ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「日銀」の検索結果

「日銀」に関連する情報 17411件中 1〜10件目

日銀

金融機関の環境が厳しくなったのはアベノミクスで金融緩和をした結果、日銀が金利が減ったため。銀行業務を行う金融機関は預金した人が一気に引き出そうとしてお金がなくならないように日銀にお金を預けていた。特に地方銀行や信用金庫は預金より融資額が多いため日銀に預け利子が大事な収入源だった。しかし、マイナス金利になったため銀行が日銀に預けなくなり、色んな人に預けようとしたが借り手が少ないため銀行の収入源が減った。


日銀

安倍政権は総裁選でこれまでの経済成長などの実績を訴えた。しかしその裏で国民との約束を果たせていない数字もある。金融緩和やアベノミクスで物価2%上昇や、デフレ脱却を目指してきたが、消費者物価上昇率は2%を達成していない。国の借金は178兆円増加し883兆円に。消費税10%への引き上げは2度先送りに。外構でも拉致問題の解決には展望が開けず。政権発足から2日後、安倍総理は拉致被害者家族と面会し、最高責任者であるうちに解決したい意志を示したが、日朝首脳会談は未だ実現していない。働き方改革など看板政策はすべて道半ば。安倍総理の任期はあと3年。


日本銀行

安倍総理が先週、次の任期中に大規模な金融緩和を縮小する「出口戦略」へ道筋をつける考えを示したことについて、日銀の黒田総裁は“緩和縮小は2%の物価上昇目標の達成後”として、それまでは現在の緩和策を続ける考えを強調した。一方、この夏に相次いだ自然災害による経済への影響は「一時的なものにとどまる」としつつ、外国人観光客を対象とした観光業など地域経済への影響については「十分に注視していく必要がある」と指摘。


日銀

きょうの経済視点 プロのこだわり。内田さんは「自民、日銀両総裁の任期のズレ。今日は自民党総裁選で安倍総理が3選確実と言われてるが、自民党の任期は2021年9月。日銀総裁の任期は2023年4月までなので、黒田総裁のどこかで首相がかわる。政府と日銀は共同宣言だしてるが、黒田総裁の次の任期の中で金融緩和の曲がり角は避けられないと言えると思う」と言い、加藤さんは「日銀の緩和策の副作用対策は7月に少しやったが部分的なので安倍さんも再任となるなら、ここから先アベノミクスの弊害の部分にも目を向けてやっていかないと」などと話した。


日銀

テーマは「安倍総理”出口発言”で日銀は変わるのか?」。加藤さんは「その流れを続けていけば総理在任中に出口に行けるような経済環境になるようにもっていきたいというような事を力説されていて、さぁ出ていいよと言っているわけではないですよね。日銀の次の一手の副作用対策の利上げと思われますが、それが首相発言で変わることは無いと思います」などと述べた。加えて加藤さんは「(総理は)インフレ目標は数値として目指していくんだけれども、大事なのは雇用を良くすることだと。景気を良くするのが大事なんだという言い方をしています。2%というインフレ目標事態にはあまりこだわっていないように見えます。だとすると、日銀も緩和のしすぎの副作用を調整するという意味ではインフレ2%いってなくても、少し副作用対策したいんですと言えばどっかで認められるタイミングは出てくるかと思います」と伝えた。日銀の判断に影響を与える要因として、統一地方選挙や消費税率引き上げなどをあげた。加藤さんは「オーソドックスに考えると19年の12月、来年の年末ばさみぐらいでしょうけども。そこまで引っ張ればその時世界経済が強ければ、日銀がマイナス金利の解除と長期金利の引き上げ、両方同時にやってくれる可能性も出てきます。一方でもっと前倒しなる可能性もなくはない」などと説明した。


日銀

NEXT、緩和策の「出口」はいつ?


日銀

日銀の黒田総裁は政策修正の効果は「評価するには性急とし、現状の緩和策を粘り強く継続する考えを示した。


日本銀行

日本銀行の大規模な金融緩和策をめぐり、安倍総理が縮小する可能性に言及したことについて、日銀の黒田総裁は、2%の物価上昇を達成するまで今の緩和策を続けていく考えを強調した。


日本銀行

日本銀行の大規模な金融緩和策をめぐり、安倍総理が縮小する可能性に言及したことについて、日銀の黒田総裁は、2%の物価上昇を達成するまで今の緩和策を続けていく考えを強調した。


日本銀行

日本銀行の大規模な金融緩和策をめぐり、安倍総理が縮小する可能性に言及したことについて、日銀の黒田総裁は、2%の物価上昇を達成するまで今の緩和策を続けていく考えを強調した。