ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「東京国際展示場」の検索結果

「東京国際展示場」に関連する情報 1565件中 1〜10件目

東京国際展示場

続いてやってきたのは名古屋からやってきたグループで、彼らはオタ芸をパフォーマンスとして披露プロ集団だったが、東京国際展示場ではサイリウムで演技を行う予定となっていた。また、この動きではオタ芸でしか使われない筋肉が使われているのだと言い、脇腹に筋肉が出来ていたが、ロマンスという技で出来ることから「ロマンス筋」という名前がついているのだという。


バスタ新宿

今回は東京に何をしに来たのかを、バスタ新宿で調査した。前回は孫の椅子を作るため・おもちゃのピアノの演奏のためなど様々な回答を得られたが、今回も1週間密着取材を行い、その後どうなったかも取材した。

まず、宮城県から来た娘さんと母親に取材をすると、Japan Kids Collectionというファッションショーに出るためと答えていた。いずれはパリコレに出たいと話していて、このファッションショーでは2000人の前で歩いていた。

続いて降り立ったのは仙台から6時間かけてやってきた男子2人。何をしに来たのかを聞くと、オーシャントーキョーに髪を切りに来たといい、地元だと満足できないと話していて、3か月に1回カット代と移動費代計1万7000円をかけて髪を切るために東京に来るのだという。

続いて京都から東京に来たという鈴木さんはクリケットの試合のためにやってきたのだった。これは対戦相手の投げたボールをバットで打つ野球に似たスポーツだが、試合が長いためにカーリングのようにティータイムを設けている。そして、後日見事に日本代表選考会を通過したのだった。

続いてやってきたのは宮城県からやってきた男子学生で、ヨーヨーの東日本地区大会に出るためにやってきたのだという。彼が使う競技用のヨーヨーは普通のものと違っていて、Hの形になっていた。大会についていくと他の選手が凄いと話しながらも取材を許可してくれて、向かった全日本ヨーヨー選手権関東地区大会が行われていた。宍戸さんは音楽にあわせて技を繰り出す1Aと呼ばれる競技で46人の出場者から10までが出場できる全国出場を狙っている。そして出番を迎えたが、順調に技を繰り出していき、8位で全国大会への切符を手に入れた。

続いてやってきたのは名古屋からやってきたグループで、彼らはオタ芸をパフォーマンスとして披露プロ集団だったが、東京国際展示場ではサイリウムで演技を行う予定となっていた。また、この動きではオタ芸でしか使われない筋肉が使われているのだと言い、脇腹に筋肉が出来ていたが、ロマンスという技で出来ることから「ロマンス筋」という名前がついているのだという。


東京国際展示場

今年も狙われたジュエリー展。国際宝飾展は今週水曜日から開かれている。ピンクパンダと呼ばれる中国人の国際窃盗団にいつも狙われていて、今年は中国人男女らが逮捕されている。容疑者らは2人1組や単独で行動し、電話をしながら会場内をうろついている。警察の調べで1人は「真珠を盗んで中国でお金にしようと思った」と容疑を認めているものの、それ以外は「拾ったものだ」「私のではない」などと繰り返している。


東京国際展示場

今年で22回目を迎えたネイルクイーン2017の授賞式が行われ、岡田結実さんらが受賞した。岡田さんは17歳らしさをイメージしてスマイルマークをつけてもらったり楽しい感じを出していったと話していて、SNSでネイルの魅力を伝えていたとして受賞した。橋本マナミさんはピンクベージュの上品なネイルで登場。ダレノガレ明美さんは3年連続の受賞で6人目の殿堂入りとなったが、ネコのキュートなネイルで登場し「殿堂入りをすることがすごくうれしい」と話していた。また、押尾コータローさんや朝比奈彩さんも受賞している。


東京国際展示場

ことしで22回目となるネイルクイーンの授賞式が行われ、タレントの岡田結実さんやダレノガレ明美さんが出席。岡田さんは17歳らしさをイメージしたというカラフルなネイルを披露し「スマイルマークや楽しい感じを全面的に出した。衣装やメークだけじゃなくネイルももっとすてきな女性になれるよう頑張っていきたい」などと話した。SNSでもファッションに合うネイルを発信し魅力を伝えてるとして受賞した。タレントの橋本マナミさんはピンクベージュをベースにデコレーションした上品なネイルを披露。3年連続の受賞で殿堂入りを果たしたダレノガレ明美さんは猫をあしらったキュートなネイルで登場した。ネイルが好きになったきっかけについて、「昔野球をやっていて手がごっついのがコンプレックスだった。ネイルを始めてから自分の指先もすごく好きになった」などと話した。ほかにもギタリストの押尾コータローさんやモデルの朝比奈彩さんが受賞している。


東京国際展示場

江東区・ビッグサイトで行われている東京モーターショーには無資格検査の発覚したスバルもブースを出している。三日前にスバル社長・吉永氏は「最高水準の安全を追求するDNAが根付いている」と発言していた。昨日の会見では謝罪を行った。無資格検査が行われていたのは群馬・大田市にある製作工場。資格のない研修中の従業員が完成した車を検査し資格のある従業員から借りたハンコを書類に捺していた。無資格検査は30年前から行われており、車内でまずいという認識がないまま続けられていたと吉永社長は語った。全員で反省し整備していくことに繋げなければならないと話した。スバルは25万台以上のリコールを国交省に届け出る方針。必要経費は50億円あまりになるとみられる。


東京国際展示場

東京モーターショーが明日開幕する。日本車もEVシフトしていく。今後はAI搭載型など、市場が広がっていく。(日本経済新聞)


東京国際展示場

東京モーターショー 日本車もEVシフト。


東京国際展示場

東京モーターショー2017が報道陣に公開され、今回のトレンドはAI、そしてEV。トヨタが発表するモデルはAIがドライバーの好みに合わせたコースを提案。そして多くのメーカーが力を入れたのが、世界に広がる環境規制を背景に電気自動車シフトが鮮明になっている。

東京モーターショー2017で異彩を放つブースがあった。電気自動車を展示していたのは高校生。高校の自動車開発部に所属する彼らは、この日に向け準備を進めていた。この車はハンドルをなくし、操縦はゲームのコントローラー、そして折りたたみ機能も備えている。東京モーターショーの会場でも自動車メーカー以外のブースが目立っている。電機メーカーも家電などで培ったモーターの技術を活かして電気自動車シフトを進めていて、自動車業界は変革の時を迎えている。


東京国際展示場

東京モーターショー2017が行われた。今回のトレンドは「AI」と「EV」だ。多くのメーカーが力を入れたのは環境規制を背景にした電気自動車シフトだ。その中で高校生が電気自動車を展示しているブースがあった。愛知総合工科高校の学生はこの日のために準備を進めていた。電気自動車は作りがシンプルという背景がある。車には折りたたみ機能があるのが売りだ。電機メーカーも電気自動車シフトを進めており変革の時だと報じた。


検索結果の絞り込み