ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「東京中日スポーツ」の検索結果

「東京中日スポーツ」に関連する情報 13186件中 1〜10件目

東京中日スポーツ

藤井聡太四段は竜王戦予選6組ランキング戦決勝で近藤誠也五段を破り、19連勝に記録を伸ばした。藤井聡太四段は「今日は終始攻め続けたのが良かった」などと話した。


東京中日スポーツ

藤井フィーバーは将棋界にとってファン拡大へのチャンス。日本将棋連盟はグッズ制作に乗り出している。関西将棋会館では藤井四段の扇子を500本制作し6月に発売する予定。東京でも扇子以外のグッズについて前向きに検討中。(東京中日スポーツ)


「東京中日スポーツ」に関連するイベント情報

竜王戦

将棋・藤井聡太四段が中学生初の竜王戦本戦の出場が決定。来月次の対局がある模様。(東京中日スポーツ)


東京中日スポーツ

将棋・藤井聡太四段が中学生初の竜王戦本戦の出場が決定。来月次の対局がある模様。(東京中日スポーツ)


「東京中日スポーツ」に関連するグルメ情報

ムギイカ

千葉県の内房ではいまイカが爆釣。マルイカ・ムギイカは浅い所50m〜70mが狙い目。(東京中日スポーツ)


「東京中日スポーツ」に関連するグルメ情報

マルイカ

千葉県の内房ではいまイカが爆釣。マルイカ・ムギイカは浅い所50m〜70mが狙い目。(東京中日スポーツ)


「東京中日スポーツ」に関連するグルメ情報

イカ

千葉県の内房ではいまイカが爆釣。マルイカ・ムギイカは浅い所50m〜70mが狙い目。(東京中日スポーツ)


東京中日スポーツ

千葉県の内房ではいまイカが爆釣。マルイカ・ムギイカは浅い所50m〜70mが狙い目。(東京中日スポーツ)


日本医科大学

稀勢の里が休場をきのう発表した。ファンの方から、落胆の声とともに、気遣う声が多く聞かれた。横浜市から訪れた長浜さんは「残念だけど、日本の宝だから無理はしてほしくない」と話した。埼玉県の林さんは会場入りしてから休場を知り、驚いたという。「10日目の負け方を見て嫌な予感はした。やっとチケット撮ったし帰るわけにもいかない」と肩を落とした。稀勢の里のダメージは限界で、琴奨菊に負けて4敗目喫した10日目の夜、稀勢の里自ら「中日くらいから力が入らない。相撲にならない。休場させてください。すいません」と願い出た。 春巡業は全休して治療に専念し、関取と相撲を取り始めたのは初日8日前。急ピッチで調整し、場所に入っても取組後は真っ先に治療に向かった。夕食はその後に回したという。できるかぎり手は尽くしてきたが力は戻らず、11日目に提出した診断書は前回と同じ「左大胸筋と左上腕ニ頭筋の損傷で約1ヶ月の通勤加療を要する」。日本医科大学・田代先生は意見を交換をし、「稀勢の里の例はかわいそうだと教授間で話してたそうで、けがの完治という意味ではこの期間で治るの大変で医者として勇気がいる。大きい損傷して、大きな圧力がかかっている。完治させるなら最低1ヶ月静かにさせなければいけない。年齢が若ければギリギリどうにかなったが、20代すぎたら難しい」など話していたという。武蔵川親方からは「休場を決めるのが遅かった。横綱として出る責任も十分にわかるが、出た以上は相撲を取らないといけないし10日目の連敗は客に見せる相撲ではなかった。無理するより完全になおしていかないと人生が終わるよ」と話していたという。(東京中日スポーツ/デイリースポーツ/日刊スポーツ/スポーツ報知)


「東京中日スポーツ」に関連するイベント情報

春場所

稀勢の里が休場をきのう発表した。ファンの方から、落胆の声とともに、気遣う声が多く聞かれた。横浜市から訪れた長浜さんは「残念だけど、日本の宝だから無理はしてほしくない」と話した。埼玉県の林さんは会場入りしてから休場を知り、驚いたという。「10日目の負け方を見て嫌な予感はした。やっとチケット撮ったし帰るわけにもいかない」と肩を落とした。稀勢の里のダメージは限界で、琴奨菊に負けて4敗目喫した10日目の夜、稀勢の里自ら「中日くらいから力が入らない。相撲にならない。休場させてください。すいません」と願い出た。 春巡業は全休して治療に専念し、関取と相撲を取り始めたのは初日8日前。急ピッチで調整し、場所に入っても取組後は真っ先に治療に向かった。夕食はその後に回したという。できるかぎり手は尽くしてきたが力は戻らず、11日目に提出した診断書は前回と同じ「左大胸筋と左上腕ニ頭筋の損傷で約1ヶ月の通勤加療を要する」。日本医科大学・田代先生は意見を交換をし、「稀勢の里の例はかわいそうだと教授間で話してたそうで、けがの完治という意味ではこの期間で治るの大変で医者として勇気がいる。大きい損傷して、大きな圧力がかかっている。完治させるなら最低1ヶ月静かにさせなければいけない。年齢が若ければギリギリどうにかなったが、20代すぎたら難しい」など話していたという。武蔵川親方からは「休場を決めるのが遅かった。横綱として出る責任も十分にわかるが、出た以上は相撲を取らないといけないし10日目の連敗は客に見せる相撲ではなかった。無理するより完全になおしていかないと人生が終わるよ」と話していたという。(東京中日スポーツ/デイリースポーツ/日刊スポーツ/スポーツ報知)