ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「早稲田大学」の検索結果

「早稲田大学」に関連する情報 16584件中 1〜10件目

早稲田大学

杉山明美が告げられた病名は低血糖症。体内のタンパク質や鉄分が不足、脳に栄養がいかず自律神経に不調をきたす病。症状は一般的な”うつ病”とにており、専門家によると糖質・炭水化物に偏った食事を続けると起こりやすい。うつ病とは違い明確な治療法があり、多くのタンパク質を摂取することで改善する。杉山の場合はとにかくレバーを食べ、1年後には症状が改善した。そして現在は法政大学の講師に就任、分子栄養学について教えている。


早稲田大学

バージニア州で白人至上主義と反対派が争い巻き込まれた女性の追悼式が開かれた。母親は黙らせるために殺したが娘の存在は大きくなったとした。南北戦争で奴隷制度を擁護した南軍兵士の像を撤去することなどが原因だ。メリーランド州では南軍司令官の像を夜のうちに撤去した。 事件をめぐり白人至上主義を擁護していると言われるトランプは双方に責任があるとし反発を受けている。専門家は長年多様性を推進して差別をなくしていこうと努力してきたのがアメリカ。それを否定するような発言は分断を深めるとした。


早稲田大学

トレイルランナーの新星・上田瑠偉。若手では群を抜く実力で、世界を舞台に活躍している。高校3年間は怪我との戦いで、未来を見いだせない日々が続いた。大学時代は、フルマラソンを含め、多くの競技に参加した。自然を楽しみ、走ることに楽しむ。それが今の成果につながっている。「世界に負けない自信をもつ」、それが上田選手のみらのつくりかた


「早稲田大学」に関連するイベント情報

日本学生個人選手権

小林快選手(24)の陸上人生についてトークを展開した。園原健弘が小林選手の成績について「これもチームジャパン。過去の選手の実績も彼に乗っかってのこの結果なので、そういった意味で本当にチーム力の勝利」など話した。またテリー伊藤が「いきなり競歩始めるってないですもんね」など話し、園原さんが「今後は小林くんの活躍を見て競歩をやるぞって子が増えてくると思うんですがね」など話した。堀尾正明が「性格で言うと浮いてる性格はあるんですか?」など話し、園原さんが「小林くんのように自分で全てを切り拓いていっていますよね。レールの上に乗ったというか、競歩は自分でマネジメントしますので、気持ちが前向きでコツコツ積み上げることが大事」など話した。そして小林選手が早稲田大学時代の葛藤について「今でも走るほうが好きなんですが、”競歩で良かった?”と聞かれると”良かった”とまでは言えないが、やはり競歩でも芽が出始めて”良かった”かなとようやく思い始めたきっかけになったのが日本学生個人選手権かなと」など話した。


早稲田大学

小林快選手(24)の陸上人生についてトークを展開した。園原健弘が小林選手の成績について「これもチームジャパン。過去の選手の実績も彼に乗っかってのこの結果なので、そういった意味で本当にチーム力の勝利」など話した。またテリー伊藤が「いきなり競歩始めるってないですもんね」など話し、園原さんが「今後は小林くんの活躍を見て競歩をやるぞって子が増えてくると思うんですがね」など話した。堀尾正明が「性格で言うと浮いてる性格はあるんですか?」など話し、園原さんが「小林くんのように自分で全てを切り拓いていっていますよね。レールの上に乗ったというか、競歩は自分でマネジメントしますので、気持ちが前向きでコツコツ積み上げることが大事」など話した。そして小林選手が早稲田大学時代の葛藤について「今でも走るほうが好きなんですが、”競歩で良かった?”と聞かれると”良かった”とまでは言えないが、やはり競歩でも芽が出始めて”良かった”かなとようやく思い始めたきっかけになったのが日本学生個人選手権かなと」など話した。


「早稲田大学」に関連するイベント情報

全日本50km競歩高畠大会

その後、早稲田大学に進学。箱根駅伝を目指した。しかし、記録が伸びなかった。マネージャーになるか、競歩の選手になるか、やめるか、選択を迫られた。世界陸上モスクワ大会で、ライバルだった西塔拓己選手が6位に入賞した。これが刺激になったという。世界陸上の選考を兼ねて行われた全日本50km競歩高畠大会では、初優勝し日本歴代4位の記録を出した。


愛知製鋼

その後、早稲田大学に進学。箱根駅伝を目指した。しかし、記録が伸びなかった。マネージャーになるか、競歩の選手になるか、やめるか、選択を迫られた。世界陸上モスクワ大会で、ライバルだった西塔拓己選手が6位に入賞した。これが刺激になったという。世界陸上の選考を兼ねて行われた全日本50km競歩高畠大会では、初優勝し日本歴代4位の記録を出した。


セルフウィング

日本流の理科の実験を輸出しようという取り組みが始まっている。ベトナムのダナンにある中学校では、白衣を来た生徒達が日本の浄水器で実験をしていた。理系の研修者を増やそうとしているベトナムでリバネスは出前授業をしている。この日行われた実験のテーマは「水をキレイにする」。汚れた水に貝殻ペプチドを入れて振ると、汚れと水が分離した。ベトナムでは川や海の汚染が全国的な問題となっている。あえて近所の汚れた水を使用して実験した。 実験の目的は「理科で世の中の問題を解決できる」こと。ベトナムはこれまで海外企業から生産のための拠点とされてきた。今は生産国から次の段階に移行するため、理系人材を育てるニーズが高まっている。ダナン越日文化交流フェスティバルの一角に、藤田さんの姿があった。実験教室のPRをしていた。ダナン市教育学園都市構想コンソーシアムでは、教育関連事業でベトナム進出を目指す約20社の日本企業が参加している。リバネスもその一社。セルフウィングの社長はダナン市教育訓練局に支援要請をした。グエン氏はベトナムと日本の間には、文化の共通点や友好関係、経済協力関係があるため、日本の教育から学ぶことが最も近道だと考えているとのこと。


早稲田大学

佐藤ADは早稲田大学を卒業後、就職せずにフリーターとして全国を旅していた。27歳でテレビ業界に就職したが、親御さんには心配をかけたようで「内心はどういう風に生きていくのか、聞きたいと思っていた」と話していた。


大網白里市ひまわり畑

アラサーADの佐藤雄豪さんが地元で昼めし旅を行う。早稲田大学出身で3年前に27歳でテレビ業界に飛び込んだ。故郷は千葉・大網白里市、帰省は2年ぶりだという。まずは実家に向かって歩いているとひまわり畑を発見、1万ヘクタールほどの土地に約1万本が咲き誇っていた。その後、佐藤ADは2年ぶりの実家へ向かった。