ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「東京オリンピック」の検索結果

「東京オリンピック」に関連する情報 44146件中 1〜10件目

リアル建設

東京オリンピック・パラリンピック開催まで残り2年となり、急ピッチで関連施設の建設が行われている。全国で約32兆円の経済効果を創出し、約194万人の雇用を生み出すとして期待されているが、建設作業員の不足が問題となっている。リアル建設では外国人技能実習生の活用を行っているという。


オリンピックアクアティクスセンター

東京オリンピック・パラリンピック開催まで残り2年となり、急ピッチで関連施設の建設が行われている。全国で約32兆円の経済効果を創出し、約194万人の雇用を生み出すとして期待されているが、建設作業員の不足が問題となっている。リアル建設では外国人技能実習生の活用を行っているという。


週刊東洋経済

東京オリンピック・パラリンピック開催まで残り2年となり、急ピッチで関連施設の建設が行われている。全国で約32兆円の経済効果を創出し、約194万人の雇用を生み出すとして期待されているが、建設作業員の不足が問題となっている。リアル建設では外国人技能実習生の活用を行っているという。


「東京オリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

東京オリンピック・パラリンピック開催まで残り2年となり、急ピッチで関連施設の建設が行われている。全国で約32兆円の経済効果を創出し、約194万人の雇用を生み出すとして期待されているが、建設作業員の不足が問題となっている。リアル建設では外国人技能実習生の活用を行っているという。

スタジオでは建設業界の人手不足について解説された。東京オリンピック・パラリンピック施設の工事予定について専門家からは、政府の威信にかけて間に合わせるであろうとの意見が挙がった。


「東京オリンピック」に関連するイベント情報

東京オリンピック

東京オリンピック・パラリンピック開催まで残り2年となり、急ピッチで関連施設の建設が行われている。全国で約32兆円の経済効果を創出し、約194万人の雇用を生み出すとして期待されているが、建設作業員の不足が問題となっている。リアル建設では外国人技能実習生の活用を行っているという。

スタジオでは建設業界の人手不足について解説された。東京オリンピック・パラリンピック施設の工事予定について専門家からは、政府の威信にかけて間に合わせるであろうとの意見が挙がった。


「東京オリンピック」に関連するイベント情報

東京オリンピック

チームラボのデジタルアートミュージアムについて。東京オリンピックの開会式をチームラボにやってもらいたいと手嶋。見てるだけでなく触れることも出来て、どことなく日本の情緒があって懐かしい感じがすると渋谷。子どもが体験することでいろんな発想に繋がりそうだと北澤。照明などは今後コンサートなどでも使われるのではないかと中山。ミュージアム内では同じ光景が2度無く、1度ではまわりきれないとも。


EPSON teamLab Borderless

チームラボの作ったデジタルアートミュージアムが今週木曜にお台場パレットタウンに東京常設ミュージアム「EPSON teamLab Borderless」がオープン。猪子氏が率いるチームラボは、最新テクノロジーを駆使したアート作品を手がけている。

ミュージアムの敷地面積は一万平米、520台のコンピューターと470台のプロジェクターを駆使して、世界初公開を含め約60作品を公開。世界でも大規模なデジタルアートミュージアム。館内は照明を落としており、地図や道順は無い。今回のコンセプトは迷いながら世界を楽しむという「境界のない世界」。今回は6作品を紹介。

最初は日本の四季を表現する花々のエリア。場所によって咲いている花が異なり、また時間の経過で映し出される花が変わっていく。壁に鏡を張り巡らせており、迷路のような空間となっている。

次は巨大スクリーンに滝が流れるエリア。水が岩のオブジェを通って全体に広がっていくリアルな動きを表現。センサーが人の動きを感知し、人が立つと水の流れが変化、足元に花が咲いていく。

3つめは数百個のランプが吊るされているランプの森。全面鏡張りのため、奥行きが深く見える。人が立ち止まると近くのランプの色が変わり、隣のランプへと色が伝播する。また他の人が点した色と交差すると別の色に変化。使用されているランプは職人手づくりのベネチアン・グラスを使用している。

4つめは音と光で作る立体空間。スポットライトの光の動きだけで立体物があるように見せるデジタルアートが使われている。

5つ目はアプリと連動する作品。無数のLEDが吊るされており、公式アプリで象形文字を選ぶと文字の内容に沿った表現をLEDで行う。

最後はチームラボ初の身体を動かすアート作品。身体を動かしながらデジタルアートを体感できる。宇宙の星をテーマにした巨大トランポリンは、跳ねている場所に星屑が集まり惑星が出来、飛び跳ねるほど大きくなっていく。他にも自分が滑る事でフルーツが育ったり花火が上がる大きな滑り台や、特定の色だけを使って進むとその色の特有の音色が響く3Dボルダリングなどがある。

チームラボのデジタルアートミュージアムについて。東京オリンピックの開会式をチームラボにやってもらいたいと手嶋。見てるだけでなく触れることも出来て、どことなく日本の情緒があって懐かしい感じがすると渋谷。子どもが体験することでいろんな発想に繋がりそうだと北澤。照明などは今後コンサートなどでも使われるのではないかと中山。ミュージアム内では同じ光景が2度無く、1度ではまわりきれないとも。


teamLab

チームラボの作ったデジタルアートミュージアムが今週木曜にお台場パレットタウンに東京常設ミュージアム「EPSON teamLab Borderless」がオープン。猪子氏が率いるチームラボは、最新テクノロジーを駆使したアート作品を手がけている。

ミュージアムの敷地面積は一万平米、520台のコンピューターと470台のプロジェクターを駆使して、世界初公開を含め約60作品を公開。世界でも大規模なデジタルアートミュージアム。館内は照明を落としており、地図や道順は無い。今回のコンセプトは迷いながら世界を楽しむという「境界のない世界」。今回は6作品を紹介。

最初は日本の四季を表現する花々のエリア。場所によって咲いている花が異なり、また時間の経過で映し出される花が変わっていく。壁に鏡を張り巡らせており、迷路のような空間となっている。

次は巨大スクリーンに滝が流れるエリア。水が岩のオブジェを通って全体に広がっていくリアルな動きを表現。センサーが人の動きを感知し、人が立つと水の流れが変化、足元に花が咲いていく。

3つめは数百個のランプが吊るされているランプの森。全面鏡張りのため、奥行きが深く見える。人が立ち止まると近くのランプの色が変わり、隣のランプへと色が伝播する。また他の人が点した色と交差すると別の色に変化。使用されているランプは職人手づくりのベネチアン・グラスを使用している。

4つめは音と光で作る立体空間。スポットライトの光の動きだけで立体物があるように見せるデジタルアートが使われている。

5つ目はアプリと連動する作品。無数のLEDが吊るされており、公式アプリで象形文字を選ぶと文字の内容に沿った表現をLEDで行う。

最後はチームラボ初の身体を動かすアート作品。身体を動かしながらデジタルアートを体感できる。宇宙の星をテーマにした巨大トランポリンは、跳ねている場所に星屑が集まり惑星が出来、飛び跳ねるほど大きくなっていく。他にも自分が滑る事でフルーツが育ったり花火が上がる大きな滑り台や、特定の色だけを使って進むとその色の特有の音色が響く3Dボルダリングなどがある。

チームラボのデジタルアートミュージアムについて。東京オリンピックの開会式をチームラボにやってもらいたいと手嶋。見てるだけでなく触れることも出来て、どことなく日本の情緒があって懐かしい感じがすると渋谷。子どもが体験することでいろんな発想に繋がりそうだと北澤。照明などは今後コンサートなどでも使われるのではないかと中山。ミュージアム内では同じ光景が2度無く、1度ではまわりきれないとも。


ムラサキパーク東京

今年4月、8万6千人の観衆を集めたFISE広島。国内唯一のスケートボードの世界大会でただ1人90点台を出した17歳の池田大亮。東京オリンピックで新競技となるスケートボードは、お椀型のコースで技を競うパークと、手すりや階段などの障害物を使うストリートがあるが、どちらも主な採点項目が難易度など5つ存在する。その中で池田が大事にしているのはメイク率=技の成功率。制限時間があるこの競技は失敗すると多くの技が出せなくなり点が伸びない。池田は海外の選手の動画を見ながら独学で技を修得。100%のメイク率にするまで3ヶ月かかることもあるという。ボードと靴は2週間で使えなくなるそう。試合中はヒップホップを聴きながら臨むという。


池田大亮Instagram

今年4月、8万6千人の観衆を集めたFISE広島。国内唯一のスケートボードの世界大会でただ1人90点台を出した17歳の池田大亮。東京オリンピックで新競技となるスケートボードは、お椀型のコースで技を競うパークと、手すりや階段などの障害物を使うストリートがあるが、どちらも主な採点項目が難易度など5つ存在する。その中で池田が大事にしているのはメイク率=技の成功率。制限時間があるこの競技は失敗すると多くの技が出せなくなり点が伸びない。池田は海外の選手の動画を見ながら独学で技を修得。100%のメイク率にするまで3ヶ月かかることもあるという。ボードと靴は2週間で使えなくなるそう。試合中はヒップホップを聴きながら臨むという。