ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「日銀」の検索結果

「日銀」に関連する情報 16813件中 1〜10件目

日銀

総務省が発表した4月の全国消費者物価指数は、変動の大きい生鮮食品を除いた指数が100.9で、前年同月比で0.7%上昇し、16ヶ月連続でプラスとなった。エネルギー価格の値上がりなどが主な要因だが、上昇幅は2ヶ月連続で前月を下回っており、日銀が目指す2%には遠い状況が続いている。


日銀

井上氏は、中央銀行がモードチェンジし始めているが市場が追いついていかないとのべた。日銀が先日2%の達成時期を削除したことについては、個人的には対話の正常化という意味ではステップを踏んだ一環だったとのべ、正常化には距離があるが対話の正常化は出来てきたなどとのべた。


日銀

きょうの経済視点 プロのこだわり:新村さん「逆を考える」到るところで原油価格どこまで上がるんですかと聞かれるが、原油が上がることへの対応は粛々と対応するしかない。原油が上がるときというのは、下がるリスクを回避することがコストが安くなるので今目先にとらわれるのでなく、逆に振れたときのリスクを考えておいたほうが良いという。杉原さん「日銀の懸念」根強い海外勢の日銀のテーパリング懸念が残っているが昨日のGDPを消化してマイナス成長になったけど、テーパリングをうたっている海外投資家からするとマイナス成長の国でなぜ金利を引き上げるのかということで理論が成り立たなくなるという。4月のCPAも出るが若干下振れるのではないかと見ているので海外勢の根強い懸念が払拭されて株価にはポジティブなのではないかと思っているという。4月から6月回復するとみているという。


三井住友フィナンシャルグループ

先月就任したばかりのみずほフィナンシャルグループ・坂井辰史社長にとっては厳しいふなでとなった。日銀のマイナス金利政策の長期化で主軸となる銀行業での儲けは減り続ける一方、みずほフィナンシャルグループは26年度までに従業員1万9000人を削減すると発表している。大規模な構造改革に踏み切りには、みずほだけではなくメガバンク3行は合わせて3万人分の業務量削減を計画している。また、三菱UFJ銀行と三井住友銀行がATMの共通化を検討していることうを明らかにした。


三菱UFJフィナンシャル・グループ

先月就任したばかりのみずほフィナンシャルグループ・坂井辰史社長にとっては厳しいふなでとなった。日銀のマイナス金利政策の長期化で主軸となる銀行業での儲けは減り続ける一方、みずほフィナンシャルグループは26年度までに従業員1万9000人を削減すると発表している。大規模な構造改革に踏み切りには、みずほだけではなくメガバンク3行は合わせて3万人分の業務量削減を計画している。また、三菱UFJ銀行と三井住友銀行がATMの共通化を検討していることうを明らかにした。


日銀

先月就任したばかりのみずほフィナンシャルグループ・坂井辰史社長にとっては厳しいふなでとなった。日銀のマイナス金利政策の長期化で主軸となる銀行業での儲けは減り続ける一方、みずほフィナンシャルグループは26年度までに従業員1万9000人を削減すると発表している。大規模な構造改革に踏み切りには、みずほだけではなくメガバンク3行は合わせて3万人分の業務量削減を計画している。また、三菱UFJ銀行と三井住友銀行がATMの共通化を検討していることうを明らかにした。


みずほフィナンシャルグループ

先月就任したばかりのみずほフィナンシャルグループ・坂井辰史社長にとっては厳しいふなでとなった。日銀のマイナス金利政策の長期化で主軸となる銀行業での儲けは減り続ける一方、みずほフィナンシャルグループは26年度までに従業員1万9000人を削減すると発表している。大規模な構造改革に踏み切りには、みずほだけではなくメガバンク3行は合わせて3万人分の業務量削減を計画している。また、三菱UFJ銀行と三井住友銀行がATMの共通化を検討していることうを明らかにした。


三井住友銀行

メガバンク3つの2018年3月期の決算が出揃った。三菱UFJ銀行の純利益は9869億円、三井住友銀行は7373億円と前の年に比べて増益だったが、みずほ銀行は5765億円で減益となり明暗が分かれる結果となった。実質業務純益では、メガバンク3つとも減益しており厳しい結果となっている。

先月就任したばかりのみずほフィナンシャルグループ・坂井辰史社長にとっては厳しいふなでとなった。日銀のマイナス金利政策の長期化で主軸となる銀行業での儲けは減り続ける一方、みずほフィナンシャルグループは26年度までに従業員1万9000人を削減すると発表している。大規模な構造改革に踏み切りには、みずほだけではなくメガバンク3行は合わせて3万人分の業務量削減を計画している。また、三菱UFJ銀行と三井住友銀行がATMの共通化を検討していることうを明らかにした。

現役銀行員に本音を聞いた。メガバンクに勤務するAさんはみずほ銀行の10年で1万9000人分の業務量削減について「数字が刺激的すぎてイメージが沸かなかった」「(安定感はなくなっている?)個人的にはそう感じていない」と語った。みずほ銀行はテレビ電話を使った窓口の設置や伝票の入力作業の自動化の実験などAIへの移行を検討しており、Aさんは「自分の仕事がなくならないかという危機感はあります」と語った。


三菱UFJ銀行

メガバンク3つの2018年3月期の決算が出揃った。三菱UFJ銀行の純利益は9869億円、三井住友銀行は7373億円と前の年に比べて増益だったが、みずほ銀行は5765億円で減益となり明暗が分かれる結果となった。実質業務純益では、メガバンク3つとも減益しており厳しい結果となっている。

先月就任したばかりのみずほフィナンシャルグループ・坂井辰史社長にとっては厳しいふなでとなった。日銀のマイナス金利政策の長期化で主軸となる銀行業での儲けは減り続ける一方、みずほフィナンシャルグループは26年度までに従業員1万9000人を削減すると発表している。大規模な構造改革に踏み切りには、みずほだけではなくメガバンク3行は合わせて3万人分の業務量削減を計画している。また、三菱UFJ銀行と三井住友銀行がATMの共通化を検討していることうを明らかにした。

現役銀行員に本音を聞いた。メガバンクに勤務するAさんはみずほ銀行の10年で1万9000人分の業務量削減について「数字が刺激的すぎてイメージが沸かなかった」「(安定感はなくなっている?)個人的にはそう感じていない」と語った。みずほ銀行はテレビ電話を使った窓口の設置や伝票の入力作業の自動化の実験などAIへの移行を検討しており、Aさんは「自分の仕事がなくならないかという危機感はあります」と語った。


日銀

加藤出が日銀マネタリーベースについて解説。5年前に今の緩和を始めた時に2年で260兆円までにマネタリーベースをするとインフレが2%になると宣言して始めたが、現在は500兆円に近づいているが、一番重要なインフレは0.5%程度。前年比伸び率は鈍化。一番の理由は日銀の国債買い入れが減ってきている影響。国債買い入れで日銀保有額の増加が減ってきているが、日本の長期金利が上がっていない。米FRBや欧ECBが国債の買い入れを減らしてきた過程では金利の上昇を許容しながらやってきたが、日本の場合は金利が上がらない範囲内でしか国債買い入れを減らしていない。逆に言うと市場に国債があまり残っていないので、減らしても金利が上がらない。金利上がらないということは引き締めになっていない。日銀当座預金がマイナス金利適用部分、ゼロ金利部分、プラス金利適用部分の3つに分かれるが、この2年間ではゼロ金利適用部分がもっぱら増えている。マイナス金利環境下ではゼロ金利運用は銀行にとって良い運用になっている。市場からマイナス金利のお金を借り、日銀のゼロ金利の部分に預けると薄いものの利ざやは取れる。日銀に預けられたお金に緩和効果が出ることは全く無く、いまのマイナス金利の金利の枠組みをやっている限りはマネタリーベース増加というものには基本的に景気にとって影響ない。マネタリーベースでも日銀がまだ意義を認めているかのような誤解を呼びやすい。日銀もいまはそこは意味がないと本音で思っていて、そこを整理することが本来は望まれる。