ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「摂食障害」の検索結果

「摂食障害」に関連する情報 316件中 1〜10件目

「摂食障害」に関連するイベント情報

トリノ五輪

娘の姿を見て両親は困惑。自宅でも少量の食事を続けた鈴木明子は食べたいがどうすることもできないのが摂食障害の怖さと語った。体重は34kgになり拒食症と診断された。3年後のトリノ五輪の夢が崩れた。6種類の薬を飲む生活、母はスケートを続けたい明子に食べられるものから食べればいいと告げた。この言葉に救われたという。それから食べ物を少しずつ口にできるようになった。


拒食症

鈴木明子は世界に向けた練習ですべてを体重のせいだと思い込んだ。浅田真央らはスタイルがよく、自分が変えられるのは体重だけだと思ったという。肉や油を口にせずジョギングでカロリーを消費、クロアチアの国際大会に出場した時にステーキ店で肉を食べたが激しい嘔吐に襲われた。その日を境に食べ物を見ると吐き気がし何も食べられない日が続いた。そして食材のカロリーを把握、1か月半で8kg痩せていた。体力が落ちスケートどころではなくなり練習は強制的にストップ。実家に帰り母は言葉を失った。

娘の姿を見て両親は困惑。自宅でも少量の食事を続けた鈴木明子は食べたいがどうすることもできないのが摂食障害の怖さと語った。体重は34kgになり拒食症と診断された。3年後のトリノ五輪の夢が崩れた。6種類の薬を飲む生活、母はスケートを続けたい明子に食べられるものから食べればいいと告げた。この言葉に救われたという。それから食べ物を少しずつ口にできるようになった。

拒食症を克服した鈴木明子は食べることができないことで自己嫌悪、食べることへの恐怖がつきまとう、発症から3年は肉が食べられなかったなどと話した。


「摂食障害」に関連するイベント情報

世界陸上ロンドン

「世界陸上ロンドン8月開幕」の告知テロップ。


NEWSな2人

デモ隊大募集中!ご応募は「NEWSな2人」番組HPへ。


摂食障害

加藤シゲアキと小山慶一郎は、死ぬ可能性があることをわかっていない、周りが異変を感じた時に言ってくれた言葉をどれくらい受け入れられるか、1人で乗り越えると思わず、みんなで乗り越えていくことが大事だと思ったなどと話した。そして、もしかしたらと思っている人は迷わず相談したり動くことも大切だなどと話した。


「摂食障害」に関連するレストラン・飲食店

千葉県某所で行われていた摂食障害の勉強会に、小山と加藤が潜入した。摂食障害家族の会ポコ・ア・ポコ代表の鈴木高男さんは約20年前にこの会を結成し、鈴木さんの店「喫茶店 つむぎ」や千葉県の福祉施設などで月1回摂食障害の勉強会を行っている。鈴木さんは、娘が最初摂食障害になって、皆さんと同じように私が困った、医療者と繋がり色々教わって、家族が家族を支えていくようにしたなどと話した。鈴木さんは摂食障害の特効薬は“家族の支え”だとして、勉強会で1000組以上の親子を救ってきたという。

 (甘味処、うどん、かき氷)

過食嘔吐

高橋さんの買い物に同行した。高橋さんは高カロリーなものから買っていき、合計金額は6,890円。ひどい時は月の食費が20万円になることもあるという。高橋さんは感情のコントロールが上手く出来ないと話し、食事をしながら涙を流し、本当にたまに死にたくなると話した。過食嘔吐が高橋さんに残された唯一の逃げ道となっている。

酒井和夫先生は、食べて血糖値を揚げることでストレスを解消する、食べ物の摂取で脳の血糖値が上がるとエンドルフィンが発生し、ストレスから来る嫌な気持ちを解消できるため、過食嘔吐を繰り返すと話す。酒井先生は、過食嘔吐は止めにくく、今のところ治療法が十分にわかっていない、難しい病気と話す。


過食症

先週の放送では、摂食障害だった女性の壮絶体験を聞いた。専門家に話を聞くと、過食症は炭水化物を無限に食べてしまう症状、脳内で食欲と満腹中枢がうまく機能しなくなり、胃が満タンな状態でも食べ続けてしまう症状とした。

拒食症と過食症で苦しんだ仲河さんは、恋人と一緒に食事をするために克服したという。16歳の時拒食症に苦しんだ鈴木さんは、子供が産めなくなるのが怖くなり、親に孫の顔を見せるために回復したと話した。小山慶一郎は、自分で気づけないから家族の支えも大事だと思ったなどと話した。


拒食症

先週の放送では、摂食障害だった女性の壮絶体験を聞いた。専門家に話を聞くと、過食症は炭水化物を無限に食べてしまう症状、脳内で食欲と満腹中枢がうまく機能しなくなり、胃が満タンな状態でも食べ続けてしまう症状とした。

拒食症と過食症で苦しんだ仲河さんは、恋人と一緒に食事をするために克服したという。16歳の時拒食症に苦しんだ鈴木さんは、子供が産めなくなるのが怖くなり、親に孫の顔を見せるために回復したと話した。小山慶一郎は、自分で気づけないから家族の支えも大事だと思ったなどと話した。

ヒロさんと娘のみほさんは、ひどい時はこのままだったら1週間で死ぬと言われたという。当時の本音を聞き出すために、小山と加藤が別々にインタビューを行った。小山はみほさんに、摂食障害のきっかけを聞いた。みほさんは反抗期に親にかまってほしい気持ちがこじれ拒食症になり、体重は22kgまで落ちたという。みほさんは一番つらかったことを聞かれると、のどが渇いても飲むことが怖くて出来ない、水でさえ飲めなかったという。ヒロさんはみほさんになんで私を産んだなどと言われたとして、食べればいいのにと思っていたが、食べられないから困っていたんだななどと加藤に話した。