ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「木田武史」の検索結果

「木田武史」に関連する情報 14件中 1〜10件目

「木田武史」に関連するグルメ情報

キムラ君

お店にも「キムラ君はじめました」などのポスターも貼り出されるなど、全国にキムラクンが急増中。キムラ君とは一体何なのかを調査する!

横浜市港北区にある麺処丹行味素 菊名西口店にも「キムラ君はじめました」の貼紙があったが、このキムラ君とは、キムチと食べるラー油を使った夏季限定の「キムラー麺」というメニューの事だった。

このキムラ君の発音は関西弁のアクセントだが、それは発祥が大阪にある「難波千日前釜たけうどん」というお店だから。そこで千代田区にある八重洲北口店で話を聞いてみると、メニューに「キムラ君」を発見!キムラ君の生みの親木田武史さんによれば、2011年の夏にデビューしたメニューで、名前のユニークさが話題となり、その後ポスターを作り他の店にも呼びかけ、現在では全国で130軒以上のお店がキムラ君を販売している。

東京・足立区にある「食道 うめきち」では、7月〜9月上旬までの期間限定で「焼き鳥丼キムラ君」を販売。この他にもこちらのお店では焼きそばタイプや冷奴バージョンなど様々なキムラ君をメニューに増やしている。

このように最初は麺から始まったキムラ君だったが、豊岡市のバーガーシティでは「赤いキムラ君バーガー」、高松市の「人情味酒場えんぎ屋」では唐揚げバージョンの「キムラ君」が登場するなど、レパートリーは拡大中。

キムラ君の特集を振り返り、スタジオからは「絶対に美味しい組合せ」「レパートリーが広がっているのがいい」などの感想が出た。


「木田武史」に関連するグルメ情報

キムラ君

お店にも「キムラ君はじめました」などのポスターも貼り出されるなど、全国にキムラクンが急増中。キムラ君とは一体何なのかを調査する!

横浜市港北区にある麺処丹行味素 菊名西口店にも「キムラ君はじめました」の貼紙があったが、このキムラ君とは、キムチと食べるラー油を使った夏季限定の「キムラー麺」というメニューの事だった。

このキムラ君の発音は関西弁のアクセントだが、それは発祥が大阪にある「難波千日前釜たけうどん」というお店だから。そこで千代田区にある八重洲北口店で話を聞いてみると、メニューに「キムラ君」を発見!キムラ君の生みの親木田武史さんによれば、2011年の夏にデビューしたメニューで、名前のユニークさが話題となり、その後ポスターを作り他の店にも呼びかけ、現在では全国で130軒以上のお店がキムラ君を販売している。

東京・足立区にある「食道 うめきち」では、7月〜9月上旬までの期間限定で「焼き鳥丼キムラ君」を販売。この他にもこちらのお店では焼きそばタイプや冷奴バージョンなど様々なキムラ君をメニューに増やしている。

このように最初は麺から始まったキムラ君だったが、豊岡市のバーガーシティでは「赤いキムラ君バーガー」、高松市の「人情味酒場えんぎ屋」では唐揚げバージョンの「キムラ君」が登場するなど、レパートリーは拡大中。

キムラ君の特集を振り返り、スタジオからは「絶対に美味しい組合せ」「レパートリーが広がっているのがいい」などの感想が出た。


「木田武史」に関連するレストラン・飲食店

お店にも「キムラ君はじめました」などのポスターも貼り出されるなど、全国にキムラクンが急増中。キムラ君とは一体何なのかを調査する!

横浜市港北区にある麺処丹行味素 菊名西口店にも「キムラ君はじめました」の貼紙があったが、このキムラ君とは、キムチと食べるラー油を使った夏季限定の「キムラー麺」というメニューの事だった。

このキムラ君の発音は関西弁のアクセントだが、それは発祥が大阪にある「難波千日前釜たけうどん」というお店だから。そこで千代田区にある八重洲北口店で話を聞いてみると、メニューに「キムラ君」を発見!キムラ君の生みの親木田武史さんによれば、2011年の夏にデビューしたメニューで、名前のユニークさが話題となり、その後ポスターを作り他の店にも呼びかけ、現在では全国で130軒以上のお店がキムラ君を販売している。

東京・足立区にある「食道 うめきち」では、7月〜9月上旬までの期間限定で「焼き鳥丼キムラ君」を販売。この他にもこちらのお店では焼きそばタイプや冷奴バージョンなど様々なキムラ君をメニューに増やしている。

このように最初は麺から始まったキムラ君だったが、豊岡市のバーガーシティでは「赤いキムラ君バーガー」、高松市の「人情味酒場えんぎ屋」では唐揚げバージョンの「キムラ君」が登場するなど、レパートリーは拡大中。

キムラ君の特集を振り返り、スタジオからは「絶対に美味しい組合せ」「レパートリーが広がっているのがいい」などの感想が出た。

 (居酒屋、焼鳥、ラーメン)

「木田武史」に関連するグルメ情報

赤いキムラ君バーガー

お店にも「キムラ君はじめました」などのポスターも貼り出されるなど、全国にキムラクンが急増中。キムラ君とは一体何なのかを調査する!

横浜市港北区にある麺処丹行味素 菊名西口店にも「キムラ君はじめました」の貼紙があったが、このキムラ君とは、キムチと食べるラー油を使った夏季限定の「キムラー麺」というメニューの事だった。

このキムラ君の発音は関西弁のアクセントだが、それは発祥が大阪にある「難波千日前釜たけうどん」というお店だから。そこで千代田区にある八重洲北口店で話を聞いてみると、メニューに「キムラ君」を発見!キムラ君の生みの親木田武史さんによれば、2011年の夏にデビューしたメニューで、名前のユニークさが話題となり、その後ポスターを作り他の店にも呼びかけ、現在では全国で130軒以上のお店がキムラ君を販売している。

東京・足立区にある「食道 うめきち」では、7月〜9月上旬までの期間限定で「焼き鳥丼キムラ君」を販売。この他にもこちらのお店では焼きそばタイプや冷奴バージョンなど様々なキムラ君をメニューに増やしている。

このように最初は麺から始まったキムラ君だったが、豊岡市のバーガーシティでは「赤いキムラ君バーガー」、高松市の「人情味酒場えんぎ屋」では唐揚げバージョンの「キムラ君」が登場するなど、レパートリーは拡大中。

キムラ君の特集を振り返り、スタジオからは「絶対に美味しい組合せ」「レパートリーが広がっているのがいい」などの感想が出た。


「木田武史」に関連するレストラン・飲食店

お店にも「キムラ君はじめました」などのポスターも貼り出されるなど、全国にキムラクンが急増中。キムラ君とは一体何なのかを調査する!

横浜市港北区にある麺処丹行味素 菊名西口店にも「キムラ君はじめました」の貼紙があったが、このキムラ君とは、キムチと食べるラー油を使った夏季限定の「キムラー麺」というメニューの事だった。

このキムラ君の発音は関西弁のアクセントだが、それは発祥が大阪にある「難波千日前釜たけうどん」というお店だから。そこで千代田区にある八重洲北口店で話を聞いてみると、メニューに「キムラ君」を発見!キムラ君の生みの親木田武史さんによれば、2011年の夏にデビューしたメニューで、名前のユニークさが話題となり、その後ポスターを作り他の店にも呼びかけ、現在では全国で130軒以上のお店がキムラ君を販売している。

東京・足立区にある「食道 うめきち」では、7月〜9月上旬までの期間限定で「焼き鳥丼キムラ君」を販売。この他にもこちらのお店では焼きそばタイプや冷奴バージョンなど様々なキムラ君をメニューに増やしている。

このように最初は麺から始まったキムラ君だったが、豊岡市のバーガーシティでは「赤いキムラ君バーガー」、高松市の「人情味酒場えんぎ屋」では唐揚げバージョンの「キムラ君」が登場するなど、レパートリーは拡大中。

キムラ君の特集を振り返り、スタジオからは「絶対に美味しい組合せ」「レパートリーが広がっているのがいい」などの感想が出た。

 (ハンバーガー)

「木田武史」に関連するグルメ情報

焼き鳥丼キムラ君

お店にも「キムラ君はじめました」などのポスターも貼り出されるなど、全国にキムラクンが急増中。キムラ君とは一体何なのかを調査する!

横浜市港北区にある麺処丹行味素 菊名西口店にも「キムラ君はじめました」の貼紙があったが、このキムラ君とは、キムチと食べるラー油を使った夏季限定の「キムラー麺」というメニューの事だった。

このキムラ君の発音は関西弁のアクセントだが、それは発祥が大阪にある「難波千日前釜たけうどん」というお店だから。そこで千代田区にある八重洲北口店で話を聞いてみると、メニューに「キムラ君」を発見!キムラ君の生みの親木田武史さんによれば、2011年の夏にデビューしたメニューで、名前のユニークさが話題となり、その後ポスターを作り他の店にも呼びかけ、現在では全国で130軒以上のお店がキムラ君を販売している。

東京・足立区にある「食道 うめきち」では、7月〜9月上旬までの期間限定で「焼き鳥丼キムラ君」を販売。この他にもこちらのお店では焼きそばタイプや冷奴バージョンなど様々なキムラ君をメニューに増やしている。

このように最初は麺から始まったキムラ君だったが、豊岡市のバーガーシティでは「赤いキムラ君バーガー」、高松市の「人情味酒場えんぎ屋」では唐揚げバージョンの「キムラ君」が登場するなど、レパートリーは拡大中。

キムラ君の特集を振り返り、スタジオからは「絶対に美味しい組合せ」「レパートリーが広がっているのがいい」などの感想が出た。


「木田武史」に関連するレストラン・飲食店

食道 うめきち

お店にも「キムラ君はじめました」などのポスターも貼り出されるなど、全国にキムラクンが急増中。キムラ君とは一体何なのかを調査する!

横浜市港北区にある麺処丹行味素 菊名西口店にも「キムラ君はじめました」の貼紙があったが、このキムラ君とは、キムチと食べるラー油を使った夏季限定の「キムラー麺」というメニューの事だった。

このキムラ君の発音は関西弁のアクセントだが、それは発祥が大阪にある「難波千日前釜たけうどん」というお店だから。そこで千代田区にある八重洲北口店で話を聞いてみると、メニューに「キムラ君」を発見!キムラ君の生みの親木田武史さんによれば、2011年の夏にデビューしたメニューで、名前のユニークさが話題となり、その後ポスターを作り他の店にも呼びかけ、現在では全国で130軒以上のお店がキムラ君を販売している。

東京・足立区にある「食道 うめきち」では、7月〜9月上旬までの期間限定で「焼き鳥丼キムラ君」を販売。この他にもこちらのお店では焼きそばタイプや冷奴バージョンなど様々なキムラ君をメニューに増やしている。

このように最初は麺から始まったキムラ君だったが、豊岡市のバーガーシティでは「赤いキムラ君バーガー」、高松市の「人情味酒場えんぎ屋」では唐揚げバージョンの「キムラ君」が登場するなど、レパートリーは拡大中。

キムラ君の特集を振り返り、スタジオからは「絶対に美味しい組合せ」「レパートリーが広がっているのがいい」などの感想が出た。


「木田武史」に関連するグルメ情報

キムラ君

お店にも「キムラ君はじめました」などのポスターも貼り出されるなど、全国にキムラクンが急増中。キムラ君とは一体何なのかを調査する!

横浜市港北区にある麺処丹行味素 菊名西口店にも「キムラ君はじめました」の貼紙があったが、このキムラ君とは、キムチと食べるラー油を使った夏季限定の「キムラー麺」というメニューの事だった。

このキムラ君の発音は関西弁のアクセントだが、それは発祥が大阪にある「難波千日前釜たけうどん」というお店だから。そこで千代田区にある八重洲北口店で話を聞いてみると、メニューに「キムラ君」を発見!キムラ君の生みの親木田武史さんによれば、2011年の夏にデビューしたメニューで、名前のユニークさが話題となり、その後ポスターを作り他の店にも呼びかけ、現在では全国で130軒以上のお店がキムラ君を販売している。

東京・足立区にある「食道 うめきち」では、7月〜9月上旬までの期間限定で「焼き鳥丼キムラ君」を販売。この他にもこちらのお店では焼きそばタイプや冷奴バージョンなど様々なキムラ君をメニューに増やしている。

このように最初は麺から始まったキムラ君だったが、豊岡市のバーガーシティでは「赤いキムラ君バーガー」、高松市の「人情味酒場えんぎ屋」では唐揚げバージョンの「キムラ君」が登場するなど、レパートリーは拡大中。

キムラ君の特集を振り返り、スタジオからは「絶対に美味しい組合せ」「レパートリーが広がっているのがいい」などの感想が出た。


「木田武史」に関連するレストラン・飲食店

お店にも「キムラ君はじめました」などのポスターも貼り出されるなど、全国にキムラクンが急増中。キムラ君とは一体何なのかを調査する!

横浜市港北区にある麺処丹行味素 菊名西口店にも「キムラ君はじめました」の貼紙があったが、このキムラ君とは、キムチと食べるラー油を使った夏季限定の「キムラー麺」というメニューの事だった。

このキムラ君の発音は関西弁のアクセントだが、それは発祥が大阪にある「難波千日前釜たけうどん」というお店だから。そこで千代田区にある八重洲北口店で話を聞いてみると、メニューに「キムラ君」を発見!キムラ君の生みの親木田武史さんによれば、2011年の夏にデビューしたメニューで、名前のユニークさが話題となり、その後ポスターを作り他の店にも呼びかけ、現在では全国で130軒以上のお店がキムラ君を販売している。

東京・足立区にある「食道 うめきち」では、7月〜9月上旬までの期間限定で「焼き鳥丼キムラ君」を販売。この他にもこちらのお店では焼きそばタイプや冷奴バージョンなど様々なキムラ君をメニューに増やしている。

このように最初は麺から始まったキムラ君だったが、豊岡市のバーガーシティでは「赤いキムラ君バーガー」、高松市の「人情味酒場えんぎ屋」では唐揚げバージョンの「キムラ君」が登場するなど、レパートリーは拡大中。

キムラ君の特集を振り返り、スタジオからは「絶対に美味しい組合せ」「レパートリーが広がっているのがいい」などの感想が出た。

 (うどん、カレーうどん、天ぷら)

「木田武史」に関連するレストラン・飲食店

お店にも「キムラ君はじめました」などのポスターも貼り出されるなど、全国にキムラクンが急増中。キムラ君とは一体何なのかを調査する!

横浜市港北区にある麺処丹行味素 菊名西口店にも「キムラ君はじめました」の貼紙があったが、このキムラ君とは、キムチと食べるラー油を使った夏季限定の「キムラー麺」というメニューの事だった。

このキムラ君の発音は関西弁のアクセントだが、それは発祥が大阪にある「難波千日前釜たけうどん」というお店だから。そこで千代田区にある八重洲北口店で話を聞いてみると、メニューに「キムラ君」を発見!キムラ君の生みの親木田武史さんによれば、2011年の夏にデビューしたメニューで、名前のユニークさが話題となり、その後ポスターを作り他の店にも呼びかけ、現在では全国で130軒以上のお店がキムラ君を販売している。

東京・足立区にある「食道 うめきち」では、7月〜9月上旬までの期間限定で「焼き鳥丼キムラ君」を販売。この他にもこちらのお店では焼きそばタイプや冷奴バージョンなど様々なキムラ君をメニューに増やしている。

このように最初は麺から始まったキムラ君だったが、豊岡市のバーガーシティでは「赤いキムラ君バーガー」、高松市の「人情味酒場えんぎ屋」では唐揚げバージョンの「キムラ君」が登場するなど、レパートリーは拡大中。

キムラ君の特集を振り返り、スタジオからは「絶対に美味しい組合せ」「レパートリーが広がっているのがいい」などの感想が出た。

 (うどん、カレーうどん、天ぷら)

検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (14)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店 (6)
  • グルメ情報 (8)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報