ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「日刊現代」の検索結果

「日刊現代」に関連する情報 1139件中 1〜10件目

スポーツニッポン

先週金曜日 貴乃花親方が「運営に重大な疑義がある」と日本相撲協会を告発した(写真・日刊現代/毎日新聞社/アフロ)。告発先は日本レスリング協会と同じく内閣府公益認定等委員会である。貴乃花部屋のホームページには貴ノ岩への傷害事件への対応を批判する文言が綴られていた。自身の理事解任理由についても、解任相当の違反を認めるのは困難だとしている。告発の経緯や理由について貴乃花親方の代理人弁護士は、日馬富士の傷害事件が中途半端な追及で終わってしまったことや、執行部の責任は一切議論されなかったことなどを挙げた。この訴えに八角理事長は内閣府からいつ話が来ようが問題ないとしている(スポーツニッポン)。代理人弁護士は、貴乃花親方が「相撲道」がこのままでは維持できないのではないかと危惧していると述べた。


毎日新聞社

先週金曜日 貴乃花親方が「運営に重大な疑義がある」と日本相撲協会を告発した(写真・日刊現代/毎日新聞社/アフロ)。告発先は日本レスリング協会と同じく内閣府公益認定等委員会である。貴乃花部屋のホームページには貴ノ岩への傷害事件への対応を批判する文言が綴られていた。自身の理事解任理由についても、解任相当の違反を認めるのは困難だとしている。告発の経緯や理由について貴乃花親方の代理人弁護士は、日馬富士の傷害事件が中途半端な追及で終わってしまったことや、執行部の責任は一切議論されなかったことなどを挙げた。この訴えに八角理事長は内閣府からいつ話が来ようが問題ないとしている(スポーツニッポン)。代理人弁護士は、貴乃花親方が「相撲道」がこのままでは維持できないのではないかと危惧していると述べた。


アフロ

先週金曜日 貴乃花親方が「運営に重大な疑義がある」と日本相撲協会を告発した(写真・日刊現代/毎日新聞社/アフロ)。告発先は日本レスリング協会と同じく内閣府公益認定等委員会である。貴乃花部屋のホームページには貴ノ岩への傷害事件への対応を批判する文言が綴られていた。自身の理事解任理由についても、解任相当の違反を認めるのは困難だとしている。告発の経緯や理由について貴乃花親方の代理人弁護士は、日馬富士の傷害事件が中途半端な追及で終わってしまったことや、執行部の責任は一切議論されなかったことなどを挙げた。この訴えに八角理事長は内閣府からいつ話が来ようが問題ないとしている(スポーツニッポン)。代理人弁護士は、貴乃花親方が「相撲道」がこのままでは維持できないのではないかと危惧していると述べた。


日刊現代

先週金曜日 貴乃花親方が「運営に重大な疑義がある」と日本相撲協会を告発した(写真・日刊現代/毎日新聞社/アフロ)。告発先は日本レスリング協会と同じく内閣府公益認定等委員会である。貴乃花部屋のホームページには貴ノ岩への傷害事件への対応を批判する文言が綴られていた。自身の理事解任理由についても、解任相当の違反を認めるのは困難だとしている。告発の経緯や理由について貴乃花親方の代理人弁護士は、日馬富士の傷害事件が中途半端な追及で終わってしまったことや、執行部の責任は一切議論されなかったことなどを挙げた。この訴えに八角理事長は内閣府からいつ話が来ようが問題ないとしている(スポーツニッポン)。代理人弁護士は、貴乃花親方が「相撲道」がこのままでは維持できないのではないかと危惧していると述べた。


日刊現代

日本相撲協会の二次候補選が行われた場合、貴乃花一門から2人の立候補者を擁立し、一門初の2人の理事を狙うという。日刊スポーツの柳田氏は「一門外からどれだけ票を得られるかの計算がついたのは。」などと述べた。票について、貴乃花一門の親方は8人、それに無所属の錣山親方ら3人を含めた11票と見られている。全体の票数は101票で9票から10票が当選ライン。そのため他の一門から票を獲得しなければ2人が同時に当選することは不可能。大隅氏は票読みが出来たとする一方で親方の強い覚悟が立候補を決意させたと推測する。理事候補選の勝算があるのか、他の一門の情報をつかんだのか、明後日に答えが出る。


日刊現代

前回の番付編成会議で、貴乃花部屋から初の新三役に昇進した貴景勝関の会見では、同席しなかった貴乃花親方が、なぜ今回同席したのか。その理由について大隅氏は「新十両が出ればどんな親方も同席する。幕の内に上がったときよりも新十両のときのほうが嬉しい世界」と話した。一方では、愛弟子の昇進を喜ぶだけではないという意見もある。柳田氏は「日馬富士事件も山を越え、気持ちが晴れ晴れしているのでは」とコメント。日本相撲協会は明後日に理事候補選挙の可能性があるが、理事はこれだけで決まらず、3月の評議員会で承認を得て最終決定される。きのう、理事候補選に向けて開かれた貴乃花一門の会合は3時間におよび、終了後の貴乃花親方は満面の笑みだった。昨夜、貴乃花親方はブログを更新。冒頭は弟子たちへのねぎらいに始まり、相撲道について、相撲協会の未来について、と続き、「協会全体が一つの家族になるべき」と記されていた。相撲ファンへのメッセージには、「これからも自分の役割を邁進していく所存」などと綴った。固い決意を記した背景には、理事選への出馬意欲があるのか。


日刊現代

大相撲初場所の注目力士について銅谷志朗が解説。阿武咲ら4人の若手力士の活躍が期待される。なかでも一番の注目は貴景勝だという。


日刊現代

日馬富士の暴行事件に関して、沈黙を貫いている貴乃花親方だが、これまでも危機管理委員会から文書で2度の聴取以来を受けていたが、断り続けているという。元大鳴戸部屋力士の維新力浩司は、「貴乃花親方の性格は昔から、寡黙で孤独でこうと決めたら人の意見を聞かず突き進む、だから周りが説得しても聞かない。」などと解説した。ジャーナリストの須田慎一郎は「相撲界の体質として、こういったことが頻繁に行われている。それを改善するためにどうしたらいいのか。そうやっていくと、タブーに触れていかざるを得なくなる。」と語った。


日刊現代

プロ棋士になってまもなく1年となる藤井聡太四段が、きのう王座戦1時予選1回戦で小林健二九段を63手で圧勝した。連勝記録は”292でストップしたが、現在の通算成績は41勝6敗となっている。2017年度の年間成績がすごく、4月以降37局戦っているが対局数が1位で、勝利数も31勝で1位となっていて、先手では負けなしだという。対戦相手はレジェンドたちには勝利したが、年の近いライバルたちには敗北している。藤井四段は対局を重ねて進化を続けていて、”見た目”ではきのうからタイピンを付けてマナーに配慮している。”気持ち”にも変化があり、今までは水色のリュックだったが8月以降は黒色のリュックを使っている。対局中の糖分摂取に4種の味のチョコを食べていたが、最近はストロベリーチョコに変わったという。また対局中に立って相手の盤を見る”ひふみんアイ”を行う姿が、ミーアキャットにそっくりだと話題になっているという。


日刊現代

夏の甲子園出場をかけた西東京大会準決勝、早稲田実業と八王子学園の対戦。早稲田実の清宮幸太郎選手は7回の第4打席に高校通算史上最多に並ぶ107号ホームランを放った。この後も1点を追加し4−1で早稲田実業が去年敗れた八王子に勝利し決勝進出となった。決勝はあさって、東海大菅生と対戦する。清宮選手は「全て出し切って決勝戦をやりきりたい。」などと述べた。早稲田実業の地元商店街では決勝で行う予定のパブリックビューイングを商店街の会長自ら宣伝して回っていた。