ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「東京パラリンピック」の検索結果

「東京パラリンピック」に関連する情報 7124件中 1〜10件目

「東京パラリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

桜田義孝五輪相について蓮舫議員を「れんぽう」と呼び間違える場面があった。IOCと東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の初協議の場では組織委員会副会長で、バリアフリー化の実態調査を行っている。


「東京パラリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

サイバーセキュリティとは不正アクセスなどサイバー攻撃に対しての防御行為。サイバーセキュリティ基本法改正案の答弁を担当するのが桜田大臣。2020年東京大会開催に万全を期すため官民で作る協議会の来年4月設置を目指している。来年は6月にG20大阪サミット、9月〜11月にラグビーW杯もあるため、政府は今の国会での成立を目指す。田崎さんは「重要法案じゃない。でもこれに引っ掛けて桜田さんを呼んだ。改正案は熱心に審議しないと思う」、八代さんは「対決側法案じゃない」、伊藤さんは「重要なテーマには間違いない。今一番恐れているのはサイバーテロ。飛行機とかに攻撃かけてくるのも有りうる」などと話す。委員会でサイバーセキュリティについて知見・経験はあるか聞かれた桜田大臣は「国民目線の対策を実施する」、パソコンを使うか聞かれ「自分で打つことはない」などと答えた。


「東京パラリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

2020年東京オリンピック・パラリンピックで大会スタッフやボランティアが着るユニフォームのデザインを決める会議が開かれ、タレントの香取慎吾さんやファッションデザイナーのコシノヒロコさんらが出席。会議では暑さ対策や障害の有無にかかわらず着用できる事などを考慮したユニフォームのコンセプトが挙げられた。ユニフォームは十二単をモチーフに重ね合わせたコアグラフィックスという柄をもとにデザインされ、大会スタッフやボランティアなど11万人以上が着ることになる。


「東京パラリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

2020年東京五輪・パラでユニホームのデザイン選考会が来週から始まる。ユニホームは大会スタッフ用と都市ボランティア用の2種類、計約12万人が着用。来週からのデザイン選考を前に選考委員が集まり事前説明会。ユニホームのデザインはコアグラフィックスに基づくのが原則。通気性を重視し、環境に配慮した素材を使う。選考委員会は来年3月メドにデザインを決定。


「東京パラリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

東京メトロは昨日警視庁などと合同で異常時訓練を行った。東京オリンピック・パラリンピックの開催を控え防犯体制を強化する考え。


「東京パラリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

初入閣となる桜田、片山両大臣についてのトーク。桜田大臣について言い間違いや即答できないなどの問題とその後の通告がなかったという発言、それに対する蓮舫氏の反論などが説明された。その後桜田大臣は通告がなかったという発言を撤回した。だが謝罪は行われなかったという。今日午前にはちぐはぐな答弁について謝罪が行われ、国民から選ばれた人間としての配慮も欠けていたなどと述べられた。だがもう少し詳しい聞き取りがあったら良かったなどと不満をにじます言葉も出たという。撤回と謝罪を分けた理由について回答のVTRが流れ、1回めで謝罪していたが十分ではなかったなどと語り、どの文言が謝罪かと聞かれると今すぐには答えられないなどと述べたという。

柿崎氏からは元々桜田大臣はこういった感じで、物事を理解してないわけではないが喋り方がラフで言い間違いで訂正が求められなければそのままやってしまうなどと述べられた。言い間違いは誰にでもあり、訓練次第で人並みには持っていけると思うので一刻も早くまともになって欲しいなどと述べられた。一方桜田大臣は活動力はあり、従軍慰安婦問題や原発のゴミなどを掘り下げたほうが生産的ではないかなどと語られた。「資質とかも言われてますが」「今回の内閣人事、あまり良い人事ではないと言われているんですよね」などと語られ、野党側はダメなところを突きたく、意地の悪い質問であるのは間違いないなどと述べられた。 この後はあまりに多い言い間違いについて掘り下げるという。


「東京パラリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

言い間違いを連発している桜田義孝五輪相。答弁がしどろもどろになった理由として「通告がなくて分からない。」と話した。しかし蓮舫議員は「質問通告はした。」と主張した。その後、桜田五輪相は通告はあったと発言をひるがえした。その後、与野党が桜田五輪相が会見で謝罪することで合意した。会見で蓮舫議員をれんぽうと言い間違いつつも質問通告の有無については撤回した。謝罪がなかったことに対し批判の声もあった。桜田五輪相は衆議院文部科学委員会でも言い間違いを連発し、終始原稿から目を離さなかった。桜田五輪相は先週、「なぜ選ばれたのか分からないが、首相が適材適所と思って選んでいただけたと思ってしっかりと取り組んでいく。」などと発言していた。街の人は「間違えないように最初から気をつけてやること。謝罪は絶対に必要。」などと話した。


「東京パラリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

築地市場は日本の台所と呼ばれ、近年は東京を代表する観光スポットを注目を集めてきた。しかし、先月6日に幕を下ろし、東京オリンピック・パラリンピックの際はバス850台乗用車約1850台を収容する輸送拠点になる。


「東京パラリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

立憲民主党の蓮舫副代表は当時人気芸能人の登竜門だったクラリオンガールに選ばれてグラビアアイドルとして大活躍。その後、キャスターとして活動していた時期に舛添さんからのプロポーズを断ったと話題になった。そして2004年に政界入り。舌鋒鋭い追及が代名詞に。そして、今週その矛先が向けられたのは桜田義孝オリンピック・パラリンピック担当大臣。蓮舫副代表の質問にはすぐに答弁できずに担当者の説明を受ける始末。追及中に何度も汗を拭う姿が。さらに、蓮舫副代表の名前を間違える場面も。

国会美熟女・蓮舫議員が桜田五輪相を厳しく追及したことについて。杉村太蔵氏は「桜田大臣が、以前文部科学副大臣の時に東京オリンピックが決まっている。この時に文部科学副大臣として大会組織委員会の副会長になっていた。大会の基本ビジョンを考えている人。そして、今回はパラリンピックを充実させようとしてきた。私からしたら、緊張しているとしか見えない」とコメント。テリー伊藤氏は「大臣を選ぶ時にもっときちんと選ばなければならない。世界から注目されているこの大会に向けて大臣に選ばれるような人は、”自分ならこういう大会にしたい”などのアイデアを持つべき。派閥の中から割り振るのではなくしっかり情熱のある人。野党なら蓮舫さんのような追及は当たり前、あれくらいしっかり返さないといけない」とコメント。木村氏は以前次期首相にふさわしいのは蓮舫議員と話していたことについて「2位じゃいけないんですか?という発言が大好き。なんでも1位じゃなきゃいけないという考えが今の日本を硬直化している。柔軟な考えがいい」とコメント。


「東京パラリンピック」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

きょう、桜田五輪相が衆・文科委で、後ろに座った官僚から発言を訂正される場面が目立った。今月5日、立憲民主党の蓮舫議員から、東京オリンピック・パラリンピックの3つのコンセプトを聞かれた桜田五輪相は、すぐに答えられず審議が度々ストップするなど、野党から大臣としての資質を問われている。当初、答弁に仇したのは質問の通告が全然なかったなどと説明していたが、けさ「これは事実上と若干違うので撤回させていただきたい」と述べ撤回したが謝罪はなかった。立憲民主党の辻元国対委員長は、蓮舫議員をレンポウ議員といったときき、もうオリンピック担当大臣、なかなか難しいんじゃないですか、とコメントした。そして野党側から集中砲火を浴びている片山地方創生相。立憲民主の今井雅人議員は、値段をつけて売っていたカレンダーを無料で配っていたことについて、公職選挙法に違反するのではと追求した。これに片山地方創生相は、実際にそれで買った方がいなかったもんですから、売り上げは立っておらず、お売りしたことはありません、と釈明した。