ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「日刊スポーツ」の検索結果

「日刊スポーツ」に関連する情報 41885件中 1〜10件目

日刊スポーツ

経産相政務官の辞任に続いて中川俊直氏は21日に自民党に離党届を提出した。不倫報道についてくわばたりえ「バレずにずっと行く自身どっかにあったかのか言いたくなるが、バレるに決まってる」「奥さんあんたのこと見放すでって言いたい」など述べた。


日刊スポーツ

週刊誌が報じた坂口杏里の加藤紗里への借金申し入れ疑惑、これをうけ番組は今年2月に直撃取材をしていた。この時、坂口杏里は申し入れを否定していた。その放送をみていた加藤紗里は反論、借金の申し入れは事実だと主張。加藤紗里によるとLINEの記録が残っており、12月17日に送られてきたという。


日刊スポーツ

最年少プロ棋士・藤井四段が羽生三冠を撃破。非公式対局だったもの、レジェンド羽生へ白星を付けた実力は計り知れない。


雑色駅前将棋サロン

スポーツ報知・日刊スポーツなどで興奮気味に大画面で伝えたのは「羽生三冠が勝った」。敗者である羽生三冠は、「すごい人が現れたな」とコメント。きのう、abemaTVの番組で「藤井聡太四段 炎の七番勝負」として企画されたもの。最後の相手・羽生三冠だったが、111手で藤井四段が勝利を飾った。解説である佐藤さんから「ソツがないミスがない指し手。」など話した。将棋教室に通う子供も「すごい」と絶賛。また解説をつとめた阿久津さんも「けして焦らないところが一番印象に残った。腰を落として考えられるのは若者っぽくないというか、この年齢にしてはすごい」とコメント。


abemaTV

スポーツ報知・日刊スポーツなどで興奮気味に大画面で伝えたのは「羽生三冠が勝った」。敗者である羽生三冠は、「すごい人が現れたな」とコメント。きのう、abemaTVの番組で「藤井聡太四段 炎の七番勝負」として企画されたもの。最後の相手・羽生三冠だったが、111手で藤井四段が勝利を飾った。解説である佐藤さんから「ソツがないミスがない指し手。」など話した。将棋教室に通う子供も「すごい」と絶賛。また解説をつとめた阿久津さんも「けして焦らないところが一番印象に残った。腰を落として考えられるのは若者っぽくないというか、この年齢にしてはすごい」とコメント。


スポーツ報知

スポーツ報知・日刊スポーツなどで興奮気味に大画面で伝えたのは「羽生三冠が勝った」。敗者である羽生三冠は、「すごい人が現れたな」とコメント。きのう、abemaTVの番組で「藤井聡太四段 炎の七番勝負」として企画されたもの。最後の相手・羽生三冠だったが、111手で藤井四段が勝利を飾った。解説である佐藤さんから「ソツがないミスがない指し手。」など話した。将棋教室に通う子供も「すごい」と絶賛。また解説をつとめた阿久津さんも「けして焦らないところが一番印象に残った。腰を落として考えられるのは若者っぽくないというか、この年齢にしてはすごい」とコメント。


日刊スポーツ

スポーツ報知・日刊スポーツなどで興奮気味に大画面で伝えたのは「羽生三冠が勝った」。敗者である羽生三冠は、「すごい人が現れたな」とコメント。きのう、abemaTVの番組で「藤井聡太四段 炎の七番勝負」として企画されたもの。最後の相手・羽生三冠だったが、111手で藤井四段が勝利を飾った。解説である佐藤さんから「ソツがないミスがない指し手。」など話した。将棋教室に通う子供も「すごい」と絶賛。また解説をつとめた阿久津さんも「けして焦らないところが一番印象に残った。腰を落として考えられるのは若者っぽくないというか、この年齢にしてはすごい」とコメント。


日刊スポーツ

将棋の藤井聡太四段が羽生善治3冠に勝利した。藤井聡太は「自分の力を出し切れた」と話した。羽生善治は「すごい人が現れた」と話した。(日刊スポーツ)


日刊スポーツ

現在中学三年生の藤井聡太四段がきのう夜非公式戦ながら羽生善治三冠を破る。羽生三冠は藤井四段に対して「すごい人が現れた」と話した。(日刊スポーツ)


日刊スポーツ

最年少プロ棋士、14歳の藤井聡太四段が、非公式ながら羽生善治三冠に勝利。羽生三冠もすごい人が現れたと実力を認めた。(日刊スポーツ)