ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「東京オリンピック」の検索結果

「東京オリンピック」に関連する情報 48299件中 1〜10件目

「東京オリンピック」に関連するイベント情報

東京オリンピック

伊調馨選手が全日本選手権の出場権がかかった全日本女子オープン選手権で2年2か月ぶりの復帰戦に臨んだ。伊調馨選手はリオ五輪で女子個人史上初の五輪4連覇を達成し国民栄誉賞も受賞。しかし今年に入り日本レスリング協会前強化本部長の栄和人氏によるパワハラが発覚。伊調選手は現役続行について明言を避けてきた。それでも今年4月から本格的に練習を再開していた。1回戦ではわずか38秒でTフォール勝ち。準決勝もフォール勝ち。決勝では序盤からリードを奪い最後もフォール勝ち。貫禄の強さを見せ復帰戦で優勝を果たした。伊調選手は「レスリングを再開できたことが幸せ。期待に応えて頑張りたい。」などと話した。復帰まではOL生活をしていた期間もあったと明かし「自分の好きなレスリングやれることは幸せなことなんだなと学んだ。」などと話した。五輪5連覇の挑戦については「絶対に崩れない気持ちを作ってから発言したい。」などと話した。


「東京オリンピック」に関連するイベント情報

東京五輪

昨日復帰した伊調馨選手は心機一転髪を切り腕や肩は引き締まったように見えた。初戦からすべてフォール勝ちを収め。決勝でも圧倒的なフォール勝ち。ブランクを見せずに優勝をした。全日本選手権の切符を手に入れた。試合後の会見で伊調選手は「自分にとって復帰できたことは幸せ。喜びを感じながらやれた部分もある(パワハラ騒動については)たくさんの人に迷惑、心配をかけた部分も大きい、自分がレスリングをすることで自分勝手なんじゃないかと。苦しい、やりたい、苦しい、やりたいの繰り返しだった」とコメントした。

昨日復帰した伊調馨選手。まさに苦しんでいた時にニューヨークで行われたレスリングのイベントに出席した伊調選手は4月から少しずつ練習を始めていたというが、復帰の時期は名言しなかった。先月伊調選手に会っていたという恩師の澤内和興さんは復帰までの苦労について「復帰するまでにはかなりパワーが必要だったのでは。気持ちの上ではやめていたと思うし、それをリセットするまではかなり悩んだと思う。(ブランクについて)あのぐらいの選手なら、少しでも自信がなければでないと思うし、行けると感じていると思う」とコメント。しかし、伊調選手は昨日の優勝後「まだ世界とは戦えない」と自らを評価した。そして、語られたのは東京オリンピック出場へこれまでよりも明確な思いだった。

昨日復帰した伊調馨選手は、昨日試合を終えたあとの会見で「試合を終えて精神的にも肉体的にもまだまだ。(パワハラ問題もあったが)やりたかったらやってみたらと周囲の言葉があり勇気をもらった。(レスリングから離れた期間を振り返り)あまり会社員に向いていないとわかった」と語った。また、東京五輪の出場について「年齢も年齢。東京五輪を目指すというのは簡単には言えない。それ相応の覚悟がないと。東京で5連覇したいという気持ちはこころの底から作ってないといけない。絶対崩れない気持ちを作ってから」とコメントしている。

復活!伊調馨選手・・・東京五輪に「2つの壁」。


「東京オリンピック」に関連するイベント情報

リオ五輪

昨日復帰した伊調馨選手は心機一転髪を切り腕や肩は引き締まったように見えた。初戦からすべてフォール勝ちを収め。決勝でも圧倒的なフォール勝ち。ブランクを見せずに優勝をした。全日本選手権の切符を手に入れた。試合後の会見で伊調選手は「自分にとって復帰できたことは幸せ。喜びを感じながらやれた部分もある(パワハラ騒動については)たくさんの人に迷惑、心配をかけた部分も大きい、自分がレスリングをすることで自分勝手なんじゃないかと。苦しい、やりたい、苦しい、やりたいの繰り返しだった」とコメントした。

昨日復帰した伊調馨選手。まさに苦しんでいた時にニューヨークで行われたレスリングのイベントに出席した伊調選手は4月から少しずつ練習を始めていたというが、復帰の時期は名言しなかった。先月伊調選手に会っていたという恩師の澤内和興さんは復帰までの苦労について「復帰するまでにはかなりパワーが必要だったのでは。気持ちの上ではやめていたと思うし、それをリセットするまではかなり悩んだと思う。(ブランクについて)あのぐらいの選手なら、少しでも自信がなければでないと思うし、行けると感じていると思う」とコメント。しかし、伊調選手は昨日の優勝後「まだ世界とは戦えない」と自らを評価した。そして、語られたのは東京オリンピック出場へこれまでよりも明確な思いだった。


朝日新聞

昨日復帰した伊調馨選手は心機一転髪を切り腕や肩は引き締まったように見えた。初戦からすべてフォール勝ちを収め。決勝でも圧倒的なフォール勝ち。ブランクを見せずに優勝をした。全日本選手権の切符を手に入れた。試合後の会見で伊調選手は「自分にとって復帰できたことは幸せ。喜びを感じながらやれた部分もある(パワハラ騒動については)たくさんの人に迷惑、心配をかけた部分も大きい、自分がレスリングをすることで自分勝手なんじゃないかと。苦しい、やりたい、苦しい、やりたいの繰り返しだった」とコメントした。

昨日復帰した伊調馨選手。まさに苦しんでいた時にニューヨークで行われたレスリングのイベントに出席した伊調選手は4月から少しずつ練習を始めていたというが、復帰の時期は名言しなかった。先月伊調選手に会っていたという恩師の澤内和興さんは復帰までの苦労について「復帰するまでにはかなりパワーが必要だったのでは。気持ちの上ではやめていたと思うし、それをリセットするまではかなり悩んだと思う。(ブランクについて)あのぐらいの選手なら、少しでも自信がなければでないと思うし、行けると感じていると思う」とコメント。しかし、伊調選手は昨日の優勝後「まだ世界とは戦えない」と自らを評価した。そして、語られたのは東京オリンピック出場へこれまでよりも明確な思いだった。

昨日復帰した伊調馨選手は、昨日試合を終えたあとの会見で「試合を終えて精神的にも肉体的にもまだまだ。(パワハラ問題もあったが)やりたかったらやってみたらと周囲の言葉があり勇気をもらった。(レスリングから離れた期間を振り返り)あまり会社員に向いていないとわかった」と語った。また、東京五輪の出場について「年齢も年齢。東京五輪を目指すというのは簡単には言えない。それ相応の覚悟がないと。東京で5連覇したいという気持ちはこころの底から作ってないといけない。絶対崩れない気持ちを作ってから」とコメントしている。


「東京オリンピック」に関連するイベント情報

東京オリンピック

来年10月1日に消費税が10%に上がる。住宅購入は駆け込みすべきなのか、専門家に聞くと「消費税増税後は購入希望者が減る。不動産業者は早く処分したいため値引きを行なう。値引き額は1割引もざらで、数百万円値引きすることもあるため購入を焦る必要はない」とのこと。逆に増税前は安くする必要がなく業者も強気。ユージさんは「オリンピックを前に今は値上がりしている。自分が買うならいつとは言えないが、オリンピック後もしばらくは高値を維持しようと頑張るだろうから、数年後」とコメント。専門家は「東京五輪後は景気が減速し住宅需要も冷え込む。これをオリンピックの壁といい、物件価格が下がる可能性が高い。増税アップを気にするよりも五輪後に価格が下がったところで買うのが賢明」としている。森田豊さんが「住居の価格は比較的流動的だけど、車は安定しているから違うのでは」と意見すると、龍崎孝さんは「車も販売店は商売だから、増税後は一気に落ち込むのを防ぐためにオプションをつけたりキャッシュバックをしたり、いろんな努力をする。そのため必ずしも増税後は損をするということにはならない」と話した。ユージさんは「消費税増税前に買って得をするのは家電とかじゃないか。あのくらいの価格帯ならお得気分を味わえる」と話した。


「東京オリンピック」に関連するイベント情報

東京オリンピック

レスリング女子で史上初の4連覇を達成した伊調選手が全日本女子オープンで788日ぶりに実戦復帰し、見事優勝を飾った。伊調選手がリオで優勝した58キロ級は廃止され、東京オリンピックでは57キロ級での挑戦が確実となった。その場合、吉田選手もこの階級になる可能性があり、熾烈な争いとなる可能性もある。(夕刊フジ)


「東京オリンピック」に関連するイベント情報

全日本女子オープン

レスリング女子で史上初の4連覇を達成した伊調選手が全日本女子オープンで788日ぶりに実戦復帰し、見事優勝を飾った。伊調選手がリオで優勝した58キロ級は廃止され、東京オリンピックでは57キロ級での挑戦が確実となった。その場合、吉田選手もこの階級になる可能性があり、熾烈な争いとなる可能性もある。(夕刊フジ)


「東京オリンピック」に関連するイベント情報

リオデジャネイロオリンピック

レスリング女子で史上初の4連覇を達成した伊調選手が全日本女子オープンで788日ぶりに実戦復帰し、見事優勝を飾った。伊調選手がリオで優勝した58キロ級は廃止され、東京オリンピックでは57キロ級での挑戦が確実となった。その場合、吉田選手もこの階級になる可能性があり、熾烈な争いとなる可能性もある。(夕刊フジ)


夕刊フジ

人気漫画のキャラクターで駅名看板をいじりたおし、車内にペンギンやカワウソを投入。駅名を子どもから公募。東京都と神奈川県を結ぶ京急電鉄が目新しい企画を次々打ち出している。この夏に展開したマンガ「北斗の拳」と連動した企画で、主人公・ケンシロウのラッピング電車は定番の範囲だが、駅名の看板まで一時的に変更してしまった。京急蒲田駅が「京急かぁまたたたたーっ駅」になっている。好意的な意見の一方で「すざけすぎ」との声も出ている。ほかにもユニークな企画が飛び出した。沿線の観光スポット・京急油壺マリンパークの50周年企画では本物のカワウソやペンギンが車内に乗り込んだ。(夕刊フジ)

レスリング女子で史上初の4連覇を達成した伊調選手が全日本女子オープンで788日ぶりに実戦復帰し、見事優勝を飾った。伊調選手がリオで優勝した58キロ級は廃止され、東京オリンピックでは57キロ級での挑戦が確実となった。その場合、吉田選手もこの階級になる可能性があり、熾烈な争いとなる可能性もある。(夕刊フジ)


「東京オリンピック」に関連するイベント情報

パラリンピック

2014年の11月、消費税10%を2017年4月に延期すると表明。2016年6月にもう一度、消費税10%を2019年10月に延期すると表明している。井出氏は「世界的に見た景気はいま良い。東京オリンピック・パラリンピックの後のいい材料が見当たらない。待っていたらまた出来なくなる、いまやっておかないという見方もできる。」と話した。伊藤氏は「今回の方が先行きの経済の不透明感が強いと感じる」と話した。