ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「日刊現代」の検索結果

「日刊現代」に関連する情報 1129件中 1〜10件目

日刊現代

1991年に放送された「101回目のプロポーズ」に出演し一躍脚光を浴びた俳優の長谷川初範さん。今月6日には最新作「9つの窓」回想電車が公開され60歳になった今ますますダンディーな姿に磨きがかかっている。そんな中、日刊現代で極貧過去が報じられた。幼少期は裕福な家庭で育ったが、高校を卒業すると同時に両親が離婚したことで家計が傾いていった。それでも役者を目指して上京したが、家業は倒産し工事現場などのアルバイトに明け暮れた。しかし「101回目のプロポーズ」に出演したことで転機が訪れ、極貧時代のハングリー精神が現在の俳優としての執念となっていると語った。


「日刊現代」に関連する映画・DVD

「9つの窓」回想電車

1991年に放送された「101回目のプロポーズ」に出演し一躍脚光を浴びた俳優の長谷川初範さん。今月6日には最新作「9つの窓」回想電車が公開され60歳になった今ますますダンディーな姿に磨きがかかっている。そんな中、日刊現代で極貧過去が報じられた。幼少期は裕福な家庭で育ったが、高校を卒業すると同時に両親が離婚したことで家計が傾いていった。それでも役者を目指して上京したが、家業は倒産し工事現場などのアルバイトに明け暮れた。しかし「101回目のプロポーズ」に出演したことで転機が訪れ、極貧時代のハングリー精神が現在の俳優としての執念となっていると語った。


日刊現代

坂上忍さんのディナートクショーがぼったくり疑惑があるという記事を紹介。坂上さんは焼酎の水割りを飲みながら進行役の質問に答え、話題は自分の宣伝ばかりでここだけの話はゼロだったという。また堀江貴文さんもカウンターで高級寿司を一緒に食べるイベントをやっているといい、お値段は10万円だという。


日刊現代

怒れるゲストの椿鬼奴・南明奈・ニッチェ江上を紹介。椿鬼奴は、年下芸人のグランジ佐藤と熱愛が発覚し幸せで怒りなどないはずだが、人と付き合うってストレスと話した。前妻が再婚し女性の気持ちが知りたい井戸田潤が聞き役ゲストとして登場。


認知症

今週の気になる見出しは日刊現代の“認知症 性格別判断”。真面目な性格で固い仕事に就いていた人は、色ボケになりやすく、異性をみて追いかけてしまうことが多いという。金銭に几帳面だった人は、自分のお金が盗まれたなどの被害妄想があるそうだ。口が達者で論理的だった人は、些細な事で激怒し、暴力をふるうようになってしまうという。


日刊現代

今週の気になる見出しは日刊現代の“認知症 性格別判断”。真面目な性格で固い仕事に就いていた人は、色ボケになりやすく、異性をみて追いかけてしまうことが多いという。金銭に几帳面だった人は、自分のお金が盗まれたなどの被害妄想があるそうだ。口が達者で論理的だった人は、些細な事で激怒し、暴力をふるうようになってしまうという。


日刊ゲンダイ

「かっぱえびせん」は今年で誕生50周年になる。累計販売数は約63億袋で1兆本売れている。「かっぱえびせん」はカルビー創業者のその他一般人が幼少期の好物だった「小エビの天ぷら」をヒントに作られた。(日刊ゲンダイ)


日刊ゲンダイ

日刊ゲンダイの記事。やしきたかじんを急死させた食道がんについて書かれていた。医学博士の米山氏によると、統計データでは50代以上でお酒やタバコをやる人は食道がんになる可能性が高いという。アセトアルデヒド分解酵素が弱い人では、お酒を飲むと食道がんのリスクが56倍、たばこを吸うと190倍に跳ね上がる。


日刊ゲンダイ

日刊ゲンダイ。歌手が作詞家・作曲家・編曲家の思いを語った。歌手の持ち歌の8割は、作詞家・作曲家・編曲家が詩を務めたものだという。歌手は、「城みちるとの恋愛が週刊誌にすっぱ抜かれたときの歌詞は別れなさいオーラ全開の歌詞だった」と話した。


日刊ゲンダイ

毎年2万人以上が、結核の新規患者として3報告があるという日本。結核感染の理由は、第2次世界対戦時期、感染したけれど発症しなかった人が、今になって発症している人が多いのだという。(日刊ゲンダイ)


検索結果の絞り込み