ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「東京パラリンピック」の検索結果

「東京パラリンピック」に関連する情報 6660件中 1〜10件目

「東京パラリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

東京五輪は国内42の会場で史上最多となる33競技・399種目が行われる。各競技の開始時間は暑さ対策として 男女のマラソンは午前7時、陸上男子50キロ競歩が午前6時などとなっている。また、開会式翌日から体操など人気書目が始まる。8月1日を「スーパーサタデー」と名付け、女子ラグビー決勝などを配置して大会鋼板を盛り上げたいとしている。


「東京パラリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

東京五輪・パラリンピック開幕までまもなく2年!きのう競技日程の大枠が承認された。おととし12月から本体工事が始まっている新国立競技場の建設現場が公開された。競技場は三層からなるスタンド部分がほぼ完成。今後は内装工事も進められ、来年11月に完成予定だという。開幕日は7月24日ということで懸念されるのが“暑さ”。そのため、日陰になる部分を多くしたり、風の流れを良くするなど暑さ対策をした設計になっている。スケジュールは開会式2日前は女子サッカー(東京スタジアム)の初戦が行われる。サッカー男子の開幕は開会式前日。東京五輪では午後4時半にキックオフ。気温や湿度はもちろん、選手のスタミナ面にどう変化が表れるのか?大会1日目の有明アリーナではバレーボールが開催。

スケジュールは開会式2日前は女子サッカー(東京スタジアム)の初戦が行われる。サッカー男子の開幕は開会式前日。東京五輪では午後4時半にキックオフ。気温や湿度はもちろん、選手のスタミナ面にどう変化が表れるのか?大会1日目(7月25日)の有明アリーナではバレーボールが開催。今回、新たに建設されているバレーボール会場ではどんな戦いが繰り広げられるのか?同日に始まるのがテニス。暑さへの対策が試合の行方を左右するかも知れない。大会2日目(26日)に始まるのがカヌー。建設中の会場が報道陣に公開された。国内初となる人工競技場で全長200mのコースの輪郭が見え始めたところだ。きのうこの会場の気温を調べると34.5℃ 湿度68%だった。観客には暑さ対策が必要となりそうだ。これについて小池百合子知事は、「首に冷却スカーフを巻いて」などと提案した。大会7日目(31日)は新国立競技場で陸上がスタート。注目は男子400mリレーだ。大会9日目(8月2日)は女子マラソンがスタート。ロス五輪ではガブリエラ・アンデルセン選手が脱水症状をお越しフラフラになりながらゴール。夏のマラソンの過酷さを世界中に知らしめた。マラソンは暑さ対策として午前7時にスタートするというが、きのうの東京の午前7時の気温は28.7℃、ゴール時刻になる午前7時には33℃まで上昇していた。きのうコースになっている浅草にいた外国人観光客は「こんなに暑い中、マラソンなんてバカげてる」、「インドに比べたら問題ない」などという声があった。また、勝負を分ける場面の皇居前内堀通り。この辺りは高い建物などもないため直射日光を浴びながら走らなければならない懸念がある。猛暑の中、開催されるマラソン。対策は万全なのか?


「東京パラリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の建設現場が公開された。新国立競技場は地上5階・地下2階建てで、屋根の一部等に木材が使用されている。建設は一昨年12月から始まり、現在は全体の約4割が完成した。新国立競技場の完成予定は来年11月だ。


「東京パラリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

東京五輪の競技日程の大枠が固まった。屋外種目について、開始時間を前倒しするなど酷暑の大会を強く意識した大会となっている。開始時間を主に早めた種目は「マラソン 午前7時スタート」、「男子50キロ競歩 午前6時」にスタートする。競技は7月24日の開会式に先立ち、22日に福島県営あづま球場でのソフトボール日本戦でスタートする。また、メインスタジアムになる新国立競技場の進捗率は約40%で工期も後半戦に入っている。(産経新聞)


「東京パラリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場である新国立競技場が報道陣に公開された。出演者は「目に見えてくるといよいよという実感が湧いてくる」などとコメントした。(スポーツ報知)


「東京パラリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の建設現場が公開された。スタンド部分はほぼ完成。現在は屋根の取り付け工事が始まっている。2019年11月竣工予定。完成度は約4割程度。


「東京パラリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

2020年の東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムである新国立競技場の建設現場がきょう公開されたきょう観客席の土台がほぼ完成した。屋根の取り付け工事も始まっていてこの屋根の工事が最難関とされている。暑さ対策としてエントランスなどにミストの装置や冷房のついた部屋も作られる。日本スポーツ振興センターによると作業員は現在約2000人態勢で来年11月完成を目指し順調に進んでいる。完成後には名称を「国立競技場」として運営する方針。


「東京パラリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

今日公開されたのは東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の内部。全体の約4割が完成しているという。現在行われているのはスタンドの上に取り付けられる屋根の工事。地上で組み立て、クレーンでつり上げる取り付けていく。完成すれば地上5階、地下2階建ての競技場となり、屋根の一部などに木材が使用されている。新国立競技場で行なわれるのは開会式や閉会式、陸上競技などが予定されている。建設費用やリッチや立地条件で変更が検討されていたオリンピックの競技場はいまどうなっているのか。葛西臨海公園の近くにある隣接地で行われるのはカヌー・スラローム。予定通り進んでいるという各競技場の建設工事は来年度中の完成を目指しているという。


「東京パラリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

東京オリ・パラまで2年。4割完成 「新国立競技場」建設現場を公開。工事は一昨年12月に開始され、現在1日あたり約2000人が作業している。今年2月からはスタンドを覆う屋根の工事が始まっていた。屋根は鉄骨を中心に国産木材を組み合わせ、長さ60メートルの予定。競技場全体を冷やす冷房設備はないが気流創出ファンや冷房付きの休憩室が設置される。新国立競技場は来年11月に完成予定。


「東京パラリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

水卜麻美は「昨日、建設途中の東京オリンピック・パラリンピックの会場の一部が公開された。来年中にできる会場がある。」等とコメントした。加藤さんは「どういった対策ができるかをこれから考えていく事になると思う。」等とコメントした。