ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「斎藤哲也」の検索結果

「斎藤哲也」に関連する情報 4748件中 1〜10件目

「斎藤哲也」に関連するイベント情報

アジア大会

本日は斎藤哲也が担当。また、アジア大会4×100mリレーで日本が金メダルを獲得した。


立教大学

ボート釣りに挑戦中の水道橋博士、玉袋筋太郎。最初に釣り上げたのは幾志健一郎先生。約30cmのブラックバスで、水道橋博士はそのブラックバスを手に「わいが釣ったでー!」とコメント。幾志先生は立教大学を卒業後、IT関連の会社に就職、28歳でバスプロを目指してフィッシングカレッジに入学したという。斎藤哲也先生は高校卒業後にバンド活動に打ち込み、21歳でパスプロを目指してフィッシングカレッジに入学したそう。

ボート釣りの水道橋博士と玉袋筋太郎、陸釣りの江口ともみはともに釣果なし。トーナメントの時間は制限時間が6時間ほど。バス釣りは根気が必要なスポーツなのだ。一緒にバス釣りをしていた生徒たちのなかには釣り上げた人がチラホラ。撮影班が同船していた山下尚輝くんは約34cmのブラックバスを釣り上げた。


ブラックバス

斎藤哲也さんにブラックバス釣りの基本を教わる。ブラックバス釣りにはボート釣りと陸釣りがあり、陸釣りのことは「オカッパリ」と言われている。水道橋博士たちはこのオカッパリに挑戦!全国の釣り場でゴミの放置が問題となるなか、ヒューマンアカデミー フィッシングカレッジでは地域住民から釣りに対する理解を得るために毎週月曜の朝に河口湖湖畔の清掃活動を実施。河口湖で釣りをする際には遊漁券が必要となる。遊漁券は専用の自販機やコンビニで購入することが可能だ。水道橋博士は身を守るためにライフジャケットとツバ付きの帽子を着用。3人が着ているトーメントシャツは、バスプロがトーナメントなどで着用するシャツで、通常はサポートを受けている会社のロゴなどが入っている。

続いて、バス釣り用の釣具。使う釣り竿は海釣りや川釣りでも使われる一般的なスピニングロッド。釣り糸の先にはスモールラバージグというルアーがついていた。バス釣りでは生き餌ではなくルアーを使うのが一般的だという。バスをルアーに食いつかせるため、水中でうまく操作することが必要となる。ルアーを飛ばした先から引っ張る際に細かな動きを付けてバスを引きつけるのだ。バスがいそうな場所を狙い、正確にルアーを投げ込むことが重要。

まずは 釣り竿の扱い方を教わることに。中指と薬指でリールを挟むように握り、人差し指で糸を引っ掛け、リールのアームを倒す。これで糸を投げる準備は完了。安全のため投げる前に後方を確認したあと、まっすぐに釣り竿を振りかぶる。11時くらいの角度で糸を話すのがポイント。糸を巻き取る際に小刻みに動かし、ルアーをエビっぽい動きにすると良い。釣り竿の動かし方を教えてもらったところで各自練習に取り組んだ。

ボート釣りに挑戦中の水道橋博士、玉袋筋太郎。最初に釣り上げたのは幾志健一郎先生。約30cmのブラックバスで、水道橋博士はそのブラックバスを手に「わいが釣ったでー!」とコメント。幾志先生は立教大学を卒業後、IT関連の会社に就職、28歳でバスプロを目指してフィッシングカレッジに入学したという。斎藤哲也先生は高校卒業後にバンド活動に打ち込み、21歳でパスプロを目指してフィッシングカレッジに入学したそう。

ボート釣りの水道橋博士と玉袋筋太郎、陸釣りの江口ともみはともに釣果なし。トーナメントの時間は制限時間が6時間ほど。バス釣りは根気が必要なスポーツなのだ。一緒にバス釣りをしていた生徒たちのなかには釣り上げた人がチラホラ。撮影班が同船していた山下尚輝くんは約34cmのブラックバスを釣り上げた。


バス

ヒューマンアカデミー フィッシングカレッジは1998年に日本初の釣り専門教育機関として開校。キャンプ明日は富士河口湖、大阪、福岡の3箇所。釣具店経営のための基礎を教えるフィッシング経営専攻や、釣りガイドの知識や技術を教えるフィッシングガイド専攻があり、釣り業界に人材を輩出している。中でも一番力を入れているのがバス釣り。バスは北米原産の外来魚で、専門の雑誌や番組などがあるほど人気が高く、大きな大会はテレビ中継されるほど。釣りの参加人口は690万人と野球やサッカーといったメジャースポーツよりも多く、全体の市場が4000億円と大きな盛り上がりを見せているアウトドア業界の中でも大きな注目を集めている。そんな釣り業界の中でも、バス釣りは努力次第で大成功するチャンスを秘めているという。バス釣りの大会は釣ったバスのサイズ・重さが競われ、国内に加え本場アメリカでも多数開催。1回の優勝賞金が3000万円という大会もあり、そこでは大森貴洋プロなど日本人も多数活躍している。ヒューマンアカデミー フィッシングカレッジの卒業生である青木大介プロは来年、本場アメリカの大会への参戦を表明している。バス釣りの世界には「バスプロ」と呼ばれるプロ選手がおり、日本バスプロ協会などの団体に所属。トーナメントで成績を残すことでスポンサーと契約し、広告やメディアに出演することで生計を立てている。ヒューマンアカデミー フィッシングカレッジでは現在47名の学生が日々釣りの腕を磨いている。

釣り竿の動かし方を練習した水道橋博士らは、続いてボート釣りに挑戦。学校専用の桟橋に並ぶボートは個人のもの。値段はピンきりで、中古だと50万円ぐらいで買えるという。学校では1年生は備品の手漕ぎボートを使い、2年生になると自前のボートで実習をすることができるそう。2艇のボートに乗り込み、釣りポイントへ向かった。そのスピードは思いのほか速く、水道橋博士と玉袋筋太郎はびっくりした。

ボートは河口湖の最北端に位置するエリアに到着。出発前、水面下の深さが分かる等深線で湖の水中の地形を表現した「湖沼図」を見て決めていた場所だ。トーナメントを戦うバスプロにとって湖の地形を知ることは必要不可欠だという。そして、ボート釣りがスタート!しかし、30分たっても釣れる気配はなかった…。

ひとり陸上に残った江口ともみは、入学してまもない1年生3人と一緒にバス釣りに挑戦。富山県出身の一年生・杉林奏太くんがヒューマンアカデミー フィッシングカレッジに入学したきっかけについて「釣り番組を観ていたら、バスプロがトーナメントでバスを持ち上げていた。それがとてもかっこよくて」と語った。

ボート釣りに挑戦中の水道橋博士、玉袋筋太郎。最初に釣り上げたのは幾志健一郎先生。約30cmのブラックバスで、水道橋博士はそのブラックバスを手に「わいが釣ったでー!」とコメント。幾志先生は立教大学を卒業後、IT関連の会社に就職、28歳でバスプロを目指してフィッシングカレッジに入学したという。斎藤哲也先生は高校卒業後にバンド活動に打ち込み、21歳でパスプロを目指してフィッシングカレッジに入学したそう。

ボート釣りの水道橋博士と玉袋筋太郎、陸釣りの江口ともみはともに釣果なし。トーナメントの時間は制限時間が6時間ほど。バス釣りは根気が必要なスポーツなのだ。一緒にバス釣りをしていた生徒たちのなかには釣り上げた人がチラホラ。撮影班が同船していた山下尚輝くんは約34cmのブラックバスを釣り上げた。


ヒューマンアカデミー フィッシングカレッジ

ヒューマンアカデミー フィッシングカレッジは1998年に日本初の釣り専門教育機関として開校。キャンプ明日は富士河口湖、大阪、福岡の3箇所。釣具店経営のための基礎を教えるフィッシング経営専攻や、釣りガイドの知識や技術を教えるフィッシングガイド専攻があり、釣り業界に人材を輩出している。中でも一番力を入れているのがバス釣り。バスは北米原産の外来魚で、専門の雑誌や番組などがあるほど人気が高く、大きな大会はテレビ中継されるほど。釣りの参加人口は690万人と野球やサッカーといったメジャースポーツよりも多く、全体の市場が4000億円と大きな盛り上がりを見せているアウトドア業界の中でも大きな注目を集めている。そんな釣り業界の中でも、バス釣りは努力次第で大成功するチャンスを秘めているという。バス釣りの大会は釣ったバスのサイズ・重さが競われ、国内に加え本場アメリカでも多数開催。1回の優勝賞金が3000万円という大会もあり、そこでは大森貴洋プロなど日本人も多数活躍している。ヒューマンアカデミー フィッシングカレッジの卒業生である青木大介プロは来年、本場アメリカの大会への参戦を表明している。バス釣りの世界には「バスプロ」と呼ばれるプロ選手がおり、日本バスプロ協会などの団体に所属。トーナメントで成績を残すことでスポンサーと契約し、広告やメディアに出演することで生計を立てている。ヒューマンアカデミー フィッシングカレッジでは現在47名の学生が日々釣りの腕を磨いている。

斎藤哲也さんにブラックバス釣りの基本を教わる。ブラックバス釣りにはボート釣りと陸釣りがあり、陸釣りのことは「オカッパリ」と言われている。水道橋博士たちはこのオカッパリに挑戦!全国の釣り場でゴミの放置が問題となるなか、ヒューマンアカデミー フィッシングカレッジでは地域住民から釣りに対する理解を得るために毎週月曜の朝に河口湖湖畔の清掃活動を実施。河口湖で釣りをする際には遊漁券が必要となる。遊漁券は専用の自販機やコンビニで購入することが可能だ。水道橋博士は身を守るためにライフジャケットとツバ付きの帽子を着用。3人が着ているトーメントシャツは、バスプロがトーナメントなどで着用するシャツで、通常はサポートを受けている会社のロゴなどが入っている。

続いて、バス釣り用の釣具。使う釣り竿は海釣りや川釣りでも使われる一般的なスピニングロッド。釣り糸の先にはスモールラバージグというルアーがついていた。バス釣りでは生き餌ではなくルアーを使うのが一般的だという。バスをルアーに食いつかせるため、水中でうまく操作することが必要となる。ルアーを飛ばした先から引っ張る際に細かな動きを付けてバスを引きつけるのだ。バスがいそうな場所を狙い、正確にルアーを投げ込むことが重要。

まずは 釣り竿の扱い方を教わることに。中指と薬指でリールを挟むように握り、人差し指で糸を引っ掛け、リールのアームを倒す。これで糸を投げる準備は完了。安全のため投げる前に後方を確認したあと、まっすぐに釣り竿を振りかぶる。11時くらいの角度で糸を話すのがポイント。糸を巻き取る際に小刻みに動かし、ルアーをエビっぽい動きにすると良い。釣り竿の動かし方を教えてもらったところで各自練習に取り組んだ。

釣り竿の動かし方を練習した水道橋博士らは、続いてボート釣りに挑戦。学校専用の桟橋に並ぶボートは個人のもの。値段はピンきりで、中古だと50万円ぐらいで買えるという。学校では1年生は備品の手漕ぎボートを使い、2年生になると自前のボートで実習をすることができるそう。2艇のボートに乗り込み、釣りポイントへ向かった。そのスピードは思いのほか速く、水道橋博士と玉袋筋太郎はびっくりした。

ボートは河口湖の最北端に位置するエリアに到着。出発前、水面下の深さが分かる等深線で湖の水中の地形を表現した「湖沼図」を見て決めていた場所だ。トーナメントを戦うバスプロにとって湖の地形を知ることは必要不可欠だという。そして、ボート釣りがスタート!しかし、30分たっても釣れる気配はなかった…。

ひとり陸上に残った江口ともみは、入学してまもない1年生3人と一緒にバス釣りに挑戦。富山県出身の一年生・杉林奏太くんがヒューマンアカデミー フィッシングカレッジに入学したきっかけについて「釣り番組を観ていたら、バスプロがトーナメントでバスを持ち上げていた。それがとてもかっこよくて」と語った。

ボート釣りに挑戦中の水道橋博士、玉袋筋太郎。最初に釣り上げたのは幾志健一郎先生。約30cmのブラックバスで、水道橋博士はそのブラックバスを手に「わいが釣ったでー!」とコメント。幾志先生は立教大学を卒業後、IT関連の会社に就職、28歳でバスプロを目指してフィッシングカレッジに入学したという。斎藤哲也先生は高校卒業後にバンド活動に打ち込み、21歳でパスプロを目指してフィッシングカレッジに入学したそう。

ボート釣りの水道橋博士と玉袋筋太郎、陸釣りの江口ともみはともに釣果なし。トーナメントの時間は制限時間が6時間ほど。バス釣りは根気が必要なスポーツなのだ。一緒にバス釣りをしていた生徒たちのなかには釣り上げた人がチラホラ。撮影班が同船していた山下尚輝くんは約34cmのブラックバスを釣り上げた。

寄宿舎で学生の佐野洸輝君の部屋を訪れた浅草キッド達はルアーなどを物色。バス釣りをしたことがきっかけで釣りにのめり込んだ佐野くんは親に始めはここに入学することに反対していたと答えた。さらに3校合同の合宿で優勝したと答えた。

アパートを借りている新間信隆君は15歳から住んでいる。家賃は4万円で島根県出身。親の反対もあったが行きたいという気持ちでここに来たと答えた。さらに釣りをする時には自分を撮影し自分の癖を把握するという。他の趣味には車と答え、免許がないのに車を購入してしまったと答えた。

キャスティングの練習をしている現場へ訪れた浅草キッドは黒田くんに話を聞いた。3人もキャスティング練習へ参加。なかなか的に入らずに難しさを実感した。急遽先生と学生がキャスティン...


駅と電車内の迷惑行為ランキング

駅と電車内の迷惑行為ランキング5位は扉の近くから動かないなど「乗降時のマナー」。第4位は「歩きスマホ」。歩きスマホによる救急搬送人員が最も多いのが道路や交通施設。

駅と電車内の迷惑行為ランキングについて、気づかぬうちに自分もそういった行為をしていないか注意してほしいですねと斎藤哲也。日本民営鉄道協会は1999年からこの調査をしているが、9年連続1位となっているのが「騒々しい会話・はしゃぎまわり」で、2位は「座席の座り方」。3位は「荷物の持ち方・置き方」など。八代英輝は1位の「騒々しい会話」が気になると指摘、また電車内の「におい」も気になると話した。「車内での化粧」「飲み食い」などは時代とともにランキングの外に出ていった。立川志らくが気になるのは「座り方」で、7人がけの椅子に3人で広がって座っていたなどとのエピソードを紹介した。田中里沙が気になるのはスマホ操作で、階段などで立ち止まったと思ったらゲームをしている姿が見られた、事故につながるしやめてほしいと話した。


クマ

おととい山梨・笛吹市で農作業中の男性(68)が体長1.6mのクマに襲われるも、男性は空手8段の腕前で道場の館長を務めていたため、空手技でクマを撃退して生還した。このあとクマ撃退の一部始終を現場から生中継する。

各地で出没するクマについてトークを展開した。斎藤哲也が「この時期はちょうどコグマが親離れする時期だそうで、色々なところで自分の縄張りを新たに開拓していくような形で目撃情報が増える」など話した。

クマが出没した山梨・笛吹市から中継。宮川博人氏が当時の状況について「(仁王立ちだったので)僕らにはサンドバッグ代わりに見えましたのでボコボコにやってやろうと思いまして、顔面に膝蹴り入れればなんとかなるだろうと」など話し、恵俊彰が「有段者で背後に何か危険なものを感じるのはお得意かもしれないが、一般の人だったら分からないですね」など話した。また宮川氏が当時の状況を再現し、「膝蹴りを入れたら案の定ひっくり返りそのまま山に入ってくれたのでラッキーだったんですが」など話した。鎌田香奈が「空手有段者だから出来たことなので一般の方は絶対に撃退してやろうだとか、戦おうだとかやめて頂きたいですよね」など話した。

空手家の男性がクマを撃退した事件についてトークを展開した。田中里沙が「気をつけるという気持ちだけではダメで、やはり農作業で入る高齢のお母さんたちもいると思うので」など話し、八代英輝が「クマは山の中を音をさせずに移動できるということですよ」など話した。


読売新聞

後任の防衛相についてトークを展開した。斎藤哲也が「経験者が良いのではないかと。内局と陸上自衛隊の対立は過激になってきている」など話した。


東京新聞

自民党が稲田氏の参考人招致を拒否したことについてトークを展開した。斎藤哲也が「先に公表された特別防衛観察の結果は、陸上自衛隊が保管データを隠していた事に稲田氏が関与していたかどうか曖昧だったんですね」など話した。


スポーツ報知

稲田氏の離任式についてトークを展開した。斎藤哲也が「稲田氏自身をめぐる謝罪の言葉はなかった。離任式終了後に防衛省を後にする際は目に涙を浮かべる場面もあった」など話した。