ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「悪態祭」の検索結果

「悪態祭」に関連する情報 6件中 1〜6件目

愛宕神社

茨城県笠間市で年に1度行われる「悪態祭」への参加者が3年前の約100人より11倍近い約1100人に増加した。去年はなんと約1200人も参加者がいたそうだ。一般の参加者は地元神社の氏子に悪態をつきながら山の神社へと続く約4kmの道のりを歩く。参加者は怒りをぶちまけてスッキリしたい、と考えていた。江戸時代中期からこの行事は続いており、この日だけは身分関係なく年貢などの不満を口にすることを許された。時代とともに悪態も変化し、いつの間にか悪態の矛先が氏子から参加者同士になることもあった。道中でさらに悪態をヒートアップさせるイベントもあり、氏子の合図で無病息災などのご利益を得られる供え物の争奪戦が行われた。


「悪態祭」に関連するイベント情報

悪態祭

茨城県笠間市で年に1度行われる「悪態祭」への参加者が3年前の約100人より11倍近い約1100人に増加した。去年はなんと約1200人も参加者がいたそうだ。一般の参加者は地元神社の氏子に悪態をつきながら山の神社へと続く約4kmの道のりを歩く。参加者は怒りをぶちまけてスッキリしたい、と考えていた。江戸時代中期からこの行事は続いており、この日だけは身分関係なく年貢などの不満を口にすることを許された。時代とともに悪態も変化し、いつの間にか悪態の矛先が氏子から参加者同士になることもあった。道中でさらに悪態をヒートアップさせるイベントもあり、氏子の合図で無病息災などのご利益を得られる供え物の争奪戦が行われた。


「悪態祭」に関連するイベント情報

悪態祭り

茨城・笠間市にある愛宕山では大声で厄を払う悪態祭りが行われた。白装束の天狗役に悪態を浴びせ、厄払いや来年の豊作を願うという。


「悪態祭」に関連するイベント情報

悪態まつり

茨城県笠間市に訪れた一行はあめちゃんとバブリーナをゲストに引き入れてアンコウ漁の前に悪態まつりで祈願。天狗たちが16のほこらを巡礼し、そこで置かれる供物を奪い取るというもので供物を奪い取れた人は1年幸せになるというが結果は二回連続失敗となり、成功した人にコツを聞くと「穴場は6番」というアドバイスをもらった。3・4・5番を飛ばして6番にいくことになり、結果はIVANとKABAちゃんが供物の奪い取りに成功した。また演技の良い餅まきにも参加することになり、最後はバカヤロー三唱して悪態祭りが終了した。

朝4時にあんこう漁に出発。アンコウが取れる漁場までは、約2時間ほどかかり、アンコウが釣れるまでその場所にいるという。アンコウ漁は網を海底に落として引きずりながら行う。さておネエたちは、アンコウを獲ることができるのか?


「悪態祭」に関連するイベント情報

悪態祭り

愛宕山で昨日、悪態祭りが行われた。白装束の天狗に向かって罵声を浴びせ道中の祠で供え物を奪い合う祭りで、かつての領主はその日にかぎりどんな悪態を言っても罪にならない日を作ったのが悪態祭りの始まり。


悪態祭り

絶叫度の高いお祭りランキングで第4位に選ばれていた、茨城県で行なわれているお祭り。
庶民の本音を聞くため江戸時代に始まったお祭りで、年に一度だけどんな悪口を言っても罰しない日を決めたのがこのお祭の由来とのこと。
お祭りの様子がVTRで紹介されていた。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (6)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (4)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (2)