ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「日刊スポーツ」の検索結果

「日刊スポーツ」に関連する情報 52450件中 1〜10件目

日刊スポーツ

初日から4連敗を喫し昨日休場を発表した横綱・稀勢の里。心配されるのは今後だが、負け方に衰えが見えており、次の初場所は進退をかけた非常に厳しい場所になると専門家は見ている。3場所連続休場から優勝した北勝海など、歴代の日本人横綱の中にはケガや休場から復活を遂げた横綱が多く存在する。また場所中に右膝を負傷しながらも22回目の優勝を掴み、7場所連続休場を経験した貴乃花は、稀勢の里と連絡を取っていたという。


日刊スポーツ

稀勢の里の休場について各紙で大きく報じられている。青島氏は「19年ぶりの日本出身横綱であり多くの方の期待を背負っていた。」などとコメント。花田氏は「ここまで良い成績を残しておらず、1人横綱で更にプレッシャーがかかってしまったのではないか。」などとコメント。

昨日、稀勢の里は「初日の相撲で新しく痛め、強行はしたが結果的に負け越すことになった。」などと話した。診断書によると全治1ヶ月の右膝挫傷捻挫とのこと。今場所稀勢の里は初日から黒星を喫しているが、2日目と3日目に黒星を喫した相手とは場所前に出稽古を行っている。今月6日北勝富士には9勝3敗、妙義龍にも13勝2敗を挙げていた。花田氏は「出稽古で力を抜くことも作戦のうち。本場所で勝てないとプロは意味がない。」などとコメント。5日目に休場を表明したことについては「4日目までは勝てると思っており、白星がつけば流れが変わるのではないかと思っていたのではないか。」などとコメント。


日刊スポーツ

このバスは浜松市の貸し切り事業者、「ラビット急行」が運行。このツアーはミステリーツアーで、行き先はどこへ向かうのか不明だった。道のりは浜松市の車庫を出発後、豊橋市でツアー客を乗せてツアー開始。お昼前に三重県に入ろうとトンネルにはいったが、目的地は和歌山県だった。トンネル内は狭いが、その中をバスは蛇行運転したとのこと。(日刊スポーツ)

運転手の男性は2008年に入社し、2009年から大型バスの運転を開始。これまで人命に関わる事故を起こしたことはないという。7月の健康診断でも異常はなく、この日朝の点呼時も体調不良というわけでもなかった。服用している薬もないと申告していて、さらに前日は休暇だった。まだ意識を失った原因が不明であるため、今後詳しい検査などを行い、原因がわかるまでは運転業務から外す方針であるとのこと。(日刊スポーツ)


ラビット急行

三重県警によると昨日午前10時半すぎ、紀勢自動車道下りの「高丸山トンネル」内で観光バスの男性運転手が突然意識を失ったとのこと。その後観光バスは側壁にぶつかりながら走行、乗客2人がトンネル内でバスを止めたという。よってバスの乗客33人と添乗員1人に怪我はなかった。運転手は現在意識を取り戻して治療を受けている。運行会社のラビット急行は、「運転手に持病はなく、前日は休暇をとって朝の健康チェックでも問題なかった」と述べている。

このバスは浜松市の貸し切り事業者、「ラビット急行」が運行。このツアーはミステリーツアーで、行き先はどこへ向かうのか不明だった。道のりは浜松市の車庫を出発後、豊橋市でツアー客を乗せてツアー開始。お昼前に三重県に入ろうとトンネルにはいったが、目的地は和歌山県だった。トンネル内は狭いが、その中をバスは蛇行運転したとのこと。(日刊スポーツ)

トンネル内の対向車線は何度も対向車が走っていて、衝突事故を起こしてもおかしくない状況だった。異変に気づき大惨事を救った乗客に話を聞くと、「もう1人の人がハンドルをきって、私がスイッチを切ろうとサイドブレーキを引こうと思うんだけど、どこにサイドブレーキがあるか分からなくてとにかく触るとこを触った」と話した。よって徐々に減速して止まり、怪我人はいなかった。ちなみに運行会社のラビット急行は、安全性において現在3つ星をとっている会社だった。(読売新聞)

運転手の男性は2008年に入社し、2009年から大型バスの運転を開始。これまで人命に関わる事故を起こしたことはないという。7月の健康診断でも異常はなく、この日朝の点呼時も体調不良というわけでもなかった。服用している薬もないと申告していて、さらに前日は休暇だった。まだ意識を失った原因が不明であるため、今後詳しい検査などを行い、原因がわかるまでは運転業務から外す方針であるとのこと。(日刊スポーツ)

ラビット急行は地元では新しめの会社で、サービスが良いなどのことから人気だったそう。出演者は、「原因も分からないなんてまさにミステリーですよね」「最近はこういった事故が多い」「自動運転機能などを導入したほうがいい」と話した。


「日刊スポーツ」に関連するイベント情報

グランプリシリーズ ロシア大会

グランプリシリーズロシア大会で羽生選手は初のグランプリ連勝を狙う。(日刊スポーツ)


日刊スポーツ

グランプリシリーズロシア大会で羽生選手は初のグランプリ連勝を狙う。(日刊スポーツ)


日刊スポーツ

先月の実用数学技能検定で、東京世田谷区の高橋洋翔君(11)が1級に合格した。合格率は9.4%。高橋くんは小1で2級に、小2で準1級にそれぉれ最年少で合格。数学者になるのが夢だという。(日刊スポーツ)


実用数学技能検定

先月の実用数学技能検定で、東京世田谷区の高橋洋翔君(11)が1級に合格した。合格率は9.4%。高橋くんは小1で2級に、小2で準1級にそれぉれ最年少で合格。数学者になるのが夢だという。(日刊スポーツ)


日刊スポーツ

サッカー日本代表はきょうベネズエラと国際親善試合を行う。代表戦で3戦連続ゴールをあげている南野拓実選手はきょうゴールすれば三浦知良選手に並ぶ歴代4位の記録になる。(日刊スポーツ)


「日刊スポーツ」に関連するイベント情報

グランプリシリーズ

フィギュアの白岩優奈は昨シーズンシニアに転校したばかりだったが、クラウドファンディングでは600万円を超える資金を集めていて北京オリンピックに向けた練習を行えるようになったが、白岩選手も今回のグランプリシリーズに出場する。また、資金を提供してくれた人にはポストカードやお礼メールなど様々なものが届くという。(日刊スポーツ)