ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「早稲田大学」の検索結果

「早稲田大学」に関連する情報 18081件中 1〜10件目

早稲田大学

一方、馬場さんはバレー部で青春を過ごし早稲田大学を卒業後にコンサルタントの仕事をしたいと思っていたが練習で受けた日本テレビ採用試験に合格しアナウンサーとしてのキャリアをスタートした。当時はアナウンサーを目指していなかったので、周りもジャイアント馬場のコネで入ったと思っていたという。その頃、市川さんは世界に存在する言語の成り立ちには様々な根拠があるということに興味を持ち日本語講師を辞め、インディアナ大学の大学院に進学し、その後は現在のコーネル大学に就職した。自分も先生に多く助けられたので、その恩返しじゃないか、もう少しの子を引き上げたいと熱く語った。そんな佐保子さんのプライベートとは?


コーネル大学

東京藝大に進学し、邦楽や尺八を学んだ市川佐保子さんと待ち合わせするためスタッフは成田空港へ向かい、そこから飛行機に乗り到着したのはアメリカ・ニューヨーク州イサカ。広大な広場で市川佐保子待ち合わせした。そこから市川さんが何をしているか、市川さん案内の元、仕事の場所に向かうとコーネル大学で日本語を教えているという。もちろんアメリカでやっているので、普段は英語で、また中国の方には独学で覚えた中国語で会話するという。生徒達は「大学で一番おもしろい授業」だと絶賛。そんな市川先生だが、なぜ東京藝大に尺八を学んで、コーネル大学で日本語講師になったのか?

個性あふれる市川さんの人生を馬場典子さんの経歴と共にプレイバック。市川さんは制服もなく自立心を育む教育方針に魅力を感じ女子学院に入学。中学3年生の時に尺八奏者の人と出会い、その音に人間らしさを感じのめり込んでいく。そして東京藝大に進学したが、自分は下手だったのでプロになることは考えていなかったという。そして次にのめり込んだのが、アメリカに留学した頃の楽しさが忘れられずアメリカに行きたい!と思い立ち、日本語の教え方を学ぶプログラムを受講し23歳の頃から講師として働き始める。


イサカ大学

東京藝大に進学し、邦楽や尺八を学んだ市川佐保子さんと待ち合わせするためスタッフは成田空港へ向かい、そこから飛行機に乗り到着したのはアメリカ・ニューヨーク州イサカ。広大な広場で市川佐保子待ち合わせした。そこから市川さんが何をしているか、市川さん案内の元、仕事の場所に向かうとコーネル大学で日本語を教えているという。もちろんアメリカでやっているので、普段は英語で、また中国の方には独学で覚えた中国語で会話するという。生徒達は「大学で一番おもしろい授業」だと絶賛。そんな市川先生だが、なぜ東京藝大に尺八を学んで、コーネル大学で日本語講師になったのか?


東京藝大

続いては超名門女子学院出身元日テレアナの馬場典子さんのあいつ今何してる?を紹介。馬場さんは女子御三家の一つと言われる超名門私立の私立女子学院出身。女子学院は自由な校風で、同級生には膳場貴子さんや辛酸なめ子さんと幅広い。そんな個性派才女が揃う学院の中でも特に個性を放つ同級生が、東京藝大に行った市川佐保子さん。東大よりも難関と言われる東京藝大に進学し、邦楽や尺八を学んだ市川佐保子さん今何してる?

東京藝大に進学し、邦楽や尺八を学んだ市川佐保子さんと待ち合わせするためスタッフは成田空港へ向かい、そこから飛行機に乗り到着したのはアメリカ・ニューヨーク州イサカ。広大な広場で市川佐保子待ち合わせした。そこから市川さんが何をしているか、市川さん案内の元、仕事の場所に向かうとコーネル大学で日本語を教えているという。もちろんアメリカでやっているので、普段は英語で、また中国の方には独学で覚えた中国語で会話するという。生徒達は「大学で一番おもしろい授業」だと絶賛。そんな市川先生だが、なぜ東京藝大に尺八を学んで、コーネル大学で日本語講師になったのか?

個性あふれる市川さんの人生を馬場典子さんの経歴と共にプレイバック。市川さんは制服もなく自立心を育む教育方針に魅力を感じ女子学院に入学。中学3年生の時に尺八奏者の人と出会い、その音に人間らしさを感じのめり込んでいく。そして東京藝大に進学したが、自分は下手だったのでプロになることは考えていなかったという。そして次にのめり込んだのが、アメリカに留学した頃の楽しさが忘れられずアメリカに行きたい!と思い立ち、日本語の教え方を学ぶプログラムを受講し23歳の頃から講師として働き始める。

一方、馬場さんはバレー部で青春を過ごし早稲田大学を卒業後にコンサルタントの仕事をしたいと思っていたが練習で受けた日本テレビ採用試験に合格しアナウンサーとしてのキャリアをスタートした。当時はアナウンサーを目指していなかったので、周りもジャイアント馬場のコネで入ったと思っていたという。その頃、市川さんは世界に存在する言語の成り立ちには様々な根拠があるということに興味を持ち日本語講師を辞め、インディアナ大学の大学院に進学し、その後は現在のコーネル大学に就職した。自分も先生に多く助けられたので、その恩返しじゃないか、もう少しの子を引き上げたいと熱く語った。そんな佐保子さんのプライベートとは?


私立女子学院出身

続いては超名門女子学院出身元日テレアナの馬場典子さんのあいつ今何してる?を紹介。馬場さんは女子御三家の一つと言われる超名門私立の私立女子学院出身。女子学院は自由な校風で、同級生には膳場貴子さんや辛酸なめ子さんと幅広い。そんな個性派才女が揃う学院の中でも特に個性を放つ同級生が、東京藝大に行った市川佐保子さん。東大よりも難関と言われる東京藝大に進学し、邦楽や尺八を学んだ市川佐保子さん今何してる?

東京藝大に進学し、邦楽や尺八を学んだ市川佐保子さんと待ち合わせするためスタッフは成田空港へ向かい、そこから飛行機に乗り到着したのはアメリカ・ニューヨーク州イサカ。広大な広場で市川佐保子待ち合わせした。そこから市川さんが何をしているか、市川さん案内の元、仕事の場所に向かうとコーネル大学で日本語を教えているという。もちろんアメリカでやっているので、普段は英語で、また中国の方には独学で覚えた中国語で会話するという。生徒達は「大学で一番おもしろい授業」だと絶賛。そんな市川先生だが、なぜ東京藝大に尺八を学んで、コーネル大学で日本語講師になったのか?

個性あふれる市川さんの人生を馬場典子さんの経歴と共にプレイバック。市川さんは制服もなく自立心を育む教育方針に魅力を感じ女子学院に入学。中学3年生の時に尺八奏者の人と出会い、その音に人間らしさを感じのめり込んでいく。そして東京藝大に進学したが、自分は下手だったのでプロになることは考えていなかったという。そして次にのめり込んだのが、アメリカに留学した頃の楽しさが忘れられずアメリカに行きたい!と思い立ち、日本語の教え方を学ぶプログラムを受講し23歳の頃から講師として働き始める。

一方、馬場さんはバレー部で青春を過ごし早稲田大学を卒業後にコンサルタントの仕事をしたいと思っていたが練習で受けた日本テレビ採用試験に合格しアナウンサーとしてのキャリアをスタートした。当時はアナウンサーを目指していなかったので、周りもジャイアント馬場のコネで入ったと思っていたという。その頃、市川さんは世界に存在する言語の成り立ちには様々な根拠があるということに興味を持ち日本語講師を辞め、インディアナ大学の大学院に進学し、その後は現在のコーネル大学に就職した。自分も先生に多く助けられたので、その恩返しじゃないか、もう少しの子を引き上げたいと熱く語った。そんな佐保子さんのプライベートとは?


「早稲田大学」に関連する本・コミック・雑誌

西野監督の早稲田大学時代、西野氏目当てで女性が殺到。ケガで退場になったときは女性が帰ってスタンドが閑古鳥になったことも。同学年でサッカー部だった浦和高校出身の堀尾さんは、西野氏について「乱闘の仲裁に入るようなクールな男」と振り返っていた。そして西野監督の服装はスラックスにシャツだったが、スーツ姿で出たのは”マイアミの奇跡”の当日だった。ジャージで行こうとした際、「世界のザガロ監督に失礼」と思い、スーツで出かけたとのこと。また、験担ぎとして、勝利が続いているスーツはクリーニングに出さないとも言っていた。上司としての西野監督は”選手を知る”ことを大事にしており、例えばイヤホンで選手が何かを聴いていると、片方を自分の耳に入れて、同じ音楽を聴く。これにより、パーソナリティについて新たな発見ができる。カップルがやるような行為だが、スタジオで「西野監督だからこそスマートに出来る」と納得。

西野監督のハーフタイム中の振る舞いについて。試合後のインタビューで「ハーフタイムでの修正力・対応力がコロンビアを上回った」と語った西野監督だった。西野監督は著書で、ハーフタイムでは選手をあまり褒めない代わり、”悪くないよ”という言葉を使うと書いていた。試合がよかったときは”そんなに悪くないよ”、試合が不満なときは自分を抑え、”決して悪くないよ”と使い分けていた。最後に、”日本代表にはこの勢いのままで戦ってもらいたい”と締めた。(会社名の訂正:(誤)日本スポーツ出版社→(正)日本スポーツ企画出版社)

「勝利のルーティーン 常勝軍団を作る、「習慣化」のチームマネジメント」

Amazon.co.jp


浦和西高校

西野監督の早稲田大学時代、西野氏目当てで女性が殺到。ケガで退場になったときは女性が帰ってスタンドが閑古鳥になったことも。同学年でサッカー部だった浦和高校出身の堀尾さんは、西野氏について「乱闘の仲裁に入るようなクールな男」と振り返っていた。そして西野監督の服装はスラックスにシャツだったが、スーツ姿で出たのは”マイアミの奇跡”の当日だった。ジャージで行こうとした際、「世界のザガロ監督に失礼」と思い、スーツで出かけたとのこと。また、験担ぎとして、勝利が続いているスーツはクリーニングに出さないとも言っていた。上司としての西野監督は”選手を知る”ことを大事にしており、例えばイヤホンで選手が何かを聴いていると、片方を自分の耳に入れて、同じ音楽を聴く。これにより、パーソナリティについて新たな発見ができる。カップルがやるような行為だが、スタジオで「西野監督だからこそスマートに出来る」と納得。


浦和高校

西野監督の早稲田大学時代、西野氏目当てで女性が殺到。ケガで退場になったときは女性が帰ってスタンドが閑古鳥になったことも。同学年でサッカー部だった浦和高校出身の堀尾さんは、西野氏について「乱闘の仲裁に入るようなクールな男」と振り返っていた。そして西野監督の服装はスラックスにシャツだったが、スーツ姿で出たのは”マイアミの奇跡”の当日だった。ジャージで行こうとした際、「世界のザガロ監督に失礼」と思い、スーツで出かけたとのこと。また、験担ぎとして、勝利が続いているスーツはクリーニングに出さないとも言っていた。上司としての西野監督は”選手を知る”ことを大事にしており、例えばイヤホンで選手が何かを聴いていると、片方を自分の耳に入れて、同じ音楽を聴く。これにより、パーソナリティについて新たな発見ができる。カップルがやるような行為だが、スタジオで「西野監督だからこそスマートに出来る」と納得。


早稲田大学

長身でダンディーな西野朗監督の人気が上昇中。西野朗監督が早稲田大学で活躍中の1976年の写真には、長い髪をなびかせてピッチに立つ姿があった。試合中、相手選手が西野監督にファウルすると、女性ファンが激怒したという。さらに、バレンタインデーになると、ダンボール箱いっぱいのチョコレートをもらっていたという。

西野監督の早稲田大学時代、西野氏目当てで女性が殺到。ケガで退場になったときは女性が帰ってスタンドが閑古鳥になったことも。同学年でサッカー部だった浦和高校出身の堀尾さんは、西野氏について「乱闘の仲裁に入るようなクールな男」と振り返っていた。そして西野監督の服装はスラックスにシャツだったが、スーツ姿で出たのは”マイアミの奇跡”の当日だった。ジャージで行こうとした際、「世界のザガロ監督に失礼」と思い、スーツで出かけたとのこと。また、験担ぎとして、勝利が続いているスーツはクリーニングに出さないとも言っていた。上司としての西野監督は”選手を知る”ことを大事にしており、例えばイヤホンで選手が何かを聴いていると、片方を自分の耳に入れて、同じ音楽を聴く。これにより、パーソナリティについて新たな発見ができる。カップルがやるような行為だが、スタジオで「西野監督だからこそスマートに出来る」と納得。


早稲田大学ビジネススクール

この蠕動運動ロボットの将来性について3人の識者に話を聞いた。日経ものづくり編集長の山田さんは「同じ動きをひっくり返したらポンプかつ混ぜる機械として使える、このアイデアは本当に素晴らしい。材料を入れたら運びながら混ぜて、例えばギョーザを出すところとつなげば機会も一台ですむ。料理店で小型ギョーザロボットを置いて出来たてをすぐ焼ける、そういう夢も見られる」、早稲田大学ビジネススクール准教授の入山さんは「ミミズロボットの技術の潜在性は非常に高い。特に海底と月面は世界中でビッグビジネスになる可能性があるのでうまく売り込んでいけば成功するのでは」、エンジェル投資家の千葉さんは「生物のメカニズムからロボティクスへ活用するのはとても有用。ミミズから筋肉、さらに大腸へと応用研究から実用化へあと少しという印象」とそれぞれ述べている。