ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「日銀」の検索結果

「日銀」に関連する情報 15810件中 1〜10件目

日銀

平野さんは「スタートは9月11日の270円が見えてきている。各シンクタンクも今、目標値をどう上げて良いかと分からない状態になっている。外国人投資家の売買動向が変わってきている。選挙後に下げるという意見が多いので、この火曜日・水曜日に売りがでる可能性がある。」等とコメントした。日経平均株価は今日で11日連続の上昇となっている。


日銀

日米の中央銀行トップが参加する討論会が15日ワシントンで開かれた。ここでFRBのイエレン議長は利上げ継続の方針を表明。イエレン議長は「物価は来年は高まるだろう」とし「2〜3年は緩やかに金利を引き上げるのが適切」とした。一方日銀の黒田総裁は「物価上昇率2%の実現にはなお距離がある」「強力な金融緩和を粘り強く続ける」とした。


日銀

日米の中銀トップが参加する討論会が15日にワシントンで開催。FRB・イエレン議長は「物価上昇の低迷は一時的。来年は高まるだろう。今後2〜3年は緩やかに金利を引き上げるのが適切だ」と述べ、利上げを継続する方針を示した。日銀・黒田総裁は「物価上昇率2%の目標実現にはなお距離があるが、できるだけ早期に実現するため強力な金融緩和を粘り強く続ける」と述べた。


日銀

日銀の黒田総裁は物価上昇率2%の目標を実現するため、強力な金融緩和を粘り強く続けると述べた。


日銀

G20閉幕が閉幕。世界経済が安定成長にあることを確認した一方、複数の国が北朝鮮などの地政学的リスクをあげ、協調して対処をすることを確認した。日銀・黒田総裁は、日米で続く株価上昇などは現時点ではバブルの懸念はないとの認識を示した。


日銀

G20閉幕が閉幕。世界経済が安定成長にあることを確認した一方、複数の国が北朝鮮などの地政学的リスクをあげ、協調して対処をすることを確認。また欧米の金融緩和縮小が混乱招かないよう連携する方針。日銀 黒田総裁は、日米で続く株価上昇などは現時点ではバブルの懸念はないとの認識。


日銀

日銀が綿絵を公開した。今回は46点が国内初公開になった。その中に、不景気を現す絵があり、物価が落ちていくのを表現していた。しかし、歌舞伎役者だけは不景気でも高級取りだったという。


貨幣博物館

日銀が幕末〜明治の綿絵を公開。西南戦争の後のインフレを風刺した絵になっている。幕末〜明治期の経済状況を反映した錦絵が46点あり、日本初公開の作品もある。


日本銀行

日銀が幕末〜明治の綿絵を公開。西南戦争の後のインフレを風刺した絵になっている。幕末〜明治期の経済状況を反映した錦絵が46点あり、日本初公開の作品もある。


日銀

加藤出さんはIMFのラガルドさんが「今こそ屋根を直す時」と言い構造改革を訴えたのに対して、日本も財政再建や消費税先送 熱感があるわけでもなく、北朝鮮情勢やアメリカの政策もあるが、日本は収益力を高めているので、リスク要因を顕在化しない限り上値を追い求めていけるとしている。また、日銀のETFについて加藤さんは今縮小しないでいつやるのかと述べていた。