ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「早稲田大学」の検索結果

「早稲田大学」に関連する情報 17757件中 1〜10件目

明治大学

2016年リオオリンピックが証明した事実、競泳日本は今大学生が支えている。萩野公介は当時東洋大学、坂井聖人は当時早稲田大学だった。大学生スイマーは0.5%の数字と向き合っている、これは大学卒業後もプロとして水泳を続ける割合。ほとんどの選手は大学を最後に引退を強いられている。競技生活との別れの日、仲間と戦える最後の舞台「インカレ」に燃える。特別なのは団体戦ということ、大学毎に順位が付けられる。2年連続で優勝し3連覇を狙う明治大学の体育会水泳部に密着した。オリンピックに出るスター選手はいないが強さの秘密に迫った。

明治大学の練習場に現れたのは佐野秀匡監督、派手な海パンがトレードマークだが確かな実績がある。現役引退後30歳で監督に就任、インカレ総合優勝を目標に掲げ2年で達成する。翌年も連覇、明治大学最強時代を築いた目指すは3連覇となった。インカレはトップ選手だけでなく下の強さを鍛える必要があると佐野監督は語る。全体の強さを求めて基礎練習に重きをおいている、体幹練習だけで20種類以上のメニューがあり選手の自主性を重んじてモットーは明るい練習。親しみやすさを演出するため派手な海パンなどで生徒と話しやすい状況を作っている。

インカレまで後一月となったとき、佐野監督は3連覇の鍵は四年生が握ると考えていた。四年生の中にはこの時点でインカレのメンバーから落選している選手もいた。藤谷忠昭さんもその1人、練習ではなく仲間のサポート役に徹している。藤谷さんは小学生の頃から水泳一筋、強い所に進みたいと思い明治大学に入ったがついて行くのが必死だったという。出場選手の選考会には敗れてしまい、今は下働きをしながらチームの三連覇を願っている。藤谷さんの働きは同級生にとって何よりも励みとなる。母の藤谷麻子さんは大学でも水泳を続けるというときにレギュラーを取れない可能性があるので心配だったという。母の心配は的中し藤谷さんは4年間1度もインカレの舞台には立てなかった。

インカレが始まった。大会序盤、明治大学は上々の出足だった。狙い通りの展開に佐野監督も笑みを見せていた。メドレーリレーになり各大学が意地を見せ始める、坂井聖人や渡辺一平らが学生離れした泳ぎを披露。段違いのスピードで1位、総合得点でも早稲田大学が明治大学を猛追する形となった。早稲田との優勝争いは4×200mのリレーに持ち込まれた。藤谷さんは客席で戦っていた。序盤からトップだった明治大学はそのままゴール、明治大学が3連覇を決めた。藤谷さんは仲間に呼ばれ、仲間たちは影のヒーローを称えた。


早稲田大学

2016年リオオリンピックが証明した事実、競泳日本は今大学生が支えている。萩野公介は当時東洋大学、坂井聖人は当時早稲田大学だった。大学生スイマーは0.5%の数字と向き合っている、これは大学卒業後もプロとして水泳を続ける割合。ほとんどの選手は大学を最後に引退を強いられている。競技生活との別れの日、仲間と戦える最後の舞台「インカレ」に燃える。特別なのは団体戦ということ、大学毎に順位が付けられる。2年連続で優勝し3連覇を狙う明治大学の体育会水泳部に密着した。オリンピックに出るスター選手はいないが強さの秘密に迫った。

インカレが始まった。大会序盤、明治大学は上々の出足だった。狙い通りの展開に佐野監督も笑みを見せていた。メドレーリレーになり各大学が意地を見せ始める、坂井聖人や渡辺一平らが学生離れした泳ぎを披露。段違いのスピードで1位、総合得点でも早稲田大学が明治大学を猛追する形となった。早稲田との優勝争いは4×200mのリレーに持ち込まれた。藤谷さんは客席で戦っていた。序盤からトップだった明治大学はそのままゴール、明治大学が3連覇を決めた。藤谷さんは仲間に呼ばれ、仲間たちは影のヒーローを称えた。


東洋大学

2016年リオオリンピックが証明した事実、競泳日本は今大学生が支えている。萩野公介は当時東洋大学、坂井聖人は当時早稲田大学だった。大学生スイマーは0.5%の数字と向き合っている、これは大学卒業後もプロとして水泳を続ける割合。ほとんどの選手は大学を最後に引退を強いられている。競技生活との別れの日、仲間と戦える最後の舞台「インカレ」に燃える。特別なのは団体戦ということ、大学毎に順位が付けられる。2年連続で優勝し3連覇を狙う明治大学の体育会水泳部に密着した。オリンピックに出るスター選手はいないが強さの秘密に迫った。


「早稲田大学」に関連するイベント情報

インカレ

2016年リオオリンピックが証明した事実、競泳日本は今大学生が支えている。萩野公介は当時東洋大学、坂井聖人は当時早稲田大学だった。大学生スイマーは0.5%の数字と向き合っている、これは大学卒業後もプロとして水泳を続ける割合。ほとんどの選手は大学を最後に引退を強いられている。競技生活との別れの日、仲間と戦える最後の舞台「インカレ」に燃える。特別なのは団体戦ということ、大学毎に順位が付けられる。2年連続で優勝し3連覇を狙う明治大学の体育会水泳部に密着した。オリンピックに出るスター選手はいないが強さの秘密に迫った。

明治大学の練習場に現れたのは佐野秀匡監督、派手な海パンがトレードマークだが確かな実績がある。現役引退後30歳で監督に就任、インカレ総合優勝を目標に掲げ2年で達成する。翌年も連覇、明治大学最強時代を築いた目指すは3連覇となった。インカレはトップ選手だけでなく下の強さを鍛える必要があると佐野監督は語る。全体の強さを求めて基礎練習に重きをおいている、体幹練習だけで20種類以上のメニューがあり選手の自主性を重んじてモットーは明るい練習。親しみやすさを演出するため派手な海パンなどで生徒と話しやすい状況を作っている。

インカレまで後一月となったとき、佐野監督は3連覇の鍵は四年生が握ると考えていた。四年生の中にはこの時点でインカレのメンバーから落選している選手もいた。藤谷忠昭さんもその1人、練習ではなく仲間のサポート役に徹している。藤谷さんは小学生の頃から水泳一筋、強い所に進みたいと思い明治大学に入ったがついて行くのが必死だったという。出場選手の選考会には敗れてしまい、今は下働きをしながらチームの三連覇を願っている。藤谷さんの働きは同級生にとって何よりも励みとなる。母の藤谷麻子さんは大学でも水泳を続けるというときにレギュラーを取れない可能性があるので心配だったという。母の心配は的中し藤谷さんは4年間1度もインカレの舞台には立てなかった。

練習時間が終わったとき、藤谷さんの姿があった。藤谷さんは練習のときは邪魔になる一面や一日だけ泳いだりすると雰囲気を乱してしまうと思い練習後に泳いでいる。藤谷さんはいつまでもクヨクヨしているとチームに良くないので今はもう吹っ切れたと語る。インカレ1週間前となり寮の食堂には部員たちの母親が集まってご飯を作っていた。ご飯隊の中には藤谷さんの母の姿もあった。ここから最後の追い込み、練習を仕上げていった。

インカレが始まった。大会序盤、明治大学は上々の出足だった。狙い通りの展開に佐野監督も笑みを見せていた。メドレーリレーになり各大学が意地を見せ始める、坂井聖人や渡辺一平らが学生離れした泳ぎを披露。段違いのスピードで1位、総合得点でも早稲田大学が明治大学を猛追する形となった。早稲田との優勝争いは4×200mのリレーに持ち込まれた。藤谷さんは客席で戦っていた。序盤からトップだった明治大学はそのままゴール、明治大学が3連覇を決めた。藤谷さんは仲間に呼ばれ、仲間たちは影のヒーローを称えた。


早稲田大学

安倍首相は日米首脳会談のため、トランプ大統領の別荘へと向かった。会談の冒頭では北朝鮮の非核化実現のため、日米の結束を強調した。また安倍首相は米朝首脳会談で拉致問題を取り上げるよう要請し、トランプ大統領はベストを尽くすと応じた。両者はあす、通商問題の話し合いを行い、ゴルフを行う見通し。


早稲田大学

座りすぎると死亡リスクが40%高まり、糖尿病・心疾患や脳梗塞を引き起こす可能性がある。座りすぎ解消アプリも出ていて、座り続ける時間と立つ時間を設定でき、座りすぎ防止になる。座らなければならない場合はかかとの上げ下ろしや膝の曲げ伸ばしを10回ワンセット一日3〜5回セット行うと良い。


早稲田大学

座りすぎは体に悪影響を及ぼす新たな生活習慣病と言われている。全身の7割を占める下半身の筋肉がほとんど動かない状態になり、血流が低下して血流がドロドロになる。その結果、病気になる可能性が高まる。


早稲田大学

「辞典」と「事典」など同じ読み方なのに漢字が違う文字や似たような意味の言葉のように使い分けが難しい日本語が沢山ある。そんな使い分けについてサンキュータツオさんが解説する。


田村神社

続いて「同じ坂上と書く名字さかがみとさかじょうの差」を紹介。紹介するのは早稲田大学の菅野俊輔先生。元々は全て「さかのうえ」と呼んでいて、元々は奈良県に住んでいた人が名乗っていた。最も有名な「坂上」性の人物は坂上田村麻呂がきっかけだという。関東地方を治める事に成功した坂上田村麻呂は軍事拠点として、城を造らせその城を作った人たちを「さかじょう」と呼ぶようになった。関東を制圧した坂上田村麻呂に鈴鹿峠に出た鬼を退治するように命じられ、その功績から「田村神社」が造られ神職についた坂上一族がアピールするため「さかかみ」と名乗るようになった。また「さかうえ」は「さかのうえ」より名乗りやすいとして名乗り始めた名字である。


早稲田大学

続いて「同じ坂上と書く名字さかがみとさかじょうの差」を紹介。紹介するのは早稲田大学の菅野俊輔先生。元々は全て「さかのうえ」と呼んでいて、元々は奈良県に住んでいた人が名乗っていた。最も有名な「坂上」性の人物は坂上田村麻呂がきっかけだという。関東地方を治める事に成功した坂上田村麻呂は軍事拠点として、城を造らせその城を作った人たちを「さかじょう」と呼ぶようになった。関東を制圧した坂上田村麻呂に鈴鹿峠に出た鬼を退治するように命じられ、その功績から「田村神社」が造られ神職についた坂上一族がアピールするため「さかかみ」と名乗るようになった。また「さかうえ」は「さかのうえ」より名乗りやすいとして名乗り始めた名字である。