ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「東ちづる」の検索結果

「東ちづる」に関連する情報 904件中 1〜10件目

「東ちづる」に関連するレストラン・飲食店

東「AZUMA」

スタジオでは東ちづるが怪しい店を経営していると話題になった。それは広島風お好み焼き店の東「AZUMA」だと紹介された。厨房にはネパール人もいて、なぜかネパール料理も提供しているという。お店からは給料を取ってないと東ちづるは語った。東ちづるはそんなに儲からないと語った。


「東ちづる」に関連する音楽・CD

男と女のラブゲーム

JR青梅線の小作駅で山口哲寛さんと合流。山口哲寛さんは山口鍼灸治療院ではり・きゅう師として勤務している。山口哲寛さんは大学入学後、テコンドーを始めるが、腰を痛め鍼治療を経験。大学卒業後、早稲田医療専門学校 東洋医療鍼灸学科(当時)に進学。卒業後、はり・きゅう師になり、35歳の時に独立。山口哲寛さんは、はいだしょうこと男と女のラブゲームをデュエットした経緯について、上岡先生が恥ずかしがったことから、フォローに入ったことが切っ掛けでデュエットすることになったと説明した。


小作駅

JR青梅線の小作駅で山口哲寛さんと合流。山口哲寛さんは山口鍼灸治療院ではり・きゅう師として勤務している。山口哲寛さんは大学入学後、テコンドーを始めるが、腰を痛め鍼治療を経験。大学卒業後、早稲田医療専門学校 東洋医療鍼灸学科(当時)に進学。卒業後、はり・きゅう師になり、35歳の時に独立。山口哲寛さんは、はいだしょうこと男と女のラブゲームをデュエットした経緯について、上岡先生が恥ずかしがったことから、フォローに入ったことが切っ掛けでデュエットすることになったと説明した。


JR青梅線

JR青梅線の小作駅で山口哲寛さんと合流。山口哲寛さんは山口鍼灸治療院ではり・きゅう師として勤務している。山口哲寛さんは大学入学後、テコンドーを始めるが、腰を痛め鍼治療を経験。大学卒業後、早稲田医療専門学校 東洋医療鍼灸学科(当時)に進学。卒業後、はり・きゅう師になり、35歳の時に独立。山口哲寛さんは、はいだしょうこと男と女のラブゲームをデュエットした経緯について、上岡先生が恥ずかしがったことから、フォローに入ったことが切っ掛けでデュエットすることになったと説明した。


山口鍼灸治療院

JR青梅線の小作駅で山口哲寛さんと合流。山口哲寛さんは山口鍼灸治療院ではり・きゅう師として勤務している。山口哲寛さんは大学入学後、テコンドーを始めるが、腰を痛め鍼治療を経験。大学卒業後、早稲田医療専門学校 東洋医療鍼灸学科(当時)に進学。卒業後、はり・きゅう師になり、35歳の時に独立。山口哲寛さんは、はいだしょうこと男と女のラブゲームをデュエットした経緯について、上岡先生が恥ずかしがったことから、フォローに入ったことが切っ掛けでデュエットすることになったと説明した。


「東ちづる」に関連するイベント情報

聖しこの夜☆はいだしょうこ 歌の世界2017


東京慈恵会医科大学

番組スタッフは村嶋英達さんと合流。村嶋英達さんは村島医院で総合内科・循環器・高血圧専門医として勤務している。村嶋英達さんは杉並リトルリーグに所属し、キャプテンを務めて全国大会にも出場。中学生の時にオスグッド病となり、運動を控えなければならなくなった。また、病気で苦しむ人を救いたいという気持ちも大きくなっていく。桐朋高校で猛勉強し、東京慈恵会医科大学に進学。卒業後は大学の附属病院に勤務。今年4月から村島医院で勤務している。


桐朋高校

番組スタッフは村嶋英達さんと合流。村嶋英達さんは村島医院で総合内科・循環器・高血圧専門医として勤務している。村嶋英達さんは杉並リトルリーグに所属し、キャプテンを務めて全国大会にも出場。中学生の時にオスグッド病となり、運動を控えなければならなくなった。また、病気で苦しむ人を救いたいという気持ちも大きくなっていく。桐朋高校で猛勉強し、東京慈恵会医科大学に進学。卒業後は大学の附属病院に勤務。今年4月から村島医院で勤務している。


オスグッド病

番組スタッフは村嶋英達さんと合流。村嶋英達さんは村島医院で総合内科・循環器・高血圧専門医として勤務している。村嶋英達さんは杉並リトルリーグに所属し、キャプテンを務めて全国大会にも出場。中学生の時にオスグッド病となり、運動を控えなければならなくなった。また、病気で苦しむ人を救いたいという気持ちも大きくなっていく。桐朋高校で猛勉強し、東京慈恵会医科大学に進学。卒業後は大学の附属病院に勤務。今年4月から村島医院で勤務している。


村島医院

番組スタッフは村嶋英達さんと合流。村嶋英達さんは村島医院で総合内科・循環器・高血圧専門医として勤務している。村嶋英達さんは杉並リトルリーグに所属し、キャプテンを務めて全国大会にも出場。中学生の時にオスグッド病となり、運動を控えなければならなくなった。また、病気で苦しむ人を救いたいという気持ちも大きくなっていく。桐朋高校で猛勉強し、東京慈恵会医科大学に進学。卒業後は大学の附属病院に勤務。今年4月から村島医院で勤務している。