ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「拒食症」の検索結果

「拒食症」に関連する情報 314件中 1〜10件目

拒食症

重度の拒食症で体重が18kgのレイチェルだが、少しずつ回復にむかっている。レイチェルさんは食道がすごく細くなって飲み込む筋肉も落ちていて、足りない栄養は点滴で補っている。レイチェルさんの夢は、夫とレストランに行くことだと語った。


拒食症

拒食症で激ヤセしたレイチェルは長期の治療が必要で費用は1000万以上となり、動画サイトへの投稿で募金を呼びかけた。体重が25kg以下になると死亡率が上がるとされているがレイチェルの場合は10年かけて体重が落ちたのでまだ良かったと医師に言われた。寄付は2000万円ほど集まり集中治療ができる病院に入院し、少しずつ回復に向かっている。


拒食症

体重が18kgしかないレイチェル・ファローさんを取材。レイチェルさんは1978年生まれ。幼いころからいい子で完璧主義、学校の成績は常にトップ。大学卒業後は大手コピー機メーカーに就職。会社でも負けたくなかった。そのため仕事に没頭。朝はやくから夜遅くまで仕事。その後ストレス解消でジム通いをするようになる。やがてロッドと出会い交際。この頃までは幸せなカップルだった。しかしある日体重を測ると2kg減った。その時達成感を感じた。体重を落とせれば大丈夫、自分をコントロール出来ていると感じていた。一方体重が増えればイライラしてしまい、いつの間にか体重を優先する目的になったとレイチェルさんは語る。その後女優として数本の映画にも出演するが35歳の頃に30kg以下になっていた。会社で倒れることもあった。その後会社もクビになった。ロッドは病院へ行くように促す。その後自分をコントロールと語り取り返しのつかないことに発展する。


拒食症

体重が18kgしかない39歳女性が住んでいる、カリフォルニア州ラグーナヒルズの自宅を訪れた。


拒食症

名越さんによると元マラソン代表が口にしていた「窃盗症」とは「経済的に困っていたり物が欲しい訳ではないが窃盗をしてしまう」「窃盗は悪い事と理解し、やめたいと思っているがやめることができない病」。原因は生い立ちやプレッシャーなど過度のストレスとのこと。また、被告は摂食障害が基本にあると言われている。摂食障害と窃盗症は両方とも飢餓感に基づいているともされ、ダイエットを繰り返すと似たような症状が出ることも。名越さんは「アルコール中毒、ギャンブル依存などは豊かな生活だからできる。今回の窃盗も豊かな時代だからできる。豊かな時代だから嗜癖や中毒になるが、これに脳が追いついていない」などと語る。


拒食症

この病院で治療を受ける窃盗常習犯の中で多数を占めるのは30代をピークに20〜40代の女性。(赤城高原ホスピタル)過半数が摂食障害だという。委員長によると拒食でも過食でも病的な飢餓感が続き身の回りの食品やお金がなくなることに恐怖心を抱く涸渇恐怖が生まれる。そのため、お金を減らさずに食品をストックするため込み欲求の衝動に駆られ、窃盗行為に繋がるという。多くの窃盗症の患者は治療により回復可能だという。元選手は現在「疑似万引き」という治療を行っている。店のように品物を並べた室内でほしいものを自由に万引きするもの。部屋を出ようとしたところで警備員役の看護師に捕まり、盗ったものを全て回収される。繰り返すことで欲求が収まっていくという。摂食障害になりやすいのは親からの期待が強い、痩せる必要のある仕事の人など。(厚労省HPより抜粋要約)対策はストレスを1人で抱え込まないこと。


拒食症

窃盗症と診断された女性は自分が病気と分かってから買物の際いくつものルールを作った。母親に自分を見張ってもらう・目立つよう派手な格好をする・挨拶をする・透明のバッグを持つなど。窃盗症になりやすい人の特徴は社会から自分の能力・努力が評価されていないと思っている人が多く、家庭問題、失意の体験をきっかけに発症することがあるという。女性は20年前に結婚し、夫の仕事が忙しいことから2人の子どもの世話は1人でやっていた。唯一の喜びは体重が減ることで、ダイエットに夢中になり1日の食事がアンパン1個の日もあり164センチの身長に29キロまで落ちた。最初にパン屋さんで万引きした興奮が窃盗症へ向かわせ、カートのまま店を出てカゴごと万引きもした。万引きがエスカレートしたときには食べたい気持ちはどうでもよくなっており、ペルシャ絨毯や金魚まで万引きした。最初の万引きから2年経った時店側から見つかったが1か月後再び万引きをし母親も知った。2013年4月に現行犯逮捕され起訴、懲役1年保護観察付き・執行猶予5年が下った。判決の2か月後に再犯した。精神疾患が疑われ赤城高原ホスピタルで窃盗しょうと診断された。裁判では病気によるものと認められ25万円の罰金刑が課せられた。最後の万引きから5年、再犯はない。


拒食症

後藤田正純衆院議員が実業家の女性に訴えられた。議員側は「訴状が報道されているとおりであれば事実無根」としている。女性は結婚詐欺で心身を傷つけられたとして1100万円の損害賠償を求める民事訴訟を起こした。女性は独身で40代、自律神経失調症を患って体重も一時は39kgまで減少したとの事。


拒食症

穂積さんは俳優座養成所を卒業後1959年に「にあんちゃん」で映画デビューした。51歳の時娘を立ち直らせるまでの日々を描いた積木くずしが約300万部の大ベストセラーとなった。その後教育評論家として活躍し非行少年らの相談所の設立を目指していたという。しかし更生したはずの娘が覚醒剤で2度に渡り逮捕された。ベストセラーにより「自分が晒し者にされた」と思ったことが原因だという。更に離婚や印税などを巡るトラブルで多額の借金を抱えどん底の生活になったという。1993年には再婚しもう一度家族を作るために踏み出していたが、その後前妻の自殺、娘の死去と立て続けの不幸が穂積さんを襲った。穂積さんは娘の死の原因が自分の著書に対する反発だったように感じると述べたという。2012年には再婚した妻が脳梗塞になり、穂積さんの18年来の友人によると穂積さんは妻が亡くなるまで介護生活を続けていたという。その後、穂積さんは2月の最後の出演舞台では命の大切さを訴える老人を演じきったという。


「拒食症」に関連するイベント情報

五輪

池谷幸雄さんによると昔は朝日生命に行きたがる選手が多かったが今はそこまで結果がでていない朝日生命体操クラブの内情を分かっている人が多いので強い選手も行かなくなったという。元教え子が塚原先生は古いと告白した。体形管理について千恵子氏から食べなければいいんじゃないのと極力食事を少なくするよう求められ、ごちそうを出されるからと実家への帰省も控えさせられたという。中には疲労骨折や拒食症で競技ができなくなる選手もいた。一方、朝日生命体操クラブに有力選手が移籍する理由について日本であれだけ女子の練習環境が整っているところはない、ここで練習することが五輪出場への近道だと自ら志願する選手がほとんど。現日本代表候補6人のうち朝日生命所属は1人でその他5人はそれぞれのコーチの指導で競技力を高めてきていてそれが静かな反発だと指摘。(日刊スポーツ)