ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「早稲田大学」の検索結果

「早稲田大学」に関連する情報 19017件中 1〜10件目

骨折

土曜日に行われたラグビー日本選手権の決勝。平尾誠二さんへの感謝を胸にピッチに立ったのは神戸製鋼の山中亮平。山中は東海大仰星で全国制覇を果たし、早稲田大学時代には日本代表にも選出された。しかし、神戸製鋼に入った直後の2011年にドーピング違反となり、ワールドカップ直前に2年間の資格停止処分となった。解雇の危機にあった山中を救ってくれたのが平尾さんだったという。山中は決勝の2週間前に左ほおを骨折。しかし、平尾さんに優勝を捧げようと強行出場した。山中は後半8分にトライをあげると、終了間際の後半38分にもトライを決めた。平成の最初と最後に優勝を飾った神戸製鋼。試合後平尾さんの遺影の横には達成感に満ちた山中の顔があった。 


「早稲田大学」に関連するイベント情報

ラグビーワールドカップ

土曜日に行われたラグビー日本選手権の決勝。平尾誠二さんへの感謝を胸にピッチに立ったのは神戸製鋼の山中亮平。山中は東海大仰星で全国制覇を果たし、早稲田大学時代には日本代表にも選出された。しかし、神戸製鋼に入った直後の2011年にドーピング違反となり、ワールドカップ直前に2年間の資格停止処分となった。解雇の危機にあった山中を救ってくれたのが平尾さんだったという。山中は決勝の2週間前に左ほおを骨折。しかし、平尾さんに優勝を捧げようと強行出場した。山中は後半8分にトライをあげると、終了間際の後半38分にもトライを決めた。平成の最初と最後に優勝を飾った神戸製鋼。試合後平尾さんの遺影の横には達成感に満ちた山中の顔があった。 


早稲田大学

土曜日に行われたラグビー日本選手権の決勝。平尾誠二さんへの感謝を胸にピッチに立ったのは神戸製鋼の山中亮平。山中は東海大仰星で全国制覇を果たし、早稲田大学時代には日本代表にも選出された。しかし、神戸製鋼に入った直後の2011年にドーピング違反となり、ワールドカップ直前に2年間の資格停止処分となった。解雇の危機にあった山中を救ってくれたのが平尾さんだったという。山中は決勝の2週間前に左ほおを骨折。しかし、平尾さんに優勝を捧げようと強行出場した。山中は後半8分にトライをあげると、終了間際の後半38分にもトライを決めた。平成の最初と最後に優勝を飾った神戸製鋼。試合後平尾さんの遺影の横には達成感に満ちた山中の顔があった。 


東海大仰星

土曜日に行われたラグビー日本選手権の決勝。平尾誠二さんへの感謝を胸にピッチに立ったのは神戸製鋼の山中亮平。山中は東海大仰星で全国制覇を果たし、早稲田大学時代には日本代表にも選出された。しかし、神戸製鋼に入った直後の2011年にドーピング違反となり、ワールドカップ直前に2年間の資格停止処分となった。解雇の危機にあった山中を救ってくれたのが平尾さんだったという。山中は決勝の2週間前に左ほおを骨折。しかし、平尾さんに優勝を捧げようと強行出場した。山中は後半8分にトライをあげると、終了間際の後半38分にもトライを決めた。平成の最初と最後に優勝を飾った神戸製鋼。試合後平尾さんの遺影の横には達成感に満ちた山中の顔があった。 


「早稲田大学」に関連するイベント情報

日本選手権

土曜日に行われたラグビー日本選手権の決勝。平尾誠二さんへの感謝を胸にピッチに立ったのは神戸製鋼の山中亮平。山中は東海大仰星で全国制覇を果たし、早稲田大学時代には日本代表にも選出された。しかし、神戸製鋼に入った直後の2011年にドーピング違反となり、ワールドカップ直前に2年間の資格停止処分となった。解雇の危機にあった山中を救ってくれたのが平尾さんだったという。山中は決勝の2週間前に左ほおを骨折。しかし、平尾さんに優勝を捧げようと強行出場した。山中は後半8分にトライをあげると、終了間際の後半38分にもトライを決めた。平成の最初と最後に優勝を飾った神戸製鋼。試合後平尾さんの遺影の横には達成感に満ちた山中の顔があった。 


神戸製鋼

土曜日に行われたラグビー日本選手権の決勝。平尾誠二さんへの感謝を胸にピッチに立ったのは神戸製鋼の山中亮平。山中は東海大仰星で全国制覇を果たし、早稲田大学時代には日本代表にも選出された。しかし、神戸製鋼に入った直後の2011年にドーピング違反となり、ワールドカップ直前に2年間の資格停止処分となった。解雇の危機にあった山中を救ってくれたのが平尾さんだったという。山中は決勝の2週間前に左ほおを骨折。しかし、平尾さんに優勝を捧げようと強行出場した。山中は後半8分にトライをあげると、終了間際の後半38分にもトライを決めた。平成の最初と最後に優勝を飾った神戸製鋼。試合後平尾さんの遺影の横には達成感に満ちた山中の顔があった。 


日鉄鉱業

田中隆之さんは1970年に長野県上田市に生まれ高校時代に地球の歴史がわかる地学が好きになり、早稲田大学の地球科学専修へ。そして25歳に日鉄鉱業に就職し1年の半分以上は海外出張でこれまで25カ国を回ったという。ただ海外への転勤はチリが初めてとのことで、2017年5月から39歳の時に結婚した妻と、子供達とコピアポで生活しているとのことだった。

六角は田中さんの自宅を訪れると、奥さんと子ども達が快く迎え入れてくれた。奥さんはご主人がチリに転勤となったと聞いた時は日本に残りたい気持ちがあったが、子ども達は楽しみだったとのことで、この時期は家族で過ごした方が良いとチリにやってきたという。ただ言葉が通じないので暮らしにくさはあるが、コピアポの人達の優しさに触れ良い所だと思えてきたという。一方、子供達は良いところではあるが勉強が遅れるかもしれないなどの理由で日本に帰りたいと思っている。長男はせんべいが食べたいので帰りたいとのこと。それでもお父さんがずっと単身で海外に出張していたので、全然会えなかったことをあげ、今は会話も多くできるので一緒に来て良かったと語った。

コピアポに駐在している日鉄鉱業の日本人は13名。翌日、六角は日本人の食事会に招かれ一緒に食事をさせてもらうことに。皆さんの話を聞くと、この地で頑張れるのは仕事への誇りで、資源の少ない日本において、資源を安定的に供給できる機会を作っていきたいと話した。南米チリのコピアポには明るい家族と一緒に暮らし日本のために頑張る日本人がいた。


早稲田大学

田中隆之さんは1970年に長野県上田市に生まれ高校時代に地球の歴史がわかる地学が好きになり、早稲田大学の地球科学専修へ。そして25歳に日鉄鉱業に就職し1年の半分以上は海外出張でこれまで25カ国を回ったという。ただ海外への転勤はチリが初めてとのことで、2017年5月から39歳の時に結婚した妻と、子供達とコピアポで生活しているとのことだった。

六角は田中さんの自宅を訪れると、奥さんと子ども達が快く迎え入れてくれた。奥さんはご主人がチリに転勤となったと聞いた時は日本に残りたい気持ちがあったが、子ども達は楽しみだったとのことで、この時期は家族で過ごした方が良いとチリにやってきたという。ただ言葉が通じないので暮らしにくさはあるが、コピアポの人達の優しさに触れ良い所だと思えてきたという。一方、子供達は良いところではあるが勉強が遅れるかもしれないなどの理由で日本に帰りたいと思っている。長男はせんべいが食べたいので帰りたいとのこと。それでもお父さんがずっと単身で海外に出張していたので、全然会えなかったことをあげ、今は会話も多くできるので一緒に来て良かったと語った。


「早稲田大学」に関連するグルメ情報

ぶどう

コピアポに到着した六角はアルマス広場で日本人情報の聞き込み。2組目でチェコデコブレという岩山に日本人が居ると聞いたことがあると情報をゲット。約70km先にあるとのことで、タクシーでチェコデコブレを目指した。すると広大なぶどう畑が広がっており、六角はワインを作っている人かもしれないと期待に胸をふくらませる。しかし片側に再び鉱山が出てくる。するとタクシーは急に停車し、この先は4駆ではないと行けないと言われ、歩いて行ってほしいとタクシーを降ろされた。六角は砂漠の中を歩き始めた。さすがに砂漠を30分あるき始めると六角も疲労困憊。

歩き始めて40分、カチンカチンと作業をする音がする。音の先に向かうとそこに日本人の田中隆之さん(48歳)を発見した。田中さんはここで住んでいるのではなく、地質調査をしているのだという。地下に銅があるかを調査し、豊富にあると判断すれば本格的な採掘作業に入るという。ただ本格的な採掘にまで辿り着くのは1000のうち3つと言われるという。田中さんの地質調査はそのプロジェクトの最初の一歩だという。

田中隆之さんは1970年に長野県上田市に生まれ高校時代に地球の歴史がわかる地学が好きになり、早稲田大学の地球科学専修へ。そして25歳に日鉄鉱業に就職し1年の半分以上は海外出張でこれまで25カ国を回ったという。ただ海外への転勤はチリが初めてとのことで、2017年5月から39歳の時に結婚した妻と、子供達とコピアポで生活しているとのことだった。

六角は田中さんの自宅を訪れると、奥さんと子ども達が快く迎え入れてくれた。奥さんはご主人がチリに転勤となったと聞いた時は日本に残りたい気持ちがあったが、子ども達は楽しみだったとのことで、この時期は家族で過ごした方が良いとチリにやってきたという。ただ言葉が通じないので暮らしにくさはあるが、コピアポの人達の優しさに触れ良い所だと思えてきたという。一方、子供達は良いところではあるが勉強が遅れるかもしれないなどの理由で日本に帰りたいと思っている。長男はせんべいが食べたいので帰りたいとのこと。それでもお父さんがずっと単身で海外に出張していたので、全然会えなかったことをあげ、今は会話も多くできるので一緒に来て良かったと語った。


日大

きのう関西学院大学と早稲田大学で争われたのは、大学日本一を決めるアメフトボールの試合「甲子園ボウル」が行われた。そして大会では関西学院大学が2年ぶり29度目の優勝を成し遂げ、悪質タックル被害者・奥野耕世選手などがMVPに輝いた。試合後に奥野耕世選手は「この1年間は良い経験ができた」などと2018年を振り返った。スタジオでは倉田さんが「改めてスポーツの心強さなどを感じた」などとコメント。