得る農家がいて、佐賀県では恵方巻きに使われるのりをそだてて1日に60万円を稼いだ人もいた。そして、千葉県の館山市ではカツオに関するあることで3か月で3億円を稼いだ人たちもいた。そのありがたいものとは「カタクチイワシ」だといいう。


「恵方巻き」に関連するグルメ情報

のり

静岡県では桜もちに使われる桜葉を育てて4か月で300万円以上を得る農家がいて、佐賀県では恵方巻きに使われるのりをそだてて1日に60万円を稼いだ人もいた。そして、千葉県の館山市ではカツオに関するあることで3か月で3億円を稼いだ人たちもいた。そのありがたいものとは「カタクチイワシ」だといいう。


「恵方巻き」に関連するグルメ情報

カタクチイワシ

静岡県では桜もちに使われる桜葉を育てて4か月で300万円以上を得る農家がいて、佐賀県では恵方巻きに使われるのりをそだてて1日に60万円を稼いだ人もいた。そして、千葉県の館山市ではカツオに関するあることで3か月で3億円を稼いだ人たちもいた。そのありがたいものとは「カタクチイワシ」だといいう。

カタクチイワシはうどんのダシやシラスに使われるイワシとなっているが、大量のカタクチイワシをとっていると横から大きな船が近づいてきた。このカタクチイワシはカツオ漁に使われるものとなっていて、ここのいけすで取れるカタクチイワシは活きが良い事から全国から購入の手が上がっていて、バケツ1杯4000円だったが、これをカツオ漁船は100杯・140杯と購入していき、この日は500万円分が販売されていた。さらに、社長の家を訪問してみるとトランポリンが。


「恵方巻き」に関連するグルメ情報

カツオ

静岡県では桜もちに使われる桜葉を育てて4か月で300万円以上を得る農家がいて、佐賀県では恵方巻きに使われるのりをそだてて1日に60万円を稼いだ人もいた。そして、千葉県の館山市ではカツオに関するあることで3か月で3億円を稼いだ人たちもいた。そのありがたいものとは「カタクチイワシ」だといいう。

カタクチイワシはうどんのダシやシラスに使われるイワシとなっているが、大量のカタクチイワシをとっていると横から大きな船が近づいてきた。このカタクチイワシはカツオ漁に使われるものとなっていて、ここのいけすで取れるカタクチイワシは活きが良い事から全国から購入の手が上がっていて、バケツ1杯4000円だったが、これをカツオ漁船は100杯・140杯と購入していき、この日は500万円分が販売されていた。さらに、社長の家を訪問してみるとトランポリンが。


巻き網船団 寅丸

静岡県では桜もちに使われる桜葉を育てて4か月で300万円以上を得る農家がいて、佐賀県では恵方巻きに使われるのりをそだてて1日に60万円を稼いだ人もいた。そして、千葉県の館山市ではカツオに関するあることで3か月で3億円を稼いだ人たちもいた。そのありがたいものとは「カタクチイワシ」だといいう。


Google Earth

静岡県では桜もちに使われる桜葉を育てて4か月で300万円以上を得る農家がいて、佐賀県では恵方巻きに使われるのりをそだてて1日に60万円を稼いだ人もいた。そして、千葉県の館山市ではカツオに関するあることで3か月で3億円を稼いだ人たちもいた。そのありがたいものとは「カタクチイワシ」だといいう。


国技館

今週の見出し大賞は女性自身「由緒あやしき日本の伝統」。伝統とされている行事や習慣には明治以降に始まったものが多くある。初詣は、明治時代に鉄道が敷かれ、乗客を増やすために鉄道会社が考案したもの。お歳暮はデパートが考えたもの。恵方巻きはコンビニ。相撲は、日本の法令では国技と定めていない。明治末に両国に相撲の常設館を建て、国技館と呼ばれたことから「相撲=国技」と認識されるようになった。日本人は新しいものでも「伝統」という名前がつくと安心して受け入れられてしまうのだという。


女性自身

今週の見出し大賞は女性自身「由緒あやしき日本の伝統」。伝統とされている行事や習慣には明治以降に始まったものが多くある。初詣は、明治時代に鉄道が敷かれ、乗客を増やすために鉄道会社が考案したもの。お歳暮はデパートが考えたもの。恵方巻きはコンビニ。相撲は、日本の法令では国技と定めていない。明治末に両国に相撲の常設館を建て、国技館と呼ばれたことから「相撲=国技」と認識されるようになった。日本人は新しいものでも「伝統」という名前がつくと安心して受け入れられてしまうのだという。