ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「明治大学法科大学院」の検索結果

「明治大学法科大学院」に関連する情報 140件中 1〜10件目

明治大学法科大学院

専門家は「事件として前例がない。」と口を揃え、立件の可能性がある罪名は複数指摘されている。警報では、公務員が改ざんに関与した場合は虚偽公文書作成罪が、権限のない者が他人名義で行った場合は公文書偽造・変造罪が適用される可能性がある。元大阪地検検事の亀井弁護士は「公文書の権限者は近畿財務局の職員だ。元国税庁長官らが部下に嘘の内容に書き換えさせていれば、共犯になり得る。」等と話している。また、特捜部経験のある弁護士は「国会答弁との整合性を図るという動機は悪質だ。」等と話している。文書の一部を削除して元の意味を失わせたとみなされれば、高文書毀棄罪に問われる可能性もある。明治大学法科大学院の大塚教授は「文書の偽造性を証明出来なくても、同罪は適用出来る。」と話している。公文書毀棄罪が認められれば、懲役3月〜7年となる。


近畿財務局

専門家は「事件として前例がない。」と口を揃え、立件の可能性がある罪名は複数指摘されている。警報では、公務員が改ざんに関与した場合は虚偽公文書作成罪が、権限のない者が他人名義で行った場合は公文書偽造・変造罪が適用される可能性がある。元大阪地検検事の亀井弁護士は「公文書の権限者は近畿財務局の職員だ。元国税庁長官らが部下に嘘の内容に書き換えさせていれば、共犯になり得る。」等と話している。また、特捜部経験のある弁護士は「国会答弁との整合性を図るという動機は悪質だ。」等と話している。文書の一部を削除して元の意味を失わせたとみなされれば、高文書毀棄罪に問われる可能性もある。明治大学法科大学院の大塚教授は「文書の偽造性を証明出来なくても、同罪は適用出来る。」と話している。公文書毀棄罪が認められれば、懲役3月〜7年となる。

昨年2月以降、元国税庁長官は学園との交渉記録は「廃棄した。」と答弁し、学園との価格交渉や政治家の関与についても否定した。こうした答弁に合わせる為、改ざんが行われたとみられる。大阪地検は「立件は困難。」と見ている。東京新聞は今日の一面で「元国税庁長官が改ざんを周辺に漏らしている。」等としている。契約の方法等の根幹部分が残されていることから、特捜部は文書の本質は変わっていないと判断し、立件は困難との見方を強めているとみられる。特捜部はこれまでに理財局等の職員らの聴取をほぼ終えていて、こうした告発容疑でも立件は難しいと判断している模様だ。(毎日新聞/東京新聞)


明治大学法科大学院

明治大学法科大学院・元教授の男は自らが作成した司法試験の問題を交際していた女性に漏らした国家公務員法違反の罪に問われた。東京地裁は女性を合格させるために自ら進んで犯行に及んだもので強い非難に値するが反省し社会的制裁を受けているとして懲役1年 執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。


明治大学法科大学院

司法試験の問題を交際していた教え子の女性に漏らした罪に問われていた元教授の被告に対して、東京地裁は懲役1年・執行猶予5年の有罪判決を言い渡し、裁判官は司法試験の公正さに対する信頼が大きく害されたと語った。一方、被告が反省・失職など社会的制裁を受けていることなどが考慮され、執行猶予が相当との結論に至った。


明治大学法科大学院

司法試験の問題を交際していた教え子の女性に漏らした罪に問われていた元教授の被告に対して、初公判で検察は懲役1年を求刑していた。東京地裁は懲役1年・執行猶予5年の有罪判決を言い渡し、裁判官は司法試験の公正さに対する信頼が大きく害されたと語った。一方、被告が反省・失職など社会的制裁を受けていることなどが考慮され、執行猶予が相当との結論に至った。判決を受け、法務省は再発防止策の検討を進め、司法試験に対する信頼回復に努めてまいりますとコメントしている。


明治大学法科大学院

司法試験の問題を交際していた教え子の女性に漏らした罪に問われていた元教授の被告に対して、初公判で検察は懲役1年を求刑していた。東京地裁は懲役1年・執行猶予5年の有罪判決を言い渡し、裁判官は司法試験の公正さに対する信頼が大きく害されたと語った。一方、被告が反省・失職など社会的制裁を受けていることなどが考慮され、執行猶予が相当との結論に至った。判決を受け、法務省は再発防止策の検討を進め、司法試験に対する信頼回復に努めてまいりますとコメントしている。


明治大学法科大学院


明治大学法科大学院

法科大学院の元教授が、交際相手の教え子に司法試験の問題を漏らした罪に問われている裁判が行われた。裁判長は、「交際女性を合格させるため自ら進んで犯行に及んだ」と指摘し、懲役1年執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。元教授は初公判で、「女性を娘だと思う気持ちが強くなり、確実に合格させたいと考えた」と述べている。


明治大学法科大学院

明治大学法科大学院・元教授の青柳幸一被告は自ら作成した司法試験の問題を事前に当時交際していた教え子(20代)に漏らした国会公務員法違反の罪に問われ、きょうの法廷で東京地裁は「司法試験の公平さに対する信頼が大きく害されたことは明らか」など延べ、懲役1年執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。


明治大学法科大学院

司法試験の問題作成に関わった明治大学法科大学院の元教授の男が、教え子の女性に問題を漏らした罪に問われた事件の裁判で、東京地裁は「自ら進んで犯行に及んだもので強い非難に値する。司法試験の公正さに対する信頼が大きく害されたことは明らか」として、懲役1年執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (140)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (140)