ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「日刊スポーツ」の検索結果

「日刊スポーツ」に関連する情報 44690件中 1〜10件目

日刊スポーツ

亀田史郎の体調悪化で、中断されていた番組収録を再開。病院の検査では、ストレスによる脳貧血ということだった。亀田史郎は、内藤大助とのタイトルマッチでの反則行為で、無期限のセコンドライセンス停止処分を受けたが、反省せずに運営責任者を恫喝したことで、セコンドライセンスを剥奪され、事実上の永久追放処分となる。


日刊スポーツ

亀田興毅がプロボクサーのデビュー戦で、KO勝ちした映像を紹介。

亀田興毅は、ファン・ランダエタとの再戦に勝利した。亀田史郎は、レフェリーに暴言を吐いたり、ファン同士の喧嘩に乱入する揉め事を起こした。


日刊スポーツ

高校通算111本塁打の清宮幸太郎選手がプロ志望届の提出表明をした。目標とする選手は世界のホームラン王・王貞治さん。昔のプレーを見たり、ずっと憧れをもって野球をしてきた、いずれは868本ホームランを目指せるような選手になりたいと語っていた。プロ入り決断理由としては、より高いレベルに身を置き鍛錬し、努力することで目の前の目標を1つ1つクリアしていきたいと話している。自分の夢はプロ野球選手だったので、野球に一番集中できる環境を選びたいともコメントしている。希望球団については、成長させていただける球団に行きたいとし、具体的な名前は語らなかった。来月のドラフト会議では何球団競合するのか注目が集まっている。

清宮のプロ入り表明についてのトーク。松本は大学に行くと思っていたと話した。長嶋一茂は、どちらを選ぶのが良いのかは人それぞれだと話した。ソフトバンクの王貞治会長は清宮の1位指名を明言している。ドラフト注目高校生としては他に中村奨成や安田尚憲もいる。大田泰示選手は2008年読売ジャイアンツにドラフト1位で入団し、2017年から北海道日本ハムでプレーしている。長嶋一茂は1987年にヤクルト・大洋の2球団がドラフト1位指名、ヤクルトがクジを引き当てた。前園真聖は4チームの中から自分で行きたいチームを選べたが、野球は選手自身が選ぶことができないので不思議な感覚だと話した。


日刊スポーツ

早稲田実業の清宮幸太郎がプロ入りの意思を表明し、目標とする選手に同校の先輩である王貞治氏を挙げた。プロ志願をいち早く察知し、会見前日に一面で報じた日刊スポーツプロ野球担当の廣重竜太郎記者が「野手の甲子園のスーパースターは松井秀喜さん以来じゃないかと思う」と話している。これまでのドラフト最多指名は野茂英雄氏、小池秀郎氏の8球団だったが、廣重氏は「10球団くらいいってもおかしくはない」とコメント。


早稲田実業

早稲田実業の清宮幸太郎がプロ入りの意思を表明し、目標とする選手に同校の先輩である王貞治氏を挙げた。プロ志願をいち早く察知し、会見前日に一面で報じた日刊スポーツプロ野球担当の廣重竜太郎記者が「野手の甲子園のスーパースターは松井秀喜さん以来じゃないかと思う」と話している。これまでのドラフト最多指名は野茂英雄氏、小池秀郎氏の8球団だったが、廣重氏は「10球団くらいいってもおかしくはない」とコメント。


日刊スポーツ

メグカナコンビと呼ばれた栗原恵と大山加奈が「バレーボール アタック20」に挑戦。2人がコートに揃うのは10年ぶりだという。今回は大山の妹・未希も挑戦。記録は14枚となった。


日刊スポーツ

通算111号HRをもつ清宮、今から5年前に取材をした時リトルリーグ世界大会で優勝していた。自宅には室内練習場まで備えられていた。当時日本ハムの栗山監督からのサインボールが飾ってあった。甲子園で祐ちゃんが優勝した事が野球を始めたきっかけだったと言う。高校になると1年ながら甲子園でHRを連発し、今月行われたU-18ワールド杯では高校通算HR111号をマークした。


「日刊スポーツ」に関連する音楽・CD

日刊スポーツは安室奈美恵の「Hero」がオリコンデイリーダウンロードランキングで383日ぶりに1位を獲得したと報じた。2位以下も数々のヒット曲がランクインしている。西山喜久恵は1997年に結婚し「CAN YOU CELEBRATE?」を友人が歌ってくれたと振り返った。11月にベストアルバムが発売予定で現在予約が殺到していると伝えた。

「CAN YOU CELEBRATE?」

Amazon.co.jp


「日刊スポーツ」に関連する音楽・CD

来年9月に引退することを発表した安室奈美恵は「AERA」で一気にブームになった当時は次はどこを目指せば良いのか分からなくなった、カッコイイ安室奈美恵として求められるままに歌って踊り自分のやりたいことは二の次で息がつまりそうになっていたと語っている。2001年に小室哲哉のもとを離れセルフプロデュースで自分を表現するようになるがかつてのようにヒットには恵まれない。しかし「今がどん底だとすればこれ以上悪くなることはないはずと思うと少しずつ楽になれた」と話している。自分を信じ続けてたどり着いた答えの1つが独特のライブスタイルでMCはほとんどなく歌とダンスだけで観客を魅了、それは海外でも支持される。30代からはライブに専念し7年間はテレビ出演がないが、2008年にシングルで9年ぶりに1位を獲得する。20周年を迎えた2013年には「Can You Feel This Love」でめざましテレビのテーマソングを担当した。今年は最新シングル「Just You and I」で23年連続オリコンTOP10入りを果たし歴代1位タイに、引退発表4日前には地元沖縄でライブを開催し2年ぶりにデビュー曲「ミスターU.S.A.」を熱唱している。安室は引退発表のコメントは「私らしく2018年9月16日を迎えたいと思います、安室奈美恵の最後の1年をどうぞよろしくお願い致します」と締めくくっている。

日刊スポーツは安室奈美恵の「Hero」がオリコンデイリーダウンロードランキングで383日ぶりに1位を獲得したと報じた。2位以下も数々のヒット曲がランクインしている。西山喜久恵は1997年に結婚し「CAN YOU CELEBRATE?」を友人が歌ってくれたと振り返った。11月にベストアルバムが発売予定で現在予約が殺到していると伝えた。

「Hero」

Amazon.co.jp


「日刊スポーツ」に関連する音楽・CD

オリコンデイリーダウンロードランキング

日刊スポーツは安室奈美恵の「Hero」がオリコンデイリーダウンロードランキングで383日ぶりに1位を獲得したと報じた。2位以下も数々のヒット曲がランクインしている。西山喜久恵は1997年に結婚し「CAN YOU CELEBRATE?」を友人が歌ってくれたと振り返った。11月にベストアルバムが発売予定で現在予約が殺到していると伝えた。