ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「明治神宮」の検索結果

「明治神宮」に関連する情報 12035件中 1〜10件目

日刊スポーツ

貴乃花は17歳8か月で最年少入幕。稀勢の里は18歳3か月で歴代2位の早さ。22歳で横綱昇進の貴乃花、当時日本出身の横綱は1人だけ。 稀勢の里は30歳で昇進。白鵬、鶴竜、日馬富士のモンゴル勢の中唯一の日本出身横綱だった。東京・明治神宮で行われている奉納土俵入り。1994年に行われた貴乃花の土俵入りには2万人のファンがつめかけた。2017年の稀勢の里土俵入りは1万8000人が訪れた。2001年に右膝の半月板を損傷し、千秋楽に強行出場し優勝した貴乃花はその後7場所連続休場。30歳で引退した。稀勢の里は2017年に左胸、左腕をケガしながら優勝もその後8場所連続休場し32歳で引退。第65代横綱の貴乃花は第72代の稀勢の里をどう見たのか。


明治神宮

貴乃花は17歳8か月で最年少入幕。稀勢の里は18歳3か月で歴代2位の早さ。22歳で横綱昇進の貴乃花、当時日本出身の横綱は1人だけ。 稀勢の里は30歳で昇進。白鵬、鶴竜、日馬富士のモンゴル勢の中唯一の日本出身横綱だった。東京・明治神宮で行われている奉納土俵入り。1994年に行われた貴乃花の土俵入りには2万人のファンがつめかけた。2017年の稀勢の里土俵入りは1万8000人が訪れた。2001年に右膝の半月板を損傷し、千秋楽に強行出場し優勝した貴乃花はその後7場所連続休場。30歳で引退した。稀勢の里は2017年に左胸、左腕をケガしながら優勝もその後8場所連続休場し32歳で引退。第65代横綱の貴乃花は第72代の稀勢の里をどう見たのか。


脳震盪

横綱とう言う立場がなければ違う選択肢もあったのではと話した。横綱は初めての経験で休場は負けと言う感覚の稀勢の里は2ヶ月間休み次の場所になると少し動くようになるので出てしまう明治神宮土俵入りや成田山土俵入りなどは必ず出ていた。貴乃花親方が右膝を痛め武蔵丸との優勝決定戦の後では7場所を連続で休んでいたので稀勢の里も半年ぐらいは休んでも良かったのではと話した。怪我をおして出場は美談になりがちだが少しずつ捉え方が変わってきているなどとスタジオで話した。


「明治神宮」に関連するイベント情報

5月場所

稀勢の里は25歳と6か月で大関に昇進していて、大関〜横綱昇進の間に1882日をかけていて、横綱昇進伝達式の口上は「横綱の名に恥じぬよう精進いたします」というものだった。昇進を受けて貴乃花の引退以来14年ぶりの日本出身横綱が生まれたこととなり、茨城県では男女ノ川以来以来81年ぶりの横綱となったが、大至さんは長身を活かして活躍していたと話していた。また、明治神宮奉納土俵入りには1万8000人のファンが訪れていて、貴乃花に次ぐ2位となっていた。そして、五月場所では608本という過去最高の懸賞が与えられた。ここまで愛されたことについて大至さんは17歳9か月での十両昇進が非常に早いこと、横綱に昇進するまで逃げることなく戦い続けたことがファンを動かしたのではないかと話していた。


時事通信

稀勢の里は25歳と6か月で大関に昇進していて、大関〜横綱昇進の間に1882日をかけていて、横綱昇進伝達式の口上は「横綱の名に恥じぬよう精進いたします」というものだった。昇進を受けて貴乃花の引退以来14年ぶりの日本出身横綱が生まれたこととなり、茨城県では男女ノ川以来以来81年ぶりの横綱となったが、大至さんは長身を活かして活躍していたと話していた。また、明治神宮奉納土俵入りには1万8000人のファンが訪れていて、貴乃花に次ぐ2位となっていた。そして、五月場所では608本という過去最高の懸賞が与えられた。ここまで愛されたことについて大至さんは17歳9か月での十両昇進が非常に早いこと、横綱に昇進するまで逃げることなく戦い続けたことがファンを動かしたのではないかと話していた。


明治神宮

稀勢の里は25歳と6か月で大関に昇進していて、大関〜横綱昇進の間に1882日をかけていて、横綱昇進伝達式の口上は「横綱の名に恥じぬよう精進いたします」というものだった。昇進を受けて貴乃花の引退以来14年ぶりの日本出身横綱が生まれたこととなり、茨城県では男女ノ川以来以来81年ぶりの横綱となったが、大至さんは長身を活かして活躍していたと話していた。また、明治神宮奉納土俵入りには1万8000人のファンが訪れていて、貴乃花に次ぐ2位となっていた。そして、五月場所では608本という過去最高の懸賞が与えられた。ここまで愛されたことについて大至さんは17歳9か月での十両昇進が非常に早いこと、横綱に昇進するまで逃げることなく戦い続けたことがファンを動かしたのではないかと話していた。


「明治神宮」に関連するグルメ情報

ウナギ

大隅は稀勢の里について「非常に真面目。明治神宮や成田山の土俵入りなどにも必ず行っていた。ファンが多くなった理由ではないか」とコメント。細川は「土俵での態度もひたむき」と話した。稀勢の里は2017年の初場所で横綱・白鵬に逆転勝利し優勝。瞬間最高視聴率は26.5%になった。そしてこの際、19年ぶりの日本出身横綱となり、日本中が熱狂した。1月、明治神宮での奉納土俵入りには、ファン約1万8000人が集まった。これは貴乃花に次ぐ史上2番め。地元牛久市でも祝賀会や凱旋パレードが開催。ファン約5万人が集まった。大隅は「牛久のうなぎがよく売れただろう」などと振り返った。


ビデオリサーチ

大隅は稀勢の里について「非常に真面目。明治神宮や成田山の土俵入りなどにも必ず行っていた。ファンが多くなった理由ではないか」とコメント。細川は「土俵での態度もひたむき」と話した。稀勢の里は2017年の初場所で横綱・白鵬に逆転勝利し優勝。瞬間最高視聴率は26.5%になった。そしてこの際、19年ぶりの日本出身横綱となり、日本中が熱狂した。1月、明治神宮での奉納土俵入りには、ファン約1万8000人が集まった。これは貴乃花に次ぐ史上2番め。地元牛久市でも祝賀会や凱旋パレードが開催。ファン約5万人が集まった。大隅は「牛久のうなぎがよく売れただろう」などと振り返った。


明治神宮

大隅は稀勢の里について「非常に真面目。明治神宮や成田山の土俵入りなどにも必ず行っていた。ファンが多くなった理由ではないか」とコメント。細川は「土俵での態度もひたむき」と話した。稀勢の里は2017年の初場所で横綱・白鵬に逆転勝利し優勝。瞬間最高視聴率は26.5%になった。そしてこの際、19年ぶりの日本出身横綱となり、日本中が熱狂した。1月、明治神宮での奉納土俵入りには、ファン約1万8000人が集まった。これは貴乃花に次ぐ史上2番め。地元牛久市でも祝賀会や凱旋パレードが開催。ファン約5万人が集まった。大隅は「牛久のうなぎがよく売れただろう」などと振り返った。


「明治神宮」に関連するイベント情報

初場所

2017年春場所でけがからの逆転優勝を果たした稀勢の里は、去年秋場所から8連敗し、横綱としてワースト記録を更新した。これにより引退。地元・牛久市では「ショックです」「残念です」などの声が上がった。きょう午後3時40分には稀勢の里が会見し、「悔いはありません」「(けがについて)一生懸命やってきた」「けがをする前の自分に戻れなかった」などと涙ながらに話した。日本相撲協会は引退届を受理。日本出身の横綱は0になった。

大隅は稀勢の里について「非常に真面目。明治神宮や成田山の土俵入りなどにも必ず行っていた。ファンが多くなった理由ではないか」とコメント。細川は「土俵での態度もひたむき」と話した。稀勢の里は2017年の初場所で横綱・白鵬に逆転勝利し優勝。瞬間最高視聴率は26.5%になった。そしてこの際、19年ぶりの日本出身横綱となり、日本中が熱狂した。1月、明治神宮での奉納土俵入りには、ファン約1万8000人が集まった。これは貴乃花に次ぐ史上2番め。地元牛久市でも祝賀会や凱旋パレードが開催。ファン約5万人が集まった。大隅は「牛久のうなぎがよく売れただろう」などと振り返った。

2017年春場所12日目で稀勢の里は左肩・左胸を負傷し、救急搬送された。しかし優勝決定戦では大関・照ノ富士に勝利。22年ぶりに新横綱が優勝。表彰式では男泣きを見せた。会見では「見えない力を感じた」と話した。日本相撲協会・八角理事長は「今後に語り継がれる逆転優勝」、大隅は「稀勢のキセキ。大逆転劇」と振り返る。ただそこからきのうまで全11場所で、23勝33敗97休となった。大隅は「19年ぶりの日本出身横綱。連勝で逆転の相手も日馬富士、鶴竜、照ノ富士。しかしあの時の胸の打ち方はひどかった。にも関わらず勝ったのはすごかった」などと振り返った。細川は「(けがについて)複雑な気持ち」とコメント。大隅は「きょうもけがについて聞かれると涙を流した。悔いはどこかにあると思った」などとコメントした。