ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「拒食症」の検索結果

「拒食症」に関連する情報 293件中 1〜10件目

「拒食症」に関連するグルメ情報

こんにゃくゼリー

拒食症と過食症を繰り返した堀越えつこさんが登場。堀越さんの衝撃発言に、杉原杏璃も「私も高校のときに拒食症だった。27kgになった」と明かす。極端な食事制限の結果、髪の毛がゴッソリ抜けるという現象が現れたという。次いで、過食症になった理由に、父親がバイク事故で意識不明となったことだった。当時の体重は「70kgくらい。お腹は苦しいとわかってるけど、満腹とかはわからない」と、とにかく食べ続けたという。


おにぎり協会

年間3600個以上のおにぎりを食べるIT社長・中村佑介さんを紹介。中村さんは中学校の時にイジメに空い、拒食症でご飯を食べることができなくなってしまった。その時に母親が握ってくれたおにぎりを食べれるようになったのがきっかけだという。そんな中村さんは稼いだお金をおにぎりに費やしていると話した。そんな中村さんにとって嬉しかった事が「おにぎり協会」の会員が1000人突破したと話した。


心不全

カーペンターズのカレンは1983年、拒食症により心不全で死亡した。その死因の一つと言われているのがダイエットのために大量に服用していた下剤だった。


拒食症

カーペンターズのカレンは1983年、拒食症により心不全で死亡した。その死因の一つと言われているのがダイエットのために大量に服用していた下剤だった。


下剤

カーペンターズのカレンは1983年、拒食症により心不全で死亡した。その死因の一つと言われているのがダイエットのために大量に服用していた下剤だった。


赤城高原ホスピタル

万引きの罪で執行猶予中の最判で、一般的には実刑になるところ今回も執行猶予が付いた。入院して4か月、31歳の女性は治療の一環として新たに病院に来た患者に体験を語った。女性は10回の逮捕と2回の懲役を経て入院。しかし去年の年末に駅の構内で駅弁とスーパーでプリンを万引きした。万引きした売店に送るために書いた詫び状には「依存症回復の治療を進めていきたいとおもっております」と書かれていた。「赤城高原ホスピタル」では繰り返される万引きを依存症と捉え治療する取り組みを進めてきた。現在40人の患者が入院しているが、万引きの衝動が抑えられないため院内には防犯カメラが27台設置されている。売店の営業時間も20分に抑え複数のスタッフで監視。レシートのチェックも受けるが、ここまでしても万引きは無くならない。万引きの衝動を抑えられない彼らのような人を精神医学の世界では「クレプトマニア」と呼ぶ。

今も母親と一緒でないと買い物に行けない「クレプトマニア」の女性。逮捕歴10回、今も執行猶予中の48歳の女性。彼女の中で一番の鬼門はパン売り場で「パンが好きでいつも見ている。いつもだいぶ悩んじゃいます」と話す。この日はきちんとレジを通した。買い物を済ませると、その都度かつての弁護士の男性にメールで報告した。林大悟弁護士は「非常にお痩せになっていて泣いていらっしゃったというのが印象に残っています」と振り返る。本来なら刑務所行きが当たり前の犯罪だが、彼女は実刑ではなく罰金刑という異例の判決で社会の注目を浴びた。女性が万引きに嵌りだした当時、異様に痩せており、竹村医師は「摂食障害が発症し、その後クレプトマニアになってくることが多い」と説明。クレプトマニアの約半数が摂食障害だった。鑑定書には「子供が生まれてからは子供の世話をしてくれない夫への不満が募った。次男が生まれたころにはほとんど話さなくなってコミュニケーションは筆談だった」と書かれている。幼いころからぽっちり体形だった彼女は初めて体重50キロを切り、その喜びからダイエットに夢中になった。その後、万引きへの快感を知り、1日に何軒もスーパーをはしごするようになった。竹村医師は「拒食症も過食症も基本的には病的な飢餓状態なんです。飢えていると自分のものがなくなるのがすごく怖い、だから予備のものをため込む」と万引きの心理を分析した。彼女は何度目かの逮捕で実家の母の耳にも入った。その後も万引きを繰り返し2度目の裁判で保護観察付き執行猶予5年の判決を受ける。再犯すれば確実に刑務所行きとなる。


拒食症

フランスでモデルのやせ過ぎ防止のため医師の診断書の提出を義務付け。違反すれば所属事務所などに最大6ヵ月の禁固刑か約975万円の罰金が課せられる。フランスでは拒食症が社会問題になっているためだという。


拒食症

林瑞季さん(31)がプロフィールを紹介。母親は料理が苦手で、子供ながらにHM(ホットケーキミックス)で料理を手伝っていた。その後、23歳の時に拒食症に悩まされ、身長162cmで体重は23kgだった。それでも病床では食べ物のことばかり考え、料理本を耽読していた。その時、母の恭子さんは半年にわたって病院にいてくれ、感謝の気持ちとして4年後に料理本を上梓した。さらに料理ブログも開始したなか、ホットケーキミックスで何かを作ると人気が出るなどビジネスチャンスが期待できると気づいた。マツコは「人気ブログになるためにホットケーキミックスを利用した?」と尋ねると、林さんは即答した。


「拒食症」に関連するグルメ情報

ホットケーキミックス

林瑞季さん(31)がプロフィールを紹介。母親は料理が苦手で、子供ながらにHM(ホットケーキミックス)で料理を手伝っていた。その後、23歳の時に拒食症に悩まされ、身長162cmで体重は23kgだった。それでも病床では食べ物のことばかり考え、料理本を耽読していた。その時、母の恭子さんは半年にわたって病院にいてくれ、感謝の気持ちとして4年後に料理本を上梓した。さらに料理ブログも開始したなか、ホットケーキミックスで何かを作ると人気が出るなどビジネスチャンスが期待できると気づいた。マツコは「人気ブログになるためにホットケーキミックスを利用した?」と尋ねると、林さんは即答した。


拒食症

フランスの企業LVMHとケリングが「やせすぎモデル」起用しないと発表。2社は女性では日本の5号以上、国際基準でXS以上でないと起用しないとし、やせすぎたモデルの影響で拒食症などを招くおそれがあるとの批判を受けたもの。