ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「扶桑社」の検索結果

「扶桑社」に関連する情報 4070件中 1〜10件目

扶桑社

52歳で1月30日に亡くなった有賀さつきさん。今日発売のスポーツ紙では「がんで闘病」と報じられているが、本当の病名は明かされていない。有賀さんは1988年にフジテレビに入社し、同期の八木亜希子さん、河野景子さんと花の3人娘として人気アナウンサーになった。入社試験の面接を担当した露木茂アナウンサーは有賀さんについて頑張りやだとコメント。周りの雰囲気を見て自分の立場をわきまえたアナウンサーだったと話した。そんな有賀さんに憧れていたのはビビットのレギュラーでもある菊間千乃さんで、お天気中継などに行くと技術スタッフに「有賀はこうやっていた」などと言われていたという。去年放送された番組では多趣味な面を見せ、45種類も趣味があることを明かしていた。1992年には都内の洋菓子教室に入学し、その後フランスのスイーツコンクールで3位に入賞する程の腕前だという。また、漢字検定準1級も取得しており、馴鹿などの難読漢字も次々読み、知識の深さを披露した。また、TOEICでは930点を獲得している。しかし、プライベートではシングルマザーとして悩みを抱えていたという。36歳で結婚し女児をもうけるも4年で離婚。去年2月のブログでは、「毎日幸せだと思っていたが、疲弊していたみたい」などと本音が綴られていた。


扶桑社

いま女性たちの間で「クローゼットがはちきれそうなのに着る服がない!」(扶桑社)という本が話題を呼んでいる。著者はイラストレーターの松尾たいこさんで、「洋服は買う方の速度が早すぎて断捨離が間に合わない。ショッピングが趣味なので打ち合わせ前の10分間に2、3着買ってしまったり、ネットショッピングでもモデルさんの顔を自分に脳内変換して、すぐに似合う気がして買ってしまう。気がついたらクローゼットがタイトル通りになっている。結局自分の本当に好きなものがわからない、思い入れのわからないままフラフラ集めた洋服たちだから、きちんと把握できていない」という悩みから、同書の執筆に踏み切ったという。

松尾たいこさんの提唱する「クローゼットパンパン病」について街で聞き込みを行ったところ、賛同する女性が数多くいた。着ない服を溜め込んでしまう背景には「捨てるに捨てられない」「乗せられてつい買ってしまう」「20代のころのバブルの服がまだある。思い出があって捨てられない」などそれぞれの事情があるという。そこで今回は「クローゼットパンパン病」についてスタジオで徹底討論する。


「扶桑社」に関連する本・コミック・雑誌

いま女性たちの間で「クローゼットがはちきれそうなのに着る服がない!」(扶桑社)という本が話題を呼んでいる。著者はイラストレーターの松尾たいこさんで、「洋服は買う方の速度が早すぎて断捨離が間に合わない。ショッピングが趣味なので打ち合わせ前の10分間に2、3着買ってしまったり、ネットショッピングでもモデルさんの顔を自分に脳内変換して、すぐに似合う気がして買ってしまう。気がついたらクローゼットがタイトル通りになっている。結局自分の本当に好きなものがわからない、思い入れのわからないままフラフラ集めた洋服たちだから、きちんと把握できていない」という悩みから、同書の執筆に踏み切ったという。

松尾たいこさんの提唱する「クローゼットパンパン病」について街で聞き込みを行ったところ、賛同する女性が数多くいた。着ない服を溜め込んでしまう背景には「捨てるに捨てられない」「乗せられてつい買ってしまう」「20代のころのバブルの服がまだある。思い出があって捨てられない」などそれぞれの事情があるという。そこで今回は「クローゼットパンパン病」についてスタジオで徹底討論する。

「クローゼットがはちきれそうなのに着る服がない! そんな私が、1年間洋服を買わないチャレンジをしてわかったこと」

Amazon.co.jp


扶桑社

今日は寒い時だからこそ食べたい女子ラーメンに注目する。味や見た目にこだわった女性向けラーメンが現在増えていて、女性ラーメン評論家の本谷亜紀さんとともに紹介する。


「扶桑社」に関連する本・コミック・雑誌

孤独のグルメ

原作:「孤独のグルメ」 作/久住昌之・画/谷口ジロー(扶桑社)


扶桑社

原作:「孤独のグルメ」 作/久住昌之・画/谷口ジロー(扶桑社)


扶桑社

加藤シゲアキ著「チュベローズで待ってるAGE22・AGE32」の紹介を行った。


扶桑社

東京・巣鴨にあるシニア専門写真館「えがお写真館」では、若返りメイクが話題になっている。メイクを行っているのは、メイクアップアーティスト・赤坂渉。これまで3年間で4千人以上を若返らせた。


扶桑社

出版社・扶桑社で話題の「書かずに貯まる!クリアファイル家計簿」。ブック状のクリアファイルに、1ヶ月分の日付を書いた紙を入れ、各日のポケットに2000円ずつ入れていく。朝、出かける前に1日の予算2000円を財布に入れ、1日を過ごす。1日が終わったらその日使った分のレシートとおつりをファイルへ。余ったお金はご褒美として月末に使用可。今までノートやアプリで家計簿をやったが続かなかったという人にオススメ。


「扶桑社」に関連する本・コミック・雑誌

出版社・扶桑社で話題の「書かずに貯まる!クリアファイル家計簿」。ブック状のクリアファイルに、1ヶ月分の日付を書いた紙を入れ、各日のポケットに2000円ずつ入れていく。朝、出かける前に1日の予算2000円を財布に入れ、1日を過ごす。1日が終わったらその日使った分のレシートとおつりをファイルへ。余ったお金はご褒美として月末に使用可。今までノートやアプリで家計簿をやったが続かなかったという人にオススメ。

「書かずに貯まる! クリアファイル家計簿 (扶桑社BOOKS)」

Amazon.co.jp