ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「摂食障害」の検索結果

「摂食障害」に関連する情報 348件中 1〜10件目

摂食障害

小室哲哉さん引退表明。会見では、KEIKOさんが病に倒れ多機能障害を後遺症として患った時から、女性から女の子へ印象が変わった事を明かした。更にKEIKOさんは音楽への興味も失い、4、5年近く歌うことがなくなったという。小室さんはKEIKOさんについて、大人の女性に対してのコミュニケーションはなくなったとし、電話の時間も日に日に減っていったと話した。KEIKOさんを支えなければという思いはあったが、繰り返しの質問など介護に対し、3年前くらいから疲れ始めていたと明かした。また、KEIKOさんの介護をする中で、自身もC型肝炎という病を発症。また、突発性難聴も発症し、現在でも左耳がほぼ聞こえないという。更に睡眠障害なども併発し、去年夏に入院をしていた。小室さんの厳しい時期、治療にあたったのが看護師のA子さんだったという。往診に来てくれる日も増えたそう。また、女性と普通に雑談する機会がほぼない中、心の支えにもA子さんはなった。


耳鳴り

そうした中でも、ファンへの期待に応える為、音楽活動をやめなかった。その後、C型肝炎は陰性になったものの、副作用で骨折などもあり、去年夏には突発性の難聴を発症。左の耳は現在も正常に聞こえていないという。原因は不明だが、ストレスが一因であると考えられる。また、摂食障害などもあった為、去年夏入院。その際、A子さんら複数の医療関係者に協力してもらったという。退院後も不規則な生活から、往診などをしてもらっていた。そうした中で、A子さんにも往診に来てもらう日も増えてきたという。KEIKOさんがいるときも往診はあった。その中で、普通の看護師以上の雑談などのコミュニケーションはあったと認めたものの、男女の関係は否定し、誤解を招く行動だったと謝罪した。

体調不良は今日も変わらないと小室さん。最近では音楽活動にも支障が生じており、2017年秋頃から音楽活動を継続していく事に自問自答していたという。そういったことは、20年前の自身では考えられない事だったと小室さん。通常定年となる60歳を迎える今年、能力の限界が来たと感じたという。そうした中、KEIKOさんに相談することもできなかった。そうした中1人で不安を抱えきれず、A子さんにサポートしてもらうことが多くなったと小室さん。そうした行動が誤解を与えてしまって、今回の報道に繋がる胸騒ぎはあったという。今回の文春の報道は、一種の戒めのように感じたといい、罪を償うという意味でも、今回の引退を決意したとした。


睡眠障害

小室哲哉は「僕自身は色々な方たちの支援により色々な仕事をさせて頂いて、幸せだなと思う日々が続いた。半面音楽業に向かわなければいけない時間も増え、ずっとKEIKOのサポートが不可能になってきたこともあり支援がないと仕事が追いつかなくなってきたのが3年前くらいから始まった。音楽をしたいとかをサポートするのではなく日々のサポートをしてきたつもり。2年前C型肝炎になったが闘病に関して言葉をかけてもらうとかは難しい状況で。1人で闘病生活をした。陰性になり仕事に復帰したが副作用で骨折になったりいろんなことがあり、去年夏前から突発性難聴になり左の耳が聞こえない。摂食障害、耳鳴りで8月に入院した。A子さんを含む複数の医師・看護師の皆様から協力を得ることが増えた。退院したが不規則な生活もあり通院のみでは不可能な時期もあった。往診を利用し何とか仕事をしてきた」などと話した。


摂食障害

小室哲哉は「僕自身は色々な方たちの支援により色々な仕事をさせて頂いて、幸せだなと思う日々が続いた。半面音楽業に向かわなければいけない時間も増え、ずっとKEIKOのサポートが不可能になってきたこともあり支援がないと仕事が追いつかなくなってきたのが3年前くらいから始まった。音楽をしたいとかをサポートするのではなく日々のサポートをしてきたつもり。2年前C型肝炎になったが闘病に関して言葉をかけてもらうとかは難しい状況で。1人で闘病生活をした。陰性になり仕事に復帰したが副作用で骨折になったりいろんなことがあり、去年夏前から突発性難聴になり左の耳が聞こえない。摂食障害、耳鳴りで8月に入院した。A子さんを含む複数の医師・看護師の皆様から協力を得ることが増えた。退院したが不規則な生活もあり通院のみでは不可能な時期もあった。往診を利用し何とか仕事をしてきた」などと話した。


突発性難聴

小室哲哉は「僕自身は色々な方たちの支援により色々な仕事をさせて頂いて、幸せだなと思う日々が続いた。半面音楽業に向かわなければいけない時間も増え、ずっとKEIKOのサポートが不可能になってきたこともあり支援がないと仕事が追いつかなくなってきたのが3年前くらいから始まった。音楽をしたいとかをサポートするのではなく日々のサポートをしてきたつもり。2年前C型肝炎になったが闘病に関して言葉をかけてもらうとかは難しい状況で。1人で闘病生活をした。陰性になり仕事に復帰したが副作用で骨折になったりいろんなことがあり、去年夏前から突発性難聴になり左の耳が聞こえない。摂食障害、耳鳴りで8月に入院した。A子さんを含む複数の医師・看護師の皆様から協力を得ることが増えた。退院したが不規則な生活もあり通院のみでは不可能な時期もあった。往診を利用し何とか仕事をしてきた」などと話した。


C型肝炎

小室哲哉は「僕自身は色々な方たちの支援により色々な仕事をさせて頂いて、幸せだなと思う日々が続いた。半面音楽業に向かわなければいけない時間も増え、ずっとKEIKOのサポートが不可能になってきたこともあり支援がないと仕事が追いつかなくなってきたのが3年前くらいから始まった。音楽をしたいとかをサポートするのではなく日々のサポートをしてきたつもり。2年前C型肝炎になったが闘病に関して言葉をかけてもらうとかは難しい状況で。1人で闘病生活をした。陰性になり仕事に復帰したが副作用で骨折になったりいろんなことがあり、去年夏前から突発性難聴になり左の耳が聞こえない。摂食障害、耳鳴りで8月に入院した。A子さんを含む複数の医師・看護師の皆様から協力を得ることが増えた。退院したが不規則な生活もあり通院のみでは不可能な時期もあった。往診を利用し何とか仕事をしてきた」などと話した。

小室哲哉は「今回の報道のクリニックは早朝や深夜、ホテルの滞在場所だったり複数で来て頂いたこともあったが不可能な時に医療としてA子さんが往診に来てくれる日が増えた。急な往診の依頼をし始めたのがそのくらい。自宅でKEIKOがいる時も往診には来てもらっている。何となく容認してもらっているのかなということがあり、普通の雑談をする機会がほぼ無い状態が続いていたのでつい話をしてしまったり。それは僕の甘えなんですが。医者の指示による点滴もあるが前後のケアが雑談というところで。次の音を作るまでの時間いていただいていたりとか、2017年の8月後半ぐらいから続いた。一番信頼できる看護師になった。看護師が施術をするということで、誤解を招いたことになっているのは当然。体調不良で男性としての女性を呼び込みたいという欲求とは離れていて、心から男女の関係は考えていない」などと話し謝罪を述べた。


睡眠障害

そうした中でも、ファンへの期待に応える為、音楽活動をやめなかった。その後、C型肝炎は陰性になったものの、副作用で骨折などもあり、去年夏には突発性の難聴を発症。左の耳は現在も正常に聞こえていないという。原因は不明だが、ストレスが一因であると考えられる。また、摂食障害などもあった為、去年夏入院。その際、A子さんら複数の医療関係者に協力してもらったという。退院後も不規則な生活から、往診などをしてもらっていた。そうした中で、A子さんにも往診に来てもらう日も増えてきたという。KEIKOさんがいるときも往診はあった。その中で、普通の看護師以上の雑談などのコミュニケーションはあったと認めたものの、男女の関係は否定し、誤解を招く行動だったと謝罪した。


摂食障害

そうした中でも、ファンへの期待に応える為、音楽活動をやめなかった。その後、C型肝炎は陰性になったものの、副作用で骨折などもあり、去年夏には突発性の難聴を発症。左の耳は現在も正常に聞こえていないという。原因は不明だが、ストレスが一因であると考えられる。また、摂食障害などもあった為、去年夏入院。その際、A子さんら複数の医療関係者に協力してもらったという。退院後も不規則な生活から、往診などをしてもらっていた。そうした中で、A子さんにも往診に来てもらう日も増えてきたという。KEIKOさんがいるときも往診はあった。その中で、普通の看護師以上の雑談などのコミュニケーションはあったと認めたものの、男女の関係は否定し、誤解を招く行動だったと謝罪した。


難聴

そうした中でも、ファンへの期待に応える為、音楽活動をやめなかった。その後、C型肝炎は陰性になったものの、副作用で骨折などもあり、去年夏には突発性の難聴を発症。左の耳は現在も正常に聞こえていないという。原因は不明だが、ストレスが一因であると考えられる。また、摂食障害などもあった為、去年夏入院。その際、A子さんら複数の医療関係者に協力してもらったという。退院後も不規則な生活から、往診などをしてもらっていた。そうした中で、A子さんにも往診に来てもらう日も増えてきたという。KEIKOさんがいるときも往診はあった。その中で、普通の看護師以上の雑談などのコミュニケーションはあったと認めたものの、男女の関係は否定し、誤解を招く行動だったと謝罪した。


骨折

そうした中でも、ファンへの期待に応える為、音楽活動をやめなかった。その後、C型肝炎は陰性になったものの、副作用で骨折などもあり、去年夏には突発性の難聴を発症。左の耳は現在も正常に聞こえていないという。原因は不明だが、ストレスが一因であると考えられる。また、摂食障害などもあった為、去年夏入院。その際、A子さんら複数の医療関係者に協力してもらったという。退院後も不規則な生活から、往診などをしてもらっていた。そうした中で、A子さんにも往診に来てもらう日も増えてきたという。KEIKOさんがいるときも往診はあった。その中で、普通の看護師以上の雑談などのコミュニケーションはあったと認めたものの、男女の関係は否定し、誤解を招く行動だったと謝罪した。