ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「摂食障害」の検索結果

「摂食障害」に関連する情報 378件中 1〜10件目

摂食障害

彼はゆかりさんと揉めたが最後は折れたと話した。暖房器具複数が必需品。2人の出会いは同じ病院、寝室は布団、彼氏がご飯を作るのはゆかりさんが摂食障害になったため。治療のために実家に帰った、彼氏と同じ病院で働いている時に再発しかけ、彼氏はゆかりさんのためにご飯を作るようになったという。彼氏が作ったおにぎりは食べることができた。彼氏の手料理のおかげでゆかりさんは体調が戻っていった。


「摂食障害」に関連するグルメ情報

チョコムース

ティア・メイは口からものを食べたことがなかった。11年後、19歳になったティア・メイはオートミールを食べていた。7歳の頃にオーストリアの摂食障害の子どもたちの病院に訪れ、飢餓状態にし自主的に食事をさせる療法を受け自らの口で水を飲んだ。スーはティアが食べ物に興味を持つよう調理の手伝いをさせ続け、食べないと分かっていながら食事を作り、マナーを学ばせた。必ず家族全員で食卓を囲んでいた。10歳のある日、ヨーグルトに興味を持ち指を入れ食べた。なぜ食べたかティアにも分からなかった。14歳の頃に栄養剤のチューブを外した。10年何も食べていなかったため顎の力が弱く、スープやムースなどを食べていた。お腹がいっぱいという感覚が分からず食べ続けることもあるという。


「摂食障害」に関連するグルメ情報

アップルケーキ

ティア・メイは口からものを食べたことがなかった。11年後、19歳になったティア・メイはオートミールを食べていた。7歳の頃にオーストリアの摂食障害の子どもたちの病院に訪れ、飢餓状態にし自主的に食事をさせる療法を受け自らの口で水を飲んだ。スーはティアが食べ物に興味を持つよう調理の手伝いをさせ続け、食べないと分かっていながら食事を作り、マナーを学ばせた。必ず家族全員で食卓を囲んでいた。10歳のある日、ヨーグルトに興味を持ち指を入れ食べた。なぜ食べたかティアにも分からなかった。14歳の頃に栄養剤のチューブを外した。10年何も食べていなかったため顎の力が弱く、スープやムースなどを食べていた。お腹がいっぱいという感覚が分からず食べ続けることもあるという。


「摂食障害」に関連するグルメ情報

ビーフシチュー

ティア・メイは口からものを食べたことがなかった。11年後、19歳になったティア・メイはオートミールを食べていた。7歳の頃にオーストリアの摂食障害の子どもたちの病院に訪れ、飢餓状態にし自主的に食事をさせる療法を受け自らの口で水を飲んだ。スーはティアが食べ物に興味を持つよう調理の手伝いをさせ続け、食べないと分かっていながら食事を作り、マナーを学ばせた。必ず家族全員で食卓を囲んでいた。10歳のある日、ヨーグルトに興味を持ち指を入れ食べた。なぜ食べたかティアにも分からなかった。14歳の頃に栄養剤のチューブを外した。10年何も食べていなかったため顎の力が弱く、スープやムースなどを食べていた。お腹がいっぱいという感覚が分からず食べ続けることもあるという。


LKH-Univ. Klinikum Graz

ティア・メイは口からものを食べたことがなかった。11年後、19歳になったティア・メイはオートミールを食べていた。7歳の頃にオーストリアの摂食障害の子どもたちの病院に訪れ、飢餓状態にし自主的に食事をさせる療法を受け自らの口で水を飲んだ。スーはティアが食べ物に興味を持つよう調理の手伝いをさせ続け、食べないと分かっていながら食事を作り、マナーを学ばせた。必ず家族全員で食卓を囲んでいた。10歳のある日、ヨーグルトに興味を持ち指を入れ食べた。なぜ食べたかティアにも分からなかった。14歳の頃に栄養剤のチューブを外した。10年何も食べていなかったため顎の力が弱く、スープやムースなどを食べていた。お腹がいっぱいという感覚が分からず食べ続けることもあるという。


「摂食障害」に関連するグルメ情報

オートミール

ティア・メイは口からものを食べたことがなかった。11年後、19歳になったティア・メイはオートミールを食べていた。7歳の頃にオーストリアの摂食障害の子どもたちの病院に訪れ、飢餓状態にし自主的に食事をさせる療法を受け自らの口で水を飲んだ。スーはティアが食べ物に興味を持つよう調理の手伝いをさせ続け、食べないと分かっていながら食事を作り、マナーを学ばせた。必ず家族全員で食卓を囲んでいた。10歳のある日、ヨーグルトに興味を持ち指を入れ食べた。なぜ食べたかティアにも分からなかった。14歳の頃に栄養剤のチューブを外した。10年何も食べていなかったため顎の力が弱く、スープやムースなどを食べていた。お腹がいっぱいという感覚が分からず食べ続けることもあるという。


先天性食道閉鎖症

ティア・メイは口からものを食べたことがなかった。11年後、19歳になったティア・メイはオートミールを食べていた。7歳の頃にオーストリアの摂食障害の子どもたちの病院に訪れ、飢餓状態にし自主的に食事をさせる療法を受け自らの口で水を飲んだ。スーはティアが食べ物に興味を持つよう調理の手伝いをさせ続け、食べないと分かっていながら食事を作り、マナーを学ばせた。必ず家族全員で食卓を囲んでいた。10歳のある日、ヨーグルトに興味を持ち指を入れ食べた。なぜ食べたかティアにも分からなかった。14歳の頃に栄養剤のチューブを外した。10年何も食べていなかったため顎の力が弱く、スープやムースなどを食べていた。お腹がいっぱいという感覚が分からず食べ続けることもあるという。


テレメンタリー

エンディング映像。ご意見・ご感想は「テレメンタリー」で検索。


九州大学病院

摂食障害を克服した女性にインタビュー。女性は九州大学病院で、治療を受けた。番組で密着取材していた摂食障害の男性が食品を万引きし、2度目の逮捕となった。


北九州医療刑務所

北九州医療刑務所では、摂食障害の受刑者の治療を行っていて、症状にあわせて食事の量を調節している。全国の女性受刑者の20人に1人が、摂食障害を負っている。