ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「摂食障害」の検索結果

「摂食障害」に関連する情報 272件中 1〜10件目

摂食障害

良久さんが脱サラして農家になったキッカケ。妹さんが摂食障害になり亡くなったのがキッカケで食に対して興味を持ち、食に対して見つめ直すため農家の道へ進んだという。


「摂食障害」に関連するグルメ情報

ニラ

ビニールハウス地帯でご飯調査!!ニラ農家・高山奈津子さんに声をかけた。16棟のハウスで年間24トンのニラを栽培。ご飯を見せてくれるかお願いすると、交渉成立!

高山さんのご自宅へ。長女・怜奈ちゃん、次女・栞奈さん、夫・良久さんの4人家族。この日は母・裕子さんも一緒に食事をとる。「ニラ入りソース焼きそば」を作る。ニンジン・豚肉・モヤシを入れて炒めていく。キャベツの代わりにニラを使う。火を通しても食感が残るよう大きめに切る。次に麺を入れ、仕上げにソースをかけてよく混ぜたら完成。もう一品、「ニラ玉味噌汁」も作った。

良久さんが脱サラして農家になったキッカケ。妹さんが摂食障害になり亡くなったのがキッカケで食に対して興味を持ち、食に対して見つめ直すため農家の道へ進んだという。


摂食障害

奥田の手法「好子」は行動分析学に基づいた心理学分野の手法であり、この日に奥田は帝京大学にて行動分析学の講義を行っていた。行動分析学によると人は行動した直後に嬉しいことが起こるとその行動を繰り返しやすくなるとあり、奥田はその法則を応用してカウンセリングに取り入れた。また京都で開催となった「ABAI(国際行動分析学会)」に講演者として出席した奥田は世界中の小児精神科医や心理学者に向けて摂食障害の症例を用いた講義を行った。世界中の医師や学者は奥田の機転のきいたアイデア力などにも注目し評価している。


「摂食障害」に関連するイベント情報

ABAI(国際行動分析学会)

奥田の手法「好子」は行動分析学に基づいた心理学分野の手法であり、この日に奥田は帝京大学にて行動分析学の講義を行っていた。行動分析学によると人は行動した直後に嬉しいことが起こるとその行動を繰り返しやすくなるとあり、奥田はその法則を応用してカウンセリングに取り入れた。また京都で開催となった「ABAI(国際行動分析学会)」に講演者として出席した奥田は世界中の小児精神科医や心理学者に向けて摂食障害の症例を用いた講義を行った。世界中の医師や学者は奥田の機転のきいたアイデア力などにも注目し評価している。


帝京大学

奥田の手法「好子」は行動分析学に基づいた心理学分野の手法であり、この日に奥田は帝京大学にて行動分析学の講義を行っていた。行動分析学によると人は行動した直後に嬉しいことが起こるとその行動を繰り返しやすくなるとあり、奥田はその法則を応用してカウンセリングに取り入れた。また京都で開催となった「ABAI(国際行動分析学会)」に講演者として出席した奥田は世界中の小児精神科医や心理学者に向けて摂食障害の症例を用いた講義を行った。世界中の医師や学者は奥田の機転のきいたアイデア力などにも注目し評価している。


摂食障害

堀越さんは父の看護をして家に帰ると、甘いものへの欲求が抑えられなくなった。体重が増えるたび自分を責め、大学を中退。そこで過食症とうつだと診断され、過去に拒食症だったことを自覚した。その後、体重は70kgになった。そんな中、元摂食障害患者のSNSに触れ、交流することで徐々に過食が減った。そして、堀越さんは過食症克服専門の審理カウンセラーになった。

千原さんは「真面目な方は真面目な方で不幸。なにも責めるところはないのに」、大久保さんは「許してあげることもできなくなっているんですね」とコメント。拒食症と過食症は両方発症するケースも多い。堀越さんが拒食症になった原因は”両親の不仲”。それを自分のせいだと思ってしまったからである。

親の「太ったんじゃない?」「妹のほうがかわいい」という何気ない言葉が、子供を追い詰めることがある。島野さんは「痩せすぎは良くないと警鐘を鳴らすことも必要」と話した。


うつ

堀越さんは父の看護をして家に帰ると、甘いものへの欲求が抑えられなくなった。体重が増えるたび自分を責め、大学を中退。そこで過食症とうつだと診断され、過去に拒食症だったことを自覚した。その後、体重は70kgになった。そんな中、元摂食障害患者のSNSに触れ、交流することで徐々に過食が減った。そして、堀越さんは過食症克服専門の審理カウンセラーになった。


過食症

堀越さんは父の看護をして家に帰ると、甘いものへの欲求が抑えられなくなった。体重が増えるたび自分を責め、大学を中退。そこで過食症とうつだと診断され、過去に拒食症だったことを自覚した。その後、体重は70kgになった。そんな中、元摂食障害患者のSNSに触れ、交流することで徐々に過食が減った。そして、堀越さんは過食症克服専門の審理カウンセラーになった。

千原さんは「真面目な方は真面目な方で不幸。なにも責めるところはないのに」、大久保さんは「許してあげることもできなくなっているんですね」とコメント。拒食症と過食症は両方発症するケースも多い。堀越さんが拒食症になった原因は”両親の不仲”。それを自分のせいだと思ってしまったからである。


拒食症

堀越さんは父の看護をして家に帰ると、甘いものへの欲求が抑えられなくなった。体重が増えるたび自分を責め、大学を中退。そこで過食症とうつだと診断され、過去に拒食症だったことを自覚した。その後、体重は70kgになった。そんな中、元摂食障害患者のSNSに触れ、交流することで徐々に過食が減った。そして、堀越さんは過食症克服専門の審理カウンセラーになった。

千原さんは「真面目な方は真面目な方で不幸。なにも責めるところはないのに」、大久保さんは「許してあげることもできなくなっているんですね」とコメント。拒食症と過食症は両方発症するケースも多い。堀越さんが拒食症になった原因は”両親の不仲”。それを自分のせいだと思ってしまったからである。

親の「太ったんじゃない?」「妹のほうがかわいい」という何気ない言葉が、子供を追い詰めることがある。島野さんは「痩せすぎは良くないと警鐘を鳴らすことも必要」と話した。


拒食症

もうすぐ春休み。新学期の準備をするこの時期。勉強や部活を頑張りたい!という声がある中、ダイエットをしたいという子供達も多くいる。しかし、行き過ぎたダイエットで拒食症になってしまう子どもも!拒食症など1年間の摂食障害患者推計は2万5954人。患者の90%は女性で10歳から発症する例もあるという。フィギュアスケート元日本代表 鈴木明子さんも大学時代の摂食障害を告白。また、女優の遠野なぎこも15歳のときに摂食障害と診断されたことを公表。ちょっとしたダイエットのはずが歯止めが利かなくなる原因とは!?さらに、番組では13年間摂食障害に苦しんだ女性を取材。成長過程にある子どもが拒食症になると心や肉体にどんな影響をおよぼすのか?

専門家の島野雄実先生を紹介。島野先生は「拒食症になる子どもはここ10年でだいぶ増えており、低年齢化している。社会的に痩せていることはいいことで太っていることは良くないとしている風潮にあると思う」などとコメントした。拒食症の診断基準は「標準体重の-20%以上の減少」 「色行動の異常」 「体重・体形のゆがんだ認識」だという。若者の拒食症が問題となっている中で拒食症は「思春期やせ病」という呼ばれ方もする。

14歳の村田留美さんは(仮名)。陸上部に所属し、長距離選手として活躍。キャプテンにも任命された。半年後に大きな大会を控えていたが、タイムが伸び悩み焦っていた。友人との会話で「食べる量を減らしたら体が軽くなった」との言葉を聞き、早速、ダイエットを開始。体重が減り、タイムが上がった。そして、4か月後、43kgだった体重は38kgに落ちたがタイムが伸びなかった。周りの期待に答えるため少量のお菓子で満たすようになっていった。そして、病院へ運ばれ拒食症と診断された。以来、食事をしても嘔吐を繰り返し、ついには体重が20kgにまで落ち込み、歩くこともできず学校を休学することになってしまった。

14歳の少女が拒食症になった要員 「痩せれば速くなる」という思い込み。キャプテンというストレス。「嘔吐する行為は体が受け付けないパターンと精神的から来る罪悪感もある」などと述べた。治療する期間は人によって違うが時間がかかるといい思春期という長い時間をかけなければいけないという。他にもストレスからくる拒食症は「受験のプレッシャー」、「失恋」、「いじめ」。思春期の環境が結果要因になるという。島田先生は「評価してほしいという思いがベースにある。そういうときは体調はものすごい悪いはず。しかし、思いが強すぎる部分が子どもゆえに突き進んでしまう」などと述べた。また、街で聞いた事例として友人たちがダイエットを始めLINEで食事の画像を報告しあっていた。自分もやらないと嫌われると思い、サラダしか食べず拒食症になった。この引き金となったのは「周囲から浮きたくない」という思いだった。拒食症は体重が落ちてしまうイメージがあるがその他の事例もある。「嘔吐で歯が溶ける(何度も吐くため胃酸で溶かしてしまう)」、「正理が止まる(生きながらえるために生殖器のがストップする)」、「骨粗しょう症」、「うつ」だ。

堀越さんは13年間、拒食症などの摂食障害に苦しんできた。家族の中で孤独になり、中学ではいじめに遭うようになった。当時、痩せていた堀越さんは高校生になり体重が増加。両親のケンカもあり、唯一誇れるスリムな体型に固執した。体重は落ちたが、生理は止まり、髪の毛が抜けるようになった。命の危険を感じ、体重を41kgに戻した。その後、父が事故で重体、母も倒れ、堀越さんが看護することになった。