ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「新形敦」の検索結果

「新形敦」に関連する情報 9件中 1〜9件目

H&M

アメリカでは感謝祭の翌日の11月第4金曜日ブラックフライデーで最大セールの年末商戦が始まった。日本版ブラックフライデーではお祭り騒ぎとなった。しかし最近は、ユニクロやH&Mでネット購入を促した。今年の年末商戦で、ネットで買い物をすると答えた人は59%、リアル店舗で買い物をすると答えた57%を上回った。みずほ総研の新形敦氏は利便性や安さを考えるとオンライン化の流れは止まらないと話した。これまで、ブラックフライデーの次の月曜日はサイバーマンデーとしてネット商戦が始まっていたが、今年はネットショッピングがブラックフライデーから強いと紹介。


ユニクロ

アメリカでは感謝祭の翌日の11月第4金曜日ブラックフライデーで最大セールの年末商戦が始まった。日本版ブラックフライデーではお祭り騒ぎとなった。しかし最近は、ユニクロやH&Mでネット購入を促した。今年の年末商戦で、ネットで買い物をすると答えた人は59%、リアル店舗で買い物をすると答えた57%を上回った。みずほ総研の新形敦氏は利便性や安さを考えるとオンライン化の流れは止まらないと話した。これまで、ブラックフライデーの次の月曜日はサイバーマンデーとしてネット商戦が始まっていたが、今年はネットショッピングがブラックフライデーから強いと紹介。


みずほ総研NY

ニューヨークからみずほ総研NYの新形敦が中継。アメリカ大統領選で副大統領候補の討論が行われた。民主党の副大統領候補であるケーン氏が、トランプ氏の疑惑などについて繰り返し見解をただすと、共和党のペンス氏はクリントン氏への批判にすり替えることで明確な回答を避けた。アメリカでは共和党のペンス氏が冷静に対応していた点が評価された。


みずほ総研NY

みずほ総研NYの新形敦氏が伝える。先週、ブラジル議会ではルセフ大統領の弾劾に向けた審議に入った。市場関係者はこの動きを歓迎している。大統領は反発を強めているが、市場は政権交代で経済政策が正常化すると期待して、株価指数・ボベスパが今年の底値からすでに30%以上も急騰し、通貨・レアルも今年はじめから10%以上上昇した。ブラジルはGDPが世界第7位の大国だが、資源価格の低迷と財政赤字拡大で去年に続いて今年もマイナス成長が見込まれている。新形氏は、世論調査では国民の68%がルセフ大統領弾劾を支持すると回答していて、連立与党の一部が離脱し、議会が弾劾に賛成する可能性が高まっているとする。ただし、本格的な経済の回復には、社会保障費の削減など痛みをともなう改革が不可欠だとした。


みずほ情報総研

アメリカで昨年に自動車販売が好調だった背景には自動車ローン金利の低下、雇用改善、ガソリン安があり、今年も大きく変化しないと見られる。特に現在、ガソリン価格が1リットル約70円で、大型車が売れ筋となりそう。新形敦氏は自動車ローン金利が急激に上がらないと見ていて、買い替え需要は見込めると語った。


みずほ総研NY

ゲストのみずほ総研NY・新形敦氏が、12月の利上げは確実と述べ、その理由として、過去10年の広義の失業率と、経済的理由によるパートタイム労働者の数の推移をグラフ表示しながら、トレンドとしてみると右肩下がりということで今回の利上げとなると思うと説明した。物価についてはFRBが目標とする2%よりもインフレ率が低く、本当に利上げが必要なのかとの見方もできるが、イエレン議長は予防的利上げの必要性を繰り返し強調しているなどと解説。また、フィリップス曲線の2012〜2015年の値を見ながら、かつてとは違った構造になってきていると指摘した。

みずほ総研NY・新形敦氏が、2回目の利上げ時期は来年3月と予想し、その理由を、今回の利上げで想定以上に景気減速してしまうと、次はなかなかできなくなるが、一方で、FRBの立場からすると、今回利上げをして次は半年先まで必要ないということになると、利上げの正当性が難しくなるとみられると説明した。また、直近3回の利上げペースのデータを見ながら、今回、FRBが緩やかと繰り返すのは、3カ月おきに0.25%ずつというシナリオと述べた。

今回、初回の利上げが実施されてもインフレ率の課題は残されているとの背景から、みずほ総研NY・新形敦氏が、リスク要因として原油安とドル高を挙げた。WTI原油先物価格のことし1年の推移をグラフ表示。2008年からの経験則でも原油の下落があったところから見ると、あと5ドルくらい落ちてもおかしくないというペース、変化率が小さくなれば今よりは経済への影響は小さくなり、このあたりからくるデフレ圧力をいかに賃金上昇でカバー出来るかが課題と伝えた。一方、ドル高により製造業、原油安によりエネルギー産業も苦しく、企業業績全体は伸び悩んでいるが、サービス業や、製造業でも自動車など消費者向けビジネスは総じて堅調と解説。また、FRBの描く利上げのシナリオが崩れるとすれば、8月の世界同時株安のようなグローバル金融市場の混乱のような状況が考えられると指摘した。


連邦準備制度理事会

みずほ総研金融調査部の新形敦が、リーマンショックから2年経った今、どのような変化があったのかについて語った。

みずほ総研金融調査部の評論家・コメンテイター・ジャーナリストが、FRBのバーナンキ議長の手腕について語った。


みずほ情報総研

みずほ総研金融調査部の新形敦が、リーマンショックから2年経った今、どのような変化があったのかについて語った。

みずほ総研金融調査部の評論家・コメンテイター・ジャーナリストが、FRBのバーナンキ議長の手腕について語った。


みずほ情報総研

みずほ総研金融調査部の新形敦が、リーマンショックから2年経った今、どのような変化があったのかについて語った。

みずほ総研金融調査部の評論家・コメンテイター・ジャーナリストが、FRBのバーナンキ議長の手腕について語った。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (9)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (9)