ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「東京藝大」の検索結果

「東京藝大」に関連する情報 234件中 1〜10件目

岡城

前回に引き続き、奥浅草を徘徊中のマツコは芸妓情報を求め「浅草見番」へ。こちらで着付けのアルバイトをしている男性は東京藝大で日本舞踊を学んでいて、日本舞踊を目指すきっかけなどを聞いた。


東京藝大

前回に引き続き、奥浅草を徘徊中のマツコは芸妓情報を求め「浅草見番」へ。こちらで着付けのアルバイトをしている男性は東京藝大で日本舞踊を学んでいて、日本舞踊を目指すきっかけなどを聞いた。


浅草見番

前回に引き続き、奥浅草を徘徊中のマツコは芸妓情報を求め「浅草見番」へ。こちらで着付けのアルバイトをしている男性は東京藝大で日本舞踊を学んでいて、日本舞踊を目指すきっかけなどを聞いた。

続いて、2階の稽古場を見せてもらった。ここでは芸妓さんだけでなく日本舞踊などの貸し稽古場としても利用されている。マツコは仕事を終えて戻ってくる芸妓さんを待つことに。

奥浅草を徘徊中のマツコは「浅草見番」で仕事を終えて戻ってくる芸妓さんを待つことに。隣はマンションを建設中でかつて料亭「婦志多」だったという。すると、解体中の自分の部屋の様子を観に来た料亭の息子さんが訪れた。談笑していると戻ってきた芸妓さんたちと遭遇。マツコは歌や三味線などを担当する地方の魅力について語った。


東京藝大

岩代太郎・松本志のぶ夫妻の豪邸が映像で公開された。仕事部屋であるスタジオもある。仕事を熱心にする岩代さん。娘にピアノを教える岩代さん。夏休みは楽しいなという曲などを娘さんが弾いた。松本さんの母がつくってくれたセーターなどを公開。岩代さんの母の手作りの飾りなども。


東京藝大

4組の家族が登場。東尾理子さんと石田さんはまた子供が生まれたという。野沢直子親子も登場。娘は格闘家だ。マーク・パンサーと娘が登場。岩代太郎さんと松本志のぶさん夫妻が登場。岩代さんは、野沢さんのCDを持っていたという。


関西国際空港

大阪府河南町に住む藤岡秀明さんは普段は地元郵便局の窓口で働いている。そんな藤岡さんは月に2回、大阪から授業を受けに東京藝大へLCC通学をしている。午前7時に関空から出発し、午前8時半に成田空港に到着、そこからは電車移動だ。大阪の自宅を出てから約6時間、ようやく授業開始となる。藤岡さんがそこでやるのは尺八。10歳の頃から父親から手ほどきを受けてきた生きがいだ。あこがれの先生に直接尺八を教わるため、有給をとって東京まで通ってくるのだという。授業後は先生と食事をしながら尺八の知識を深める。大学の滞在時間は約5時間で、この日の飛行機代は往復9080円だった。


成田国際空港

大阪府河南町に住む藤岡秀明さんは普段は地元郵便局の窓口で働いている。そんな藤岡さんは月に2回、大阪から授業を受けに東京藝大へLCC通学をしている。午前7時に関空から出発し、午前8時半に成田空港に到着、そこからは電車移動だ。大阪の自宅を出てから約6時間、ようやく授業開始となる。藤岡さんがそこでやるのは尺八。10歳の頃から父親から手ほどきを受けてきた生きがいだ。あこがれの先生に直接尺八を教わるため、有給をとって東京まで通ってくるのだという。授業後は先生と食事をしながら尺八の知識を深める。大学の滞在時間は約5時間で、この日の飛行機代は往復9080円だった。


東京藝大

大阪府河南町に住む藤岡秀明さんは普段は地元郵便局の窓口で働いている。そんな藤岡さんは月に2回、大阪から授業を受けに東京藝大へLCC通学をしている。午前7時に関空から出発し、午前8時半に成田空港に到着、そこからは電車移動だ。大阪の自宅を出てから約6時間、ようやく授業開始となる。藤岡さんがそこでやるのは尺八。10歳の頃から父親から手ほどきを受けてきた生きがいだ。あこがれの先生に直接尺八を教わるため、有給をとって東京まで通ってくるのだという。授業後は先生と食事をしながら尺八の知識を深める。大学の滞在時間は約5時間で、この日の飛行機代は往復9080円だった。


「東京藝大」に関連する映画・DVD

藤岡秀明さん

大阪府河南町に住む藤岡秀明さんは普段は地元郵便局の窓口で働いている。そんな藤岡さんは月に2回、大阪から授業を受けに東京藝大へLCC通学をしている。午前7時に関空から出発し、午前8時半に成田空港に到着、そこからは電車移動だ。大阪の自宅を出てから約6時間、ようやく授業開始となる。藤岡さんがそこでやるのは尺八。10歳の頃から父親から手ほどきを受けてきた生きがいだ。あこがれの先生に直接尺八を教わるため、有給をとって東京まで通ってくるのだという。授業後は先生と食事をしながら尺八の知識を深める。大学の滞在時間は約5時間で、この日の飛行機代は往復9080円だった。


東京藝大

市川佐保子さんは馬場さんをけじめのある人で、スポーツする時はする、ふざける時はふざける、勉強する時は勉強するというそんなイメージの人だと明かした。アメリカで暮らす佐保子さんが、テレビで馬場さんを初めてみたのは5年前とのことで、スゴイと思ったと明かした。最後に市川さんが馬場さんに「イサカはすごくいい所なので、よかったらハネムーンに来てください」とメッセージを送った。馬場さんはハネムーンになるといつになるかわからないので、「すぐに行きたい」と語った。