ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「日産」の検索結果

「日産」に関連する情報 22799件中 1〜10件目

日産

今日の株主総会では人手不足に対応した宅配サービスの見直しや基本運賃引き上げなど収益改善策の株主に理解を求める見通し。一方三菱自動車は日産との協業の成果や今後の海外戦略について説明した。


三菱自動車

今日の株主総会では人手不足に対応した宅配サービスの見直しや基本運賃引き上げなど収益改善策の株主に理解を求める見通し。一方三菱自動車は日産との協業の成果や今後の海外戦略について説明した。


ヤマト運輸

今日の株主総会では人手不足に対応した宅配サービスの見直しや基本運賃引き上げなど収益改善策の株主に理解を求める見通し。一方三菱自動車は日産との協業の成果や今後の海外戦略について説明した。


ヤマトHD

今日の株主総会では人手不足に対応した宅配サービスの見直しや基本運賃引き上げなど収益改善策の株主に理解を求める見通し。一方三菱自動車は日産との協業の成果や今後の海外戦略について説明した。


i-ACTIVSENSE

国内自動車メーカー各社は、車が自動で運転をサポートするシステムに様々な名称をつけて技術を競い合っている。中でもスバルが業界に先駆けて実用化したのが運転支援システム「アイサイト」だ。車や人との距離を計測して衝突を防ぎ、高速道路の走行時に先行車についていく機能が大きな特徴だったが、今回、その改良版が公開された。ハンドルアシストの範囲が時速0〜120kmまでに拡大され、渋滞に対応できるようになったという。改良版はこの夏発表予定の新型車を皮切りに、全車種で標準装備にしていく予定だ。性能を高める一方で、新システムの価格上昇分を数万円程度に抑えるとしている。だが、ライバルもこの分野に力を入れる。日産は前の車に追従するシステム搭載の新型「セレナ」がヒット。システムはオプションで24万円を超えるが購入者の半数以上が取り付けている。また、トヨタやマツダも今後、運転支援システムを標準装備にする予定だ。こうした中、スバルが大切にしているのは「運転中の感覚」だという。取材した大浜は「油断させない技術にも需要がある」とコメントした。


プロパイロット

国内自動車メーカー各社は、車が自動で運転をサポートするシステムに様々な名称をつけて技術を競い合っている。中でもスバルが業界に先駆けて実用化したのが運転支援システム「アイサイト」だ。車や人との距離を計測して衝突を防ぎ、高速道路の走行時に先行車についていく機能が大きな特徴だったが、今回、その改良版が公開された。ハンドルアシストの範囲が時速0〜120kmまでに拡大され、渋滞に対応できるようになったという。改良版はこの夏発表予定の新型車を皮切りに、全車種で標準装備にしていく予定だ。性能を高める一方で、新システムの価格上昇分を数万円程度に抑えるとしている。だが、ライバルもこの分野に力を入れる。日産は前の車に追従するシステム搭載の新型「セレナ」がヒット。システムはオプションで24万円を超えるが購入者の半数以上が取り付けている。また、トヨタやマツダも今後、運転支援システムを標準装備にする予定だ。こうした中、スバルが大切にしているのは「運転中の感覚」だという。取材した大浜は「油断させない技術にも需要がある」とコメントした。


新型セレナ

国内自動車メーカー各社は、車が自動で運転をサポートするシステムに様々な名称をつけて技術を競い合っている。中でもスバルが業界に先駆けて実用化したのが運転支援システム「アイサイト」だ。車や人との距離を計測して衝突を防ぎ、高速道路の走行時に先行車についていく機能が大きな特徴だったが、今回、その改良版が公開された。ハンドルアシストの範囲が時速0〜120kmまでに拡大され、渋滞に対応できるようになったという。改良版はこの夏発表予定の新型車を皮切りに、全車種で標準装備にしていく予定だ。性能を高める一方で、新システムの価格上昇分を数万円程度に抑えるとしている。だが、ライバルもこの分野に力を入れる。日産は前の車に追従するシステム搭載の新型「セレナ」がヒット。システムはオプションで24万円を超えるが購入者の半数以上が取り付けている。また、トヨタやマツダも今後、運転支援システムを標準装備にする予定だ。こうした中、スバルが大切にしているのは「運転中の感覚」だという。取材した大浜は「油断させない技術にも需要がある」とコメントした。


レヴォーグ

国内自動車メーカー各社は、車が自動で運転をサポートするシステムに様々な名称をつけて技術を競い合っている。中でもスバルが業界に先駆けて実用化したのが運転支援システム「アイサイト」だ。車や人との距離を計測して衝突を防ぎ、高速道路の走行時に先行車についていく機能が大きな特徴だったが、今回、その改良版が公開された。ハンドルアシストの範囲が時速0〜120kmまでに拡大され、渋滞に対応できるようになったという。改良版はこの夏発表予定の新型車を皮切りに、全車種で標準装備にしていく予定だ。性能を高める一方で、新システムの価格上昇分を数万円程度に抑えるとしている。だが、ライバルもこの分野に力を入れる。日産は前の車に追従するシステム搭載の新型「セレナ」がヒット。システムはオプションで24万円を超えるが購入者の半数以上が取り付けている。また、トヨタやマツダも今後、運転支援システムを標準装備にする予定だ。こうした中、スバルが大切にしているのは「運転中の感覚」だという。取材した大浜は「油断させない技術にも需要がある」とコメントした。


レガシィ

国内自動車メーカー各社は、車が自動で運転をサポートするシステムに様々な名称をつけて技術を競い合っている。中でもスバルが業界に先駆けて実用化したのが運転支援システム「アイサイト」だ。車や人との距離を計測して衝突を防ぎ、高速道路の走行時に先行車についていく機能が大きな特徴だったが、今回、その改良版が公開された。ハンドルアシストの範囲が時速0〜120kmまでに拡大され、渋滞に対応できるようになったという。改良版はこの夏発表予定の新型車を皮切りに、全車種で標準装備にしていく予定だ。性能を高める一方で、新システムの価格上昇分を数万円程度に抑えるとしている。だが、ライバルもこの分野に力を入れる。日産は前の車に追従するシステム搭載の新型「セレナ」がヒット。システムはオプションで24万円を超えるが購入者の半数以上が取り付けている。また、トヨタやマツダも今後、運転支援システムを標準装備にする予定だ。こうした中、スバルが大切にしているのは「運転中の感覚」だという。取材した大浜は「油断させない技術にも需要がある」とコメントした。


Toyota Safety Sense

国内自動車メーカー各社は、車が自動で運転をサポートするシステムに様々な名称をつけて技術を競い合っている。中でもスバルが業界に先駆けて実用化したのが運転支援システム「アイサイト」だ。車や人との距離を計測して衝突を防ぎ、高速道路の走行時に先行車についていく機能が大きな特徴だったが、今回、その改良版が公開された。ハンドルアシストの範囲が時速0〜120kmまでに拡大され、渋滞に対応できるようになったという。改良版はこの夏発表予定の新型車を皮切りに、全車種で標準装備にしていく予定だ。性能を高める一方で、新システムの価格上昇分を数万円程度に抑えるとしている。だが、ライバルもこの分野に力を入れる。日産は前の車に追従するシステム搭載の新型「セレナ」がヒット。システムはオプションで24万円を超えるが購入者の半数以上が取り付けている。また、トヨタやマツダも今後、運転支援システムを標準装備にする予定だ。こうした中、スバルが大切にしているのは「運転中の感覚」だという。取材した大浜は「油断させない技術にも需要がある」とコメントした。