ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「早稲田大学」の検索結果

「早稲田大学」に関連する情報 17525件中 1〜10件目

早稲田大学

本日のゲストは元フジテレビアナウンサーの菊間千乃さん。幼いころからしっかり者で小学生のときには既にフジテレビのアナウンサーになることを決めていた。早稲田大学在学中にもテレビ関係でバイト、1995年フジテレビに入社した。33歳の時記者として法律の知識が欲しい、と法科大学院夜間コースに入学。当時の睡眠時間は3時間。司法試験に合格すべく2007年フジテレビを退社、1日16時間の猛勉強で見事合格。2011年弁護士になり現在は企業法務を専門にフジテレビの顧問弁護士として活躍している。


フジテレビ

本日のゲストは元フジテレビアナウンサーの菊間千乃さん。幼いころからしっかり者で小学生のときには既にフジテレビのアナウンサーになることを決めていた。早稲田大学在学中にもテレビ関係でバイト、1995年フジテレビに入社した。33歳の時記者として法律の知識が欲しい、と法科大学院夜間コースに入学。当時の睡眠時間は3時間。司法試験に合格すべく2007年フジテレビを退社、1日16時間の猛勉強で見事合格。2011年弁護士になり現在は企業法務を専門にフジテレビの顧問弁護士として活躍している。

菊間千乃さんの司法試験勉強時代は、3食コンビニで食べながら勉強、お風呂にも参考書を持ち込んでいた。フジテレビに弁護士として戻ってきたが、元上司に「菊間先生」と呼ばれて変な感じ、と話した。


早稲田大学

佐藤B作と角野卓造の昔の写真を公開。さらに角野卓造の年代別の写真も公開した。20代の角野を見た佐藤B作はこのお前好きだと話した。


早稲田大学

昨日、羽生結弦が獲得した金メダルは冬季五輪史上1000個目の金メダル。野村修也は、「ソチ五輪から4回転が当たり前になっているのに、それについていく王者はすごい。」とコメント。国際放送センターから中継。織田信成は、「昨日は感動した。後輩が金メダルを獲得したのはうれしい。」とコメント。間もなく羽生結弦と宇野昌磨が生出演する。


みずほ証券

2人の文無しの博士、黄木桐吾さん(トーゴ)と田巻富士夫さん(ジミー)は倉庫を改装した外よりも寒い環境で研究を行う。早稲田大学を卒業し、一流企業へ入社も5年で退社。研究資金3000万円を借りたという。


三菱重工

2人の文無しの博士、黄木桐吾さん(トーゴ)と田巻富士夫さん(ジミー)は倉庫を改装した外よりも寒い環境で研究を行う。早稲田大学を卒業し、一流企業へ入社も5年で退社。研究資金3000万円を借りたという。


早稲田大学

2人の文無しの博士、黄木桐吾さん(トーゴ)と田巻富士夫さん(ジミー)は倉庫を改装した外よりも寒い環境で研究を行う。早稲田大学を卒業し、一流企業へ入社も5年で退社。研究資金3000万円を借りたという。


早稲田大学

由梨恵が日本に帰国し暁斗との久しぶりの再会。甘い会話もなく、暁斗は僕が何か出来るわけじゃないので体調どう?などは聞かないといい、「他に考えた方がいいことがあるというのが僕の考え」などと話した。2人の出会いは大学のスキー部時代で、由梨恵から告白をした。今も互いを触発しながら競技を続け、暁斗は由梨恵を「弱気な努力家」と評価する。由梨恵は高校時代にアルペンをしていて、世界を目指していたが大学時代に壁に当たっていた。そんな時三星マナミの演技を見てハーフパイプに転向した。ソチ五輪でスキーハーフパイプが正式種目になり、両親からの資金援助を受けながら練習していた由梨恵だが、2013年に右膝前十字靱帯損傷という大怪我した。両親から結果が出なかったらお金は出さないと言われていたシーズンだったので、由梨恵はやめるしかないと思ったという。


早稲田大学

五輪連覇を達成した羽生結弦選手の半生を紹介。1994年12月7日に仙台市で生まれた羽生選手は4歳でスケートを始める。同じ仙台のリンクで練習していた荒川静香さんは憧れの存在で、12歳の時には「僕も仙台の人なのでオリンピックで男子初の金メダルをとりたいです」とコメントしていた。その後、2009年のジュニアGPファイナルで史上最年少優勝を飾り、2010年にシニアデビュー。2011年の東日本大震災では練習中に被災し、ホームリンクを失って精神的に追い詰められた。そうした苦しい状況の中で参加2年目のグランプリシリーズで初優勝。さらなる高みを目指した羽生選手はキム・ヨナ選手のコーチをしていたブライアン・オーサー氏に指導してもらいたいと、練習拠点をカナダに移す。スケーティングスキルを鍛え直し、2012年のグランプリファイナルで銀メダルを獲得。その後、演技後半にジャンプをもってくるための体力強化プログラムに取り組み、2013年にショートプログラムの歴代最高得点を記録。そして、2014年のソチ五輪で金メダルを獲得。10代で世界3大タイトルを完全制覇した。その後はアクシデントやけがを経験するも、史上初となるグランプリファイナル4連覇を成し遂げた。


早稲田大学

町工場の技術力を世界にアピールした浜野さんが新たに取り組んでいるのが、ものづくりのサポート。アイデアはあるが高額な機材が買えない学生に開発スペースやデジタル機器を安く提供している。これまで約1万人の学生が利用し革新的な発明が生まれている。遠隔コミュニケーションロボット「オリヒメ」は、1番最初に相談に来た吉藤健太朗さんが子どもたちが家族とか友達とのコミュニケーションができるようなロボットが作れないかということから生まれた。東京大学の学生だった清水さんは世界初羽根のない風力発電機「チャレナジー」を開発した。