ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「整形依存」の検索結果

「整形依存」に関連する情報 17件中 1〜10件目

「整形依存」に関連する映画・DVD

Peaches氏

オリビア・ニュートン・ジョンの娘で歌手のクロエ・ラタンジーが、全身整形で別人になったという。「夢はバービー人形にようになること」で、花や唇、豊胸、脂肪吸引などの全身整形を行い、総額は4300万円以上になるという。友人たちの間では、肋骨も数本取り除いたのではないかという噂もあるくらいだという。海外ゴシップライターのPeaches氏によると、海外セレブが美容整形を始めるにはパターンがあるという。美肌にこだわり、皮膚科に通い、勧められて美容整形依存を深めていくケースが多いと言う。


New Idea誌

オリビア・ニュートン・ジョンの娘で歌手のクロエ・ラタンジーが、全身整形で別人になったという。「夢はバービー人形にようになること」で、花や唇、豊胸、脂肪吸引などの全身整形を行い、総額は4300万円以上になるという。友人たちの間では、肋骨も数本取り除いたのではないかという噂もあるくらいだという。海外ゴシップライターのPeaches氏によると、海外セレブが美容整形を始めるにはパターンがあるという。美肌にこだわり、皮膚科に通い、勧められて美容整形依存を深めていくケースが多いと言う。


バービー人形

オリビア・ニュートン・ジョンの娘で歌手のクロエ・ラタンジーが、全身整形で別人になったという。「夢はバービー人形にようになること」で、花や唇、豊胸、脂肪吸引などの全身整形を行い、総額は4300万円以上になるという。友人たちの間では、肋骨も数本取り除いたのではないかという噂もあるくらいだという。海外ゴシップライターのPeaches氏によると、海外セレブが美容整形を始めるにはパターンがあるという。美肌にこだわり、皮膚科に通い、勧められて美容整形依存を深めていくケースが多いと言う。


「整形依存」に関連する音楽・CD

そよ風の誘惑

オリビア・ニュートン・ジョンの娘で歌手のクロエ・ラタンジーが、全身整形で別人になったという。「夢はバービー人形にようになること」で、花や唇、豊胸、脂肪吸引などの全身整形を行い、総額は4300万円以上になるという。友人たちの間では、肋骨も数本取り除いたのではないかという噂もあるくらいだという。海外ゴシップライターのPeaches氏によると、海外セレブが美容整形を始めるにはパターンがあるという。美肌にこだわり、皮膚科に通い、勧められて美容整形依存を深めていくケースが多いと言う。


整形依存

整形依存だったちゃんももは「自分の顔の限界を知った」ことで前向きに生きていこうと考えたと話した。横澤夏子はまだまだ伸びしろしかないとコメント。ちゃんももはもうしないと話した。おおたわ史絵は自分に自信がついた裏付けがあるのではと分析。ちゃんももは顔で売っていないという気持ちになれたという。


「整形依存」に関連する本・コミック・雑誌

ファッション感覚で整形ができるため危険視されているのが整形依存で整形依存は精神医学的に言うと醜形恐怖症に当てはまり、自分の顔を醜いと感じて整形を繰り返してしまうもの。ちゃんももさんはTERRACE HOUSEの番組内で目を整形していると告白、さらに整形依存だったということを綴った自伝を出版して話題になった。整形依存になってしまったきっかけはアイドルへの憧れでテレビでアイドルを見てそのあと鏡を見るとへこんでそこから自分の顔が嫌いになった。初めて整形したのは19歳のときに目の整形を行い、そのあと2回目の整形をしている。またエスカレートしていったきっかけは母親の顔になりたかったというもので母親も整形していたため、顔が似ていなかったことから寂しさから母親に似ている顔に整形しようと決めて整形を行ったと話す。ちゃんももさんが一番辛かったことは整形しすぎて鼻が不自然になってしまい、周りの人からはちゃんアバと言われていたが、自身は依存している状態だったため自分が満足していればいいという精神状況だったという。

「イマドキ、明日が満たされるなんてありえない。  だから、リスカの痕ダケ整形したら死ねると思ってた。」

Amazon.co.jp


醜形恐怖症

ファッション感覚で整形ができるため危険視されているのが整形依存で整形依存は精神医学的に言うと醜形恐怖症に当てはまり、自分の顔を醜いと感じて整形を繰り返してしまうもの。ちゃんももさんはTERRACE HOUSEの番組内で目を整形していると告白、さらに整形依存だったということを綴った自伝を出版して話題になった。整形依存になってしまったきっかけはアイドルへの憧れでテレビでアイドルを見てそのあと鏡を見るとへこんでそこから自分の顔が嫌いになった。初めて整形したのは19歳のときに目の整形を行い、そのあと2回目の整形をしている。またエスカレートしていったきっかけは母親の顔になりたかったというもので母親も整形していたため、顔が似ていなかったことから寂しさから母親に似ている顔に整形しようと決めて整形を行ったと話す。ちゃんももさんが一番辛かったことは整形しすぎて鼻が不自然になってしまい、周りの人からはちゃんアバと言われていたが、自身は依存している状態だったため自分が満足していればいいという精神状況だったという。


整形依存

共立美容外科は美容整形を年間8万件行われており、患者の年齢層は二極化していて20代・40代が多い。美容整形ランキングの3位は脂肪吸引で最近だと切らない手術が多いため夏場前に女性に人気になっている。2位は二重の手術で共立美容外科では共立式二重P-PL拳筋法をやっており、気楽に10分程度で終わるうえに翌日から洗顔・メイクもよい。第一位はしみ・しわ・たるみ除去で最初はかさぶたになり、それがとれて1〜2週間から1か月位は赤みがあるが化粧で隠すことができる。整形依存について久次米秋人氏は「女性は美に対してストイックでキリがない。ただ、全部変わって良いということもなく、それなりにリスクもあるので請け負うのはできるけれども止めることも大事」と話した。

ファッション感覚で整形ができるため危険視されているのが整形依存で整形依存は精神医学的に言うと醜形恐怖症に当てはまり、自分の顔を醜いと感じて整形を繰り返してしまうもの。ちゃんももさんはTERRACE HOUSEの番組内で目を整形していると告白、さらに整形依存だったということを綴った自伝を出版して話題になった。整形依存になってしまったきっかけはアイドルへの憧れでテレビでアイドルを見てそのあと鏡を見るとへこんでそこから自分の顔が嫌いになった。初めて整形したのは19歳のときに目の整形を行い、そのあと2回目の整形をしている。またエスカレートしていったきっかけは母親の顔になりたかったというもので母親も整形していたため、顔が似ていなかったことから寂しさから母親に似ている顔に整形しようと決めて整形を行ったと話す。ちゃんももさんが一番辛かったことは整形しすぎて鼻が不自然になってしまい、周りの人からはちゃんアバと言われていたが、自身は依存している状態だったため自分が満足していればいいという精神状況だったという。

整形依存を克服した方法とは?。


共立美容外科 新宿本院

共立美容外科は美容整形を年間8万件行われており、患者の年齢層は二極化していて20代・40代が多い。美容整形ランキングの3位は脂肪吸引で最近だと切らない手術が多いため夏場前に女性に人気になっている。2位は二重の手術で共立美容外科では共立式二重P-PL拳筋法をやっており、気楽に10分程度で終わるうえに翌日から洗顔・メイクもよい。第一位はしみ・しわ・たるみ除去で最初はかさぶたになり、それがとれて1〜2週間から1か月位は赤みがあるが化粧で隠すことができる。整形依存について久次米秋人氏は「女性は美に対してストイックでキリがない。ただ、全部変わって良いということもなく、それなりにリスクもあるので請け負うのはできるけれども止めることも大事」と話した。


依存症

買い物からギャンブルまでその種類は様々といわれる依存症。「物質依存」、「行為依存」、「関係依存」のおおきく3つに分類される。今回はより身近な依存症を克服した女性たちが登場。「ダイエット依存症」だった女性は「一番重かった時が70kgで軽かった時が35kgまで落ちた」という。SNS依存だった女性は「生活の全てだった」と話した。また、「恋愛依存」、「整形依存」の女性たちが自身の体験をスタジオで生激白する。

専門家はダイエット依存について、依存が進み拒食症になることとその反動による過食症を繰り返してしまうことを一番恐ろしい点と話す。元ダイエット依存症の堀越さん、高校時代で人間関係がうまく作れなかったことが依存のきっかけで、ストレスで過食になり太ってしまった明かす。こんにゃくダイエット生活を初めて5ヶ月で35キロにまで体重が落ちたが、そのために生理が来ず、髪の毛もごっそり抜け、命の危機を感じたという。

父親のバイク事故がきっかけで母親をがうつ病になり、家族を養うストレスから「甘い物依存」がスタートしたという堀越さん。拒食症の頃(19歳)は40kgに比べて過食症の頃(23歳)は70kgだった。水商売を始めた堀越さんだが、過食により太った自分を見て自己嫌悪を抱き、最終的に遺書を書くまで思い詰めたという。また、スタジオでは横澤も共感し、「何気ない一言がグサッとくる」などと話す。

遺書を書いた翌年に、ネットの掲示板で同じ経験をもった人の話を聞いて自分は必ず治ると知った堀越さんは、それを機に段々と痩せていったという。精神的バランスをとることが難しい人が依存症になりやすい。病気になる事自体は自身のせいではないが、それに向かって治そうとしない事自体が自身のせいとなる、とおおたわは伝える。堀越さんはカウンセリングで悩み相談を受ける側に立ち、現在の夫は相談を受けていたクライアントだったと話す。


検索結果の絞り込み