ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「拒食症」の検索結果

「拒食症」に関連する情報 307件中 1〜10件目

拒食症

後藤田正純衆院議員が実業家の女性に訴えられた。議員側は「訴状が報道されているとおりであれば事実無根」としている。女性は結婚詐欺で心身を傷つけられたとして1100万円の損害賠償を求める民事訴訟を起こした。女性は独身で40代、自律神経失調症を患って体重も一時は39kgまで減少したとの事。


拒食症

穂積さんは俳優座養成所を卒業後1959年に「にあんちゃん」で映画デビューした。51歳の時娘を立ち直らせるまでの日々を描いた積木くずしが約300万部の大ベストセラーとなった。その後教育評論家として活躍し非行少年らの相談所の設立を目指していたという。しかし更生したはずの娘が覚醒剤で2度に渡り逮捕された。ベストセラーにより「自分が晒し者にされた」と思ったことが原因だという。更に離婚や印税などを巡るトラブルで多額の借金を抱えどん底の生活になったという。1993年には再婚しもう一度家族を作るために踏み出していたが、その後前妻の自殺、娘の死去と立て続けの不幸が穂積さんを襲った。穂積さんは娘の死の原因が自分の著書に対する反発だったように感じると述べたという。2012年には再婚した妻が脳梗塞になり、穂積さんの18年来の友人によると穂積さんは妻が亡くなるまで介護生活を続けていたという。その後、穂積さんは2月の最後の出演舞台では命の大切さを訴える老人を演じきったという。


「拒食症」に関連するイベント情報

五輪

池谷幸雄さんによると昔は朝日生命に行きたがる選手が多かったが今はそこまで結果がでていない朝日生命体操クラブの内情を分かっている人が多いので強い選手も行かなくなったという。元教え子が塚原先生は古いと告白した。体形管理について千恵子氏から食べなければいいんじゃないのと極力食事を少なくするよう求められ、ごちそうを出されるからと実家への帰省も控えさせられたという。中には疲労骨折や拒食症で競技ができなくなる選手もいた。一方、朝日生命体操クラブに有力選手が移籍する理由について日本であれだけ女子の練習環境が整っているところはない、ここで練習することが五輪出場への近道だと自ら志願する選手がほとんど。現日本代表候補6人のうち朝日生命所属は1人でその他5人はそれぞれのコーチの指導で競技力を高めてきていてそれが静かな反発だと指摘。(日刊スポーツ)


日刊スポーツ

池谷幸雄さんによると昔は朝日生命に行きたがる選手が多かったが今はそこまで結果がでていない朝日生命体操クラブの内情を分かっている人が多いので強い選手も行かなくなったという。元教え子が塚原先生は古いと告白した。体形管理について千恵子氏から食べなければいいんじゃないのと極力食事を少なくするよう求められ、ごちそうを出されるからと実家への帰省も控えさせられたという。中には疲労骨折や拒食症で競技ができなくなる選手もいた。一方、朝日生命体操クラブに有力選手が移籍する理由について日本であれだけ女子の練習環境が整っているところはない、ここで練習することが五輪出場への近道だと自ら志願する選手がほとんど。現日本代表候補6人のうち朝日生命所属は1人でその他5人はそれぞれのコーチの指導で競技力を高めてきていてそれが静かな反発だと指摘。(日刊スポーツ)


日刊ゲンダイ

池谷幸雄さんによると昔は朝日生命に行きたがる選手が多かったが今はそこまで結果がでていない朝日生命体操クラブの内情を分かっている人が多いので強い選手も行かなくなったという。元教え子が塚原先生は古いと告白した。体形管理について千恵子氏から食べなければいいんじゃないのと極力食事を少なくするよう求められ、ごちそうを出されるからと実家への帰省も控えさせられたという。中には疲労骨折や拒食症で競技ができなくなる選手もいた。一方、朝日生命体操クラブに有力選手が移籍する理由について日本であれだけ女子の練習環境が整っているところはない、ここで練習することが五輪出場への近道だと自ら志願する選手がほとんど。現日本代表候補6人のうち朝日生命所属は1人でその他5人はそれぞれのコーチの指導で競技力を高めてきていてそれが静かな反発だと指摘。(日刊スポーツ)


朝日生命

池谷幸雄さんによると昔は朝日生命に行きたがる選手が多かったが今はそこまで結果がでていない朝日生命体操クラブの内情を分かっている人が多いので強い選手も行かなくなったという。元教え子が塚原先生は古いと告白した。体形管理について千恵子氏から食べなければいいんじゃないのと極力食事を少なくするよう求められ、ごちそうを出されるからと実家への帰省も控えさせられたという。中には疲労骨折や拒食症で競技ができなくなる選手もいた。一方、朝日生命体操クラブに有力選手が移籍する理由について日本であれだけ女子の練習環境が整っているところはない、ここで練習することが五輪出場への近道だと自ら志願する選手がほとんど。現日本代表候補6人のうち朝日生命所属は1人でその他5人はそれぞれのコーチの指導で競技力を高めてきていてそれが静かな反発だと指摘。(日刊スポーツ)


拒食症

いじめを受けた少女は精神的なストレスで拒食症になり痩せていった。それでも最後の意地で学校だけは休まなかった。父親は誰がやったかだけでも突き止めたいと思い探偵事務所に行き着いた。ネットに詳しい調査員と共にツイートのIPアドレスを見つけ出し通信記録を探った。投稿者は学校近くの駅ビルでWi-Fiを利用した事が判明した。駅ビル内のカフェの常連客、新体操部員を調査。「学校やめていいですか」と投稿したところ新体操部員がグループメッセージに貼り付けていた事が分かった。証拠を持って学校へ行くと学校主導のいじめ調査が行われる事になった。彼女は高校3年生になってから体重が回復。新体操部には戻れなかったが新体操への思いをぶつけるように猛勉強を開始し学年トップクラスを維持し有名大学へ進学した。


拒食症

彼女はこれまでの話をすべて両親に打ち明けた。父親は新体操部の顧問に電話で相談した。3日後、父親は校長と面談する事になったが学校側はその一文だけで生徒の犯行ではないと主張。この対応に怒りを覚えた父親は警察に相談するが事件性がないと言われてしまった。その間、彼女は拒食症で痩せていった。


拒食症

窃盗症と診断された主婦のAさんは49歳。彼女は病気と診断されてから買い物の際にルールを作った。母親にいつも監視してもらうこと、目立つ派手な格好でスーパーに向かうなど自ら対策をしている。さらに商品の重さを実感するためにカゴを手で持つようにしている。窃盗症になりやすい人の特徴としては、「頑張っているのに認めてくれない」などと思う人が発祥しやすいという。今から約20年前、Aさんは結婚し育児に追われる日々を過ごしていた。夫は仕事で忙しく2人の子供の世話はAさん1人でやっていた。さらに夫とのコミュニケーションは筆談のみで孤独な日々を過ごしていた。しかし、Aさんは自分が痩せ始めていることに気づき、太っていることがコンプレックスだったAさんにとってはとても嬉しいことだったという。その日以来ダイエットに夢中になり体重はみるみる落ちていき、気づけば身長164センチに対して体重は29キロに。本人も気づかないうちにAさんは拒食症になっていた。窃盗症になる人は他の精神疾患を患っていることが多いという。Aさんは過度なダイエットで好物の菓子パンがとても美味しそうにみえたという、そのためかパンを万引きしてしまったそう、しかしこの興奮が窃盗症へ向かわせることを決定づけた。摂食障害には病的飢餓感があり、物がなくなる怖さで際限なく溜め込んでしまうのだという。さらに万引きの行為の成功に興奮と安堵感を覚え依存してくのだそう。この体験から万引きはどんどんエスカレート。大量に盗んだ商品で冷蔵庫はパンパンになっていた。欲しくもないペルシャ絨毯や金魚までも万引きするようになっていた。最初の万引きから2年、初めて保安員に発見され、初めて家族に万引きされていることが明らかになった。これを機に二度と万引きをしないと誓ったがその1ヶ月後に再犯してしまい、母親もその時娘の異常な状態に気づいたという。ついに2013年4月、現行犯逮捕、懲役1年の保護観察付き、執行猶予は5年となった。


金魚

窃盗症と診断された主婦のAさんは49歳。彼女は病気と診断されてから買い物の際にルールを作った。母親にいつも監視してもらうこと、目立つ派手な格好でスーパーに向かうなど自ら対策をしている。さらに商品の重さを実感するためにカゴを手で持つようにしている。窃盗症になりやすい人の特徴としては、「頑張っているのに認めてくれない」などと思う人が発祥しやすいという。今から約20年前、Aさんは結婚し育児に追われる日々を過ごしていた。夫は仕事で忙しく2人の子供の世話はAさん1人でやっていた。さらに夫とのコミュニケーションは筆談のみで孤独な日々を過ごしていた。しかし、Aさんは自分が痩せ始めていることに気づき、太っていることがコンプレックスだったAさんにとってはとても嬉しいことだったという。その日以来ダイエットに夢中になり体重はみるみる落ちていき、気づけば身長164センチに対して体重は29キロに。本人も気づかないうちにAさんは拒食症になっていた。窃盗症になる人は他の精神疾患を患っていることが多いという。Aさんは過度なダイエットで好物の菓子パンがとても美味しそうにみえたという、そのためかパンを万引きしてしまったそう、しかしこの興奮が窃盗症へ向かわせることを決定づけた。摂食障害には病的飢餓感があり、物がなくなる怖さで際限なく溜め込んでしまうのだという。さらに万引きの行為の成功に興奮と安堵感を覚え依存してくのだそう。この体験から万引きはどんどんエスカレート。大量に盗んだ商品で冷蔵庫はパンパンになっていた。欲しくもないペルシャ絨毯や金魚までも万引きするようになっていた。最初の万引きから2年、初めて保安員に発見され、初めて家族に万引きされていることが明らかになった。これを機に二度と万引きをしないと誓ったがその1ヶ月後に再犯してしまい、母親もその時娘の異常な状態に気づいたという。ついに2013年4月、現行犯逮捕、懲役1年の保護観察付き、執行猶予は5年となった。