ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「拒食症」の検索結果

「拒食症」に関連する情報 299件中 1〜10件目

拒食症

窃盗症と診断された主婦のAさんは49歳。彼女は病気と診断されてから買い物の際にルールを作った。母親にいつも監視してもらうこと、目立つ派手な格好でスーパーに向かうなど自ら対策をしている。さらに商品の重さを実感するためにカゴを手で持つようにしている。窃盗症になりやすい人の特徴としては、「頑張っているのに認めてくれない」などと思う人が発祥しやすいという。今から約20年前、Aさんは結婚し育児に追われる日々を過ごしていた。夫は仕事で忙しく2人の子供の世話はAさん1人でやっていた。さらに夫とのコミュニケーションは筆談のみで孤独な日々を過ごしていた。しかし、Aさんは自分が痩せ始めていることに気づき、太っていることがコンプレックスだったAさんにとってはとても嬉しいことだったという。その日以来ダイエットに夢中になり体重はみるみる落ちていき、気づけば身長164センチに対して体重は29キロに。本人も気づかないうちにAさんは拒食症になっていた。窃盗症になる人は他の精神疾患を患っていることが多いという。Aさんは過度なダイエットで好物の菓子パンがとても美味しそうにみえたという、そのためかパンを万引きしてしまったそう、しかしこの興奮が窃盗症へ向かわせることを決定づけた。摂食障害には病的飢餓感があり、物がなくなる怖さで際限なく溜め込んでしまうのだという。さらに万引きの行為の成功に興奮と安堵感を覚え依存してくのだそう。この体験から万引きはどんどんエスカレート。大量に盗んだ商品で冷蔵庫はパンパンになっていた。欲しくもないペルシャ絨毯や金魚までも万引きするようになっていた。最初の万引きから2年、初めて保安員に発見され、初めて家族に万引きされていることが明らかになった。これを機に二度と万引きをしないと誓ったがその1ヶ月後に再犯してしまい、母親もその時娘の異常な状態に気づいたという。ついに2013年4月、現行犯逮捕、懲役1年の保護観察付き、執行猶予は5年となった。


金魚

窃盗症と診断された主婦のAさんは49歳。彼女は病気と診断されてから買い物の際にルールを作った。母親にいつも監視してもらうこと、目立つ派手な格好でスーパーに向かうなど自ら対策をしている。さらに商品の重さを実感するためにカゴを手で持つようにしている。窃盗症になりやすい人の特徴としては、「頑張っているのに認めてくれない」などと思う人が発祥しやすいという。今から約20年前、Aさんは結婚し育児に追われる日々を過ごしていた。夫は仕事で忙しく2人の子供の世話はAさん1人でやっていた。さらに夫とのコミュニケーションは筆談のみで孤独な日々を過ごしていた。しかし、Aさんは自分が痩せ始めていることに気づき、太っていることがコンプレックスだったAさんにとってはとても嬉しいことだったという。その日以来ダイエットに夢中になり体重はみるみる落ちていき、気づけば身長164センチに対して体重は29キロに。本人も気づかないうちにAさんは拒食症になっていた。窃盗症になる人は他の精神疾患を患っていることが多いという。Aさんは過度なダイエットで好物の菓子パンがとても美味しそうにみえたという、そのためかパンを万引きしてしまったそう、しかしこの興奮が窃盗症へ向かわせることを決定づけた。摂食障害には病的飢餓感があり、物がなくなる怖さで際限なく溜め込んでしまうのだという。さらに万引きの行為の成功に興奮と安堵感を覚え依存してくのだそう。この体験から万引きはどんどんエスカレート。大量に盗んだ商品で冷蔵庫はパンパンになっていた。欲しくもないペルシャ絨毯や金魚までも万引きするようになっていた。最初の万引きから2年、初めて保安員に発見され、初めて家族に万引きされていることが明らかになった。これを機に二度と万引きをしないと誓ったがその1ヶ月後に再犯してしまい、母親もその時娘の異常な状態に気づいたという。ついに2013年4月、現行犯逮捕、懲役1年の保護観察付き、執行猶予は5年となった。


ペルシャ絨毯

窃盗症と診断された主婦のAさんは49歳。彼女は病気と診断されてから買い物の際にルールを作った。母親にいつも監視してもらうこと、目立つ派手な格好でスーパーに向かうなど自ら対策をしている。さらに商品の重さを実感するためにカゴを手で持つようにしている。窃盗症になりやすい人の特徴としては、「頑張っているのに認めてくれない」などと思う人が発祥しやすいという。今から約20年前、Aさんは結婚し育児に追われる日々を過ごしていた。夫は仕事で忙しく2人の子供の世話はAさん1人でやっていた。さらに夫とのコミュニケーションは筆談のみで孤独な日々を過ごしていた。しかし、Aさんは自分が痩せ始めていることに気づき、太っていることがコンプレックスだったAさんにとってはとても嬉しいことだったという。その日以来ダイエットに夢中になり体重はみるみる落ちていき、気づけば身長164センチに対して体重は29キロに。本人も気づかないうちにAさんは拒食症になっていた。窃盗症になる人は他の精神疾患を患っていることが多いという。Aさんは過度なダイエットで好物の菓子パンがとても美味しそうにみえたという、そのためかパンを万引きしてしまったそう、しかしこの興奮が窃盗症へ向かわせることを決定づけた。摂食障害には病的飢餓感があり、物がなくなる怖さで際限なく溜め込んでしまうのだという。さらに万引きの行為の成功に興奮と安堵感を覚え依存してくのだそう。この体験から万引きはどんどんエスカレート。大量に盗んだ商品で冷蔵庫はパンパンになっていた。欲しくもないペルシャ絨毯や金魚までも万引きするようになっていた。最初の万引きから2年、初めて保安員に発見され、初めて家族に万引きされていることが明らかになった。これを機に二度と万引きをしないと誓ったがその1ヶ月後に再犯してしまい、母親もその時娘の異常な状態に気づいたという。ついに2013年4月、現行犯逮捕、懲役1年の保護観察付き、執行猶予は5年となった。


摂食障害

窃盗症と診断された主婦のAさんは49歳。彼女は病気と診断されてから買い物の際にルールを作った。母親にいつも監視してもらうこと、目立つ派手な格好でスーパーに向かうなど自ら対策をしている。さらに商品の重さを実感するためにカゴを手で持つようにしている。窃盗症になりやすい人の特徴としては、「頑張っているのに認めてくれない」などと思う人が発祥しやすいという。今から約20年前、Aさんは結婚し育児に追われる日々を過ごしていた。夫は仕事で忙しく2人の子供の世話はAさん1人でやっていた。さらに夫とのコミュニケーションは筆談のみで孤独な日々を過ごしていた。しかし、Aさんは自分が痩せ始めていることに気づき、太っていることがコンプレックスだったAさんにとってはとても嬉しいことだったという。その日以来ダイエットに夢中になり体重はみるみる落ちていき、気づけば身長164センチに対して体重は29キロに。本人も気づかないうちにAさんは拒食症になっていた。窃盗症になる人は他の精神疾患を患っていることが多いという。Aさんは過度なダイエットで好物の菓子パンがとても美味しそうにみえたという、そのためかパンを万引きしてしまったそう、しかしこの興奮が窃盗症へ向かわせることを決定づけた。摂食障害には病的飢餓感があり、物がなくなる怖さで際限なく溜め込んでしまうのだという。さらに万引きの行為の成功に興奮と安堵感を覚え依存してくのだそう。この体験から万引きはどんどんエスカレート。大量に盗んだ商品で冷蔵庫はパンパンになっていた。欲しくもないペルシャ絨毯や金魚までも万引きするようになっていた。最初の万引きから2年、初めて保安員に発見され、初めて家族に万引きされていることが明らかになった。これを機に二度と万引きをしないと誓ったがその1ヶ月後に再犯してしまい、母親もその時娘の異常な状態に気づいたという。ついに2013年4月、現行犯逮捕、懲役1年の保護観察付き、執行猶予は5年となった。


窃盗症

窃盗症と診断された主婦のAさんは49歳。彼女は病気と診断されてから買い物の際にルールを作った。母親にいつも監視してもらうこと、目立つ派手な格好でスーパーに向かうなど自ら対策をしている。さらに商品の重さを実感するためにカゴを手で持つようにしている。窃盗症になりやすい人の特徴としては、「頑張っているのに認めてくれない」などと思う人が発祥しやすいという。今から約20年前、Aさんは結婚し育児に追われる日々を過ごしていた。夫は仕事で忙しく2人の子供の世話はAさん1人でやっていた。さらに夫とのコミュニケーションは筆談のみで孤独な日々を過ごしていた。しかし、Aさんは自分が痩せ始めていることに気づき、太っていることがコンプレックスだったAさんにとってはとても嬉しいことだったという。その日以来ダイエットに夢中になり体重はみるみる落ちていき、気づけば身長164センチに対して体重は29キロに。本人も気づかないうちにAさんは拒食症になっていた。窃盗症になる人は他の精神疾患を患っていることが多いという。Aさんは過度なダイエットで好物の菓子パンがとても美味しそうにみえたという、そのためかパンを万引きしてしまったそう、しかしこの興奮が窃盗症へ向かわせることを決定づけた。摂食障害には病的飢餓感があり、物がなくなる怖さで際限なく溜め込んでしまうのだという。さらに万引きの行為の成功に興奮と安堵感を覚え依存してくのだそう。この体験から万引きはどんどんエスカレート。大量に盗んだ商品で冷蔵庫はパンパンになっていた。欲しくもないペルシャ絨毯や金魚までも万引きするようになっていた。最初の万引きから2年、初めて保安員に発見され、初めて家族に万引きされていることが明らかになった。これを機に二度と万引きをしないと誓ったがその1ヶ月後に再犯してしまい、母親もその時娘の異常な状態に気づいたという。ついに2013年4月、現行犯逮捕、懲役1年の保護観察付き、執行猶予は5年となった。


赤城高原ホスピタル

窃盗症と診断された主婦のAさんは49歳。彼女は病気と診断されてから買い物の際にルールを作った。母親にいつも監視してもらうこと、目立つ派手な格好でスーパーに向かうなど自ら対策をしている。さらに商品の重さを実感するためにカゴを手で持つようにしている。窃盗症になりやすい人の特徴としては、「頑張っているのに認めてくれない」などと思う人が発祥しやすいという。今から約20年前、Aさんは結婚し育児に追われる日々を過ごしていた。夫は仕事で忙しく2人の子供の世話はAさん1人でやっていた。さらに夫とのコミュニケーションは筆談のみで孤独な日々を過ごしていた。しかし、Aさんは自分が痩せ始めていることに気づき、太っていることがコンプレックスだったAさんにとってはとても嬉しいことだったという。その日以来ダイエットに夢中になり体重はみるみる落ちていき、気づけば身長164センチに対して体重は29キロに。本人も気づかないうちにAさんは拒食症になっていた。窃盗症になる人は他の精神疾患を患っていることが多いという。Aさんは過度なダイエットで好物の菓子パンがとても美味しそうにみえたという、そのためかパンを万引きしてしまったそう、しかしこの興奮が窃盗症へ向かわせることを決定づけた。摂食障害には病的飢餓感があり、物がなくなる怖さで際限なく溜め込んでしまうのだという。さらに万引きの行為の成功に興奮と安堵感を覚え依存してくのだそう。この体験から万引きはどんどんエスカレート。大量に盗んだ商品で冷蔵庫はパンパンになっていた。欲しくもないペルシャ絨毯や金魚までも万引きするようになっていた。最初の万引きから2年、初めて保安員に発見され、初めて家族に万引きされていることが明らかになった。これを機に二度と万引きをしないと誓ったがその1ヶ月後に再犯してしまい、母親もその時娘の異常な状態に気づいたという。ついに2013年4月、現行犯逮捕、懲役1年の保護観察付き、執行猶予は5年となった。


「拒食症」に関連するグルメ情報

こんにゃくゼリー

拒食症と過食症を繰り返した堀越えつこさんが登場。堀越さんの衝撃発言に、杉原杏璃も「私も高校のときに拒食症だった。27kgになった」と明かす。極端な食事制限の結果、髪の毛がゴッソリ抜けるという現象が現れたという。次いで、過食症になった理由に、父親がバイク事故で意識不明となったことだった。当時の体重は「70kgくらい。お腹は苦しいとわかってるけど、満腹とかはわからない」と、とにかく食べ続けたという。


おにぎり協会

年間3600個以上のおにぎりを食べるIT社長・中村佑介さんを紹介。中村さんは中学校の時にイジメに空い、拒食症でご飯を食べることができなくなってしまった。その時に母親が握ってくれたおにぎりを食べれるようになったのがきっかけだという。そんな中村さんは稼いだお金をおにぎりに費やしていると話した。そんな中村さんにとって嬉しかった事が「おにぎり協会」の会員が1000人突破したと話した。


心不全

カーペンターズのカレンは1983年、拒食症により心不全で死亡した。その死因の一つと言われているのがダイエットのために大量に服用していた下剤だった。


拒食症

カーペンターズのカレンは1983年、拒食症により心不全で死亡した。その死因の一つと言われているのがダイエットのために大量に服用していた下剤だった。