ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「日刊スポーツ」の検索結果

「日刊スポーツ」に関連する情報 51458件中 1〜10件目

日刊スポーツ

先週土曜日に亡くなった樹木希林さんの孫であり、本木雅弘さんの長男である雅樂さんが親族として初めて亡き祖母に感謝の言葉を綴った。昨日午後樹木希林さんの家族葬が行われた。娘と本木雅弘夫妻をはじめ、孫でモデルの雅樂さんらが参列し、孫の伽羅さんが遺影を抱いて棺を見送った。雅樂さんは昨日ツイッターで「一緒に世界中を旅した。いつも自分の事を大切にしてくれた。沢山の事をおしえてくれてありがとう。」などと投稿。雅樂さんは幼い頃から希林さんの仕事に同行しており、今年パリコレデビューする際にも希林さんからアドバイスを受けていたという。斎場では別居中の夫である内田裕也も合流した。芸能界の友人として唯一参列したのは浅田美代子さん。浅田美代子さんは入院してからの最後の1ヶ月ほとんど毎日そばにいさせてくれたことに感謝していますなどとコメント。浅田さんは16歳の時にドラマ「時間ですよ」で共演して以来希林さんと家族同然の付き合いをしてきたという。昨日は映画「あん」で共演した永瀬正敏も「ずっとずっと愛しています」の言葉とともに3年前に撮影した写真を公開した。映画「あん」は孫である伽羅さんのデビュー作で、2013年に全身がんを公表した後の主演作。当時のインタビューでは「心はいよいよ盛んな命なりけり」などとコメントしていた。


日刊スポーツ

大谷は日本ハムチームドクターの再診を球団に要望。(日刊スポーツ)


日刊スポーツ

YOSHIKIさんが、S・ブライトマンにXJAPANのオープニング曲で楽曲のMiracleを提供したことがわかった。YOSHIKIさんは、今月行われるS・ブライトマンさんのライブにも出演するという。


同愛記念病院

大谷は同愛記念病院長の再診を球団に要望。(日刊スポーツ)


日刊スポーツ

来月7日放送のドラマ「誘拐法廷〜セブンデイズ〜」で関ジャニの丸山隆平さんが松嶋菜々子さんと初タッグを組む。この作品は松嶋菜々子さんが演じる弁護士が、一人娘を誘拐され、犯人から殺人罪で起訴された限りなく黒と思われる被告人の無罪を勝ち取ることを要求される物語だ。丸山さんは松嶋さんとタッグを組んで、法律ラインギリギリの弁護活動に身を投じる弁護士を演じる。弁護士初挑戦という丸山さんは役作りのために人生初のひげを蓄えて臨んでいる。(日刊スポーツ)


日刊スポーツ

西武はソフトバンク戦、栗山巧は7号満塁ホームラン。中村剛也26号3ラン。8-1で西武勝利。マジック「11」点灯。最速で今月24日に優勝が決定。(日刊スポーツ)


日刊スポーツ

西武とソフトバンクの試合。ソフトバンクの柳田悠岐はおととい練習中に打球が頭部に直撃し、きのう登録抹消となった。この日の試合では今宮健太が左太ももを負傷し途中交代に。対する西武は栗山が7号満塁HR、中村剛也が26号3ランで4連勝。西武はM11が点灯し最短24日で優勝が決まる。(日刊スポーツ)


「日刊スポーツ」に関連するイベント情報

ワールドゲームズ

サーフィンのワールドゲームズで五十嵐カノアが優勝。これは五輪の前哨戦となる戦いである。(日刊スポーツ)


日刊スポーツ

サーフィンのワールドゲームズで五十嵐カノアが優勝。これは五輪の前哨戦となる戦いである。(日刊スポーツ)


日刊スポーツ

樹木希林さんの訃報をスポーツ新聞各紙は伝えた。そしてスポーツ報知では樹木さんは、全て1人でやっていたと言われ。事務所も構えず、マネージャーもスタイリストも付けない、仕事の受け付けは自宅の電話に残る、留守電かFAX、移動時は車の運転や新幹線のチケット購入も自分でやっていた。仕事選びの基準は、話をくれた順番とギャラ。脚本・監督・共演者で選ぶことはしなかったという。(スポーツ報知)またスポーツニッポンは関係者の話で「容態が急変したのは14日深夜。家族が別居中の内田裕也に連絡を入れ、声が聞こえるように携帯電話のスピーカーをオンにセット。内田裕也は意識が薄れていく希林さんに呼び掛けた」と掲載。(スポーツニッポン)