ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「日銀」の検索結果

「日銀」に関連する情報 16106件中 1〜10件目

日銀

11年ぶりの高い水準となる。日銀が発表した、12月の短観(全国企業短期経済観測調査)によると、大企業のうち、製造業の「業況判断」指数は「+25」と、前回9月の調査に比べ、3ポイント上昇した。改善は、5期連続で、情報や自動車関連が堅調だという。一方、先行きは、大企業の製造業が「+19」と、5期連続で悪化した。景気が良いと企業の割合から悪いと答えた企業の割合を差し引いた業況判断指数はプラス25となっており、リーマンショック以前の11年ぶりの高水準。


日銀

来週の経済について、「シャンシャン一般公開」「金融政策決定会合」など紹介。高田創は日銀短観など先行きの副作用に注目だとし、黒田総裁は再任ではないかと話した。


王将

来週の経済について、「シャンシャン一般公開」「金融政策決定会合」など紹介。高田創は日銀短観など先行きの副作用に注目だとし、黒田総裁は再任ではないかと話した。


東レ

12月の日銀短観は海外向けの輸出が好調だったことなどから大企業の製造業で3ポイント改善し、プラス25となった。前回調査を上回るのは5四半期連続で2006年12月以来、11年ぶりの高水準になっている。景気の先行きについては人件費が増加していることなどから大企業も中小企業も悪化している。


神戸製鋼

12月の日銀短観は海外向けの輸出が好調だったことなどから大企業の製造業で3ポイント改善し、プラス25となった。前回調査を上回るのは5四半期連続で2006年12月以来、11年ぶりの高水準になっている。景気の先行きについては人件費が増加していることなどから大企業も中小企業も悪化している。


日銀

日銀は今日、12月の短観を発表し、企業の景況感を示す業況判断指数は大企業製造業で前回9月から3ポイント改善し、プラス25となった。2006年12月以来の高水準で、5期連続のプラス。自動車やIT企業関連の設備投資が伸びたことや、非鉄金属の価格改善がプラス要因となった。しかし3ヵ月後の先行きについては、北朝鮮情勢や人件費増加でプラス19と慎重な見通しとなっている。


日本銀行

日本銀行がきょう発表した日銀短観で、大企業の製造業の景気認識は5期連続で改善した。指標ではプラス25となり、前回9月の調査から3ポイント上がった。改善は5期連続で11年ぶりの高水準となっている。大企業の非製造業はプラス23と横ばいだった。


日銀

日銀が企業を対象に行った調査で大企業・製造業の景況感が5期連続の改善。リーマンショック前の2006年12月以来、11年ぶりの高水準。


日銀

日銀の短観によると、代表的な指標である大企業の製造業の景気判断が、リーマン・ショック前の2006年12月以来、11年ぶりの高水準となった。


自動車

日銀短観によれば大企業製造業の業況判断指数はプラス25で、2006年12月以来11年ぶりの高水準となった。自動車やIT企業関連の設備投資が伸びたことや、非鉄金属の価格が改善されたことがプラス要因となった。しかし3ヶ月後の先行きについては緊迫する北朝鮮情勢への懸念や人件費の増加などへの警戒感からプラス19と慎重な見通しとなっている。