ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「村尾信尚」の検索結果

「村尾信尚」に関連する情報 1097件中 1〜10件目

野村HD

本田圭佑氏とウィル・スミス氏と共同でドリーマーズ・ファンドを立ち上げた。野村HDからも出資をして、約100億円を米ベンチャー企業に投資。 スタジオでは、サッカーと投資ファンド、どのようにバランスを取っていくのか愉しみと村尾信尚がコメント。


ドリーマーズ・ファンド

本田圭佑氏とウィル・スミス氏と共同でドリーマーズ・ファンドを立ち上げた。野村HDからも出資をして、約100億円を米ベンチャー企業に投資。 スタジオでは、サッカーと投資ファンド、どのようにバランスを取っていくのか愉しみと村尾信尚がコメント。


熱中症

ことし2度目の猛暑日となった都心では江東病院に熱中症で搬送される人が相次いだ。都内では262人が熱中症を訴え、搬送された。宮城・名取市の小学校では校庭に出ていた児童38人が熱中症とみられる症状を訴え、病院に搬送された。大阪・枚方市でも女子生徒9人が搬送され、うち3人が重症だという。死者が出る事態にもなっていて、群馬・下仁田町では88歳の男性が熱中症とみられる症状で死亡。愛知・一宮市でも住宅で90代の女性が倒れているのが見つかった。その後、死亡が確認されたが熱中症の疑いがあるという。昨日には高温注意情報が出されていた愛知・豊田市では校外学習に出ていた男子児童が熱射病で死亡し、市長が謝罪。学校側の判断が適切だったか検証するよう教育委員会に指示した。

岡山・高梁市にある備中松山城では西日本豪雨により、城へと続く道で土砂崩れが発生。地元のボランティアが撤去作業を行い、きょうから営業を再開した。なお、観光業への影響は深刻で、美観地区のゲストハウス有鄰庵では先週までの1週間で40件のキャンセルがあった。笠岡市の花火業者「富士火工」では広島県と岡山県の花火大会からキャンセルの連絡が入ったという。そんな中、同社に花火を発注していたいんのしま水軍花火大会は尾道市の断水が解消し、安全対策を講じることができるなどから、予定通りの開催を決定。

村尾信尚キャスターは「熱中症は予防第一だが、熱中症と思われる症状として眩暈や立ちくらみ、手足の痺れなどが挙げられ、涼しい場所に移動して休息を取り、水分や塩分を摂取することが必要」と伝えた。会話が満足にできない場合は躊躇わず、救急車を呼ぶのが大切。


感染症

西日本豪雨は平成最悪となる129人が犠牲となった。村尾信尚はライフラインの寸断で食中毒などに注意を呼びかけた。


食中毒

西日本豪雨は平成最悪となる129人が犠牲となった。村尾信尚はライフラインの寸断で食中毒などに注意を呼びかけた。


「村尾信尚」に関連するイベント情報

2018FIFAワールドカップ

2018FIFAワールドカップ・グループH、日本vsポーランドが行われた。日本は決勝トーナメント進出を決めた。立役者は35歳の川島永嗣、川島は今大会すべてで先発。しかし、2試合で精彩を欠くプレーで失点。FIFA公式サイトでも酷評、渋谷のM-SPOでもサポーターは「川島アカン」と言われた。ポーランド戦前日会見で、川島は批判される覚悟がなければここにいないとし、次はチームを助けたいとした。指揮官はキャプテンとしてピッチに送り出した。試合ではビッグセーブを連発、サポーターは大きな声援を送った。試合後、川島は予選突破が最大の目的で今までやったことないことを成し遂げたいとした。

2018FIFAワールドカップで、日本代表は2大会ぶり決勝トーナメント進出。村尾信尚は決勝トーナメントに行くために西野監督の判断は1つだとした。北澤豪は世界の強豪国はこういうことをやり景色を見てきたとし、日本の成長だと話した。日本代表はベルギー代表となる。

2018FIFAワールドカップで、日本代表は2大会ぶり決勝トーナメント進出。次戦はFIFAランク3位のベルギー代表となった。ベルギーは圧倒的攻撃力でグループリーグ3連勝で決勝トーナメンに進出。エースはE.アザール、点取り屋R.ルカクは今大会4ゴール。

2018FIFAワールドカップで、日本代表は2大会ぶり決勝トーナメント進出。次戦はFIFAランク3位のベルギー代表となった。北澤豪は今大会ナンバーワンの得点力で、アザールとルカク、デブライネなど充実しているとした。日本は最近は1勝1敗となっている。杉山セリナはメキシコはブラジル相手で盛り上がっていると話した。

ロシア・カザンからラルフ鈴木が中継。日本代表の練習が始まったところだと説明。ベルギーについて、マルティネス監督はブラジル戦を聞かれ、日本戦が重要だと牽制したと伝えた。


「村尾信尚」に関連するイベント情報

FIFAワールドカップ 2018

カザンから80kmのボルゴグラードに日本代表が移動。レヴァンドフスキ選手や香川真司選手など代表選手の壁画を紹介。選手の家族も明日の試合の期待を語った。岡崎選手の兄・嵩弘さんは明日の試合でゴールをみせてほしいと語る。本田圭佑選手は暑さに対する対策をコメント。サポーターも地元の人も暑さについて語った。この他強敵として、大量の虫。沼地や川があるので虫の生育場所に。イングランド-チュニジア戦でも選手が避ける様子が紹介された。西野 JAPANは明日、暑さ、大量の虫、格上のポーランドが相手となる。

FIFAワールドカップ 2018で決勝トーナメント進出で欠かせない長友佑都に注目。2試合合計で日本代表でチーム1の走行距離を記録。長友佑都はゴールを決めると、熱いガッツポーズでチームを盛り上げる。西野監督が就任して以降勝利が無かったが、長友佑都は髪を金髪にして登場。ムードメーカーの存在で、中学の時など映像が紹介された。しかし前回2014 FIFAワールドカップでは、笑顔がなく、こらえきれず涙した。その後肉体強化に取り組み、あらたなトレーニングを取り入れた。ウォーターバッグを使用して体を鍛えていた。4年間1対1で負けたくない強い気持ちがあったと語った。セネガル戦ではしっかりとボールをコントロール。長友佑都は明日の試合に向け、強い気持ちと戦う気持ち、あとチームが1つになることに尽きると語る。

原口元気は短い距離のダッシュを数えるスプリント回数はチームトップの数値を記録。原点は愛犬とボールを捕られないようにするトレーニング。ドリブルと走力を鍛えたという。技術はプロ入りからも活かされた。しかしブラジルワールドカップには落選。気付かされたのは当たり負けする体の弱さ。移籍を決断しブンデスリーガへ。ここで弱点を克服することに挑んだ。フィジカルの強化、食事では妻るり子さんの手料理でサポートを受けた。すると意識の変化が生まれ、自身初のワールドカップでは攻守に走り回り貢献。決勝トーナメント進出を目指した。原口元気は最善の準備をして頑張りますとコメント。

明日対戦するポーランドについて伝える。R.レヴァンドフスキは所属のチームで30試合29ゴールで3度目の得点王。代表ではW杯予選で10試合16ゴール。3年前には8分59秒の5得点を挙げる活躍など4つのギネス記録を保持している。R.レヴァンドフスキの故郷、レシュノを訪れる。少年時代のコーチだったミンツベリカン氏は、当時は優れた選手ではなかったと語る。しかし当時から闘争心があったと語る。FIFAランク8位で国民の期待も高かったがまさかの2連敗。そうそうに敗退を決めた。この結果に同僚批判ととれる発言を。一方で日本代表にとって不気味なデータで、直近の2大会のワールドカップでは初戦・2戦目に負けたあと、第3戦では勝利というデータを紹介。

西野朗監督は明日の試合について、5時30分からのトレーニングで最終的な確認ができ決定を行う。国民に感動や希望を与えるようないいゲームをという気持ちを持っているとコメント。強いポーランドがいると思うのでそれ以上のスピリットを持っていく、リスペクトして臨みたい。一方で自分たちも自身を持って、コンディションの問題もあるが日本人らしいサッカーを行いクオリティの高いサッカーをしたいと語る。

村尾信尚はポーランドは親日国で、東日本大震災のときは被災地の中高生を30人招待している。それはそれとして明日は日本に頑張ってもらいたいとコメント。


「村尾信尚」に関連するイベント情報

ロシアW杯

ロシアW杯は日本がポーランドと引き分け以上で決勝トーナメント進出となった。ポーランドに敗れた場合はセネガル戦の結果次第。ポーランドのレヴァンドフスキ選手はバイエルン所属、今季ドイツで得点王となっている。ワールドカップ予選では10試合で16ゴールの活躍だった。

ロシアW杯で、西野朗監督はセネガル対策を聞かれ、乾貴士と大島僚太に5kg増量、身長を5cm伸ばせという調整に失敗したとジョークを飛ばした。監督の下でプレーした遠藤保仁はたまにギャグを言っていたが関東の感じだったとし、自主性を重んじる理解者という感じだと話した。西野監督はアトランタ五輪でブラジルに勝利したことで、「マイアミの奇跡」と言われたが、「奇跡と思っていない」とコメント。

アトランタ五輪で、西野監督はナイジェリアに敗れて守備一辺倒と批判を受けた。西野監督はJリーグでは攻撃的チームを作り上げた。FIFAクラブワールドカップ2008ではマンチェスターU・と壮絶な打ち合いで5-3で敗れた。これはアトランタ五輪での反骨だという。

西野監督は絶妙な選手交代が武器、2009年の天皇杯ガンバ大阪vs柏レイソルで、後半に選手交代をした柏レイソルに攻め込まれたが交代せず、延長戦で3人の選手交代をした。交代した選手が決勝ゴールを挙げた。セネガル戦でも神交代が冴え渡った。リードされてゴールを決めたのは交代した本田、さらに体を張ってゴールをアシストしたのは岡崎だった。西野朗監督は人もポジションも代えないと変化がないと思っていたのでよく決めたと話した。

W杯セネガル戦について、村尾信尚は北澤豪が3-2で日本が勝利と予想した説明責任を求めた。北澤は謝罪し、次は責任持って話したいとした。北澤は柴崎岳はパスもよかったが、粘り強い守備を選手が影響を受け始めたと話した。

ロシア・カザンからラルフ鈴木が中継、地元紙で本田はワールドカップ1番のジョーカーと話題だと伝えた。練習に全選手が参加、大迫勇也選手はポーランドは強いと思うが余計なことを考えず勝ち点3を取りに行くと話した。

ロシアW杯で現在日本はグループHで1位、セネガルとは勝ち点も得失点差も同じだが、警告数で1位に立っている。ポーランド戦で勝つか引き分けで決勝トーナメント進出、ポーランドとは激しい試合になるはず。日本はセネガル戦での走行距離が105.1km、セネガルは102.4kmだった。コンディションの回復が重要、気温も30度以上の会場で調整が必要だとした。


JR東日本

村尾信尚は、小林麻央と初めて植樹をした場所・福島・安達太良山に向かった。村尾がこの場所に来るのは11年ぶりのこと。訪れたのは山の麓。その先には、森の中に見えてきた緑鮮やかな木々。2007年JR東日本主催の安達太良 ふるさとの森づくりに参加。植樹の神様とも呼ばれる宮脇昭さんの指導の元、初めて植樹を行った。村尾が再びこの場所を訪れたのは、「(麻央さんと)植樹したときのことが忘れられない」「木を植えるって未来を見ることじゃないですか」などと語った。


レゴランド

村尾信尚は「障害者差別解消法がスタートしたが、国民の間にその主旨が徹底されていない。行政は啓発に努めてほしい」とコメントした。