ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「旭化成」の検索結果

「旭化成」に関連する情報 4978件中 1〜10件目

旭化成

瀬古利彦のライバルだった宗兄弟がインタビューに応じた。弟・猛は旭化成陸上部の総監督、兄・茂は気功健康塾を経営しているという。現在65歳の宗兄弟は当時を振り返り、「自分たち3人が世界で一番強いと思っていた、その中で勝てない瀬古がいた。いま世界で一番強いのは瀬古なんだという気持ちがあった」と語った。1979年の福岡国際マラソンでは、スパートをかけた弟についてこられない瀬古を見て、不調を察したという。また、当時は底の見えない瀬古が怖かったが、現役を引退し喋るようになると底が浅かったことが分かったなどと話した。一番驚いたのは結婚式の招待状が届いたことだという。


「旭化成」に関連するイベント情報

福岡国際マラソン

モスクワ五輪の代表選考を兼ねた福岡国際マラソンで宗兄弟と対決することとなった瀬古利彦。激戦を制し見事2連覇を達成した。3人はモスクワ五輪代表に選出されたが、冷戦の影響で日本は五輪出場をボイコット。世界最強と言われた3人は五輪でのメダル獲得は叶わなかった。瀬古本人によると、福岡国際マラソンで絶不調の瀬古が宗兄弟に勝利できたのは宗兄弟が「後ろを振り返る姿を見た」から。2人が振り向く姿を見て勝てると確信したという。宗兄弟とは挨拶以外に言葉を交わしたことはないそう。

瀬古利彦のライバルだった宗兄弟がインタビューに応じた。弟・猛は旭化成陸上部の総監督、兄・茂は気功健康塾を経営しているという。現在65歳の宗兄弟は当時を振り返り、「自分たち3人が世界で一番強いと思っていた、その中で勝てない瀬古がいた。いま世界で一番強いのは瀬古なんだという気持ちがあった」と語った。1979年の福岡国際マラソンでは、スパートをかけた弟についてこられない瀬古を見て、不調を察したという。また、当時は底の見えない瀬古が怖かったが、現役を引退し喋るようになると底が浅かったことが分かったなどと話した。一番驚いたのは結婚式の招待状が届いたことだという。


「旭化成」に関連するイベント情報

モスクワ五輪

中村監督の独特な指導によって力をつけた瀬古。当時最大のライバルは旭化成の所属で瀬古の3歳年上だった宗兄弟。最初に対決した福岡国際マラソンでは大学生だった瀬古が勝利したが、3人の実力に差はなかった。直接対決から1年、1979年の福岡国際マラソンで再び因縁の対決が繰り広げられた。この年の大会はモスクワ五輪の代表選考も兼ねた重要なレース。しかし、当時の瀬古は厳しい練習の疲労による絶不調の中、最悪のコンディションでレースに挑むこととなった。


「旭化成」に関連するイベント情報

福岡国際マラソン

中村監督の独特な指導によって力をつけた瀬古。当時最大のライバルは旭化成の所属で瀬古の3歳年上だった宗兄弟。最初に対決した福岡国際マラソンでは大学生だった瀬古が勝利したが、3人の実力に差はなかった。直接対決から1年、1979年の福岡国際マラソンで再び因縁の対決が繰り広げられた。この年の大会はモスクワ五輪の代表選考も兼ねた重要なレース。しかし、当時の瀬古は厳しい練習の疲労による絶不調の中、最悪のコンディションでレースに挑むこととなった。


アイリスオーヤマ

米中の貿易戦争激化で日本企業が影響回避に動き始めた。旭化成やコマツなどは、アメリカ向け製品などの中国生産を見直し、日本やメキシコなどに生産地を移す。アメリカ政府に適用除外の申請をするなど、日本企業に様々な対応が広がっている。(日本経済新聞)


コマツ

米中の貿易戦争激化で日本企業が影響回避に動き始めた。旭化成やコマツなどは、アメリカ向け製品などの中国生産を見直し、日本やメキシコなどに生産地を移す。アメリカ政府に適用除外の申請をするなど、日本企業に様々な対応が広がっている。(日本経済新聞)


旭化成

米中の貿易戦争激化で日本企業が影響回避に動き始めた。旭化成やコマツなどは、アメリカ向け製品などの中国生産を見直し、日本やメキシコなどに生産地を移す。アメリカ政府に適用除外の申請をするなど、日本企業に様々な対応が広がっている。(日本経済新聞)


日本経済新聞

米中の貿易戦争激化で日本企業が影響回避に動き始めた。旭化成やコマツなどは、アメリカ向け製品などの中国生産を見直し、日本やメキシコなどに生産地を移す。アメリカ政府に適用除外の申請をするなど、日本企業に様々な対応が広がっている。(日本経済新聞)

経済産業省と財務省は個人事業主が亡くなり、子どもなどが事業を引き継ぐときにかかる相続税の軽減を検討する。土地だけでなく、建物などにかかる税を軽くする方向。中小企業庁によると、日本企業の半分ほどは個人事業主だが、後継者不足などで大幅に減少。相続税の負担が重く、事業を継ぐのを諦めるケースもあるという。(日本経済新聞)

政府は東京から地方への移住者に最大300万円を補助する新たな制度を検討する。国と自治体が半額ずつまかない、費用が足かせとなって移住をためらう若年層を後押しする狙い。東京圏以外で起業した場合は300万円まで、中小企業への転職には最大100万円を支給する。政府が来年度から始める予定の就職転職サイトを使った人を対象とする方針。(日本経済新聞)


旭化成

「ようこそ!!ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018」の宣伝を行った。


ミライ☆モンスター 〜ミニスポーツテストで身体能力測定〜 by 旭化成

「ようこそ!!ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018」の宣伝を行った。