ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「拒食症」の検索結果

「拒食症」に関連する情報 259件中 1〜10件目

「拒食症」に関連するイベント情報

ソチ五輪

半年ぶりに東北福祉大に戻った明子はコーチの言葉に見捨てられていないと感じ、発症から1年で回復、2007年に国際大会に出場、2009年には優勝を果たした。バンクーバー五輪では8位入賞、拒食症を乗り越え掴んだ夢の舞台だった。


「拒食症」に関連するイベント情報

バンクーバー五輪

半年ぶりに東北福祉大に戻った明子はコーチの言葉に見捨てられていないと感じ、発症から1年で回復、2007年に国際大会に出場、2009年には優勝を果たした。バンクーバー五輪では8位入賞、拒食症を乗り越え掴んだ夢の舞台だった。


東北福祉大

半年ぶりに東北福祉大に戻った明子はコーチの言葉に見捨てられていないと感じ、発症から1年で回復、2007年に国際大会に出場、2009年には優勝を果たした。バンクーバー五輪では8位入賞、拒食症を乗り越え掴んだ夢の舞台だった。


「拒食症」に関連するイベント情報

トリノ五輪

娘の姿を見て両親は困惑。自宅でも少量の食事を続けた鈴木明子は食べたいがどうすることもできないのが摂食障害の怖さと語った。体重は34kgになり拒食症と診断された。3年後のトリノ五輪の夢が崩れた。6種類の薬を飲む生活、母はスケートを続けたい明子に食べられるものから食べればいいと告げた。この言葉に救われたという。それから食べ物を少しずつ口にできるようになった。


拒食症

鈴木明子は世界に向けた練習ですべてを体重のせいだと思い込んだ。浅田真央らはスタイルがよく、自分が変えられるのは体重だけだと思ったという。肉や油を口にせずジョギングでカロリーを消費、クロアチアの国際大会に出場した時にステーキ店で肉を食べたが激しい嘔吐に襲われた。その日を境に食べ物を見ると吐き気がし何も食べられない日が続いた。そして食材のカロリーを把握、1か月半で8kg痩せていた。体力が落ちスケートどころではなくなり練習は強制的にストップ。実家に帰り母は言葉を失った。

娘の姿を見て両親は困惑。自宅でも少量の食事を続けた鈴木明子は食べたいがどうすることもできないのが摂食障害の怖さと語った。体重は34kgになり拒食症と診断された。3年後のトリノ五輪の夢が崩れた。6種類の薬を飲む生活、母はスケートを続けたい明子に食べられるものから食べればいいと告げた。この言葉に救われたという。それから食べ物を少しずつ口にできるようになった。

拒食症を克服した鈴木明子は食べることができないことで自己嫌悪、食べることへの恐怖がつきまとう、発症から3年は肉が食べられなかったなどと話した。


拒食症

19歳になったジョディ・リー・ニールがスタッフの前に現れた。現在は68kg。回復期を支えた食器は今も大事にしている。ジョディは「体重が増えていく事が本当に辛かった。鏡の前の自分がどんどん太っていく事が怖かったです。でも太る事は健康なんだと言い聞かせて乗り越えました。あの次期は本当に家族がいなければ無理でした」と話した。

6歳からスケートを始めた鈴木明子は高校生の頃には日本でも有力な選手に成長。家族一丸となって競技に打ち込んだ。大人の体に変化し体重が増える時期、体重コントロールに失敗し脱落していくという。明子の母ケイ子さんは娘の体重管理に厳しかった。2003年、高校を卒業した明子は親元を離れフィギュアの名門・東北福祉大学への進学を決めた。フィギュアスケート部の長久保裕コーチは自らも札幌オリンピックに選手として出場している。明子は160cm48kgで、体重が増えないよう気をつけていた。


拒食症

太る恐怖に支配されたジョディはお風呂に入る時、骨が当たるのでバスタブにタオルを敷き詰めていた。その時、急に自分にうんざりし嫌になった。ジョディはもとに戻る意思を母親に伝えた。拒食症患者には体重年齢という言葉が使われる。ジョディの34kgはイギリスの10歳女子の平均体重だったため10歳程度の判断力しか持ち合わせていないという考え方。食べることを強いる事は逆効果だった。1日700kcalの食事をさせるため栄養士指導の料理を作った。食べ物を意識させないようフルーツと野菜で絵を描いた。流動食が一番体に良いのだがいかにも治療的で拒食症患者はなかなか受け入れない。

食欲が止まらなくなる過食期に入ると飢餓状態だった体はようやく入ってきた栄養をもっと取り込もうとする。欲しいままに食べると急激に太りその後、拒食症を再発する人がほとんど。克服できるかはこの時期にかかっている。ジョディはレモン水を飲み食欲を抑えた。過食期を乗り越えると食欲は収まる。しかし、食べ始めるとぽっこりお腹が目立ち太る恐怖に脅かされる。うっすらと脂肪が付き始めた頃、病院を訪れると医者から「60kg近くになる」と言われた。元々54kgだったジョディは約10%が加わり約60kgになるという。正しい知識と家族の協力の元、順調に体重を増やし54kgを超え60kg台になった。太る事を克服し自分を受け入れられる心の余裕ができていた。ジョディは今の体と30kg台だった時の体をインスタグラムにアップ。すると世界中から賞賛のメッセージが届いた。今のジョディをスタッフが訪ねた。


心停止

イギリス・ヤテリーに住むジョディ・リー・ニール16歳は筋肉質のがっしり体型な事に悩んでいた。両親が早朝出勤した朝、ジョディはSNSでかけがえのない存在だったジェイ・ベントンが心停止で亡くなった事を知り悲しんだ。それから食事が喉を通らなくなった。2週間後、ほっそりとした自分の姿を見ると悲しみを忘れもっと痩せたいと思うようになった。過激に痩せた姿を自慢するサイトを見つけ痩せる方法を片っ端から実行した。食事は1日20kcalという方法を得た。当時の食事は朝はゼリー、昼はジュース、夜はスープのみ。クラスメイトが見舞いに訪れるとジュリーに「痩せた」という言葉を投げかけた。しかしジュディは全然痩せていないと思っていた。これは拒食症によって前頭葉が萎縮する事で起こる錯覚とされる。入院を余儀なくされたジュディはこの時、34kgになっていた。医師からこれ以上痩せると心臓が止まると言われ応急処置の栄養剤を注入するがトイレに捨てた。しかしすぐにばれ24時間の監視体制が敷かれた。2ヶ月の治療で40kgまで戻ったが太った自分が許せず母・ジュリーが食べさせようとするとそれが逆効果になった。ジュディは30kg台に戻ってしまった。


拒食症

写真に写っている18歳の少女に痩せている自覚はない。拒食症は痩せることに取り憑かれ悲鳴をあげる体に耳を貸さない。

イギリス・ヤテリーに住むジョディ・リー・ニール16歳は筋肉質のがっしり体型な事に悩んでいた。両親が早朝出勤した朝、ジョディはSNSでかけがえのない存在だったジェイ・ベントンが心停止で亡くなった事を知り悲しんだ。それから食事が喉を通らなくなった。2週間後、ほっそりとした自分の姿を見ると悲しみを忘れもっと痩せたいと思うようになった。過激に痩せた姿を自慢するサイトを見つけ痩せる方法を片っ端から実行した。食事は1日20kcalという方法を得た。当時の食事は朝はゼリー、昼はジュース、夜はスープのみ。クラスメイトが見舞いに訪れるとジュリーに「痩せた」という言葉を投げかけた。しかしジュディは全然痩せていないと思っていた。これは拒食症によって前頭葉が萎縮する事で起こる錯覚とされる。入院を余儀なくされたジュディはこの時、34kgになっていた。医師からこれ以上痩せると心臓が止まると言われ応急処置の栄養剤を注入するがトイレに捨てた。しかしすぐにばれ24時間の監視体制が敷かれた。2ヶ月の治療で40kgまで戻ったが太った自分が許せず母・ジュリーが食べさせようとするとそれが逆効果になった。ジュディは30kg台に戻ってしまった。


過食症

先週の放送では、摂食障害だった女性の壮絶体験を聞いた。専門家に話を聞くと、過食症は炭水化物を無限に食べてしまう症状、脳内で食欲と満腹中枢がうまく機能しなくなり、胃が満タンな状態でも食べ続けてしまう症状とした。

拒食症と過食症で苦しんだ仲河さんは、恋人と一緒に食事をするために克服したという。16歳の時拒食症に苦しんだ鈴木さんは、子供が産めなくなるのが怖くなり、親に孫の顔を見せるために回復したと話した。小山慶一郎は、自分で気づけないから家族の支えも大事だと思ったなどと話した。